Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2009年 08月 ( 38 )   > この月の画像一覧
▼オールド・ラング・サイン 宮下公園
d0017381_17275399.jpg▼「オールド・ラング・サイン MegaphoneMix」
 (セットアップリスト) *予定

・Unknown "Auld Lang Syne Freedom mix"
・Pushmonkey "Auld Lang Syne"
・Tartan Terrors "Auld Lang Syne"
・The Trojans "Auld Lang Syne"
・矢吹洋子+コロムビア・オーケストラ "Auld Lang Syne"

サウンドシステムがなくても、トランジスタメガホンでDJやります。
「Auld Lang Syne」を中心にかけます。宮下公園といえば、
やはりメガホン。私の耳はデモの耳、トランジスタの歪みを
懐かしむ。さよなら宮下公園、くたばれナイキ。


▼「オールド・ラング・サイン/Auld Lang Syne」(原詞)

Should auld acquaintance be forgot,
懐かしい友を忘れるだろうか?
And never brought to mind?
二度と思い出さなくなるだろうか?
Should auld acquaintance be forgot,
懐かしい友を忘れるだろうか?
And auld lang syne
遠いあの日のことまでも。

For auld land syne, my dear,
友よ、遠いあの日のために、
For auld lang syne,
遠いあの日のために、
We'll tak a cup of kindness yet,
変わらぬ友情に杯をあげよう。
For auld lang syne!
遠いあの日のために!

We twa hae run about the braes,
丘のふもとを駆け、
And pou'd the gowans fine,
ひなぎくを摘んだね、
But we've wander'd monie a weary fit,
やがて、苦しい旅が始まった。
Sin auld lang syne.
遠いあの日から。

We twa hae paidl'd in the burn
小川で遊んだこともある。
Frae morning sun till dine,
朝から昼までずっと。
But seas between us braid hae roar'd
今では、二人を広い海が隔ててしまった。
Sin auld lang syne.
遠いあの日から。

And there's a hand, my trusty fere!
誠実な友よ、この手をとって、
And gie's a hand o' thine!
そして、君の手を私に。
And we'll tak' a right gude-willie waught,
心ゆくまで 友情の杯を重ねよう。
For auld lang syne.
遠いあの日のために。
[PR]
by illcommonz | 2009-08-28 17:28
▼かきそこねた
d0017381_3374038.jpg
「なんとかフェスティヴル2009」のレポート」は、宮下公園の夏フェスと選挙が終わってから、あらためて書くことにします。
[PR]
by illcommonz | 2009-08-28 03:37
▼選挙に黒票制度を
d0017381_1533780.jpg[東京21区]
幸福男
自民男
民主男
共産男

該当者なし

・・・なのだが、ネットに「ポートマッチ」がいくつも立ってたので、試しにに「毎日新聞」のをやってみた。

▼毎日新聞「ボートマッチ・えらぼーと」
http://mainichi.jp/select/seiji/eravote/09votematch/etc/

[解説] 【ポートマッチ】(votematch) 「有権者が、自分と各政党との考え方がどれだけ一致しているかを測定することのできるサービス。インターネット上でアンケートに回答すると、自分の考え方に近い政党を知ることができる。1986年オランダに始まり、日本では2007年の参議院選で初めて実施された。」

d0017381_1541210.jpg
結果は、上の図のように、社民と共産が80%台で、自民が24%、幸福は8%だった。もっとも、いくら考えに似たところがあるからといって、相手はあくまでも政党である。既存の政党の旧態然とした「社会主義」や「共産主義」と一緒くたにされてはこまるし、その枠でくくられてはかなわないので、近いからこそ支持もしないし投票もしない。第一、戦争や空爆が起きるたびに街頭でデモをやったり、サミットに抗議するためにわざわざ北海道まで行ったりするのは、政党政治を根本的に信任してないからで、政党への陳情やロビーイングという方法をとらず、「直接行動」を行動の基本原則としている以上、たとえば独裁政権が議会で過半数を占めるなど、よほどのことがない限り、投票はしないが、でも、投票には行く。信任するためではなく、最高裁の裁判官を罷免する「最高裁裁判官国民審査」のために行くのである。今回、罷免したいのはこの二人である。

d0017381_2442992.jpg竹内行夫 竹崎博允
竹内行夫は、外務事務次官時代に、ブッシュ政権によるイラク攻撃を積極的に支持し、自衛隊の「イラク派兵」を推し進めた張本人であり、竹崎博允は、こないだから始まった「裁判員制度」を強行するために麻生が抜擢した最高裁長官である(詳しいことは下記のサイトを参照)。

▼天木直人「今回の総選挙では政権交代より重要な事がある」
http://www.amakiblog.com/archives/2009/08/18/#001455/

▼川口創「最高裁裁判官の国民審査」で「平和の意思表示」を
~竹内行夫さんは最高裁裁判官にふさわしくない」
http://wind.ap.teacup.com/people/3395.html

▼「裁判員制度を推進する最高裁長官を罷免しよう!」
http://noconfidence.web.fc2.com/

▼「裁判員制度を破綻に追い込もう!!」
http://blog.livedoor.jp/koyakikaku/archives/51573708.html

d0017381_3141238.jpg最高裁裁判官の罷免を求める権利は、憲法の第79条で定められている。もし今後、憲法を改定し、選挙制度を改革するのなら、総選挙や地方選挙の立候補者と所属政党に×をつけるというオプションをもりこんでほしい。つまり支持ではなく、不信任の票を投じることができるように、不信任票の数を支持票の数から差し引くのである。そうすれば、毎回「白票=無効票」を投じなくてもすむ。もし、そういう「黒票=減点票」の導入をマニフェストに掲げた政党がでてきたら、そのときは「鼻をつまんで」その政党に投票してもいい。ともあれ、自民が劣勢の今回の選挙は、わざわざ「鼻をつまんで」投票しにゆくような状況でもないし、民主が大勝してあまり調子に乗られてもこまるので、投票日には裁判官を罷免するための投票だけして、あとはラジオの開票速報で自民がボロボロに崩壊してゆくのを、聞き届けたい。
[PR]
by illcommonz | 2009-08-28 03:18
▼「アニメと選挙」で思い出したもの
d0017381_1311478.jpg
▼「自民、ネットCMで巻き返し…再生回数22万回」
「衆院選で劣勢が伝えられる自民党が、インターネットCMに力を入れている。計6本製作。特に、鳩山由紀夫・民主党代表そっくりの男性が登場するアニメ版は注目を集め、21日から新たな作品も放映している。自民党広報本部の担当者は「若者層はネット利用率が高く、無党派が多い。新たな支持獲得につながれば」と、巻き返しに期待する。21日から公開しているアニメ版は、鳩山氏そっくりのラーメン店主が主人公。外国人客が「油が足りなーい」と不満を言うと、店主は「じゃあ、給油しますよ」と油を注ぐ。しかし、福島瑞穂・社民党党首似の女性客が「ちょっと! 給油はやめるんじゃなかったの?」と迫ると、店主が「給油、やめます」と油入りスープを捨てる場面もある。海上自衛隊によるインド洋の給油活動に反対してきた民主党の姿勢をただす狙い。店主は最後に民主党の子ども手当1カ月分と同額の2万6000円分のふりかけをラーメンにかけ、ラーメンがひどい状態になる。再生回数は7日間で22万回に迫る勢いという。自民党は大手広告代理店を交え、ネットCM戦略を練ってきた。費用は製作費のみで、放映手数料がかからず、低コストで済む。党担当者は「再生回数が予想以上で驚いている」と手応えを強調する。」(毎日新聞 2009年8月27日)

ますますひどくなってる。

「22万回に迫る勢い」というが、再生回数が支持率に比例しないどころか、むしろ逆効果だということに気づかないところが、与党ボケした自民党らしい。「若者層はネット利用率が高く、無党派が多い。新たな支持獲得につながれば」というリサーチが、ぃゃらしぃ。ここまでくると、俗に云う「はなくそ・めくそ」の世界である。政党政治に「品格」などないことが改めてよくわかる。「22万回の嘆息」の勢いで、自民も民主ももろとも落ちるところまで落ちればよいと思う。ところで、このCM、大手広告代理店(電通?博報堂?)がつくったアニメらしいが、アニメを使った自民党のこのCMを最初にみたとき、なんともいえない、いやな感じがしたのだが、この第二弾をみて、そのいやな感じの理由がわかった。「アニメと選挙」の組み合わせが、オウム(真理教)のそれを思いださせるのだ。オウムのことを思い出したら、記憶の連鎖で、村崎百郎が「ジ・オウム」に書いてた文章を思い出した。「人を不愉快な気持ちにさせる文章」の類まれな書き手だった村崎のその文章は、この自民党のCMに対するコメントとしてぴったりな気がしたので、下に抜粋して引用する。

「くっくっくっ、ああ、たまんねぇ、もう駄目だ!笑わしてもらうぜぇぇぇぇぇぇぇ。救いようのないお祭り騒ぎだ。けけけけけけけけけけけけけ。感情の壊れている俺にはひたすら喜劇にしかみえねえから楽しいぜ!けけけけけけけけけけけけけけけけ。がんばれゲスメディア、がんばれ正義と善意の人たち。」(村崎百郎)

-----------------------------
[追記] 「産経新聞」ですらこんなコメントを出してた。
「中国より経済規模の大きい日本の歴史的な政権交代など、投資家はまったく気にかけていない。投資家の関心が日本から離れ始めたのはしばらく前から明らかだった。その理由は、今回の選挙キャンペーンで自民党などがインターネットでアニメCMを利用したことを見れば分かる。アニメCMは自民党の未熟な政策を想起させるだけでなく、日本の国際的地位低下の理由を物語っている。投開票を前に、劣勢に立たされていた自民党が新たに発表したアニメCMは、民主党の貿易自由化やテロ対策での給油問題での政策のぶれを批判した。また別のCMでは、民主党の鳩山由紀夫代表に似たラーメン屋の店主を登場させている。これは実にふざけている。日本ではデフレ傾向が強まっており、公的債務はGDP(国内総生産)のほぼ2倍に膨れ上がった。先進国で最低の出生率で高齢化が急速に進んでいる。こうした状況のなか、自民党はラーメンのアニメではなく、ビジョンを示すべきではなかったか。」
[PR]
by illcommonz | 2009-08-28 01:31
▼明日、公園が終わるとしたら
d0017381_23321623.jpg「たとえ明日、
世界が終わるとしても、
それでも人は種を植える」という。

たとえば、明日、
公園が終わるとしたら、
あなたはそこに行って、
何をするだろう?

公園という場所は本来オープンでフリーな場所である。その公園で、あなたが自発的にやることが、ときとして、あなたがどういう人間なのかを教えてくれる。丸井のクレジットカードの宣伝のように「なにを買うかであなたがどういう人間かが決まる」なんてことはない。

世の中には、音楽家や芸術家やデザイナーや学者を自称し、仕事にしている人たちもいるが、そうした職業や専門とは別に、人間はみな自分の得意な「術」や好きな「術」をもっている。栽培術や養生術、話術や説得術、算術や記憶術、演奏術や裁縫術、耕作術や治療術、育児術や恋愛術、介護術や調理術、交渉術や演技術、舞踏術や武術、造形術や作画術、格闘術や呪術などなど、ほかにも術は何百とある。美術や建築や音楽やデザインだけが「術=アート」ではない。たとえ仕事や職業にしてなくても、人は誰でも「術」をもっている。かつてヨゼフ・ボイスが「人はみんなアーティストだ」といっていたのは、そういう意味で、みんなが音楽や絵画や彫刻をやれということではない。

「私はどんな人間も芸術家であると申しましたが、これはどんな人間も画家になったり、あるいはモーツアルトのようになったりすることを意味するのではありません。どんな人間も社会の変革のために働けるという意味です。したがって、歯医者さん、看護婦さん、ごみを運び出す人、お母さんたち、あるいは、会社の課長さん、部長さん、工場長、マネージャー、そうした誰もが、自分自身の考えによって、本当の意味での創造力を共同体に提供することができるのです。それが芸術作品というものの持っている、本来の要求にかなるものだと私は考えています。もしもそれができないならば、この大地と人間は崩壊し、没落することになると思います。」(ヨゼフ・ボイス)

本来、誰に対してもオープンでフリーな場所である公園は、本来はコモンの空間である(ネグりにいわせると、本来「コモン」である空間や資源を「パブリック」なものにして、その管理と運営を行政や国にまかせてしまったことが問題だという、たしかにそのとおりかもしれない、が、それはさておき)。公園は人びとがおのおの持ち前の「術=アート」を解放し、発揮し、共同体に提供する場であり、公園で自発的に行うこと、それによって、あなたが、音楽家なのか、映像作家なのか、アーティストなのか、料理人なのか、調理人なのか、建築家なのか、哲学者なのか、ボランティアなのか、社会学者なのか、手芸家なのか、アクティヴィストなのかがわかる。その人がどういう術をもった人なのかがわかるのは、キャンプも同じである。キャンプで何をし、何を受け持つかで、その人がどういう人なのかが分かる。それは公園やキャンプだけに限らず、デモやパーティーなどでもそうである。むかしから人をみるとき、その人の自称や肩書きや経歴よりも、その人が「現場で何をするか」でその人がどういう人なのかをみるくせがあり、いつでも・どこでもたいていそんなふうに、ものをみて、考え、そして、行動してきた。

ということで、現代美術家ならとっくに廃業したので、今回のフェスでも「作品」とよべるようなものを「展示」することはせず、かわりにこういう「掲示」と「ブランディング・グラフィティ」をやることにしました。

d0017381_23375038.jpg
▼イルコモンズ作「JUST DO IT」(野外警告板)

d0017381_23371015.jpg
▼イルコモンズ作「ナイキ主義」(野外掲示板)

あと「ナイキ公園後の世界」を予示的に表現する野外インスタレーションも計画してます。

d0017381_23452084.jpg


▼イルコモンズ作「ナイキ公園後の世界」(*準備中)

いずれもまだ未完成で、当日、現場で完成させます。ほかに、日曜の「ウラン・ア・ゲル」のライヴと月曜の「シンポジウム」などにも参加しますが、それ以外の時間は「イルコモンズ・カフェ」で例の「水パイプ」をふるまう予定です。

これだけいろいろやると、自分が何者なのか分からなくなりますが、そんなこと気にしません。公園なので、好きなこと・やりたいことを自由にやります。やりたいといえば、「ドラム・ギャザリング」もやりたいところですが、「スポークカウンシル」や「合意形成会議」と同様、特定の人間がいつもファシリテーターを務めるのは直接民主主義的ではなく(理由は他人の直接参加の機会を奪うから)、原則としてファシリテーターは積極的に交代すべきものなので、今回はあえてやりません。ドラムは自分の分をひとつだけ持ってゆきますので、ファシリテーションとドラムのレンタルは有志でやってください。

まだブース出店者を募集しているので、みなさんもどうか、それぞれの「術」を思う存分発揮して、宮下公園での「最後の祭」に花を咲かせ、公園がなくなっても、決して奪われることのない種を植えてください。それでは、日曜と月曜に現場で。

[ブース出店者募集中]
・1ブース2畳程度・一人(一組)1ブース・出店料300円・業者の方の出店はご遠慮下さい・申し込み及び問い合わせは守る会まで連絡をください。
ブース出店要項及び申し込みフォーム http://miyashita1.exblog.jp/

------------------------------------

d0017381_23344541.jpg[追記1]
これを書いてる途中に
藤井(光)くんから
メールでこんな画像が
届いた。これをみて、
「藤井くんはアーティスト
なんだな」とわかった。

同じく、藤井くん制作の
宮下公園サマーフェスの
予告編ビデオもどうぞ。
▼「泳げないものは溺れろ」という世界を終らせる
http://www.youtube.com/watch?v=JZLZnYyx7Js

上の掲示版は、このビデオのタイトルにインスパイアされました。

[追記2]
【イルコモンズから参加者へのご注意】
たとえば、村上隆のように「いつか自分もチャンスがあれば、うまいことやって、大企業やブランドにスポンサードされたい」と思ってるインディペンデントではないアーティストや建築家、ミュージシャン、音楽評論家、美術ライター、キュレーター、ディレクターはこのフェスへの参加と、そこでの表現活動を見合わせたほうがいいでしょう。場合によっては、金輪際、ナイキ社から助成や支援を受けることはできなくなると思いますので。
[PR]
by illcommonz | 2009-08-28 00:01
▼「泳げないものは溺れろ」
d0017381_2265613.jpg
「宮下公園サマーフェスティバル」
[日時] 2009年8月30日(日)-31日(月)11:00
[場所] 東京都渋谷区神宮前6丁目26宮下公園2階
フットサル管理事務所から渋谷駅側の一番広い所
*雨天決行

「2009年6月11日、渋谷区は宮下公園の大規模な改変工事と命名権売却を発表しました。ナイキ社がスケートボード場などの有料施設を作り、公園の名称にナイキの冠をつける計画です(8月27日、渋谷区とナイキ社とのあいだで非公式の調印が行われました)。9月から公園を封鎖して工事をすると説明しています。この計画には様々な問題点があります。

(1) 経過が不透明(区議会での審議も議決もなく、区長と一部議員の独断)
(2) 公園が一企業の広告に変わる。
(3) 利用者が限られた施設ができることによって、公園の公共性が奪われる。
(4) 公園に居住されている方が追い出される。

この計画の撤回を求めて、8月30日と31日、宮下公園サマーフェスティバルを開催します。公園という公共空間を最大限に楽しむフェスティバルに、ぜひお越しください。」

■2009年8月30日(日)
[ブース](11:00-) フリマ・飲食物・展示など

[展覧会](11:00-) いちむらみさこ、黒田將行、武盾一郎、遠藤一郎、藤井光、小川てつオ、MIZ、植松青児、林加奈子、須納瀬淳ほか

[ライブ演奏](12:00-) ぬかるみ、ミッシング箱庭、赤い疑惑、ハプニング、ちりがみーず(TASKE with 小川恭平)、ウラン・ア・ゲル、ゲロクソほか

[ワークショップ] ダンボールハウス制作、パペット制作

[休憩所] 246表現者会議

[映画](日暮れより)
246表現者会議「2008・水戸黄門宮下の巻」、246表現者会議「これまでの活動(仮)」、早川由美子「ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』、根来祐「ここは私たちの職場だ」、いちむらみさこ「スパゲティ」ほか

■2009年8月31日(月)

[ブース](12:00-)フリマ、飲食物、展示
[展覧会](12:00-)*30日と同じ
[音楽セッション] 246ウナギスクワットほか
[休憩所] 246表現者会議
[シンポジウム](18:00-)「アートと公共性(仮)」
パネリスト 藤井光、原口剛、いちむらみさこ、早川由美子、ほか
[DJ] makossa & shin futatsugi

[共催] ストリート研究会
[問い合わせ] 08065291871(守る会)

---------------------------------------------------------

ともかく、日曜の夜19:00からの「ウラン・ア・ゲル」のライヴと、月曜の夕方のシンポジウムに出ます。ほかにも、いまからなにか用意して、なにかやります。

宮下公園の「ナイキ公園化」については下記のエントリーなどを参照してください。

「何かをしてくれるというのなら、ただ何もしないでいられる場所を」
(「イルコモンズのふた」 08年8月24日)
「That Ain't Right(まともじゃない)企業、その名はナイキ」
(「イルコモンズのふた」 08年8月24日)
「ナイキ公園とスウェットショップ経営に抗議するプラカード」
(「イルコモンズのふた」 08年10月12日)
「宮下公園一揆」
(「イルコモンズのふた」 08年10月15日)
[PR]
by illcommonz | 2009-08-27 22:26
▼[緊急速報] 渋谷区とナイキ社、非公開の調印式を強行

▼[YouTube]「渋谷区とナイキ社による非公開の調印式が行われた」
「今日、8月27日午後4時頃、渋谷区役所にてナイキ社と渋谷区と の間で宮下公園のネーミングライツ契約に関する調印式が一般市民 、報道関係者に非公開で行なわれた。ナイキジャパン社長は区役所1階出口から、渋谷区公園課職員とナ イキ広報部社員に援護されながら車に乗り込み無言で去った。ナイ キによる宮下公園の買い取りに反対する人々が用意した「質問書」 は受け取りを拒否された。」(藤井光「ナイキ・ポリティクス」より)

反対や抗議の声をまるきり無視した、文字どおり「JUST DO IT」なやりかただな。「JUST DO IT」には「JUST DO IT」を。ということで、今週末の宮下公園のフェスで反撃したい。
[PR]
by illcommonz | 2009-08-27 22:02
▼「革命後の世界を先に生きてみた人たちの記録」
d0017381_21373945.jpg
「現地には何もありません!!コンビニまで往復一時間です。いや、マジで。基本的には自分のことは自分で!!行けばなんとかなるかな・・・ と、手ぶらで来ないように。」という前口上が効いたのか、自分もふくめ、みんなそれなりに自力でサバイバルする覚悟をきめて来てたので、結果として「衣・食・ごみ・住・移動」その他もろもろに関して、なんの問題もありませんでした。見世物小屋的な怖いもの見たさの気持ちで、おそるおそるやってきた人の多くは、たぶん拍子抜けしたと思います。とはいえ、なにもしなくてもお金さえ出せば自然に「なんとか」なるようなコンビニエントな環境でないことは確かなので、みんなで自発的に「なんとか」しなければならない局面もそれなりにあり、そのたびに頭を使い・話をし・手足を動かし、自力と分担で「なんとか」のりきってゆくDIYの知恵と無償の協働力をとりもどすことのできた、よい夏フェスだったと思います。このフェスの一部始終は、映画「素人の乱」の監督の中村(友紀)さんが撮影してるので、いずれ「革命後の世界を先に生きてみた人たちの記録」のドキュメント映画として公開されると思います。今回のフェスの「そこでしか聞けない音楽、そこでしか吸えない空気」については、その映像を通してとっくり見てもらい、「あーー!やっぱり行っとけばよかった!」ととっくり後悔してもらうとして、ここでは来年のフェス(もう今からやる気まんまんです)にむけ、実際のところ今年のフェスはどんな感じだったのか、自分がみて・きいて・体験した範囲内で簡単に紹介します。

まずは、移動から。

・・・のつもりでしたが、もうひとつの夏フェスに関することで、いま「緊急速報」がはいりました。

急いで、こちらをごらんください。
[PR]
by illcommonz | 2009-08-27 21:43
▼「実録・なんとかフェスティヴァル2009」
d0017381_033815.jpg
▼「実録・なんとかフェスティヴァル2009」
[日時] 2009年8月20日(木)~8月24日(月)
[場所] 長野県長野市安茂里ジローズ・スモーキー・ビッグマウンテン
[参加者数] 100余名(延べ人数)
[テーマ] SURVIVE&ALIVE
[天候] 小雨/曇り/快晴

[ステージ]
・8月21日(金) 前夜祭
18:00- ∞+∞=∞(DJ)
21:00- イルコモンズ(DJ)
22:00- MAKOSSA(DJ)
28:00- パンクロッカー労動組合(LIVE)

・8月22日(土) 当夜祭
16:00- tamago (DJ)
17:00- KORA CORA(LIVE)
18:00- ローボーン・サウンドシステム(LIVE)
19:00- ジェロニモレーベル(LIVE)
20:00- ぬかるみ+ウラン・ア・ゲルほか(LIVE)
21:00- うんぬんかんぬん(LIVE)
22:00- 行友ブラザーズ(DJ)
23:00- レッド・バンダナ・ラボ(LIVE)
24:00- ▲hadou△(LIVE)
25:00- MAKOSSA(DJ)
26:00- 祭トーク
28:00- MAKOSSA(DJ)+松本哉+パンクロッカー労動組合(LIVE)

・8月23日(日) 後夜祭
14:00- こじきやしき/豪邸(LIVE)
16:00- ゲロクソ(LIVE)
18:00- MIX NOIZ(DJ)
22:00- バック・トゥ・バックDJ(pt.1)
(ナリタ+トラメガ+イルコモンズ+フジモト+tamago+∞+∞=∞)
25:00- ヨッシー(LIVE)
26:00- バック・トゥ・バックDJ(pt.2)
28:00- ∞+∞=∞(DJ)

[フード]
・8月21日(金)
[晩] 安茂里直産VEGEカレーライス+コールスローサラダ+高野豆腐
・8月22日(土)
[昼] 安茂里直産VEGEパスタ
[晩] 安茂里直産VEGEカレー+コールスローサラダ+おむすび
・8月23日(日)
[昼] 安茂里直産VEGEランチ
[晩] 安茂里直産VEGEスープ+ライス

[ブース]
・パンク・ヘアサロン
・カイロプラティック
・ステンシルTシャツ・DIYショップ
・水パイプ・スモークシェアリング
・なんとか温泉/水風呂
・カフェ
・バー
・無人酒屋

[イベント]
・ドラム・ギャザリング
・ジャンクドラム・ギャザリング
・フリージャム・セッション
・アヴァンギャルド・ドキュメント映画祭
・ブランディング・グラフィティ
・長野アモリ・ビエンナーレ
・聖木巡礼

[共同装備]
・サウンド・システム
・ドラム・セット
・水タンク(20リットル)×8
・簡易式水洗トイレ×3
・自家用車(2tトラック)×1
・自家用車(軽バン)×1
・自家発電機×3
・自転車×2
・共同炊事釜戸
・照明
・焚火

[病人・ケガ人・失踪者]
・なし

[近隣からの苦情]
・1件のみ(夜間の車での往来の音)

[カンパ]
・日帰り~5泊6日(通し)/1,000円+

[充実度・オルタナ度]
*各自「コメント欄」に記入してください。

[協力]
・「小市リサイクル」(長野・安茂里)
・「素人の乱」(東京・高円寺)
・「VEGE食堂」(東京・高円寺)
・「イレギュラー・リズム・アサイラム」(東京・新宿)
・「ラヴァンデリア」(東京・新宿)
・「ドムスタ」(東京・高円寺)
・ジローさん、社長、清野栄一ほか参加者全員

-------------------------------------------------
[追記]
「満天の星空と清流の小川に焚き火と釜戸の火
花火にモンド映像にサイリウムにレーザーにシーシャ
テントにハンモックにバナーにブルーシート
音も飯も人も最高
こんなにいいパーティーになるなんて予想もしなかった」
(mixi「intellipunkさんの日記」より)
[PR]
by illcommonz | 2009-08-27 00:04
▼インストラクタブルズ
d0017381_4534438.jpg
そうそう、この本を忘れてはいけない。

D.I.Y.というと、日本ではログハウスとか犬小屋づくりとか、ホームセンターや日曜大工のイメージがあるけど、それはもう昔の話で、現代のD.I.Y.はびっくりするほど多数多様化している。この本をみると、工作のノウハウやヒントだけでなく、D.I.Y.マインドがアクセラレートされる。キャンプではたっぷり時間があるので、この機会に完読しよう。
[PR]
by illcommonz | 2009-08-20 05:07