Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2009年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
▼「ないかくだとうデモ」CM編

▼「2009年2月8日「ないかくだとうデモ」CM編 麻生太郎@巣鴨」

巣鴨と地蔵通り商店街を選んだところが、すばらしい。
地蔵通りにいる人たちの方が、渋谷や秋葉原にいる人たちより、
ずっと政治意識が高いと思うし、休日の行動力もある。
なにか不思議な希望がみえてきた気がする。

..............................................................



古い奴だとお思いでしょうが、
古い奴こそ新しいものを
欲しがるもんでございます。
どこに新しいものがございましょう。
生まれた土地は荒れ放題。
今の世の中、右も左も、
真暗闇じゃござんせんか。

何から何まで 真暗闇よ、 
すじの通らぬことばかり、
右を向いても 左を見ても 
ばかと阿呆の からみあい、 
どこに男の夢がある。

「傷だらけの人生」
(詞:藤田まさと うた:鶴田浩二)

これをみて、鶴田浩二が、草葉の陰で、
泣いてるか、笑ってるか、怒ってるかは、
このさい、措いておこうじゃござんせんか。
どのみち、今の世の中、右も左も、真暗闇。
何から何まで真暗闇、すじの通らぬことばかり。
右を向いても左を見ても、ばかと麻生のからみあい。
[PR]
by illcommonz | 2009-02-07 22:22
▼「土足OK - KICK ASO OUT!」
d0017381_20364492.jpg
▼IRA 「土足OK - KICK ASO OUT!」
「イルコモンズ氏が、麻生で楽しそうにデザインしていたのに刺激されて、
素材を譲ってもらい、自分でも作ってみた。」(成田圭祐)

ということで、イルコモンズがくるしそうに原稿を書いてたあいだに、
IRAの成田くんが、ちゃちゃちゃっと別ヴァージョンをつくりました。
うん、こちらの方が断然いい。しかも、下記のURLからダウンロード
できます。これは、ますますいい。

▼ダウンロード (A4/PDF/820KB) :
http://a.sanpal.co.jp/irregular/personal/kick_aso_out.pdf

ところで、もし、こういう「発想が共産主義っぽい」ものにみえたとしたら、
それは目のさっかくか、あるいは、気のせいで、僕も成田くんも、「コミュニスト」
であったことは、これまで一度もなく、「いるといら」としての僕らは、ゴリゴリの
「コモニスト」、それもかなり「イルなコモニスト」だと、そう思ってます。それに
僕らは「ヴァージョン」というものの見方とその「豊かさ」を知ってしまってるので、
共産主義ときいても、ピンときません。なので、あまり気にしないでください。
[PR]
by illcommonz | 2009-02-07 20:42
▼新聞、新聞、新聞だよ。
d0017381_2112557.jpg
▼[鼎談] 小田マサノリ×成田圭祐×山川宗則 
「アクティヴィズムの回顧と展望―アクティヴィズム2.0に向けて」
「図書新聞」No.2905 2009年02月14日 (第一面~第三面)

今日の新聞ですが、一週間売ってます。
駅のホームや売店ではなく、本屋さんで売ってます。
文芸雑誌のコーナーにあります。定価240円です。
第1面から第3面まで全5段ぶちぬきで一挙全文掲載です。
アクティヴィズムの話で紙面占拠してます。3人でやりました。
図書新聞のウェブサイトで、冒頭部分をよむことができます。

「昨年、この国でサミットが開催されたということを忘れてしまいそうなくらい、九月以降の金融危機とネオリベ派の「自壊」はたしかに衝撃的だった。その後もガザ侵攻、フランスでの大規模デモなど、「変化」の兆しは日々見え隠れしている。こうした状況の中、小田マサノリ、成田圭祐、山川宗則各氏に「新たなアクティヴィズム」の展望を語ってもらった。(須藤巧・本紙編集)」

▼「第三のサイクル」と「深い軽蔑の対象」
小田 洞爺湖サミットが終わって半年が経ち、年が変わりました。当時、首相だった福田は、結局、サミットで宣言したことを何ひとつ実行しないまま辞職し、その後、ニューヨークで起きた株の大暴落による金融危機で、世界はかつてないほど激しく揺らいでいます。国内でも派遣労働と貧困の問題が顕在化し、これまでG8が推し進めてきた「新自由主義」の誤算と終焉が語られはじめています。最近では中谷巌のような新自由主義派の経済学者までが「構造改革は誤りだった」と懺悔しています。かたやガザではイスラエル軍がまたしても暴虐きわまりない攻撃をくりかえし、ガザに壊滅的な被害を与えました。これに対して世界中で激しい抗議の声があがり、連日、世界各地で激しい抗議デモが行われました...(つづく)
[PR]
by illcommonz | 2009-02-07 08:12
▼書き順がちがう
d0017381_8315079.jpg依然として続く大型ゼロ連休の仕事のあいまをぬって、「ラディカルパペット零年」というタイトルの原稿を書いている。サブタイトルは「アナーキーな黒船来航記2006-2008」で、「パペット元年」となった2008年、誰がどのようにしてニッポンにラディカルパペットの文化を伝え、それがどのように受容されつつあるか、という同時代レポートである。イラク反戦デモのころに「XXXX・ザ・サウンドデモ2003」という証言・記録集を編集したことがあるが、それのラディカルパペット版のようなものである。さらに、この原稿にはシリーズ名もある。「アクティヴィズム2.0の民族誌」というのがそれで、はたしてそんなものが実体としてあるのかどうかさえまだ明らかではない「アクティヴィズム2.0」(その意味ではこれは「バズワード」である)の文化についてのエスノグラフィー(民族誌)「のようなもの」である。むかし『10+1』という建築批評誌に、当時の都市における社会運動や事件を建築と絡めてレポートする「都市ノ民族誌」という連載を書いていたことがあるので、それの続編のようなものでもある。つまり、ひさしぶりに民族誌を書いているわけだが(アフリカの民族誌は書きそこねた)、もちろんまともな文化人類学者がみたら、「こんなのは民族誌でもなんでもない」というようなシロモノだし、本気で民族誌とまちがわれてもこまるので、民族誌の約束ごとをことごとくハズしつつ、なおかつ、「アカデミックな権威」を絶対に持ち得ないような文体や体裁で書いている。もっとざっくばらんに云えば、ブログを書くような感じで書いている。PTSDからくる左腕のひじの痛みをうずかせながら書いている。まだ書きはじめたばかりだが、そもそも書き順からして違う。下記のように、表紙とグラビア、そして、各ページの図版のレイアウトを先につくって、そのすきまを文章で埋めるという雑誌編集的なスタイルである。図版のキャプションや文献リストはすべてそろっているが、本文はまだない。本文は最初の数ページだけで、後半のほうにある文はすべて引用文である。

d0017381_832143.jpg
d0017381_8323680.jpg
文化人類学者になりそこねた後、生活費を得るために、広報誌やパンフレットの編集、本の装丁やポスターのデザインなど、そういう仕事をずっとしてきたので、民族誌を書こうとしても、まずグラフィックとレイアウトが先にきて、文は後まわしという、そういう書き方になってしまう。こまったものであるが、こまっていても先に進まないので、毎日2コラムと決めて、少しづつページをうめている。文を書くというより、レイアウト優先で、文字をうめている。自分で版下までつくって入稿するので、その分ちょっと〆切がのびた。例によって、この原稿は印刷はされるが、本として出版されるかどうかはわからない。そして今年も来年も、おそらく再来年も、イルコモンズの本は出ないので、完成したら、ジンにして配布しようかと考えている。民族誌をジンで書くとは思ってもみなかったが、それはそれでおもしろいかもしれないので、やってみよう。
[PR]
by illcommonz | 2009-02-06 08:34
▼未熟な巨人
d0017381_12214868.jpg「巨人」はゴヤの弟子作品、
「未熟」とプラド美術館が結論」

「スペインのプラド美術館(マドリード)は26日、長く画家ゴヤ(1746~1828年)の作品とされてきた同美術館所蔵の油彩画「巨人」について、実際はゴヤの影響を受けた弟子のアセンシオ・フリアの作品と考えられる、との最終調査結果を発表した。同美術館は昨年6月、「ゴヤの作品ではない」との中間調査結果を発表し、専門家による調査を続けていた。最終調査結果では、「巨人」の肉体の描写、光の表現、色遣いなどにゴヤのものとは思えない技術的な未熟さが見られるほか、作品左下の「AJ」という署名がフリアの作品であることを示していると判断した。「巨人」が1931年に同美術館に持ち込まれた当時、同国では王政が廃止され、内戦に突入していく混乱期にあったうえ、ゴヤの弟子たちに関する知識も不足し、絵画の調査技術も十分でなかったという。」

というニュースを、眠気さましに、グリッドを使って、グラビアのかたちに、レイアウトしてみた。

d0017381_12231492.jpg
絵のうまい・へたのことはわからないが、わるい絵ではない、あいかわらず、おもしろい絵だとおもう。ゴヤはいい弟子をもった。時代を映さなくなった現代美術より、こういう絵をみてる方がずっといい。アートバブルの波に翻弄されてきた現代美術は、そろそろこのへんで「新自由主義世界の終わり」を描いてみせてほしい。変化の兆しを描いてみせてほしい。そして、美術批評誌(「美術手帖」のことだ)は、「アートバブルの終わり」を、中間調査結果でもなんでもいいから、発表してほしい。見てみぬふりをして、それをこのまま明らかにしないでいることは、不作為の罪だと思う。展覧会をひらく方法だとか、アーティストになる方法だとか、アートの仕事だとか、もう、そんなものは、(以下省略)。

d0017381_1322745.jpg
▼フランシスコ・デ・ゴヤ 「なにもかも、すべて、まぼろし」

d0017381_1341743.jpg
▼フランシスコ・デ・ゴヤ「これでは、すまない」

d0017381_13431437.jpg
▼フランシスコ・デ・ゴヤ「なにもかも、めちゃくちゃだ」

▼[著作権切れ版画集] フランシスコ・デ・ゴヤ(1746-1828)「戦争の惨禍」より
http://www.pref.mie.jp/BIJUTSU/HP/collection/goya_guerra/goya_guerra.htm
[PR]
by illcommonz | 2009-02-05 12:36
▼サインズ・オブ・チェンジ、ふたたび
d0017381_447336.jpg
「サインズ・オブ・チェンジ 1960年代から現在までの社会運動の文化」展
(SIGNS OF CHANGE Social Movement Cultures 1960s to Now)
[日時] 2009年1月23日~3月8日
[場所] ミラー・ギャラリー(ピッツバーグ・米国)

[出展作家および協力団体・個人]
AK Press, our families, Icky A, Anabella and Fantasmas de Heredia, Finn Thybo Andersen, Allan Antliff, Archiv Papier Tiger, Aviv, Craig Baldwin, Bani, Brett Bloom, Bluestockings Bookstore, Skip Blumberg, Amadee Braxton, Cale, Lindsay Caplan, Kevin Caplicki, Chris Carlsson, Chris at 56A Infoshop, Estelle Carol, Shu Lea Chang, Tom Civil, Lincoln Cushing, Paloma Diaz, Deirdre at Ungdomshuset, Marco Deseriis, Kirsten Dufour, Nava EtShalom, Silvia Federici, Anna Feigenbaum, Jim Fetterly, Jim Finn, Tracy Fitz, Jim Fleming, Kathleen Forde, Emily Forman, Michelle Foy and Fernando Marti, Aaron Gach, William Gambetta, Benj Gerdes, David Graeber, Grrrt, Alex Halkin, Dee Dee Halleck, Jodi Hanel, Kyle Harris, Marc Herbst, Robbie Herbst, Kathy High, Chris Hill, Brian Holmes, Kate Huh, students, staff and faculty of IEAR at RPI, illcommonz, Irena, Sarah Jarmon, John Jordan, Justseeds Artists Cooperative, Jonathan Kahana, Ramsey Kanaan, Malav Kanuga, Sandy Kaltenborn, George Katsiafica s, Narita Keisuke (IRA), Nadia Khastagir, Janet Koenig, Sabu Kohso, Tami Lawson, Lower East Side Print Shop, Juan Pablo Maci'as, Martin Mantxo, Claude Marks, Cat Mazza, Lauren Melodia, Ben Meyers, Miguel at Indymedia Brazil, Branda Miller, Doug Minkler, KJ Mohr, Claude Moller, Matt Meyers, Jan Novak, 123 Community Space, Dina Passman, Mary Patten, Paolo Pedercini, Canek Pena-Vargas, Gordon Quinn, Melissa Rachleff Burtt, Mark Reed, Rio, Olivia Robinson, Favianna Rodriguez, Heather Rogers, Michael Rossman (RIP), Timo Russo, Sarah Ryhanen, Surajit Sarkar, Paige Sarlin, Judy Ann Seidman, Steyphen Shukaitis, Greg Sholette, Jeffrey Skoller, Tim Simmons, 16beaver group, Theresa Smith, Jacqui Soohen, Chris Stain, Mary Anne Staniszewski, Astria Suparak, Nato Thompson, Miriam Tola, Eric Triantafillou, Daniel Tucker, Kathryn Tufano, Christina Ulke, Igor Vamos, Dan Wang, Carol Wells and all at CSPG, Jamie Wilkinson, Deborah Willis and Asian/Pacific/American Institute and Tisch Department o f Photography & Imaging at NYU, all who submitted writing to the exhibition, the translators, Interns: Gabriel Cohen, Merrily Grashin, Nicole Whalen, BreAnne Dale, Jessica Hong, Scott Schultheis, Elsa Konig, Lilly Alexander, Nina Barnett, Saskia Coulson, Alexandra Ingalls, Kelsey Witt, and all who have participated in the production of social movement cultures!

昨年の夏、ニューヨークのEXIT ARTで開催された「サインズ・オブ・チェンジ」展が、好評だったため、現在ピッツバーグのミラー・ギャラリーで巡回展開催中。ニッポンからは、いるといら(イルコモンズとIRA)がひきつづき出展。
[PR]
by illcommonz | 2009-02-05 04:49
▼SOCK AND AWE ON TARO ASO
d0017381_3404992.jpg
▼illcommonz "SOCK AND AWE ON TARO ASO 1" (2009)

[INFO]
"Defeat Aso! Street Demonstration"
[day] 08. (sun.) Feb., 2009
[meeting time] 14:00 (14:30 etd)
[meeting place] Shinjuku Ôkubo park; Tokyo-to, Shinjuku-ku, Kabuki-chô, 2-43
[access] Seibu Shinjuku station on Seibu Shinjuku line or Shinjuku station on JR lines
[protestors' demonstration course] *refer to the map
[sponsor] Defeat Aso! An executive committee for cabinet overthrow
url: http://asou.taose.jp

d0017381_4152888.jpg
▼illcommonz "SOCK AND AWE ON TARO ASO 2" (2009)

d0017381_4171154.jpg
▼ACT UP "REAGAN AIDSGATE" (1987)
[PR]
by illcommonz | 2009-02-05 03:44
▼「エンドレスで再生されるフィルムのなかに生きています」
d0017381_4243313.jpg
「シャハダ監督からのメッセージ」(訳=岡真理)

私の作品をご覧いただく方々に

 私たちは、パレスチナ人として、自らの歴史が世代を超えて繰り返されてきたのを見てきました。私たちは、自らのアイデンティティを考えるとき、もはや占領に束縛されていることと切り離すことができません。国家としての地位と自由の実現に向けた不断の苦闘によってもたらされた、被害者の自己イメージと切り離すこともできません。私たちは、現実のなかでも、映画のなかでも、エンドレスで再生されるフィルムのなかに生きています。私たちは、破壊された家、戦車、F16戦闘機、薬莢、ロケット弾といった同じ舞台装置を使い続けています。主役と敵役とを区別することもできないまま、被害者の立場を強いられているのです。

 「レインボー」は、私が2004年に制作した映画ですが、これと同じ物語を反復しています。私たちは今2009年に生きています。私は、皆さんがこの映画を、またリハーサルを何度も繰り返すように見なければならないことを残念に思います。しかも今回は、より進歩した兵器によって、わが民衆とわが街を実験台にしながら繰り返されているのです。この困難なときにあって、私は皆さんに映画を託します。そのメッセージを理解するために、見ていただきたいのです。

アブドゥッサラーム・シャハダ
[PR]
by illcommonz | 2009-02-04 04:28
▼コミック雑誌はいらない
d0017381_372161.jpg首相がブッシュだから。新聞がコミックだから。

「俺にはコミック雑誌なんかいらねぇ。
俺のまわりはマンガだから」
東京都知事候補 無所属 内田裕也


【ブッシュ化 麻生首相 世界的赤っ恥
サミットでも迷言、読み違え連発?
"オバカキャラ"で前・米大統領を猛追
海外でのびのび"3連発"】

「麻生首相“ブッシュ化”」
「麻生太郎首相(68)が“ブッシュ化”しそうな気配だ。相変わらず漢字読み間違えを連発、最近では他国首脳の名前を勘違いするなど「うっかり」のレベルを突き抜けている。数々の迷言で有名なジョージ・ブッシュ米前大統領を猛追中。世界的にそのキャラを確立する日も近い!? (中略) 一部報道にあった通り、先ごろスイスで開かれた世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で講演した麻生首相は、同行記者団に感想を述べる中でヤッてしまった。英国のトニー・ブレア前首相を「トニー・ブラウン」と間違えたのである。情報を総合すると、麻生首相は「トニー・ブラウン」と3回連続で言っている。(中略) 永田町関係者は「漢字の誤読に、今度は名前の間違えでしょ? ブレア前首相の面前でなかったのが不幸中の幸いでしたよ。振り返れば『ホッケの煮付け』発言とか、もはやブッシュ前大統領の域。しかめっ面でユーモアをまったく感じさせないから余計にタチが悪い」と首を振る。」(内外タイムス 2009年2月3日)

と首をふってみせたところで、どうにもならない。このまま"ブッシュ化"していって、世界の笑いものになる前に、こんな首相はさっさとクビにするべきじゃないのか、どうしてクビにできないのかと、そう思う方はぜひ、こちらをご覧ください。

d0017381_374791.gif「麻生を倒せ!ないかくだとう実行委員会」
【今週のメッセージ】 「私たちは「ないかくだとう」を選択した。これはすごいことだ。ほんといいの?と問い返したくなるくらいだ。私たちが言っているのは、「○○内閣打倒!」ではなく「ないかくだとう」なのだから。麻生内閣に限らず、小沢内閣や福島内閣、志位内閣であっても倒す。だれだれの内閣はいらない、のではなく、いらないのは「ないかく」なのである。つまるところ、この選択が意味するのは、自らの意思を自らによって示すことを選択した、というごくあたり前のことだったりもする。指をくわえて選挙を待ち、そのあげく「二大政党制」に仕込まれていた政権交代に幻惑されるのではなく、ただ淡々と牙を研ぐ。意思は表象され得ないことを理解する者は、つねに内閣の打倒を言うのだ。人は行動の中で私たちを見出し、私たちを見出す中に自らの未来を描く。自らを自らの主人として取り戻す試みは、したがって行動にこそ宿る。そもそも民主主義とはそういうことではなかったか。人が自由に語らい、議論し、行動することの中に、人の未来を展望することではなかったか。そこまでいかなくてもいい。でもそこまでの志を抱えて、4代にわたって続いた世襲首相を倒し、世襲と新自由主義を終わらせよう。」 Y (「麻生を倒せ!ないかくだとう実行委員会」)

d0017381_3101548.jpg「麻生を倒せ!ないかくだとうデモ」
「ついに80%を超えた不支持率。なのに首相はそのまま?こっちは職場も住居も危ないっていうのに。京品ホテルを守りに行けば警官隊に押しつぶされ、首相の家を見に行けば逮捕されるってリアリティなのに。こんな内閣倒せってみんな思っているのに行動が見えてこないのはなんとも奇妙。「有力政治家の離党騒ぎ」や野党議員の動きは伝えられるけど、なぜだか動いているのは国会やテレビの中だけ。これヤバイだろう、民主主義的に!ということで、私たちは「麻生を倒せ!ないかくだとうデモ」を企画しました。ドラムや笛などの楽器、またスピーカーやお面などの小道具を使って新宿の街を横断します。(サウンドデモではないので先導車の使用はナシ)。「天下りとか世襲議員が許せない。定額給付金の額がケチすぎる。パレスチナへの戦争に反対しろよ。麻生じゃ不安だ」などなど、どんな不満でもかまいません。麻生首相への鬱憤を、デモで自由気ままに表現しちゃいましょう。イベントを盛り上げるため、トラメガや行進中に流す楽曲も随時募集中です。また3月8日(仮)にもデモを行う予定ですので、こちらもぜひご参加ください。

あなたも一緒に麻生政権を倒しませんか?」

「麻生を倒せ!ないかくだとうデモ」
[日時] 2009年2月8日(日) 14:00集合(14:30出発予定)
[集合場所] 新宿区・大久保公園(新宿区歌舞伎町2-43)
[交通] 西武新宿線『西武新宿』駅徒歩3分/JR『新宿』駅徒歩8分
[主催]「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会
[PR]
by illcommonz | 2009-02-04 03:16