Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2010年 11月 ( 39 )   > この月の画像一覧
▼[APEC] TPPがニッポンの農業を殺す
d0017381_065284.jpg

(つづき)

「首脳宣言案にTPP=経済統合の具体策で-APEC」
「横浜市で13、14両日に開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の首脳宣言案「横浜ビジョン」(仮称)に、域内経済統合への具体策として、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が盛り込まれていることが3日、明らかになった。宣言案は、焦点の一つである貿易や投資を自由化する「アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)」構想の実現へ向けた道筋を提示。具体的な手段として (1)TPP(2)東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日本、中国、韓国)(3)ASEANプラス6(日中韓、インド、オーストラリア、ニュージーランド)-を中核に進めるとしている。ただ、日本が目指していたFTAAP実現の年次「2020年」を盛り込むことは、中国などが「早急」と指摘したのを受けて見送った。」(時事通信 2010年11月4日)

管直人がこの時期にTPPへの参加を云いだしたのは、APEC開催国として、首脳宣言に箔をつけたい(だけ)のだろう。APECなど開催するとロクなことはない。国内でTPPへの参加を要求しているのは、経団連をはじめとする、いわゆる経済界。新自由主義経済の亡者たち。その親玉の経団連会長いわく「TPP交渉への参加を先送りすることにでもなれば、わが国は国際的な事業環境の整備において諸外国から大きく後れを取り、世界の成長と繁栄から取り残されてしまうものと強く危惧している」。「成長」と「繁栄」。。。まだそんなことを云ってるのか、あきれた。その成長と繁栄がどれだけ地球を痛めつけてきたかなど、まるで眼中にないらしい。たいしたものである。それはともかく、TPPという名の「自由貿易の特急列車」がどこへゆくかといえば、まず最初に通過する駅は「農業の墓場」だろう。農業版「構造改革」のはじまりであり、国の成長と繁栄のために農業は切り捨て御免というわけだ。それでいいのだろうか。もちろんいいわけがない。「たちあがれ、エコな人たち、たたかえ、エコロジスト」。とはいっても、手ぶらではたたかいにくいと思うので、こんなポスターをつくってみた。

d0017381_09976.jpg

エコな人たちの趣味ではないかもしれないが、このくらいの衝迫力で迫らないと、TPPへの参加なんてすぐに決められてしまう。いま「NO!」といっておかなければ、気がついたときには、もうどちらをむいても、「農!といえない国」になってしまうだろう。そうなってからでは遅いし、さらに、矢部史郎が云うようなことになってからは、とりかえしがつかないだろう。

「TPP後は、国内国外を問わず海賊版偽装食品が生産され、安く流通することになるだろう。まず低所得世帯の子供から、死者が出るのだ。」(矢部史郎「TPP報道」

...............................................................
【おことわり】 このエントリーは現在進行形の「戦術上の都合」※により、2010年11月13日午前零時まで「非公開」とします(※ある任意の状況に対し、あえて無関心をよそおい、何もアクションを示さないことや、故意に無視したり、コメントしたりしないことによって、当の状況に対する抗議や批判を行う対抗戦術のことを「不作為のカウンターアクション」と呼ぶ。別名「積極的に何もしないことで行う反撃」)[参考]「この茶番劇に参加しないことが、私たちの力を最大限に示すことのできるアクションではないのか?」(スターホーク)
[PR]
by illcommonz | 2010-11-07 00:10
▼100万人の人が、その本をいつくしみ、100万人の人が、その作者がしんだとき、なきました
d0017381_046392.jpg
この本のおかげで、100万回生きなくても、いきものにとって何がいちばん大切なのかを知ることができた。お金でもなく、地位でもなく、冒険でもないそれは、とてもシンプルで、ありふれたことなので、よくわすれてしまう。だからそのたびにこの本を何度もよみかえす。子どもは同じ本をあきもせず何回もくりかえしよむ。自分もそうだったが、この本は、大人になってから読み返した回数の方がずっと多いと思う。やがてこの本もiPadなどでよまれることになるのだろうが、自分は図書館の児童書のコーナーでよむのが好きだ。何百回、何千回とぺージをめくられ、表紙や背がすっかりくたびれてきた本の方が手によくなじむし、そうした何百、何千の手の痕跡から今でもこの本が子どもたちに読まれていることがわかって安心する。もちろん家にもこの本は置いてあって、よく人からもらったり・あげたりする本ので、たいていいつも2冊か3冊ある。いちばんすきなのは、「おれは100万回も…」といいかけたねこが、ふと、それをやめて、白いねこにある問いかけをするところ。そこからはじまった一回きりのそれは、100万回のそれよりもずっと大切でかけがえのないものだった。

絵本「100万回生きたねこ」佐野洋子さん死去 72歳」
「絵本「100万回生きたねこ」などで知られる絵本作家・エッセイストの佐野洋子(さの・ようこ)さんが5日、乳がんで死去した。72歳だった。葬儀は近親者のみで営む。後日、お別れの会を開く予定。中国・北京生まれ。1961年に武蔵野美術大デザイン科を卒業後、ベルリン造形大でリトグラフを学ぶ。74年からほのぼのした画風の絵本を発表、76年に絵本「わたしのぼうし」で講談社出版文化賞絵本賞。「100万回生きたねこ」(77年)は、さまざまな飼い主のもとで生と死を繰り返す猫が初めて愛することを知る姿を描き、世代を超えて親しまれた。ミュージカルなどにもなり、178万部のロングセラーとなった。01年、絵本「ねえ とうさん」で日本絵本賞、小学館児童出版文化賞。「わたしが妹だったとき」など、自由な着想としなやかな感性に裏打ちされたエッセーでも知られ、老境に入っての一人暮らしをユーモラスにつづった「神も仏もありませぬ」で04年、小林秀雄賞を受けた。08年に巌谷小波文芸賞受賞。同年のエッセー「役にたたない日々」では、医師に余命2年と宣告された際に外国車のジャガーを購入した様子を描き、「毎日がとても楽しくて仕方ない」と軽妙に語っていた。」(朝日新聞 2010年11月5日)
[PR]
by illcommonz | 2010-11-06 00:50
▼[APEC] もういいかい?
d0017381_19331244.jpgま~だだよ。

ということで今日も不作為の活動中。
この一年間一日も欠かさず続けた
不作為の活動もあと9日で終わり。


...............................................................
【おことわり】 このエントリーは現在進行形の「戦術上の都合」※により、2010年11月13日午前零時まで「非公開」とします(※ある任意の状況に対し、あえて無関心をよそおい、何もアクションを示さないことや、故意に無視したり、コメントしたりしないことによって、当の状況に対する抗議や批判を行う対抗戦術のことを「不作為のカウンターアクション」と呼ぶ。別名「積極的に何もしないことで行う反撃」)[参考]「この茶番劇に参加しないことが、私たちの力を最大限に示すことのできるアクションではないのか?」(スターホーク)
[PR]
by illcommonz | 2010-11-05 19:35
▼[APEC] 2010年9月1日 横浜
d0017381_1941517.jpg
▼いるといらとそのなかまたち横浜・若葉町にゆく

d0017381_19193847.jpg
いるといらとそのなかまたちは、テロリストではなく、アクティヴィストなので、この日は、みんなで食べる晩ごはんの材料をもとめて市場の下見にでかけ、あたらしい料理の実験につかう地元の食材を手にいれました。いるは「おなかがすいた~」といってます。

d0017381_19195548.jpg
無視、警察の警察による警察のための警備の祭典なんて、無視、無視、無視、無視、無視、無視、無視、無視、無視、無視、無視、無視。

d0017381_192067.jpg
[左] 現場の下見ではなく、よそ見ばかりして道草をする、いる。 [右] 「テロとAPECを口実にした街のジェントリフィケーションのおてつだい」をするため、インフルエンザ対策用の消毒液でゴミにイタズラをする、いる。

d0017381_19213054.jpg
遊び疲れて眠る、ちびこもんず、まくらもとには、機動隊がいるので、安心・安全・安眠です。

(「いるといらの夏休みの活動日記」より 写真:福田依子 提供:ART LAB OVA)

(おまけ)
d0017381_19283452.jpg
これは、いるのカセット式ガスこんろで、この晩は、これで海鮮チジミを焼いて食べました。

...............................................................
【おことわり】 このエントリーは現在進行形の「戦術上の都合」※により、2010年11月13日午前零時まで「非公開」とします(※ある任意の状況に対し、あえて無関心をよそおい、何もアクションを示さないことや、故意に無視したり、コメントしたりしないことによって、当の状況に対する抗議や批判を行う対抗戦術のことを「不作為のカウンターアクション」と呼ぶ。別名「積極的に何もしないことで行う反撃」)[参考]「この茶番劇に参加しないことが、私たちの力を最大限に示すことのできるアクションではないのか?」(スターホーク)
[PR]
by illcommonz | 2010-11-05 19:29
▼[APEC] あと9日
d0017381_18525720.jpg
カウントダウン開始
...............................................................
【おことわり】 このエントリーは現在進行形の「戦術上の都合」※により、2010年11月13日午前零時まで「非公開」とします(※ある任意の状況に対し、あえて無関心をよそおい、何もアクションを示さないことや、故意に無視したり、コメントしたりしないことによって、当の状況に対する抗議や批判を行う対抗戦術のことを「不作為のカウンターアクション」と呼ぶ。別名「積極的に何もしないことで行う反撃」)[参考]「この茶番劇に参加しないことが、私たちの力を最大限に示すことのできるアクションではないのか?」(スターホーク)
[PR]
by illcommonz | 2010-11-05 18:53
▼[APEC] 2009年10月28日 横浜
d0017381_142445.jpg
現場作業開始。

d0017381_1411757.jpg
★「NO APEC」 と描いてあります。
わずか一日でこのありさま。

d0017381_14514187.jpg
デタラメなようで、実はちゃんと会議で決めてる。

(以上、「イルコモンズのふた」より再掲載)

...............................................................
【おことわり】 このエントリーは現在進行形の「戦術上の都合」※により、2010年11月13日午前零時まで「非公開」とします(※ある任意の状況に対し、あえて無関心をよそおい、何もアクションを示さないことや、故意に無視したり、コメントしたりしないことによって、当の状況に対する抗議や批判を行う対抗戦術のことを「不作為のカウンターアクション」と呼ぶ。別名「積極的に何もしないことで行う反撃」)[参考]「この茶番劇に参加しないことが、私たちの力を最大限に示すことのできるアクションではないのか?」(スターホーク)
[PR]
by illcommonz | 2010-11-03 04:26
▼[APEC] APECとはなにか?
d0017381_18402942.jpg
▼イルコモンズ制作「APEC非公式ポスター」(2010年)

▼【えいぺっく】APEC=Autocratic Police Empire Celebration
直訳すると「独裁的な警察帝国の祝典」。わかりやすくいえば、「警察の警察による警察のための警備の祭典」。実質的には、テロを口実にした警備予算獲得のためのパフォーマンス=茶番劇。あまりにばかげていて、あまりにみえすいていて、あまりに税金の無駄遣い、というか、税金をドブに捨てるような使い方で、きわめて反エコ(ロジー/ノミー)的で、まっさきに「仕分け」の対象とすべき国策イベント。異常、というよりほかにいうことなし、以上。

「ヨコハマ警備厳戒 APECへ警官4万人・市民にはID」
「横浜市のみなとみらい(MM)地区で7~14日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)が開かれる。横浜ランドマークタワーを始め、一帯は国内有数の観光・商業スポット。警察側は、過去最大だった北海道・洞爺湖サミットを1千人以上上回る4万3千人態勢で警戒に当たる。期間中、車両は大幅に制限され、一般の宿泊を受け付けないホテルも。事実上、封鎖状態になりそうだ。APECに参加するのは21の国と地域。13、14日にある首脳会議には米オバマ大統領も出席予定で、ファーストレディーも含めると80人以上の要人が警護対象になる。首脳級の会議は、かつては大都市で開かれることが多かった。しかし、2001年の伊ジェノバサミットで20万人規模のデモが起きたことを契機に、2年前の洞爺湖サミットのように、警備しやすい観光地が選ばれるように。それが今回は、国際会議の誘致で経済効果などに期待する中田宏・前市長らの強い要望でMM地区に決まったという。神奈川県警幹部は「テロの標的になる建物や人の出入りが多く、難しい警備になる」。警備には、警視庁のほか、全国から応援の警察官が動員されている。」(朝日新聞 2010年11月2日)


...............................................................
【おことわり】 このエントリーは現在進行形の「戦術上の都合」※により、2010年11月13日午前零時まで「非公開」とします(※ある任意の状況に対し、あえて無関心をよそおい、何もアクションを示さないことや、故意に無視したり、コメントしたりしないことによって、当の状況に対する抗議や批判を行う対抗戦術のことを「不作為のカウンターアクション」と呼ぶ。別名「積極的に何もしないことで行う反撃」)[参考]「この茶番劇に参加しないことが、私たちの力を最大限に示すことのできるアクションではないのか?」(スターホーク)
[PR]
by illcommonz | 2010-11-02 23:35
▼よみがえれ、桂花、たのむぞ、味千
d0017381_11232763.gif

「「桂花」が民事再生法の適用申請 熊本地裁」
「熊本を代表するラーメンチェーン店の一つ「桂花」(熊本市、旅井瑞代社長)が1日、熊本地裁に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けた。代理人弁護士によると、負債額は12億5800万円。同じラーメンチェーンで「味千ラーメン」を展開する重光産業(同市、重光克昭社長)が支援する予定で、営業は続ける。桂花は1955年創業。東京進出などで店舗を増やし、現在は直営店を県内に4店、東京などの関東に7店を展開する。パートを含めた従業員107人。経営支援は桂花から重光産業に要請した。重光社長によると、2社の店舗は主に味千が郊外で、桂花は関東などの繁華街で展開しており、メニュー構成も異なるため、すみ分けできると判断した。熊本市の事務所で会見した旅井社長は「桂花の味を守って、お客さんの期待を裏切らない形で再生できると信じている」と述べた。重光産業の重光社長は「桂花は熊本ラーメンの代表格。大切なブランドをなくしたくないと思い、引き受けた」と話している。」(「くまにちコム」2010年11月01日)

 いま、一身上の都合で(持病の高血糖症のため)麺類や穀物などの炭水化物をなるべく摂らないローカーボンの食生活をしているのだが、大好物の、というか、ソウルフードといってもいい「桂花ラーメン」(特に「ターロー麺」)がこの世から消えてしまうと、生きるはりあいがなくなるので、これから体をはって「食べ支え」をしようと思う。健康やからだも大事だが、生きるよろこびはもっと大事である。

 だから政府がいくら価格をつりあげようと、タバコも断固やめるつもりはない。自分の持病にタバコがよくないことは百も承知だが、ガンジーがいうように、「まちがったことをする自由をふくまないような自由は自由ではない」し、ガンジーはこうも云っている。

  「あなたのおこなう行動が、 ほとんど無意味だとしても、 それでもあなたは、それをやらなければなりません。 それは世界を変えるためにではなく、 あなたが世界によって変えられないようにするためにです。」

 タバコを吸うことが、たとえ、自分のからだによくないとしても、政府に自分の生き方や嗜好を変えられたくはないので、死ぬまで「反禁煙」の態度を貫きたいと思う。ナチスのファシズムの時代、フランスの芸術家や知識人そして若者たちは、あやまった優生思想と結びついたナチスの「健康政策」に対するレジスタンスとして体をはってジタンやゴロワーズなんかの両切りのキツいタバコをあえて吸い続けた。喫煙のマナーも大事だが、自分はそういうタバコの吸い方をしたいと思うし、「健康ファシズムに比べれば喫煙の方がずっと健康的である」と意見に同意する。

 そして食べものにせよタバコにせよ、自分の口にいれるものの是非は自分で決めたい。自分の口にいれるものが、うまいかまずいか、くさってるか大丈夫か、よいかわるいかを、マスコミとか賞味期限とか政府などに決めてもらわなくても結構である。それは自分の判断と体験と人生観で決めることだ。それがオートノミーやインディペンデントの基本だと思う。

d0017381_1284450.jpg
[参考]
「喫煙はファシズムに比べればずっと健康的である」
(Smoking Is Healthier Than Fascism)
http://bureaucrash.com/2006/10/31/smoking-is-healthier-than-fascism/

---------------------------------------------------------------------

[追記] 思いつくとすぐに行動したくなるので、試写会の帰りに、さっそく渋谷の桂花ラーメンにいってきた。保全命令がでてるので、もしかしたら臨時休業してるかもしれないと心配してたが、予想に反して、いつもどおり営業していた。民事再生法申請についての貼り紙とかも特に見当たらなかった。しかも今日は火曜なので、「桂花ラーメン」が500円になるワンコイン・サービスもやってた(大丈夫なのか?)。もっとも今日は「食べ支え」のつもりで来たので、950円の「ターロー麺」にした。ひさびさに食べる桂花ラーメンは、うっとりするほどおいしかったが、小麦粉は糖質が非常に高いので、食後にやってくる血糖上昇がからだにこたえた。
[PR]
by illcommonz | 2010-11-02 11:25
▼イルコモンズの労働観
d0017381_8585238.gif
イルコモンズが、仕事熱心で、働き者である、というのは目の錯覚か、気のせいである。イルコモンズは、労働が好きなのではない。そうではなく、労働から一秒でもはやく解放されて、自由にのびのびと自分の好きなことをして生きたいので、そのために右から左にてきぱきと仕事をかたづけ、一秒でもはやく仕事を終わらせるために一心不乱に働いているだけである。すべては労働からの遁走である。もしイルコモンズの「労働観」というものがあれば、それはこうだろう。「労働をうらむな、労働を自分の仕事にしてしまえ、そして一秒でも仕事を早く終わらせて、外に遊びに行こう」あるいはまた「遊ばざるもの働くべからず」である。この「労働観」は、こどものときから一貫して変わらないイルコモンズの「人生観」でもある。

というわけで、今日はこの映画の試写会をみにゆこう。終わらせた仕事についてはまた後日。


▼「8 - Eight - NO TIME LEFT」予告篇 (仏語オリジナル)
[監督] ジェーン・カンピオン、ミラ・ナイール、ガエル・ガルシア・ベルナル、ヤン・クーネン、ギャスパー・ノエ、アブデラマン・シサコ、ガス・ヴァン・サント、ヴィム・ヴェンダース
[提供] オックスファム

「10年前、国連と各国政府は、8つの「約束」をしました。「世界の貧困を半減する」「初等教育を完全普及させる」「エイズやマラリアを撲滅する」などこれらのプロジェクトは2010年を迎え先進国政府のM取り組みは到底十分とは言えません。世界の約5人に1人はいまだ深刻な貧困の中で暮らし、約6人に1人は飢餓に苦しんでいます。この危機的状況に対して警鐘を鳴らすために、ヴィム・ヴェンダース、ジェーン・カンピオンなど8人の監督が立ち上がり、各目標にちなんだ8つのショートフィルム『8 -Eight-』を制作しました。そして、本作品は世界の貧困問題に対する私たちの責任を鋭く問い直します。」

[公式サイト]
http://www.notimeleft.org

この映画をつくった作家たちの目には、世界はどんなふうに見えているのだろう?そして、政府やマスメディアが僕らに見せないようにしている世界は、どんなふうなのだろう? 映画を通じて世界はどこまで知ることができるのだろう?そして現代美術を通じては?

-----------------------------------------------------------------

[追記] プレス試写会に行ってきた。もともとこの映画は、商業目的でつくられた映画ではなく、世界に行動をよびかけるための映画なので、YouTubeで全編ノーカットでみることができる(このへんはさすがオックスファムである)。そして実は、ヴェンダースとガス・ヴァン・サントの短編は、YouTubeで先にみていたのだが(ただし日本語字幕なし)、この2本は全編を通して見た時にいっそう輝きを増してくるので、できれば映画館の暗闇の中で、全編通して字幕つきで見ることを強く強くお勧めしたい。どの作家の短編も「世界の重たすぎる現実」を扱っていて、映画館の暗闇の中でスクリーンを見つめていると、だんだん気持ちが地面にめりこんでいって、思わず天をあおぎたくなる(特にアフリカン・ネオ・リアリズムの伝統のあるブルキナファソの映画は壮絶だった)が、本来、光の芸術である映画は、最後にちゃんと希望の光をスクリーンに照らしだしてくれる。過酷な現実を前にしたときのファンタジーやイマジネーションの力と輝きを再認識した。シネフィルや頭のかたい連中は、カンピオンやヴェンダースのファンタジーを「子供だまし」だと小ばかにするかもしれないが、子どもだましで結構、「ファンタジーよ、一歩前に、現実は後からついてこい」である。あと、YouTubeではみれないオプニングもよかった。この映画は、11月13日から渋谷のアップリンクXで一般公開されるので、ぜひ気をしっかり持って、映画が映し出してみせる、いまの世界の状況と向かいあってみてほしい。
[PR]
by illcommonz | 2010-11-02 09:25