Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2011年 03月 ( 130 )   > この月の画像一覧
▼ECD 「ぜったい、つくるぞ、3にんめ」
d0017381_19495542.jpg
「ECDが新曲公開、生き延びて
「絶対作るぞ三人目」と決意」

「ECDが新曲「EXODUS11」をYouTubeで公開した。震災後に妻の実家の東広島に妻子を避難させ、仕事のため自分だけ東京に帰ってきたというECD。この曲で彼は不安に満ちた震災後の日本を生き抜いて、絶対に3人目の子供を作るぞと力強く決意している。」
(「ナタリー」 2011年3月18日)

[PLAY]

 金曜の夜、渋谷に映画「ANPO」のトークに行く前に立ち寄った喫茶店で、あみものをしている女性をみた。普段はあまりそういう言葉を使わないのだが、「エレガント」だと思った。いま、この瞬間、この数日、ぼくらがいてもたってもたまらず、やっていることは、それがなんであれ、あとで、「あのときにやっていたこと」になる。そしてそれが、自分が本当はどういう人間なのかを確かめる「なにか」になる。あみものをはじめる人、彫刻を彫りはじめる人、花を植える人、種をまく人、油絵を描きはじめる人、長編小説にとりかかる人、交響曲をかきはじめる人、楽器を練習しはじめる人、スケボーの練習をしはじめる人、いろんな人たちがいろんなことにとりかかる、自分の生き方として、自分の人生として、そして、自分が自分でありつづけるために。自分は負けず嫌いで、しかも向こう見ずなところがあるので、未来を肯定するために、なるべく時間と手間のかかることを、いまからはじめようと思った。それはたぶん、いましなくてもいいことなのだが、それが、いましかできないことだと思った。具体的に何をはじめるか、それをかたっぱしからリストアップしていくなかで、たとえば、「こどもをつくること」はそのひとつかもしれないと思ったが、それはECDがやってくれるので、自分は別のものをつくることにした。というか、もうはじめた。でも、まだ、うまくいかない。でも、やれると思う。
[PR]
by illcommonz | 2011-03-20 20:29
▼糸井重里「ぼくらは「たいしたことないもの」です」
d0017381_19462235.jpg
信じがたいようなことが起きて、
それが事実なのだと知ってから、
ぼくらは、なにをどうすればいいのか、
すっかりわからなくなっていました。
わかること、たしかなことを、ひとつずつ数えて、
なにができるのか、どうしたらいいのか、
それについて考えました。

■ぼくらは「たいしたことないもの」です

まず、前提として、
ぼくらは「たいしたことないもの」だということです。
じぶんたちの力を過信して、
あれもできるこれもしたいと言うことはしません。
「ほぼ日」ならやってくれそうだ、
と期待されていることは、ありがたいのですが、
ぼくらは「たいしたことないもの」です。
その「たいしたことないもの」でもできることを、
考えるべきだと思いました。

■こころのことは、別にしました。

愛であるとか、尊いお気持ちであるとか、
それはそれは大切なものだと思います。
でもいまは、見えるもの、食えるもの、あたたかいもの、
いのちの助けになるもの‥‥とても具体的なものが、
必要な時期だと考えました。
愛ややさしさは、そのままご自分の胸のなかに、
大事に保管しておいてください。
大きく育てておいて、いずれ使ってください。
いま、ぼくらは具体的な力を集めます。

■かっこいいアイディアは、ありません。

奇手奇策、胸の空くようなアイディア、
みごとな表現、さすがと言われるような方法。
そういうものは、ないです。
「実効」のあることを、とだけ考えました。

「たいしたことないもの」たちですが、
確実にできることがあったら、この臨時ページも、
少しずつ広がっていくかもしれません。
いまは、以下のような内容だけお届けしています。
読んでいただけて、被災された方々の
少しでもお役に立てたら幸いです。

2011年3月14日 糸井重里

(「東日本大地震のこと。「ほぼ日」はこう考えました。」より)
[PR]
by illcommonz | 2011-03-20 19:47
▼アルジャジーラ 「リビア・ライヴブログ」
d0017381_18363757.jpg
▼アルジャジーラ 「リビア・ライヴブログ」
http://blogs.aljazeera.net/live/africa/libya-live-blog-march-20-0

 リビアのことは、アルジャジーラにまかせた。何度もフォローしようとしたけど、無理だった。こころがもたなかった。でも、アルジャジーラなら、やってくれる。たのんだぞ、アルジャジーラ。
[PR]
by illcommonz | 2011-03-20 18:37
d0017381_18292258.jpg
[PR]
by illcommonz | 2011-03-20 18:30
▼東京消防庁会見(2011年3月19日 22:30)
d0017381_4193839.jpg
「消防士たちは非常事態がくるとみんな聖者になれるのだ。消防士ばんざい!」
(カート・ヴォネガット「タイムクエイク」)



以上です。

「見えない敵」「ミッション達成」=恐怖克服、安全確保―原発放水・東京消防庁」
 「見えない敵と戦う」「ミッションを達成」。東京電力福島第1原発3号機への放水をした東京消防庁の緊急消防援助隊の第1陣が19日夜、帰還。総隊長の佐藤康雄消防司監ら3人が東京都千代田区の同庁で記者会見し、恐怖と緊迫の状況を報告した。同庁によると、現場の路面状況が悪く、予定になかった車両外での作業を強いられるなど難航。隊員も防護服着用に普段より手間取るなど緊張し、絶えず放射線量を測定しながらの作業だった。
 白煙が上がっていた場所を目掛けて放水したところ、直後に放射線量がゼロに近い値に低下したため、燃料プールに命中したと判断したという。佐藤消防司監は「隊員の安全を確保し、連続して大量の水をプールに放水するミッションを達成できたと思う」と語った。さらに「放射能という見えない敵と戦う恐怖心を克服した隊員に、敬服の念を抱いている」と振り返った。
「福島原発に行ってくるよ」。佐藤消防司監は派遣要請を受け、妻にメールを打った。返信は1行で、「日本の救世主になってください」だった。「帰ったら、ゆっくり寝たい」。涙を浮かべ、笑顔でつぶやいた。特殊車両で放射線量を測定した冨岡豊彦隊長は「大変だったのは」と問われ、「残された家族」と答えて沈黙。目を真っ赤にし、ほおを震わせ、「隊員は士気が高く、一生懸命だった。残された家族に、おわびとお礼を申し上げる」と言葉を絞り出した。3号機の間近で放水をした高山幸夫隊長は「仲間のバックアップがあったからできた」と断言。「出発前、『必ず帰る』とメールをしたら、妻から『信じて待ってます』と返信があった」と明かした。」(時事通信 2011年3月20日)

[フルヴァージョン]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13902055

[参考]
「新潟県中越地震」(ウィキペディアより)
「消防では、新潟県内の消防本部による消防応援が実施されたのと併せて、総務省消防庁などの調整のもと、東日本各都県の消防本部による緊急消防援助隊が編成され、東京都隊として東京消防庁の消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)も出動し被災地での災害活動が行われた。東京の消防救助機動部隊が中心になり、緊急消防援助隊(長野・栃木県隊など)や新潟県各消防本部の救助隊と共に、崖崩れの現場で救助活動を行い、崖崩れで数日間埋没していた乗用車から2歳の男児を救助した。
[PR]
by illcommonz | 2011-03-20 04:10
▼「タハリール広場から被災者へのメッセージ」

(日本語字幕あり)
[PR]
by illcommonz | 2011-03-20 02:31
▼ヤノベケンジ 「立ち上がる人々」


▼「立ち上がる人々」
 震災直後に動揺し、情報を得ようと自宅にいる間はテレビに食いつき迂闊にも見続けてしまった。しばらくすると横にいた幼い息子がつぶやいた「こんな世界で生きているほうが良いの?」。あわててテレビを消した。絶望の情報に押し流されている。
 確信した。 今ここに芸術が必要か?の問いにはっきりと答えたい。今でこそ必要だ。と。絶望の嵐の中に敢然と足を踏ん張り、前を見据え立ち向かう力を芸術は与えてくれる。勇気と希望に溢れるクリエイティビティは生きることへの尊厳を意味する。私たちは芸術の機能に信頼と誇りを持って「生きつづけよう」と思える魂を育てなければならない。
 想像しよう。廃墟の向こうにあるそれぞれの理想郷。そして、災害にあわれても生き抜こうと頑張っている方々、決死の覚悟で災害を食い止めようとしている方々、すべての人々に深い敬意を持って応援いたします。 ウルトラファクトリー ディレクター ヤノベケンジ
「ヤノベケンジより皆様へ」より)
[PR]
by illcommonz | 2011-03-20 02:27
▼岡本太郎 「人間全体のために」


▼「人間全体のために / PRAY FOR ALL HUMAN BEING」
[語り] 岡本太郎
[音楽] Ketil Bjornstad & David Darling
[編集] イルコモンズ

「夢と現実が一つになるまで夢を見続けよう」 (アッバス・キアロスタミ)
[PR]
by illcommonz | 2011-03-19 06:24
▼アーシュラ・K・ル=グイン 「日本の読者の皆さんへ」
d0017381_6182253.jpg 「わたしの翻訳者で友人のアケミ・タニガキ(東京在住)に短いメールを送った。返ってきたメールはこういう書き出しだった。「心配してくださってありがとう。わたしは大丈夫で、家族もみな、大丈夫です。だけど、とても悲しくて、無力感と心配でいっぱいです」。そして、そのメールには、日本のあなたの読者にあてた簡単で短いメッセージを公式サイトに載せてもらえないか、と書いてあった。「非常につらい目にあっている人たちにかける言葉を見つけるのが、とても難しいのは、よくわかっていますけれども」。そのとおりです、アケミさん。それは難しい。不可能だと言っていいぐらい。でも、せっかく頼んでくれたのだから、がんばってやってみます。

 日本の読者の皆さんへ

 わたしたちとあなたがたの間には海があります。でも、その海で、わたしたちとあなたがたはつながっています。日本を襲った大津波は海を旅しながら、だんだん弱くなり、アメリカの西海岸に達しました。それはここではほとんど害をなしませんでした。けれども、あなたがたの悲しみと苦しみが大きな波となって、その小さな波とともに、わたしたちに届きました。こちらではたくさんの、とてもたくさんの人が今、あなたがたのことを考え、あなたがたのために泣き、最悪の時が早く過ぎ去るように祈っています。そのことをどうか知っていてください。このように大きな喪失の悲しみ、苦しみ、不安のさなかで、日本のごくふつうの人々が示す静かな勇気に、わたしは言葉にできないほどの賞讃をおぼえます。あなたがたのしっかりとした、忍耐強い顔を見ると、その美しさに打たれます。ひとりひとりの顔に目を向けると泣けてきます。あなたがたに力がみなぎり、よりよい明日への希望を胸に抱けるよう願っています。

愛をこめて アーシュラ・K・ル=グイン 2011年3月14日 (翻訳:谷垣暁美)
(原文) http://blog.bookviewcafe.com/2011/03/14/to-my-readers-in-japan/
[PR]
by illcommonz | 2011-03-19 06:19
▼村上龍 「物資不足でも、希望は溢れている」(抜粋)
d0017381_611334.jpg 「私が部屋に入ったその時、地震は起きた。そしてその時私は、深く考えることもなく、この災害に私の基本的なスタンスで対応することにした。それは、今は少なくても、状況に関して自分よりも良く知り、知識も豊富な人々や団体の言葉を信じようというものだ。日本人は「集団」の規則を忠実に守り、そして逆境に直面した時には、協力体制を築くことに長けているとよく言われることがある。今、それを否定するのは難しい。勇敢なレスキュー隊による活動や救助活動はノンストップで行われ、これまで略奪は一度も起こっていないと伝えられている。だが、集団の目から離れると、我々は自己中心的に行動する傾向もある。そしてそうした行動は反乱のようだ。まさに今、それが目の前で起きているのだ。米、水、パンなどの必需品が、スーパーやコンビ二から消えている。ガソリンスタンドではガソリンが売り切れている。買い溜めをする人でパニックが起きている。集団への忠誠心が試されている。しかし今、我々の最大の関心は福島の原子炉にある。東京を離れている人々もいるが、大半の人々は留まっている。「仕事があるから」という人もいれば、「友達やペットがいるから」という人もいる。また、「チェルノブイリ級の惨事になったとしても、福島は東京から200キロ以上離れているから」という人もいる。
 私の両親は九州にいる。しかし私はそこへ逃げるつもりはない。東京に残りたい。家族と友人、そして被災者の方々の側にいたい。彼らが私に勇気をくれるのと同じように、勇気を与えたい。そして今は、あのホテルの部屋で取ると決めたスタンスを取り続けている。情報が豊富な人々や組織、特に私がウェブで読んでいる科学者や医者、エンジニアの言葉を信じようと思う。彼らの意見や判断の多くは報道されていない。しかし、彼らの情報は客観的で正確だ。私は耳に入ってくる情報のどんなものよりもその人たちの情報を信じている。
 10年前に中学生が国会でこう演説する小説を書いた。「この国には何でもある。本当にいろいろなものがあります。でも、希望だけがない」。多くを失ったが、希望が我々日本人が取り戻したものの一つであることは間違いない。巨大な地震や津波は多くの命や資源を奪った。しかし、これまで自分たちの繁栄に酔いしれていた我々は、再び希望の種を植えたのだ。だから、私は信じることを選ぶ。」

 村上龍「物資不足でも、希望は溢れている」より抜粋
[PR]
by illcommonz | 2011-03-19 06:12