Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2011年 02月 ( 102 )   > この月の画像一覧
▼[エジプト革命] にっぽんの民放テレビ


▼「株価指数先物・オプション大引け、続落 エジプト緊迫が重荷」
「31日の日経平均先物3月物は続落した。大引けは前週末に比べ140円安の1万0230円だった。エジプトで反政府デモが拡大し欧米の株式相場が下落、投資家の心理を冷やした。(以下省略)」(日経新聞2011年1月31日)

▼「エジプトで足止め、邦人300人が帰国の途に 政府はチャーター機派遣へ」
「政府は31日、エジプトでの反政府デモ拡大を受け、現地から邦人を輸送するためのチャーター機を派遣する。外務省は31日午前、エジプト情勢の緊迫化を受けた緊急対策本部(本部長・前原誠司外相)を開いた。前原外相は追加のチャーター便確保も視野に、邦人観光客や在留邦人の安全確保に取り(以下省略)。」(日経新聞 2011年1月31日)



 ようやく、はじまったテレビのエジプト報道も、はじまってみれば、「邦人」と「観光」と「株価」のことばかり。しかも「足止め、欠航、下落、心配、不安、緊張、エジプト観光は大丈夫?」と、ひたすら内向きで後ろ向きなネガティヴ報道ばかりが目につく。キャスターはまゆをひそめるような表情だし、ナレーションの声もどこかおどろおどろしい。日本に住んでるエジプトの人たちがこれを見たらどう思うだろう、と考えるといたたまれない気持ちになる。こういう報道をみていて、だんだんわかってきたのは、テレビのニュースは、いま世界で起きていることから視聴者の関心をできるだけ遠ざけ、見ている者たちの気持ちが決してひとつになるようなことがないようにきっちり設計されているということだ。テレビの報道は、ひとを動かさないし、結びつけないし、決してつなげない。高揚などもってのほかで、マスコミが国民を高揚させてよいのは、ワールドカップやオリンピックのようなナショナルなイベントだけのようだ。結局、テレビがつくるのは「消費の共同体」だけで、ベネディクト・アンダーソンがいうような「想像の共同体」は想起すらさせない。ある意味、すごい社会統制だ。こういう巧みなイメージ操作が日本の「社会運動嫌い」や「アクティヴィズム・フォビア」をつくっているのかもしれない。経団連は「TPPに参加しないと日本は世界のなかの孤児になる」と脅しているが、市民運動や革命への連帯という点でいえば、日本はとっくに「世界の孤児」かもしれない。海外旅行に行くときはくれぐれも気をつけたほうがいい。まちがっても「エジプト革命のときはミイラのことを心配してたよ」なんて口にしないほうがいい。まちがいなく軽蔑され、なかまはずれにされるだろう。世界には、いまエジプトで起きていることを、こんなふうにみている人たちだっているのだから(つづく)
[PR]
by illcommonz | 2011-02-01 01:19
▼[エジプト革命] チョムスキー講演

2011年1月25日、テネシー大学でのチョムスキーの講演。講演の冒頭、いま世界が直面していることとして、エジプトのデモをとりあげ、若者たちのことなどにもふれながら、アラブ世界における独裁政権と米国政府の関与などについて講演してます。
[PR]
by illcommonz | 2011-02-01 00:20