Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2011年 03月 ( 130 )   > この月の画像一覧
▼弔いの日

[PR]
by illcommonz | 2011-03-21 23:29
▼企業の社会的責任
d0017381_5293732.jpg
【企業の社会的責任】(ウィキペディアより)
「企業の社会的責任(きぎょうのしゃかいてきせきにん CSR: Corporate Social Responsibility)とは、企業が利益を追求するだけでなく、組織活動が社会へ与える影響に責任をもち、あらゆるステークホルダー(利害関係者:消費者、投資家等、及び社会全体)からの要求に対して適切な意思決定をすることを指す。」

グーグル社員、勤務時間の20%で地震被災者を技術支援
 「インターネット大手グーグル(Google)では、社員が勤務時間の20%を自分のやりたいプロジェクトに使ってよいという「20%ルール」を導入しているが、世界各地のグーグル社員たちが今、この2割の時間の多くを割いて、東北地方太平洋沖地震の被災者らを支援する技術開発に取り組んでいる。「20%ルール」では、取り組むプロジェクトは通常の業務と無関係でも構わない。日本の東北地方を襲った巨大地震と津波の被害の甚大さは、多くのグーグル社員(グーグラー、Googler)をデジタル技術を駆使した災害支援ツールの開発へと駆り立てた。「もちろん、(グーグル日本法人の)東京の社員は20%以上の時間を注ぎ込んでおり、グーグルもこれを支援している」と、グーグル広報のジェイミー・ユード氏は17日、AFP記者に語った。これまでに、緊急ホットラインや、各援助団体の連絡先、家族や知人の安否確認サービスへのリンクなどを表示した多言語対応の災害情報特設サイト「Crisis Response Page」を立ち上げた。プロダクトマネージャーの牧田信弘氏はブログで同日、地震発生からの6日間に被災地から次々と届く写真やニュースに釘付けにされてきたと語り、「こうした情報の伝達を向上すべく、日本や海外のグーグラーたちは昼夜を問わず努力している」と述べている。」(AFP通信 2011年3月21日)

 このGoogleのとりくみと東電の会見を比べると、あまりに違いすぎて、それを表現することばがみつからない。
[PR]
by illcommonz | 2011-03-21 05:32
▼成田圭介 「ベルリンからの電話」
d0017381_143564.jpg
 「きのう、ベルリンにいるマリオという友人から電話があって、「いま何処にいる?」というから、「東京だよ」と答えたら、「ありえないよ!もー、やめてよねー!」と呆れられた。国際電話は高いだろうに、数十分にわたって「はやく遠くに逃げるべきなんだからさ」と忠告を受け続けた(マリオ訛の日本語で)。あと、「こういう時にはコミュニティが大切だから、可能な限り知り合いでまとまって動いたほうがいい」というアドバイスももらった。
 「なんで東京を離れないのか?」というマリオの質問には、「まだ多くの友人が残っているし、家族もこっちにいて、東京でもいろいろ出来ることがあるとおもって」みたいなことを、たしか言った。が、実際は、そんなかっこよく聞こえる理由は、気持ちの中の3割くらいなもんで、変化の程度は不明だが、生活も仕事もいままで通りにはいかなくなるという事実を、ただ受け入れられないという、保守的な理由がほとんどのような気がする。もうすでに生活が大きく変わってきたというのに。
 それを考えたら、とっさの判断で、必要なものをバッグに詰め込んで、それまでの生活を振り切って、遠くの場所に移動した人たちは、なんと言うか、革命的でたくましく見える。東京に残っている人たちは肝が据わってるみたいな声もあるらしいが、とりあえずそれは自分には当てはまらない。
 マリオのしつこーい避難勧告は、途中さすがにうっとおしくも思ったが、でもそれだけ心配してくれていることが、とてもうれしかった。
 いま、放射能の被害を受けている、あるいは受けようとしている地域では、「大丈夫」とか「心配することない」とかは、例えば石原慎太郎みたいなクソ野郎には躊躇なく言えても、自分が大切に思う人にはなかなか言えない言葉だ。」
IRAブログ「ベルリンからの電話」より)

 成田くんとぼくは「ぐりとぐら」をもじった「いるといら(とそのなかまたち)」というアフィニティグループのアナーキストなかまで、普段からだいたい同じような考えを共有しているのだが、ここに書いてあることに関しては、ほとんど同じ考えだといっていい。3月11日以後、まだ一度も会ってないし、話もしてないが、「たぶん、いらも同じ考えなんじゃないのかな」と思ってたら、やっぱりそうだった。石原慎太郎はクソ野郎だと思うし、遠くの場所に移動した共通の友だちのことは「たくましい」だけでなく、実はかなり「たのもしく」思っている。そして、あてにしてもいる。遠くにいてくれるからこそ、それをたよりにして、安心して東京にいれるというのもあるのだから。

-----------------------------------------------
[追記]
いるといらとそのなかまたちは、考え方だけでなく、その考えの表現の仕方も似てるようだ。
d0017381_211258.jpg
▼ネオダダッコ「わたしたちは、でんきより、いのちが、だいじです」
[PR]
by illcommonz | 2011-03-21 01:50
▼鉛筆と消しゴム
d0017381_105543.jpg"No one is perfect...
that's why pencils have erasers."
完璧な人間なんて、ひとりもいません。
鉛筆に消しゴムがついているのは
そのためです。
(あるツイートより)
[PR]
by illcommonz | 2011-03-21 01:01
▼マクギール大学「プロジェクトEAST306」
d0017381_22232428.jpg
英訳版「計画停電の夜の散歩」(訳=ブライアン・ベルグストーム)
(“A Nighttime Walk Through A Planned Blackout”)

 Tonight was the night of a planned blackout in the area where I live, so I decided to go for a walk, slipping a transistor radio in my pocket so I could listen to NHK. My house happened to be located on the border between two arbitrary groupings designated by Tokyo Electric, so lights still shone on one side of the road while the other was pitch black. The moon was out tonight, though, so it was still brighter out here than in the house. The sky was cloudless, and the stars shone so clearly. The wind from the north was cold, but walking around outside was keeping my body warmer than huddling inside had done. Indeed, out here I could see the streets in a way I would never normally be able to, think thoughts I would never otherwise think. A street with no streetlights or traffic signals seems devoid of life, utterly still. At first I thought to myself, “It’s like I’m stranded in uninhabited territory” and “I wonder how long I’ll be able walk around like this,” these kinds of dark thoughts, but as I kept walking, I gradually grew used to my surroundings, until they even began to seem familiar, as if I’d seen them some time before. And indeed I had: these streets were like the nighttime streets of my childhood. Before 24-hour supermarkets and convenience stores, this was what a street looked like after dark (though of course we had streetlights and traffic signals). Thinking of it this way, the present moment no longer seemed so unusual or special, and I decided to take the opportunity to experience a night-like night once more, as I hadn’t been able to experience one for more than a decade; I decided to take in its sights, breathe in its air. Mindful of what might happen if the worst-case scenario came to pass, I strained to inhale and exhale as much of the outside air as I possibly could as I walked. Walking through the lightless, pitch-black streets, one becomes grateful even for the fleeting illumination of a passing bicycle’s headlight -- I decided that next time I ventured out like this, I would bring my bike. People who seemed to be part of a crime-prevention patrol passed by, and I greeted them with a “Gokuro^sama-desu” -- Thank you for your hard work. I passed a young policeman directing traffic, and so to him too: Gokuro^san. I wasn’t part of a patrol, nor was I directing traffic; in this sense, I probably even looked suspicious (after all, I was wearing a black parka to stave off the cold, and over that a black hanten half-coat), but both replied pleasantly enough, “It’s dark, so please be careful.” I felt a little something in this reply of what the writer Rebecca Solnit must mean by her term “disaster utopia.” I thought about so many things as I walked. Like why there was a concept of “disaster volunteerism,” but not “disaster activism.” I thought about organizing a Bike Block Action to illuminate areas darkened by blackouts. I shouldn’t just think about it, I should really do it -- I vowed to start tomorrow, if circumstances allowed. I walked a good two hours, and I found myself thinking so many things. Breathing in the air of a night-like night once more after so long, I thought about the world I’d lived in as a child, the way I’d lived as a child ― more than think about it, I remembered. I thought that I should write about it, some time to come, when I had the opportunity. And I believe it will come -- I am sure it will.

Postscript:
 And so, the blackout ended, and in the moment all the lights in the streets switched back on (and a rather beautiful moment it was), the first thing I saw was a traffic signal, lit green; and I thought, “A good omen -- there’s one.”

 Posted by illcommonz, 2011-03-16, 23:24
 Source: http://illcomm.exblog.jp/13147909/

..............................................................................

d0017381_22282248.jpg
英訳版「この怪物から、目をそむけないで、はっきりと見るがいい」
(訳=ブライアン・ベルグストーム)
("This Monster From Which We Must Not Avert Our Eyes,
Upon Which We Must Look Directly")

 Now, looking at the nuclear plant raging and spewing in Fukushima,
 I am reminded of these lines by Hanamori Yasuji, whose birth has
 its 100th anniversary this year.

 “What's wrong with creation?” you ask, and indeed, it’s as you say.
 To avoid getting fat from the unhappiness of others;
 To avoid profiting from the exploitation of human weakness;
 To make good things, things that help us in our lives,
 And then sell them -- indeed, what could be wrong with this kind of creation?
 Companies and people who think this way, work this way:
 They too can profit, and greatly -- it’s true!
 But these days, these kinds of companies, these kinds of people,
 How many can we say there really are?
 Making things that help no one in their lives ―
 Knowing, in fact, that they may well bring ruin ―
 As long as they sell, it matters not;
 In order to sell, any mayhem wrought;
 It seems these are the only companies and people left.
 And these companies, and the government that supported and pushed them,
 Now they proclaim: Look at the prosperity we’ve made, Japan!
 It was all thanks to us! As they thump their chests.
 Really? Could this really be true?
 If so, it behooves you to take another look.
 You government, who supported and pushed such industry,
 Take another look.
 With such pride, you proclaim your creation:
 This world -- you must not avert your eyes
 You must look upon it directly.
 What is this “prosperity”?
 What is this “rich life”?
 The smoke from the factories you created in such frenzy
 Turns our skies heavy and clouded and particle-choked;
 The wastewater you pour out so blithely
 Causes our rivers and seas to grow dark and rotten and still;
 The gases emitted by the things you’ve created
 Wither our plants and trees in summer and stop their flowering in spring.
 Thanks to you, from around us, all green is lost;
 Thanks to you, we now look upon a miserable little scrap of land
 With a miserable little house built on it as a wish too distant even to dream.
 Thanks to you, we now
 Grow heartsick over whether the very fish on our tables is poison.
 But, terrible though it may be to realize,
 The blame for the horrible state of this world we live in
 Is not yours alone to bear.
 It is terrible, unbearably so, to admit,
 But as you flew into frenzy, as your vision grew bloody and red,
 As you pursued profit at the expense of all else, we who watched silently,
 Who did nothing to stop it -- the insanity was ours as well.
 We’ve lived quite long enough;
 We’ve done enough;
 We’ve reached the point where we’ve nothing more to gain, have we not?
 And so, for our children,
 And for our children’s children,
 It is time for us, all of us, to break from this crazy prosperity
 Go back where we started, and begin again from there.
 Let us face this horror we created
 And use our own two hands to make recompense.
 These things that threaten the way we live,
 These things that do nothing to help us in our lives,
 Let us take these hands that created them
 And now use them to throw them away.


(Yasuji Hanamori)

 Posted by illcommonz, 2011-03-16 01:22
 Source: http://illcomm.exblog.jp/13141169/

.........................................................................................

 「小田/illcommonzさん、 これはモントリオール-カナダにあるマギール大学の日本語や日本文化と文学に関心を持つ学者・学生たちによるプロジェクトEAST306blogです。日本に起った大災害の後、あまりにも普通のメディアやニューズに不満がイッパイイッパイだったので、今EAST306blogでオルタナティブとして日本語で書いたいいものを見つけて、翻訳して普及しょうとしています。このポストはその中のひとつの「いいもの」です。 ここに書いてくれた事に感動して、日本語を読めず人達にも読ませたかったです。それに、書き手にありがたい気持ちをカナダからお伝えしたかったのです。英訳を一応でましたので、ご覧になって下さい。本当にありがとうございました。これからも、よろしくお願いいたします!」

 はじめまして、そして、どうもありがとうございます。自分の文章はクセがあって、とても訳しにくいので、英語にするのはさぞかし骨が折れたと思います(ブライアンさん、ありがとう)。自分はともかくとして、花森の文章を英語でよんだのははじめてで、英文でよんでも好い文章だと思いました。こちらこそ、これからもよろしくおねがいします。
[PR]
by illcommonz | 2011-03-20 22:38
▼ミスター・ブレインウオッシュ 「ONE LOVE」
d0017381_21571064.jpg
ミスターブレインウォッシュ「ONE LOVE」(2011)

▼「Mr.Brainwash "One Love"
"100% of the proceeds from this sale will be donated to the Japanese Red Cross, and will contribute to relief efforts in Japan. This is a Sixcolor screen print on archival art paper. Background gradiant is unique, and may vary between prints. Each print is signed and numberd by the artists, with a thum print on back. Limit 1 per person."

▼「BANKSY charity print for Japan?
"If Banksy wants to help out Red Cross and/or any other relief effort program thats concentrating on this disaster in Japan... he should release an open edition screen print and/or one of those 24 hour time-sensitve releases. I would buy one and I'm sure everyone else would pick one (or more) up as well. Its no secrete, Banksy can generate some serious cash... Japan really needs the money, and I need a new Banksy print. I love his work for what it is, so I can care less how many prints exist of the same image... even if its an edition of 1,000,000"

▼「Mr.Brainwash (Banksy?) がチャリティのために描いた"日の丸"
「Mr.Brainwashとバンクシーの正体(関係)に関する議論はさておき、彼が"日本赤十字
のチャリティのために描いた日の丸です。限定100部、$250で発売され、即完売だったようですが、さすがのインパクト。」

-------------------------------------------------------
[関連]
▼ミスター・ブレインウオッシュに気をつけろ。
http://illcomm.exblog.jp/13094363/
[PR]
by illcommonz | 2011-03-20 21:57
▼エイティーズの回帰
d0017381_2174950.jpg
 ECD、大友良英、ヤノベケンジ、飴屋法水、八谷和彦、糸井重里、村上龍... このところずっと80年代のことを想いだしている。ぼくらが思春期をすごしたり、表現活動をはじめた80年代は「核戦争の脅威」と「逃走論」の時代だった。その延長線上にぼくらは生きている。80年代に感じていたこと、考えていたこと、覚悟していたことが、いまにわかに意味をもちはじめ、それと、ここ数日間の考えや行動がどこかでつながっている。デジャ・ヴではなく、ノスタルジーではなく、時代の関節がはずれたアナクロニックなものの回帰として。
[PR]
by illcommonz | 2011-03-20 21:10
▼暮し向き
d0017381_20502520.jpg
 自分が住んでる地域は被災地ではないので、3.11以後の自分の暮し向きをこんなふうに変えてみた(※以下、左のものと右のものは決して排他的な関係ではなく、「左のものを右のものより優先する」の意味)。

 被災地>>>>東京
 生きかた>>>>生活の便
 体力>>>>健康 
 NHKラジオ>>>>Twitter
 こども>>>>大人
 情動>>>>情報
 寛容さ>>>>過敏さ
 見まもり>>>>抗議
 気温>>>>風向き
 春のおとずれ>>>>雨の心配
 野鳥の動き>>>>気象観測
 庭の手入れ>>>>節電
 好いこと>>>>善いこと
 次善の策>>>>最悪のシナリオ
 支援>>>>自粛
 DIY>>>>装備
 準備>>>>祈り
 例外>>>>日常
 家事>>>>仕事
 倫理>>>>規則
 活動>>>>麻痺
 基本>>>>現状
 ふたをあける>>>>ふたをしめる
 いまやれること>>>>ブログ
 いまできること>>>>あとでもできること
 いましかやれないこと>>>>いまやれること
 ライフワーク>>>>ライフライン
 これからはじまること>>>>いままでどおりのこと
 3.11以後の世界>>>>3.11以前の世界

 たぶん、これから変更したり修正するものもあると思うが、このへんで、いまとこれからの暮しの指針を立て直したいと思ったので、自分用につくってみた。人生と同じで、暮し方は人によってまったくちがう。だから、これがよいとはぜんぜん思わない。いびつなところやゆがんだところがたくさんある。状況によって変更できるものもあれば、もう修正のきかないものもある。だから、誰にもおすすめしない。自分はこれを、自分の暮しを誰かに変えられたくない、何かによって左右されたくない、というエゴイスティックな欲望でつくった。自分の暮しのことは、自分で決めたいし、自分の暮しは自分でなんとかしたい、というわがままな思いでつくった。方角や順番をまちがえないための、地図やメモのようなものとしてつくった。もともとブログというのは、そのときどきの自分の考えや思いを書きとめておくためのものなので、その基本にもどって、ここに載せたが、お願いしたいのは、どうかこれを参考にしないでくださいということ。コメントや拡散もしないでください。もしこれをみて、なにか考えたとしたら、それぞれ自分の流儀やスタイルで、こういうものをつくってみてください。いまはそれを考えるにはうってつけの時間だと思うから。
[PR]
by illcommonz | 2011-03-20 21:02
▼我、感知すれど、関知せず
d0017381_20465528.jpg
 まったくの無知ではこまるので、自分でいろいろ勉強してみたが、もともと自分は、根っからの文系なので、数量的なものや、抽象的なものの把握がおそろしく苦手である。なにより科学や医学のことばづかいに、なんのリアリティも重みも感じることができない。なんというか、自分はそういうふうにできていて、そういうタイプの人間である。そして、誰かのメーターに左右されたくない。そう思ったので、マイクロ、ミリ、シーベルト、レベル、キロメートル、線量、水位、圧力、水素、ヨウ素、セシウム、レントゲン、CTスキャンのことは、人にまかせて、自分は「我、感知すれど、関知せず」の構えで、気にしないことにした。その方が気が楽だし、身軽になれる。すこしくらい放射線を浴びてもいいので、ほおにふれる風に、春の到来やぬくもりを感知する感性の方を失わずにいたいと思った。
[PR]
by illcommonz | 2011-03-20 20:48
▼大友良英 「みんなそれぞれの立場で」
d0017381_20303997.jpg
 「いま 首都圏から移動する人のことを 何とも思わない 居続ける人のことも何とも思わない 自分のことも何とも思われたくない 自分の事情や判断を 勝手に修飾されたくない 自分の友人知人にも両者がいる そのどちらとも 事態が落ち着いたら また気持ちよく仕事がしたいです」(飴屋法水 2011年3月19日のツイート)

 「ぐじぐじとまようときに、○○さんだったらどうするかな・・・って思うことがよくあります。今回はまよってるときに飴屋さんにメールして助言をもらい、おまけにその後は珍しく飴屋さんちにまで遊びに行きました。行ったけどそういうことは結局ほとんど話さず、ぶどうや苺を食べながら小さい娘さんと遊んで帰ってきただけでした。でもなんだかとっても安心した。飴屋さん、いいこと言うなあ。
 今回の事態を踏まえ東京から疎開をしてる友人が何人(何組)かいます。オレが東京に残るということを書いたもんだから、残ることがまるでいいことのように、あるいはそうすべきだという風に見えてしまってないかと心配になって、それでこれを書いてます。
 わたしが、東京に居ようって決めたのは、欧州ツアーが目の前にせまっていて決断を迫られていたからです。ツアーの予定がなければ、そんな悩みもなく、したがって決断する必要もなく、ただ東京でいつもどおり仕事してると思います。わたしが離れたくないなって思ったのは、文章にも書いたとおり、理屈になるような理由ではなくて、まあ、ただ居たいって思ったからです。ここで首都を守ろう・・・みたいな発想は頭をよぎることすらありませんでした。むしろ、不謹慎っていわれそうですが、今なにが自分の身の回りで起こるのか見たい・・・という興味も実はとても大きかった。でもそれはとても個人的な判断で、正しい、正しくないでは計れないと思いますし、ましてやみなが同じように考えるべきとはまったく微塵も思ってません。
 放射能の危険があるかもしれない事態の中で、もしかして第2第3の地震があるかもしれない中で、ここを離れようと思う選択があって当然だと思いますし。その判断が間違ってるはずがありません。ましてや家族やお子さんがいる方はなおさらだと思います。そのことを責めるような論調があるんだとしたら、わたしは身をもって、疎開してる人たちを支持します。
 それぞれの立場で、今出来ることを、自分が壊れない程度にやる。
 壊れそうなら、気にせず休む。
 壊れない場所に移動する。
 特に被災にあわれた方はこれからがどんどんきつくなってくると思います。
 東京に居る人だって精神的にきつくなる人、いると思います。
 どうか無理なさらずに。
 被災を受けてない地域の避難所や非難住宅の準備も着々と進んでいるようです。今居る場所にとどまるのではなく、自分が一番居心地がいい場所に行くことも考えていいと思います。
 今回の災害は長期戦になります。今体力や精神力を消耗するよりは、休めるなら休んだほうがいい。
 わたしもいつものように仕事をせずに、睡眠時間が多くなっただけで、調子のわるかった肝機能が復活してきました。過労だったんですね。
 わたしは両親のいる福島に今すぐにでも行きたいってずっと思ってました。でもこういうときに役立つスキルのないわたしが行っても、一人分の食料がなくなり、一人分のうんこが増えるだけだという東松島市に実家がある友人の助言で目がさめました。
 「冷静になれオレ」って自分に言い聞かせてます。
 わたしの兄弟が昨日フランスから帰国しました。彼には車や自転車、バイクをはじめとした機械修理のスキルがあるだけでなく、さまざまなアウトドアのサバイバルスキルがあります。おそらく数日中になんらかの方法で福島に支援に向かうのではと思います。もう一人のフランスにいる兄弟とともに、わたしは後方支援しつつ、音楽の仕事をつづけようかなって思ってます。」

 大友良英「みんなそれぞれの立場で」より
[PR]
by illcommonz | 2011-03-20 20:36