Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2009年 10月 ( 85 )   > この月の画像一覧
▼「横浜国際映像祭出品を辞退します」
「藤幡正樹、映像祭出品辞退」「31日に開幕する『ヨコハマ国際映像祭2009』の記者会見が30日、会場のひとつである新港ピアで行なわれた。参加アーティストであり同映像祭の実行委員会副委員長も務める藤幡正樹(東京藝術大学大学院映像研究科長)が登壇し、自作の出品辞退を発表した(ただし、撤去はフォーラムが終了する11/3以降とのこと)。理由として、BankART Studio NYK(馬車道)における自作「Simultaneous Echos」(響き合う音/風景)(2009)の展示環境が不本意であることや、海外作家と国内作家の待遇の「落差」などを挙げた。会見場で本人が配布した意見書がART iTの公式ブログに掲載されている。」

-----------------------------------------------------
[意見書]

「横浜国際映像祭出品を辞退します」
 「本日横浜国際映像祭のプレス発表でした。十分に見応えのある作品が並んでいるので、是非皆さん見に行ってください。十分にたのしめると思いますが、その背後に多くの作家の報われない徒労があったことなど、映像祭の実行委員のメンバーとして関係された作家にお詫びしたいと思います。以下のようなことで、僕自身の作品展示は11月3日までとして辞退させてもらうことにしました。以下に、14時からのプレス発表で配布した資料を如何に掲載します。(10月30日15:00)

--------------------
[配布資料]

作品展示辞退のお知らせ「Simultaneous Echos」(響き合う音/風景)2009

横浜国際映像祭実行委員会副委員長
東京芸術大学大学院映像研究科長
出品作家
藤幡正樹

 新しい作品、優れた作品を作っていると自負する作家にとって、その価値を認め合うことのできる他者と出会うことが最大の喜びであり、まさにそのことのために作品を作っていると言わざるおえません。まさにフェスティバルというのは、アートフェアやミュージアムの展示とはことなって、新しい価値観を問う場所であります。つまり、作家にとってフェスティバルに参加するということは、エスタブリッシュ(できあがる)することではなく、新しい可能性に挑戦することを許されたということです。また、出品にあたっては、十分な支払いがなされるべきですが、ここではお金のことは大きな問題ではありません。むしろ、やってみたかったことを実現し、多くの人にその作品を見てもらいたいという気持ちで参加するものです。つまり、フェスティバルの参加作家にとって大切なことは、フェスティバルの企画者、ディレクターとの信頼関係なのです。しかしながら、今回のフェスティバルは、その意味で最悪であったと言わざる負えないものであり、本来あるべき両者の信頼関係を大きく突き崩したものでした。
 参加した作家を代表して、以下個人的な問題を話しますが、他の多くの作家も同じ気持ちではないかと思います。

1)まず、展示の場所についてです。自分の作品がどのような、コンテクストの中に入れられるのかに対して敏感でない作家はいません。今回もっとも強く主張してきたことはこのことです。特に新しい技術を使った作品の場合に、おかれ方(コンテクスト)によっては、ただの技術のデモに見えてしまうからです。しかし、最後まで住友くんから納得の行く解説はありませんでした。

2)今回の作品は、音がでる作品であるために、早くから他の作品から隔離された環境であることを伝えていました。本来新港ピアで展示の予定でしたが、壁を作ることがかなり難しいという問題から、最終的にBankArtNYKになりましたが、現場に行ってみると壁が天井まで到達しておらず、音が完全に筒抜けでした。これでは自分の作品をきちっと聞いてもらうことは不可能なので、辞退したいというのが本当の気持ちです。しかし、そればかりではなく、これでは、他の作家に大きな迷惑がかかります。こうした被害を他作家達に及ぼしたくはありません。ますます、辞退したくなりました。

3)海外作家の作品のほとんどはBankArt NYKにありますが、明るいプロジェクターがずらりと並んでいる姿に驚かれると思います。片やフェスティバルの入場券ももらえないで働いているボランティアの作家やその友人がいる一方で、これはどうしたことなんでしょうか。この落差、この優遇と冷遇には目に余るものがあります。悲しくなってきました。

4)作家というのは難しい立場にいます。出品が決まって、名前が印刷された以上辞退することもままならない作家の立場は非常に弱いものです、いやでももう展示をせざるおえません。特に若い作家のみなさんにとって、こうして与えられた展示のチャンスの大きさから、こうした不満を直接ディレクターにぶつける勇気を持つことはとても難しいものです。

5)こうした状況の中、ついになぜ自分が呼ばれているのかがわからなくなってきました。つまり、さらに悪いことに、誰もが指摘していることですが、このフェスティバルには、コンセプトが、不在です。何を見せたいのか、何を問うているのか、何をしたいのかがわからないという声があちこちから聞こえてきました。そんなフェスティバルに参加してなんの意味があるのでしょうか、さらに自分自身が、そのディレクターを選出した委員会のメンバーでもあるというは、もう自戒の念しか今はありません。参加されているみなさん、特に作家の皆さん、ほんとうに申し訳ありませんでした。ここに深くお詫び申し上げます。

 横浜市の方々へ。文化振興は、かつてのように、有名人を一時的に呼ぶなどの法王で市民へサービスをすれば良いという時代は終わりました。市民の税金を使って行う文化事業である以上は、この土地でいったいどんな文化を紡ぎだすことができるかにかかっているわけであって、市民以外の人間にとっても、参加する人間すべてが創造的な行為に情熱を持てなくてはなりません。問題は、果たしてこれで情熱を共有できたのでしょうか?ということです。
 
 最後に、この議論は、われわれフェスティバルを作り上げる立場に関わる人間の問題であり、これから来場される観賞者、参加者の方々は伺い知ることのできない背後の出来事ですので、それが闇に葬られるのではなく、今後の反省材料として、われわれが学ばなくては成らない事柄なので、あえてこのプレス発表の場所をかりて、お話させていただきました。
 
 お詫び、自作が不本意な形で展示され、さらに他の作家の作品を浸食することになることは、作家として堪え難いことですので、最後になりましたが、以上のような経緯を持って、藤幡の作品「Simultaneous Echos」(響き合う音/風景)2009の展示を、フォーラム出演作家との関わりもあるので、フォーラム終了(11月3日)後に、撤去することといたします。」
[PR]
by illcommonz | 2009-10-31 19:44
▼いるといらとそのなかまたち、のしごとぶり
d0017381_142445.jpg
現場作業開始。

d0017381_1411757.jpg
わずか一日でこのありさま。

d0017381_14514187.jpg
デタラメなようで、実はちゃんと会議で決めてる。

今回はアート展なので、「アート業界っぽい役割」を、みんなで分担することにした。
でも、根がアクティヴィストなので、権威や権力が集中しないように、下記のような
全員サブの「サパティスタ方式」になった。

▼いるといらとそのなかまたち「アクティヴィズム3.0」

 サブ・コーディネーター  原田由希子(ネオダダッコ)
 サブ・キュレーター    成田圭祐(IRA)
 サブ・ディレクター     小田マサノリ(イルコモンズ)
 サブ・プロデューザー  甲斐賢治(remo)
 ゲスト・ライター      ZEST
[PR]
by illcommonz | 2009-10-28 15:10
▼いるといらとその一味、活動開始
d0017381_13322867.jpgいらとれもと
だだっこ
ブツをはこびこむ
d0017381_1333618.jpgいるとぜすと
工作活動はじめる

[PR]
by illcommonz | 2009-10-28 13:41
▼いるといら、会場にくるまでつっこむ
d0017381_13191517.jpgバック・オーライ。
[PR]
by illcommonz | 2009-10-28 13:20
▼いるといら、ヨコハマへゆく
d0017381_5552964.jpg
台風のなか、荷物を満載したくるまで、ヨコハマにむかう
[PR]
by illcommonz | 2009-10-28 05:55
▼いるといら以前
d0017381_550344.jpg
安全・安心で、なにもない、平板な世界
(撮影=はらだゆきこ)
[PR]
by illcommonz | 2009-10-28 05:50
▼いるといら、したくをはじめる。
d0017381_1815436.jpg
おや、いるといらが、いよいよ、展示のしたくをはじめたようですね。
でも、なんだか、これからデモにでかけるようにもみえますね。

ヨコハマは、いるが美術家を廃業した場所なので、いつもよりはりきってるようです。
いるといらが一緒にアート展に参加するのは、NYのEXIT ARTでの展示以来なので、
いらもはりきっています。それでは、みなさん、会場でおあいしましょう。
[PR]
by illcommonz | 2009-10-23 18:11
▼いるといらとそのなかまたちはどこに?

「ヨコハマ国際映像祭2009」(略称=CREAM)
 「現在、一部の人たちのみが生産と流通に関わってきた映像は、デジタル化によって多くの人が自由に扱える道具へと変化しています。今後、私たちにとって文字だけではなく、映像が重要なコミュニケーション・メディアになる時代が必ず来るでしょう。多くの人々が映像を使って社会に参加していくために、多様な個人のあり方が反映される表現と記録について考え、体験するフェスティバルになります。」

[参加アーティスト] 
 ・グラフィティ・リサーチ・ラボ
 ・クリスチャン・マークレイ
 ・アルフレッド・ジャー
 ・アーナウト・ミック
 ・フィオナ・タン
 ・山川冬樹
 ・八谷和彦
 ・中ザワヒデキ
 ・スン・シュン
 ・イム・ミヌク
 ・NPO法人remo
 ・ワン・ジャンウェイ
 ・スティーヴン・ピピン
 ・アルトゥール・ジミェフスキ
 ・泉太郎 その他大勢

 おや?「参加アーティスト」のなかに、「いるといらとそのなかまたち」のなまえがみえませんね、みんなはいったいどこにいるのでしょう? 大丈夫、ちゃんといます。なまえはありませんが、めじるしに、いるの「回顧と展望(仮称)」の写真がはってあります。みんなはそこにいます。「いるといらとそのなかまたち」がみえないのは「反権力」だからなのです。

 「テレビを見たり、新聞をよんだり、政治家の演説を聞いたりしても、反権力がどこにあるのか、その兆候はほとんど見つけることはできません。そういうところで議論をしている人たちにとって、政治とは権力政治であり、政治的抗争とは権力獲得をめぐる葛藤にすぎず、政治的リアリティとは権力のリアリティなのです。そうした人たちの目には反権力は見えません。しかし、もっとよく見てみましょう。まわりの世界を見まわしてください。新聞の向こう側、政党の向こう側、労働団体の向こう側を見るのです。そうすれば闘争が行なわれている世界が見えてきます。チアパスの自主管理自治体、メキシコ国立自治大学の学生たち、リヴァプールの港湾労働者たち、金融資本の権力に反対する国際的なデモンストレーションの波、移民労働者たちの闘い、民営化に反対する世界中の労働者たちの闘い。いつでも新しい闘いが起こっているのです。全世界で「NO!」という闘いが広がっていますが、そうした闘いは「NO!」という過程で、自分のことは自分で決定し、世界はどうあるべきかについての別の考え方をはっきりと表明するような闘争形態をとっていくのです。そのような闘いは、たとえ主流のメディアでとりあげられることがあるとしても、権力の眼を通してフィルターをかけられてしまっているので、権力政治に打撃を与えないと考えられる限りでしか見えないようになっています。反権力について語るとき、最初に問題になるのはそれが見えないことです。見えないのはそれが想像上のものだからではありません。私たちが世界を見るときの概念が権力の概念だからなのです。反権力を見るには別の概念が必要になります。叛乱する運動はすべて見えないことに抵抗する運動なのです。」(ジョン・ホロウェイ)

【自主広告】
▼いるといらとそのなかまたち「アクティヴィズム3.0(仮称)~
リーマン・ショック以後の世界の「新しい反資本主義の表現者」たち」

[日時] 10月31日(土)-11月29日(日)11:00-19:00(土/日/祝 10:00-19:00)
[場所] ヨコハマ国際映像まつり メイン会場A:新港ピア
(*下の画像は「ヨコハマ国際映像まつり2009」の公式サイトから無断転載)

d0017381_17552430.jpg
[PR]
by illcommonz | 2009-10-23 18:01
▼ヨコハマ国際映像まつりまで、あと
d0017381_17374428.jpg
「ヨコハマ国際映像祭2009」
「アート × 映画 × アニメ × 写真 × ライブ ジャンルを超えた新しいフェスティバル」

いら 「ねぇねぇ、ほんとに超えていいの?ほんとに超えても怒らない?」
いる 「アートのひとって、意外とマジメで、結構コワいよ。」
[PR]
by illcommonz | 2009-10-23 17:40
▼オタク終了。(まる)
d0017381_173915.jpg「宅八郎氏 ネットに「ブッ殺します」…脅迫容疑で書類送検」
 「神戸市在住の男性会社員(50)の殺害予告をインターネット上に書き込んだとして、兵庫県警東灘署は23日、「オタク評論家」として知られる宅八郎氏(47)=本名・XXXX、東京都XX区=を脅迫容疑で書類送検した。宅氏は書き込みをしたことを認める一方、「評論家としての表現の一つ」と話しているという。書類送検の容疑は今年3月19日、インターネットの交流サイトの掲示板に、男性の実名や勤務先を挙げて「ブッ殺します」などと書き込み、脅したとしている。男性がネット上で宅氏を「アキバ系」と評したことに立腹したという。宅氏と男性は2、3年前に知り合ったという。」(毎日新聞 2009年10月23日)
 「オタク評論家」にしては、ネット上の言論と表現をめぐる昨今の社会情勢や、権力による統制の動きに、あまりに鈍感(どんかん)すぎはしないだろうか? それとも、社会や政治のことを、まるで気にかけないところが、宅のオタクたるゆえん(あるいは、オタクの宅たるゆえん)だろうか?それはともかくも、評論の表現って、そういうものじゃないと思うね。評論ってのは、思わず絶句したり、ことばを失うような何かを前にして、そこから、ことばをとりもどしてゆくためのもので、それが評論とその表現だと思うよ。「萌え」とか「カワユス」ばかり云ってると評論も表現も貧しくなるよ。あ、ついでにいうと、本名と住所まで報道する必要はないと思うね。そこをあえて報道するのが、まさに昨今の社会情勢。
[PR]
by illcommonz | 2009-10-23 17:05