Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2009年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
▼3月はマーチの月だから
d0017381_15175791.jpgあしたのにちようび、
もし天気が好ければ
(というのは雨でない限りは)、
お昼ごはんがすんだころ
(というのは午後1時)から、
新宿中央公園のどこかで
(場所はきまってません)、
たいこをたたいたり、
ラッパやカズーを吹いてます。
そういう気の置けない感じで
はじめるのがいいかなと
思ってます、誰でも入れる
ラディカル・マーチ・バンドは。
では、運が好ければ明日。

--------------------------------------------------
[追記]
みんなMARCHがだいすき」「(「はーぴー日記」より)
d0017381_3322535.jpg
[PR]
by illcommonz | 2009-02-28 15:21
▼イルコモンズのおかしなクラリネット
d0017381_0444841.jpg高橋管楽器は大久保の住宅地のなかにある。
ガラス戸をあけるとすぐに古い作業台があって、
修理を待ってる古いサックスがたくさんあった。
クラリネットをみてもらうと「キーがもどらないのは、
木製の本体にとりつけてある台座が歪んだからで、
木は生きものだからね」とそう教えてくれた。
修繕をおねがいすると、ものの1時間ちょっとで、
見事になおしてくれた。代金は2,000円。
なおしてもらったのは一番最初に手にいれた
ベルのないクラリネット。ベルがないと正確な音程
がでないので、プロなら(あるいはセミプロでも)
「これはもう使いものにならない」と云うだろうが、
プロになるつもりはないし、これがいちばん手に
なじんでるのでずっと愛用してると、そう話すと、
バカにせず、ちゃんとなおしてくれた。

「一級のプロから始めたばかりのアマチュア様まで、幅広い世代の方にご来店いただいて
おります」というのは本当だった。そもそも、みんながみんなプロのマネをすることはなく、
アマチュアにはアマチュアの楽器のたのしみ方があってよいはずだ。すこしくらいおかしな
ところや欠けたところがあってもいいじゃないか。そういうものを好む人間だっているのだし、
そもそもそれが趣味というものだ。なんだかうれしくなったので、久しぶりにキー磨きをした。
これとは別にあともう一本、こわれたクラリネットを改造してつくった「ちびくらりねっと」を
もってる。これは管が半分しかないので、ドから下の音はでないし音程もおかしいが、
リュックのポケットにさして、気軽にどこでも持ち歩けるので、とても気に入ってる。もし、
おかしくなったときは、高橋管楽器にもっていってみてもらおう。

-----------------------------------------------------------

d0017381_1372172.jpg[追記]
「ちびくらりねっと」があると
これができる。写真は、去年
対談した大熊(ワタル)さんと
ジンタらムータ。2005年の夏、
中野でやった「ユーガーデーン」
で見て以来、自分でもやってみ
たいと思ってるのだが、いまだに
この二本吹きはマネできない。
[PR]
by illcommonz | 2009-02-28 00:57
▼オンボロ政府のために
d0017381_23525179.jpg
「だいたいからして、パパにはお金があるの?」
「もちろん、あるさ」
「どのくらい?」
「1万ドルさ」
「まぁ、パパ、たいへんなお金ね」
「ところが、あいにくと、それは残らず政府に
もってゆかれることになってるんだ」
「どうして?」
「税金さ」
「どのくらい、納めなきゃならないの?」
「そうだね、この前の計算では、ざっと5万だった」
「5万ドルってこと?」
「そうだ」
「パパ、そんなことをするのはどういう人なの?」
「税務署のことかい?税務署は税務署さ」
「そんなことするひと殺しちゃえばいいのに」
「そうしようか?」
「うん、だって、あんまり勝手なんだもの。
オンボロ政府のために、パパのお金を根こそぎ
とろうっていうんだから」
「まったくだ」
二人は五番街をずっと歩いていった。
(ウィリアム・サローヤン「人生の午後のある日」より)

というわけで、確定申告して還付されることになったお金は、ながらく滞納していた市民・都民税(延滞金込み)と健康保険料に残らず消えることになった。こんなオンボロ政府の、こんなデタラメのために、である。

d0017381_23572269.jpg「中川前財務相のG7チャーター機 4100万円と判明」
「引責辞任した中川昭一前財務相がG7の開かれたローマ出張に使用した民間チャーター機の料金は4100万円だったと、財務省が2009年2月26日明らかにした。衆院予算委員会で川内博史議員(民主)の質問に答えた。それによると、中川氏を含め、日銀からの派遣11人など総勢20人がチャーター機などを利用した。総費用は6000万円で、20人分の宿泊費 1300万円なども含まれている。これに対し、与謝野財務相は「国会の予算審議に支障がないようぎりぎりまで見極め、国際会合に遅滞なく出席できる日程とする必要があり、やむを得ない措置だった」と答弁した。一方、川内議員は、チャーター機出発の2時間後に、イタリア航空会社のローマ直行便があったと指摘。最も高いビジネスクラスで往復約94万円だったことが明らかになった」(毎日新聞 2009年2月26日)

これはもっとすごい。

d0017381_23531956.jpg「年金運用
損失5.7兆円 過去最大」

「厚生労働省所管の年金積立金管理運用独立行政法人は27日、08年10~12月期の年金資金運用結果を公表した。市場運用分は収益率マイナス6.09%で、四半期ベースで過去最大の赤字幅となる5兆7398億円の運用損となった。08年4~12月期で8兆6738億円の赤字と、通期で過去最大の赤字だった07年度の5兆8400億円を既に上回っている。年金資金は01~07年度で累積黒字が約10兆3400億円あったが、08年4月からの9カ月間で約1兆6700億円に目減り。株価は年明け以降も下落傾向にあり、年度末には黒字をすべてはき出してしまう可能性もある」(毎日新聞 2009年2月27日)

5,739,800,000,000円をパーにしたということである。この勢いで年金を崩壊させ民営化するつもりなのだろう。
[PR]
by illcommonz | 2009-02-28 00:00
▼パッキャマラド
d0017381_232122.jpgクラリネットの低いファの音を出すのに使うキーの具合がわるい。そのキーを使わなくても、別の指使いで低いファは出せるのだが、やっぱり気になる。自分ではどうしても直せないので、明日、このお店で修繕してもらおう。

「1940年7月1日の開業以来、高橋管楽器は管楽器の修理と中古楽器の販売を主体に営業しております。修理料金が安価で仕上がりが早いのは、終戦後に店を開いて以来、この店をご愛顧くださった方々、すなわち楽器をお持ちくださることで職人を育ててくださった方々への恩返しのつもりで営業しているからです。現在では一級のプロから始めたばかりのアマチュア様まで、幅広い世代の方にご来店いただいております。」

▼高橋管楽器
http://www.takahashi-gakki.jp/

料金表によると、一箇所だけの修理なら1000円からやってくれるらしい。いいお店だなぁ。
これなら、お金がないので自分で修理してしまう素人や、おこずかいの少ないこどもでも、
安心して頼れる。

「クラリネットをこわしちゃった」(訳詞=石井好子)
 ぼくの大好きなクラリネット
 パパからもらったクラリネット
 とっても大事にしてたのに 
 こわれて出ない音がある
 どうしよう、どうしよう
 オ・パッキャマラド・パッキャマラド・
 パオパオ・パンパンパン!
 オ・パッキャマラド・パッキャマラド・
 パオパオ・パ!

 ドとレとミとファとソとラとシの音が出ない (←おいおい)
 ドとレとミとファとソとラとシの音が出ない
 パパも大事にしてたのに
 みつけられたら、おこられる
 どうしよう、オー! 
 どうしよう、オー!

そういうときは、高橋管楽器へ
[PR]
by illcommonz | 2009-02-26 02:21
▼国税庁に告ぐ
d0017381_31136.jpgQ:給与所得者等で還付申告をしていなかった場合、
何年前までさかのぼって還付申告をすることができますか。

A:還付申告は、還付申告をする年分の翌年1月1日から
5年間行うことができます。したがって、これまでに
申告をしていなかった場合、平成16年分までさかのぼって
申告することができます。

▼国税庁「確定申告期に多いお問い合わせ事項Q&A」より


ということで、平成16年、平成17年、平成18年、平成19年は、仕事がいそがしすぎて確定申告をパスしてきたので、今年は平成20年分とあわせて計5年分の税の還付を国税庁に対して断固申告する。もちろんネットですませたりせず、税務署までのりこんでいって直訴する。国家に対しては常に直接行動あるのみである。

[おまけ] ▼イルコモンズ編「確定申告・想定問答集」

税: イルコモンズさんのご職業は?
イ: はい、芸術家で、学者です。(←こういうときは現代美術家より芸術家の方がいい)
税: イルコモンズさんの主たる収入源はなんですか?
イ: 派遣労働と大学の非常勤講師です。生活はとても苦しいですが、
   「人はパンのみにて生きるにあらず」、パンの耳をかじって生きてます。
   ほら、これ、ちょっと見てくださいよ(ガソゴソ)、ほら、一袋70円の「耳パン」です。
   これが僕の主たる栄養源です。ひとつどうですか?結構いけますよ。

d0017381_3391983.jpg
税:あぁ・・・・・・
イ:もぐもぐもぐ、で、次の質問は、もぐもぐもぐ、なんですか?もぐもぐもぐ、
[PR]
by illcommonz | 2009-02-25 03:06
▼人生の午後のある日
d0017381_0425100.jpg▼ウィリアム・サローヤン「人生の午後のある日」
(大橋吉之輔訳 荒地出版社 1966年)*絶版

休暇がとれたら、まず、まっさきに読もう、
と思って、たのしみにとっておいた本。
原題は"One Day in the Afternoon
of the World". 「World」 を「人生」と
訳したのは好い訳だと思う。厄年が終わり、
イルコモンズの人生の午後も、午後三時
くらいになってきたので、読むにはちょうど
いい頃合いかもしれない。
[PR]
by illcommonz | 2009-02-25 00:49
▼たぶん、絶対。
d0017381_23591117.jpg「歩きながら考える」
特集=歩きながら考える的「路上」論

[対談] 伊藤桂司×行貝チエ
[インタヴュー] イルコモンズ
[寄稿] 後藤繁雄 乙女湯のたしなみ
瀬尾真喜子 山田大樹 temp press
「歩きながら考える」第3号が刊行されました。特集は「路上論」。IRA(新宿)、模索舎(新宿)、タコシェ(中野)のほか、気流舎(下北沢)、ガケ書房(京都)、calo books(大阪)などのお店で販売されるそうです。定価500円です。上の画像ではわかりにくいですが、活版印刷した表紙の質感がとても好いです。「絶対なんてこの世の中にはないんだよ、なんてしたり顔でいう人もいるかもしれないけど、これからの話は知っておいたほうがいいと、思う、たぶん、絶対。」(テキスト=岩村美奈)という長~いタイトルの、イルコモンズへのインタヴュー記事が掲載されています、たぶん、いや、絶対。
[PR]
by illcommonz | 2009-02-25 00:02
▼冬ごもり
d0017381_23461979.jpg[左]2009年秋
開催予定の
展覧会ポスター
最近、タイトルや
リード文にルビを
ふることをおぼえた。

[右]2009年夏
開講予定の
言語研修のポスター
旅行代理店の広告
のようなリード文を
書いてみた。

[左] 広報誌の表紙
人物の唇や目尻の
きわに寸止めで文字
をレイアウトしてみた。

[右]2009年夏
開催予定の国際
シンポジウムの
ポスター
バイリンガルの
タイトルが長いので
文字だけにした。

[右]きわめて
事務的な書類。

[左]きわめて
実務的な書類。

こういう書類を
つくることもある。

[左] 「パペット」と
「人類学」についての
辞書的解説文。

[右] 2009年秋
開講予定の
セミナールのポスター。
ちびこもんず?

こうして並べると
作風がばらばらである。
麻生のポスター
作った人間が作った
ものには見えない。


[おしらせ] 来春刊行予定の雑誌「VOL・レキシコン」(以文社)に掲載される原稿が書きあがり、他の仕事もだいたい片がついたので、これから3月下旬まで休暇をとります。原稿執筆、グラフィックデザイン、映像編集、講演などの仕事はしばらくお休みしますので、どうぞあしからずご了承ください。春になったらまた仕事を再開します。ではそれまでごきげんよう。
[PR]
by illcommonz | 2009-02-24 23:57
▼イルコモンズ、うしろ!うしろ!
d0017381_1852130.jpg
▼2009年2月22日午後 東京都内某所にて [撮影] ヘンリー・オーツ
[PR]
by illcommonz | 2009-02-24 18:09
▼「はじめての倒閣のために」
d0017381_20543771.jpg
▼イルコモンズ「ザ・踏襲(ふしゅう) on me」

「プログレッシヴはなすべき多くのステップをもっている。わたしたちは、地に足をつけ、この国のリアルな地勢を明確に理解することで、それを実行しなければならない。しかし、わたしたちは夢見る必要もある。というのも、夢なしでは、わたしたちは自分たちが向かう先を知ることができないからだ。なんらかのリアルな政治的インパクトを与えるためには、プログレッシヴが抱くさまざまな夢が大衆的な夢にならなければならず、この夢が人びとがすでにもっている夢と響きあいさえすれば、おのずとそうなるだろう。しかしプログレッシヴの夢が大衆的なものになる機会をつくるには、この夢が提示される必要がある。わたしたちのさまざまな夢を、わたしたちの手のなかにおしこめ、わたしたちの小さなサークルのなかにとじこめたままでは善をなしえない。それらの夢は、開かれ、切り結ばれ、実行され、そして、山の頂からの声のように、こだまを響かせければならない。」(スティーヴン・ダンコム「ファンタジーの時代における政治」)
[PR]
by illcommonz | 2009-02-20 20:55