Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2011年 03月 ( 130 )   > この月の画像一覧
▼「十万年の呪い」と「未来の搾取」


▼「100,000年後の安全 (Into Eternity)」(2009年)
[監督] マイケル・マドセン
[撮影] ヘイキ・ファーム
[編集] ダニエル・デンシック

▼「放射性廃棄物の危険を訴えるドキュメンタリーが緊急公開」
 「原子力発電所から生まれる放射性廃棄物の問題と地球の安全を問うドキュメンタリー映画「100,000年後の安全」が当初予定していた今秋公開を変更し、4月2日(土)から緊急公開されることが発表された。「100,000年後の安全」は、原発から生まれる高レベルの放射性廃棄物を処分するためにフィンランドに建設中の処理場"オンカロ(隠された場所)"にカメラが潜入したドキュメンタリー。安全になるまで10万年を要するという高レベル放射性廃棄物を、人間は安全に管理することが可能なのか? 10万年もの間、人間は地球の安全のために廃棄物を封鎖し続けることができるのか? その危険性を10万年後の人々に警告することは可能なのか? など未来の地球の安全を問いかける作品だ。
 本作は当初今秋の公開を予定していたが福島原発事故を受け、配給を担当するアップリンクは「原発に関する知識を得る事を必要としている人が多いと思い」(マスコミに配布されたリリース資料より)、4月2日(土)から渋谷アップリンクで本作を緊急公開することを決定した。アップリンクの代表を務める浅井隆氏は同資料で「僕の個人的意見としては、自分は科学を信じているので、原発を人間が完全にコントロールでき、放射性廃棄物を安全に処理する方法を確立しているならばという条件付きで原発はあってもいいと思います」としながらも「それが不可能ならば、要するに現状ではそうですが、新たに原発は作るべきではないし、今ある原発は停止していき、節電と代替エネルギーの技術的方法を考えるべきだと思います」とコメントしている。なお、本作の入場料のうち200円が東日本大震災の義援金として寄付されることも発表された。」(アメーバニュース 2011年3月30日)



▼映画「100,000年後の安全」緊急公開
[日時] 2011年4月2日(土)より
[場所] 東京・渋谷アップリンク
[公式サイト] http://www.uplink.co.jp/100000/
※日本語字幕つき予告篇あり
.............................................

 試写版をもらって、一足先にみせてもらったのだが、見終わって思ったのは、100,000年という、人間(とその文明)のタイム・スケールをはるかに超えた、途方もない返済期間(簡単に云えば「100,000万払いのツケ」)を要する、その意味で、あまりにハイ・コストすぎる原子力発電が、なぜ、いま、現実に存在し、そして、なにがそれを可能にしているのかだろうという問いだ。それは、いま、原子力発電を推進してきたばかものたち、そして、それを容認してきたばかものたち(自分たちもそのばかものたちだ)は、せいぜい生きて数十年なので、はなからそのツケを払うつもりがなく、このおそるべき怪物の始末を未来におしつけ、勝手に先に死んでゆく魂胆だからだと思う。後世の人類に対する、この途方もなくクソ迷惑なゴミのおしつけと10万年の呪い、それをなんというか?それは「未来の搾取」であり、それを可能にしているのは、なにかを犠牲にして、自分たちだけが栄えようとする資本主義的なものの考え方である。10万年先の未来の人類にとって、自分たちはみな共犯者であるが、その呪いをかけるのも、その呪いを解くのも、自分たち次第だ。この映画がみせてくれる「ばかものたちの狂った栄華の記念碑」をみながらそう思った。
[PR]
by illcommonz | 2011-03-31 12:36
▼「これから世界がどう変わってゆくかは、わたしたち次第なのです」
d0017381_2375078.jpg
▼レベッカ・ソルニット 「北日本、そしてその他の地域の兄弟姉妹たちへ」

 「西欧世界にいる、わたしたちの多くが、みなさんの被災のことを、深い懸念と共感と連帯と涙をもって目撃し、読み、耳にしました。みなさんは決してひとりぼっちではありません。ニューオリンズで書かれたある美しい論説によると、カトリーナ台風の後、日本がしてくれたことを湾岸地域の人たちはちゃんと憶えていて、そのお返しをすると誓っています。わたしたちは、災害の全貌がまだ明らかになっていないこと、この災害はまだ終わってないということ、そして、それは原子炉が閉鎖され密閉された後でさえも終わらないだろう、ということを心得ています。
 災害は突然はじまり、そしてゆっくりと終わります。まずはじめにそれは悲痛なものです。でも、そらがそれ以外のなんであるかは今はまだ分からないのです。それらから多くのものが到来し、それらがもたらす変化のあるものは永続してゆくでしょう。世界はもはや以前と同じではありませんが、これから世界がどう変わってゆくかは、わたしたち次第なのです。
 わたしは北米で起きた五つの大災害を研究し、そうした動乱と不確定性の奇妙な中間期について多くを学びました。ある意味において、災害は革命のようなものです。つまり、古い秩序が終焉するかのように思え、人びとはそれまで容認していた諸制度を信用しなくなります。人びとはたがいに深いつながりを感じ、時として、新しい力と可能性を感じるのです。災害はしばしば革命のように展開します。そこには、団結、可能性、日常的な分断と支配と予測の一時停止、といった感覚が介在するのです。
 有毒物質による災害の場合、事態は大きく異なっているかもしれません。人びとはしばしば自らを孤立させかねません。何が排出されているかも分からず、災害がいつ終わるとも知れません。地震の後、なにかを再構築するよりもまず、石油の流出や放射能漏れを片付けることは困難なことです。でも、この大災害は、すでに原子力や世界中の武器に関する対話を変容させ、ドイツにおいては、原子エネルギーからの脱却を加速化させたのです。いまのところ、この災害からなにが生まれるかはまだ分かりませんが、すでにお話したように、それは多かれ少なかれ、わたしたち次第なのです。」

[翻訳] YUKO TONOHIRA (をもとに抜粋して改訳)
[原文+翻訳] http://jfissures.wordpress.com/2011/03/30/rebecca-solnit/

-------------------------------------------------------------
[追記]
「独与党、原発8基完全閉鎖に賛成 FDPが政策転換」
 「ドイツ連立与党の自由民主党(FDP)のリントナー幹事長は29日、福島第1原発の事故を受けて安全検査のため一時停止などをしている原発計8基について、完全閉鎖することに賛成する意向を表明した。同党は、メルケル連立政権が昨秋決めた、既存原発の稼働期間を延長する計画の推進派。ただ、原発問題が争点となった27日の州議会選挙で与党が大敗したことから、政策を急転換した。ただ、メルケル首相が率いる最大与党キリスト教民主同盟(CDU)内には同様の意見もある一方で、早期の脱原発は「電力価格の急上昇を招き、ドイツ企業が国外に工場を移転する恐れがある」との反対論もある。」(2011年3月30日 共同通信)
[PR]
by illcommonz | 2011-03-30 23:11
▼「もう、原発やめやめ!あぶねえよ!!」
d0017381_231974.gif
▼松本哉「もう頭にきた!原発あぶねえ!超巨大反原発30万人デモ開催へ!!」(抜粋)

 いやはや、こんなにすぐに天変地異が起こるとは思わなかった!いや~、恐ろしい恐ろしい。未曾有の大地震でいろんな街がメチャクチャになった上に、これまた前代未聞の大津波がやってきて、恐ろしい数の犠牲者が出た。なんとか助け合いで切り抜けていかなきゃいけないので、東京からも何かできたらと思う。
 で!そんな大自然の巨大な力にはなかなか勝てない我々だが、今回はそのドサクサにまぎれて明らかに人の手による災害=原発事故まで巻き起こった!よく巷では「地震、津波、そして原発。いや~、すごい災難です」みたいなことを言う…が、コラ!原発だけは天災じゃないから防げただろ。なに一緒にしてんだ、コンチキショー!
 あれほど、いろんな人が「あぶねえ、あぶねえ」って騒いでたのに、東京電力は「いや、大丈夫、大丈夫」みたいなことを繰り返してたし、これまでの政府(特に自民党)もひたすら原発を作りまくってきたし、テレビに出てるインチキくさい学者たちも「原発はエコ」みたいなトボケたことを言い出す始末。で、まんまと大事故を起こして、地域を汚染しまくり! まったく、半径2~30kmの人が大急ぎで逃げ散らなきゃいけないぐらいの危険さって、これまで聞いたことないよ! やっぱり原発はあぶねえじゃねえか!
 「いまの生活スタイルを維持するなら原発は必要」みたいなイカサマ屁理屈を言う連中も多いが、そんなのもまっぴら御免だね。こんな危なっかしい思いをしながら生活するぐらいだったらちょっとぐらい電気足りないほうがよっぽどマシだよ。まったく、なにがオール電化だこんちくしょー、東京ガス呼ぶぞ、この!ええい、こうなったらオール石炭にするぞ!!!…いや、すまん、言い過ぎた。ちょっとは電気頼む。
 ともかく!危なっかしいものをなくしてしまうってのが最優先だね。こんな地震多発地帯に原発を建てまくるって、もう地雷で周りを囲んでるようなもんでしょ。自分らの住んでる所でなにやってんだ、おい。危ない危ない!
 で、天災の後始末は力を合わせれば少しずつでも前に進むが、放射能ってのがこれまたタチ悪い。根元から止める作業員の仕事を見守るしかないのだ。その間にも、空気やら水やらに乗って拡散していくわけだし、まったく恐ろしい限り。水道が危ないって言うニュースが出た時も、沸かしゃいいのかと思ったら、逆に煮詰まって濃くなるんだって。なんだよ、もうなすすべがないね! 原発に近ければ近いほど、もう我慢して寿命を縮めるか、別の街に逃げるかの2択しかないってことか。
 う~ん、これ、どうしてくれんのかね…。いや~、もう頭にきた!ってことで、一刻も早くこんな危なっかしいものを止めてしまうために、ちょっとひと騒ぎ起こすことにした!!「被災者支援の義援金集め&原発いい加減にしろ!」っていうテーマの超巨大イベントを高円寺で開催することになった!!!さー、これは盛り上がるよ!
 ちなみに、ちょうどいま高円寺の商店街で取り組んでいるのが、姉妹都市の南相馬市への義援金集め。この街は福島第一原発から2~30kmの地域で、「自宅退避」ってことになってて相当ヒドイ目に遭ってる地域のひとつだ。少し、ここのカンパの足しにでもなればいいかね。
 さらに、いまバンド関係者らが独自に行っている救援活動もある。ここは、本当にひたすら個人単位で動いているので、行政や大きい組織の行き届かないところに少しでも届けようとしている。知り合いづてでこの活動も応援することにしているので、こっちにも足しになればと思う。(詳しくはこれ→http://sendai-birdland.com/
 そんな感じで、「原発冗談じゃねー!」と、盛大に核廃絶を訴えつつ、義援金も募りまくってしまおうという企て! 形式はもちろんデモで、トラックの荷台にステージを作りバンドやDJが演奏したり、その合間にマイクアピールという感じ!早くも出演希望バンドや機材提供などが殺到しまくってるし、なんだかとんでもないことになりそうな予感!! いや、やはりこの機会に原発を全部止めとかないとどうしようもないからね~!さ、やるよやるよ!!!
 さらにさらに!!この際だから、全国・全世界同時行動にしちゃったほうがいいでしょってことで、いま、いろいろ各地に連絡しまくってるところ!これ読んでる皆さん、4月9~10日の週末は「原発ふざけんな!」と、何かしらやらかしてしまおう!!!!

 もう、原発やめやめ!あぶねえよ!!

(「松本哉ののびのび大作戦」2011年3月30日より)
[PR]
by illcommonz | 2011-03-30 23:02
▼2011年4月10日 日曜日
d0017381_3461890.jpg
(画像をクリックすると拡大します・画像をクリックすると手紙がよめます)

「4月10日 反原発超巨大デモ!!!」
 「4月10日、「被災地支援義援金集め&原発いい加減にしろ!」超巨大反原発ロックフェスデモが開催されることになった!早くも、出演希望バンド、DJが殺到し始めている!デモコース、開催時間など詳細はまだ未定!ともかく、10日は夕方から高円寺へ!!

★当日集められたカンパは、こんな感じで義援金として送られます↓
高円寺の商店会連合会を通して、姉妹都市である南相馬市へ。この南相馬市は福島第一原発から2~30km圏内の自宅退避地区で、震災と放射能の二重の被害を受けている地域!(※上の写真はその南相馬市の女子高生のコメント!)」

(松本哉「素人の乱5号店・店主日記」より)

 4月10日はまず、「被災を「天罰」と言った政治家」を最寄りの投票所で「なんとか」してから、その後は、高円寺の超巨大反原発デモへ。

d0017381_3464333.jpg
2011年3月27日日曜日 東京・東京電力本社前にて撮影
[PR]
by illcommonz | 2011-03-30 03:48
▼イルコモンズ「Atomkraft? Nein Danke!」日本語リミックス版(試作)
d0017381_302617.jpg
▼「原子力?そんなものいりません!(Atomkraft? Nein Danke!)

d0017381_2122840.jpg
▼日本語リミックスヴァージョン ver.1.0 (試作・1才~成人用)

d0017381_3136.jpg
▼日本語リミックスヴァージョン ver.2.0 (試作・2才~成人用)

d0017381_312044.jpg
▼日本語リミックスヴァージョン ver.3.0 (試作・3才~成人用)
[PR]
by illcommonz | 2011-03-30 03:03
▼フィッシュマンズ+七尾旅人+原田郁子「ローリン・ローリン」

2011年3月28日 東京・DOMMUNE

 この曲がリリースされたとき、最初のヴァースの歌詞が、こんなふうにきこえた。

 ローリン・ローリン
 まわりつづける
 きみのかわいい考えが
 ソリダリティ ゆるしてほしい
 なにひとつ こたえられずに

 あとになって「空耳」だったということがわかったのだが、いまは「空耳」のまんま聞いている。キープ・カミング・バックする、ソリダリティ(=連帯)のうたとして。
[PR]
by illcommonz | 2011-03-29 19:54
▼原子力都市・東京(試作)
d0017381_19275930.jpg
 「東京都の石原慎太郎知事が福島県災害対策本部を訪れ、佐藤雄平・福島県知事と会談しました。会談後、石原氏は報道陣に「私は原発推進論者です、今でも。日本のような資源のない国で原発を欠かしてしまったら経済は立っていかないと思う」。(asahi_fukushima 朝日新聞福島総局 2011年3月25日のツイート)
[PR]
by illcommonz | 2011-03-29 19:32
▼怒りの日のしるし(試作)
d0017381_54228100.jpg
[左上・左下] 東京電力版 [右上・右下] 原子力安全・保安院版

「福島の野菜農家が自殺 摂取制限指示に「もうだめだ」
 「福島県須賀川市で24日朝、野菜農家の男性(64)が自宅の敷地内で首をつり、自ら命を絶った。福島第一原発の事故の影響で、政府が一部の福島県産野菜について「摂取制限」の指示を出した翌日だった。震災の被害に落胆しながらも、育てたキャベツの出荷に意欲をみせていたという男性。遺族は「原発に殺された」と悔しさを募らせる。自宅は地震で母屋や納屋が壊れた。ただ、畑の約7500株のキャベツは無事で、試食も済ませ、収穫直前だった。遺族によると、男性は21日にホウレンソウなどの出荷停止措置がとられた後も「様子をみてキャベツは少しずつでも出荷しないと」と話し、納屋の修理などに取り組んでいた。
 23日にキャベツの摂取制限指示が出ると、男性はむせるようなしぐさを繰り返した。「福島の野菜はもうだめだ」。男性の次男(35)は、男性のそんなつぶやきを覚えている。「今まで精魂込めて積み上げてきたものを失ったような気持ちになったのだろう」。男性は30年以上前から有機栽培にこだわり、自作の腐葉土などで土壌改良を重ねてきた。キャベツは10年近くかけて種のまき方などを工夫し、この地域では育てられなかった高品質の種類の生産にも成功。農協でも人気が高く、地元の小学校の給食に使うキャベツも一手に引き受けていた。「子どもたちが食べるものなのだから、気をつけて作らないと」。そう言って、安全な野菜づくりを誇りにしていたという。遺書はなかったが、作業日誌は23日までつけてあった。長女(41)は「こんな状態がいつまで続くのか。これからどうなるのか。農家はみんな不安に思っている。もう父のような犠牲者を出さないでほしい」と訴える。」(朝日新聞 2011年3月29日5時30分)
[PR]
by illcommonz | 2011-03-29 05:44
▼怒りの日
d0017381_4172942.jpg
2011年4月10日 日曜日 東京 高円寺 反原発 デモ
[PR]
by illcommonz | 2011-03-29 04:17
▼「きっと想像した以上に騒がしい未来が僕を待ってる」
d0017381_18353165.jpg
「スピッツ」の草野マサムネさんが倒れる「大震災や原発事故などのストレス」
 「日本のロックバント「スピッツ」のボーカル・草野マサムネさんが、東北地方太平洋沖地震と原発事故の影響により、急性ストレス障害で倒れてしまったことが判明した。
 
【スピッツおよび所属事務所代表オフィシャルコメント】
 「草野が倒れてしまいました。診断の結果は急性ストレス障害というものです。約3週間の療養が必要ということです。17日の受診後、診断より早い回復の可能性も0%ではないことから療養の状況を見守ってきましたが、残念ながら現時点では4月3日からツアーがスタート出来るという状態には至っていないという判断をさせていただきました。草野ですが、今回の大震災の地震自体の体験したことのない大きな揺れ、続く余震、想像を絶する被害の甚大さ、その悲惨すぎる現実が連日連夜メディアで報道され続けること、福島第一原子力発電所の深刻な状況など、それらすべてを感じ、目の当たりにし続けることで、本人に急激な過度のストレスが襲いかかってしまい、精神的な障害にまで発展してしまった、ということになります。」

 と、草野さんの状態を伝えている。東北地方太平洋沖地震だけでなく、原子力発電所放射能漏れ事故、連日連夜の震災報道、想像を絶する深刻な被害、それらすべての重圧が、草野さんに重くのしかかってしまったようだ。」(2011年3月28日)
..............................................................

 このニュースを知って、「炭鉱のカナリア」のことを思った。いま、このうたを聞くだけでも、胸がつぶれそうになるのに、このうたを、いま、人前で歌うことに耐えることのできる人間がどれだけいるだろうか?

 スピッツ「チェリー」

 君を忘れない
 まがりくねった道をゆく
 うまれたての太陽と
 夢をわたる黄色い砂
 二度ともどれない
 くすぐりあって転げた日
 きっと、想像した以上に
 騒がしい未来が僕を待ってる

 愛してるの響きだけで
 強くなれる気がしたよ
 ささやかなよろこびを
 つぶれるほど抱きしめて

 こぼれそうな思い
 汚れた手で書きあげた
 あの手紙はすぐにでも
 捨ててほしいと云ったのに
 すこしだけ眠い
 冷たい水でこじあけて
 いま、せかされるように
 飛ばされるように
 通り過ぎてく

 愛してるの響きだけで
 強くなれる気がしたよ
 いつかまた この場所で
 君とめぐり会いたい

 どんなに歩いても
 たどりつけない
 心の雪でぬれた頬
 悪魔のふりして
 切り裂いた歌を
 春の風に舞う花びらに変えて

 君を忘れない
 曲がりくねった道をゆく
 きっと、想像した以上に、
 騒がしい未来が僕を待ってる

 愛してるの響きだけで、
 強くなれる気がしたよ
 ささやかな喜びを、
 つぶれるほど抱きしめて
 ズルしても真面目にも
 生きてゆける気がしたよ
 いつかまた、この場所で、
 君とめぐりあいたい

 (作詞=草野正宗)

 人はそんなに強くなれないときもある。いつかまた別の時に、また別の場所で、このうたが再び響きをとりもどすことを願っている。
[PR]
by illcommonz | 2011-03-28 18:37