Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2011年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧
▼「現実があまりにばかげてるので、私たちはつい愚かなデモをすることになってしまいました」
d0017381_25311.jpg
「1週間ぶっとおしデモ★アゲインスト原発」
[日時] 2011年5月16日(月)~5月21日(土) 18:00-
[場所] 京都・三条河川敷

 「現実があまりにばかげてるので、私たちはつい愚かなデモをすることになってしまいました。その名も、1週間ぶっとおしデモ★アゲインスト原発。5人でも10人でも歩きます。プラカードや鳴り物、自分の得意な表現で、あるいは仕事帰りにフラっと立ち寄る感じで自由にどうぞ!雨天決行。」

※できるかぎり子守・ノートテイク用意します。今回は主催者人数の関係で調整が必要なので、お手数ですが事前にご連絡くださるようよろしくお願いします。

[主催] 関電の原発を止める会・大風呂敷(仮)

そして、1週間デモの最終日は盛大に

「原発をとめろ!核の真相を明かせ!こどもを救え!・京都デモ」
[日時] 2011年5月22日(日)14:00-
[場所] 京都・三条河川敷

 「放射能汚染の危機はまだこれから起こってくる。こどもたち-未来-を守らなければいけない。浜岡原発は止まった。全ての原子炉を止めよう。止めるために声をあげよう。繋がるためにともに歩こう。」
[主催] 原始力の会 と ピースウォーク京都

「全原発停止訴え1週間ぶっとおしデモ」
「「1週間ぶっとおしデモ アゲインスト原発」が16日夕、京都市内で行われた。100人を超える参加者たちはすべての原発の停止を音楽でにぎやかに訴えた。1週間かけて原発をめぐるさまざまな問題を考えてアピールしようと京都の市民と学生が呼びかけ、「堪忍袋の緒も破損」などと書かれたプラカードを三条大橋下流の鴨川河川敷に持ち寄った。参加者たちは「ずっとウソだったんだぜ」などと歌い、河原町通の三条―四条間を往復した。デモは21日まで午後6時半から行い、最終日の22日午後2時に集会を開く。」(京都新聞 2011年5月16日)

---------------------------------------
[東京]

d0017381_26452.jpg
▼「5.23 文部科学省 包囲・要請行動&院内集会 
子ども20ミリシーベルトを撤回せよ! 福島の子どもたちを守れ!」
http://blog.canpan.info/foejapan/archive/25
[日時] 2011年5月23日 13:00集合
[場所] 東京・千代田区 文部科学省前(東京都千代田区霞が関3-2-2)

「4月19日、文部科学省は、学校等の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の目安として、年20ミリシーベルト、屋外において3.8マイクロシーベルト/時という基準を、福島県教育委員会や関係機関に通知しました。3.8マイクロシーベルト/時は労働基準法で18歳未満の作業を禁止している「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)の約6倍に相当する線量です。基準を現実の合わせて引き上げたこの決定は、行政の都合で、不必要な被ばくを子どもたちに強いるものです。高まる批判の声に、原子力安全委員会は、「20ミリシーベルトを基準として認めていない。また、どの委員も専門家も安全ともしていない」と発言し、政府の意思決定の根拠は極めてあいまいな状況となっています。この無責任で非人道的な日本政府の決定に、国際的にも国内的にも、非難の声があがっています。福島県選出の複数の国会議員からも「20ミリ撤回」の声があがっています。私たちの声を結集し、この「20ミリシーベルト」を撤回させましょう!福島の子どもたちの未来を守りましょう! 文科省を包囲しましょう!」

[主催] 子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
[共催] グリーン・アクション、原子力資料情報室、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)、国際環境NGO FoE Japan
[協力] 脱原発と新しいエネルギー政策を実現する会(eシフト)、プルトニウムなんていらないよ!東京

d0017381_243016.jpg
「子ども・野菜・動物にも、一言いわせて!さよなら原発デモ!」
[日時] 2011年5月22日(日)14:30集会 15:30デモ出発
[場所] 東京・渋谷区 代々木公園入口(公園ケヤキ並木)

 「3月11日の東日本大震災後に起こった福島第一原発事故は、震災から2か月たった今も収束しておらず、日々、放射能が飛散し、土壌を汚染し、放射能に汚染された水が海へと垂れ流されています。各地の野菜等から放射性物質が検出され、出荷停止や価格下落で生産者は苦境に立たされています。また漁民たちは海の汚染という深刻な危機に直面しています。また、多くの消費者、特に小さな子どもを持つ親や、将来子どもを持ちたいと思う若者は、「子どもに何を食べさせればいいの?」と、不安の中に生きています。さらに、20キロ圏内では家畜やペットは、世話もなされず飢え、さまよい、牛豚などは殺処分されることになってしまいました。原発は、すべてのいのちあるものに大きなダメージを与えています。とりわけ、未来を生きる子どもたちの世代に、何十年先にもわたる被害を与えています。また、人が生きるために欠かせない水や野菜、動物たちの肉や卵、それらを育む土や海、自然に対しても、甚大な被害を与え続けているのです。こうした中で、文部科学省は「子どもの放射能基準値を20ミリシーベルトにする」という、信じられない基準を設定しました。原発被害に輪をかけて、いのちを軽視した施策がまかりとおっているのです。私たちは、すべてのいのちと、いのちをつなぐための自然の恵みを破壊する原発をなくしたいと思います。集会とデモでは、放射能で被害にあったり、迷惑している野菜や魚、牛や馬など生きものの声を代弁します。また危機にさらされている子どもたちのいのちを守るために訴えます。」

[主催] アジア太平洋資料センター(PARC)
[PR]
by illcommonz | 2011-05-22 02:06
▼福島県いわき市 「さよなら原発」 デモパレード on YouTube

▼BYE BYE NUKES TV 「FUKUSHIMA/復興の律動」
 (2分33秒 2011年)
「さよなら原発 放射能汚染のない平和な未来を求めるパレード!」
(NO NUKES! PEACE DEMO in Iwaki, FUKUSHIMA) より
http://nonukesmorehearts.org/?page_id=462

[YouTube]

▼NO NUKES PEACE DEMO in Iwaki, FUKUSHIMA3
http://www.youtube.com/watch?v=jDdXaVyZdHY
※高校生男子、はじめてのシュプレヒコール
 「スゴイのひと言。若い人たちのエネルギーがこれほど盛り上げれば日本のエネルギー
政策を変えていくことは出来るという思いがします。日本も捨てたモンじゃない。
若者が頑張っている。おじさんもガンバルゾ~!」(YouTubeコメントより)

▼NO NUKES PEACE DEMO in Iwaki, FUKUSHIMA 2
http://www.youtube.com/watch?v=hGdp8e-a1sk
避難所の体育館前のパレード
 「若者たちが美しい。原発や放射能の醜悪さと対照的で、ここには未来に繋がる希望がある。頑張ってる若者。行動する若者。感動しました。」(YouTubeコメントより)

▼NO NUKES PEACE DEMO in Iwaki, FUKUSHIMA
http://www.youtube.com/watch?v=vorx2uVtHh8
※どかどかうるさい、さよなら原発パレード
「若者たちがついに立ち上がった。以前の反原発、脱原発デモには見られない光景だ。」
(YouTubeコメントより)

▼さよなら原発 放射能汚染のない平和な未来を求めるパレード Complete
http://www.youtube.com/watch?v=zrNFdvoBZ2w

▼さよなら原発 放射能汚染のない平和な未来を求めるパレード Scene1
http://www.youtube.com/watch?v=noA-kq--K-w

▼さよなら原発 放射能汚染のない平和な未来を求めるパレード Scene2
http://www.youtube.com/watch?v=Ora7DUHB1fw

▼さよなら原発パレード No,2.mov
http://www.youtube.com/watch?v=gNR9VGaoZdw

▼さよなら原発パレード No,3.mov
http://www.youtube.com/watch?v=bVdcyyR-A7I

▼さよなら原発パレード No,4.mov
http://www.youtube.com/watch?v=1N5H5e5JR9g
[PR]
by illcommonz | 2011-05-17 19:36
▼移動するドラムサークル
d0017381_21562696.jpg
「原発廃炉を訴え ママらパレード」
 「いわき市平の平中央公園で15日、「さよなら原発 放射能汚染のない平和な未来を求める集会」が開かれ、市内外の約500人が参加した。放射能汚染への不安や放射線量調査への不満が噴出した。同市内の母親グループ「いわきアクション! ママの会」などが主催。同会は教育施設などの放射能対策を市に申し入れている。集会では「(原発の)廃炉に向け、末永い運動になる。皆さんの協力が必要」と呼びかけた。集会後、「原発はいらない」といったプラカードやのぼり旗を掲げ、JRいわき駅まで約2.5キロをパレードした。 」(朝日新聞 2011年5月16日)

d0017381_13254079.jpg
 いわきのデモに参加する前に、津波で大きな被害を受けた薄磯と小名浜の被災地をみてきた。それはことばを失くすような風景だった。東京から一緒に行った友人たちもたぶん同じだったと思う。だからいまここに書けることはない。いずれはそれを語ることばを見つけることができるかもしれないが、いまはまだない。いわきのデモはおよそ500人くらいの規模のデモだったが、あのことばを失わせるような風景とさほど遠くないこの場所で、いま・この時期にいったいどれだけの規模のデモがふさわしいのかなんて、おそらく誰も判断することなどできないだろう。デモの後にドラムサークルを予定していたが、最後にほんの少しだけやって終わりにした。というのも、デモの出発前とデモの最中にドラムサークルがいくつもできていたからで、もうこれ以上やらなくてもいいと思ったからだ。

d0017381_21574460.jpg
 デモの出発前に公園で自然発生的にできたドラムサークルは、これまでのどのデモのそれよりも大きかった。郡山からジャンベでデモに参加したおばさんやソプラノサックスやギターも加わり、サークルのまんなかでダンスを踊る人もいた。

d0017381_21582937.jpg
 また、デモの終わり頃、いわき駅の近くで飛び入りしてきた、いかにもやんちゃそうな高校生たちを囲んでのそれは、他のどのデモでのそれよりもすばらしかった。おそらく生まれてはじめてメガホンを手にし、シュプレヒコールをする中学生と、それをドラムでもりあげようとする人たちの小さなサークルができた。

d0017381_13182847.jpg
(via) http://kai-wai.jp/2011/05/no-nukes-peace-demo-in-iwaki-fukushima.html 
 あともうひとつ、デモの途中にあった避難所の建物の前でもサークルができた。ドラムの音を聞きつけた人たちが避難所の窓を開けて路上に手をふり、路上と避難所とがつながった。もともとドラムサークルは誰かが企画したり計画してやるものではなく、どこからともなく人が集まってきて自然発生的にうまれるものだ。デモの中ではそれが路上に突然出現する。誰かが合図してそうなるのではなく、自然発生的にサークルができる。数十秒のこともあれば、何分も続くことがある。うちあわせもなにもなしに、リズムによる合意形成がつくられる。それは移動するドラムサークルである。機会があれば、ドラムを持って知り合いのいる仙台や宮城にも行ってみたい。「復興の狼煙」にならって「復興の律動」というプロジェクトにしてもいいが、そうすると気軽にできなくなるので、名前のないただの「移動するドラムサークル」のほうがいいかなと思う。

d0017381_2159246.jpg
 「こんなときだからこそ、楽しさがなければいけない。楽しさは生きる喜びであり、希望に繋がる、と快楽主義者の私は思うのである。生きていることを実感し、共に同じひとときを分かち合うことが出来る喜びを味わおうではないかと思う。下を向いているばかりでは何も始まらない。命しかない。けれど、命がある。これが希望である。この震災で、多く尊い命を失ったが、ここにある命は、そして、経験は、脈々と受け継がれ大河となるだろう。希望を絶やしてはいけない。」(団鬼六「日本人は決してへこたれない、立派な国民だ。」2011年4月10日)
[PR]
by illcommonz | 2011-05-16 21:59
▼福島でのさよなら原発パレードとさよなら原発ドラムサークル
d0017381_16163016.jpg
「NO NUKES! PEACE DEMO in Iwaki FUKUSHIMA
さよなら原発 放射能汚染のない平和な未来を求めるパレード!」

[日時] 2011年5月15日 14:00集会 15:00パレード出発
[場所] 福島・平中央公園 いわき芸術文化交流館アリオス前

「子供たちを守りましょう!」
 「2011年3月11日に発生した東日本大震災により引き起こされた、東京電力福島第一原子力発電所の大事故をきっかけに、私たちの生活や環境が大きく変化してしまいました。地震や津波の被害、余震への心配の上に、「放射能汚染」という更なる被害が私たちに覆いかぶさってきています。日本全国、福島県全域はもとよりいわき市でも、行政の放射線量に関しての「安全キャンペーン」により正確な情報が市民に行き届いていない、または遅れ遅れの対応での被害拡大など、特に最近の小中学校に対する行政からの指示などは、子供を持つ多くの父母に甚大な不安を与えています。また、このままのやり方を行政に許していくことで、更なる環境汚染と健康被害を市民、とりわけ未来を担う子供たちへもたらすことは一目瞭然です。子供たちを守ることは、私たち大人の「責任範囲」です。開催地いわき市の人々だけではなく、福島県全域または全国からの脱原発を望む人々、不安を抱えながらどうすることもできないと思っている人々、避難所でこの不条理な状況に憤っている人々、すべての人々が集い、元気を与え合い「私たちは無力ではない、私たちにも変えられる」という意識を持って帰れる、そんな場を一緒につくりましょう!」

d0017381_1635170.jpg
※悪天候、原発の状況と放射線量の状況が悪化した場合は中止
(当日HPにてお知らせします)。

※どなたでもお気軽にご参加ください!!仮装やコスプレ、楽器や歌や鳴り物大歓迎!
それぞれの思い思いのスタイルで意志表示をしましょう!

◆「平中央公園」アクセス情報(東京からの場合)
[電車 特急スーパーひたち] 上野-いわき(2時間15分 6,190円)
[高速バス] 東京駅-いわき(3時間 3,350円)
JR「いわき」駅南口より徒歩15分
[自動車] 常磐自動車道 いわき中央インターより約10分

[無料駐車場] いわき合同庁舎駐車場、いわき市役所駐車場、
アリオス横(市役所に隣接)駐車場、平中央公園斜め向かい市営駐車場、
いわき文化センター駐車場、いわき市立美術館駐車場

[有料駐車場] 駅前から、ところどころコインパーキングがあります。
24時間、上限ありの料金制度、上限500円から600円ぐらいです。

◆カンパのお願い
フライヤー印刷やパレード運営諸経費のためにカンパをお願いします!
郵便振替口座: 00190-8-428955
加入者名: NO NUKES MORE HEARTS (カナ氏名:ノーニュークスモアハーツ)
*通信欄に「いわきパレードカンパ」とご記入ください。

[共催] いわきアクション!ママの会 / NO NUKES MORE HEARTS
[協賛] 脱原発福島ネットワーク
-------------------------------------------
d0017381_164607.jpg

 明日、「T.D.C.」と「クラウンアーミー」とそのなかまたち10人で、いわき市のこのデモに参加します。自分たちが使う楽器のほかに、貸し出し用の打楽器10人分とメガホン3台を車に積み込んで、今晩、東京を出ます。現地では、T.D.C.のメンバーの友人に被災地を案内してもらった後、「素人の乱」の松本くんや「ヒューマン・リカバリー・プロジェクト」と合流して、デモに参加する予定です。デモの後、天気が好ければ、そのまま公園で、「ドラムサークル」をやりたいと思っています。20人分楽器がありますので、楽器を持ってない方にもお貸しできます。遠慮なく参加してください。なお、デモ主催者の方からもらったメールによると、デモ開催地のいわき市平の線量は0.25マイクロシーベルト/時とのことです。数字によわい自分には、これがどういう数字なのかさっぱりわかりませんので、福島以外の土地から参加される方は、それぞれ自分で判断して参加してください。


▼映画「扉をたたく人」よりNYのドラムサークル


▼沖縄県東村高江のドラムサークル

d0017381_16355868.jpg
[参考] 「ドラムサークルについて」
 「1960年代、わたしたちの多くはサンダードラマーでした。わたしたちは、ドラムの持つパワーや神秘性、意識の覚醒に魅せられて、目の前にあったドラムの世界にはいっていったのです。アナーキスト・ドラムサークルで、わたしたちは知らぬが仏という感じで、リズムの海を舵も持たずに渡ろうとしていました。私たちは自分たちがどれほど無知であるかをまったく知らずに、また誰もそんなことを気にかけていませんでした。当時、ドラムにふれる方法は、これらのアナーキスト・ドラムサークルまたはサンダードラム・サークルしかありませんでした。このタイプのドラムサークルは、レインボー・ギャザリングにおける恒例のイベントとして、人気を得ていきました。毎年、何千人もの人びとが、アメリカの効率公園の森のなかで(毎年7月初旬に)開かれるレインボーギャザリングのために集まりました。そこで一週間のあいだ、参加者はおたがいや地球との平和で調和のとれた関係を保ちながら生活し、来たときよりも帰るときのほうがきれいになるほど環境美化に勤めたものです。そこで開かれるドラムサークルでは、何百人という数の人びとが参加し、毎日夜どおしでドラムの音が続くことも珍しくありませんでした。この種のサークルには、誰でも自分のリズムスピリットを自由に表現することができ、誰からリーダーや先生になったりしない、という無言のルールがあります。まさにアナーキズムです。人びとは暗黙の了解のうちに、合意点を探ってゆきます。もしもアナーキスト・ドラムサークルで、みんなで同じパルスを基本にしてやってみないかい?」といったとしたら、「ルールなしがルール!」のグループにルールをおしつけようとしていると解釈されてしまいます。アナーキストドラムサークルでのファシリテートは不可能ではありませんが、あくまでも極力さりげなく、最も基本的な方法した適さないでしょう。特定ドラムサークル、ドラムサークル全体のなかでは、アナーキストドラムサークルと両極の位置にあります。先生から生徒へ、また世代から世代へと交渉で受け継がれてきた伝統を勉強しながら、参加者はその文化の源に深い敬意を抱いています。アナーキスト・ドラマーたちは、特定文化ドラムサークルのことを、野生の馬が柵の中で飼われているように見るでしょうし、特定ドラムサークルのドラマーは、アナーキストドラマーのことを無知で、伝統あるドラミングに対して敬意を払わない無礼者だと思っているでしょう。わたし(アーサー・ハル)は、この両者の間に立っています。私はアナーキスト・ドラマーが形式にとらわれず、自由にドラミングスピリットを解き放つときの、彼らが「知らずに知っている」ほとばしりから出るスピリッチョを尊重しています。それと同時にか、古い文化や伝統が私たちに与えてくれるガイダンスや叡智、テクニックにも深い敬意を抱いています。コミュニティ・ドラムサークルは、このような両極に位置しているようにみえるドラムサークルの両方の長所を併せもっています。コミュニティドラムサークルは、演奏経験や能力レベルに関係なく、誰でも参加できます。そこにはリズムを通した自由な自己表現と、特定文化ドラムサークルにみられるいくつかのベーシックなユニバーサル原理が共存しているのです。(アーサー・ハル)」(イルコモンズ「アナーキスト・ドラム・ギャザリング」より)
[PR]
by illcommonz | 2011-05-14 16:48
▼世界に拡散するニッポン警察の恥

▼Police Academy TV (English sub)
(ポリスアカデミーTV「デモ警備における「計画逮捕」の指導ビデオ」英語字幕版)

 Instructional video for "planned arrest" at the 7th May 2011 anti-nuclear demonstration in Shibuya, Tokyo.

 The police hindered the demonstration in deploying large amount of riot police which divided the demonstrators into smaller blocks. In the midst of such situation, four of protesters were taken away by the police. Of two were released on the day but the other two are still in police custody. The police insisted that it was on-the-spot arrest for suspicion of obstructing executive officers.

More info: http://57q.tumblr.com/
http://east306.wordpress.com/2011/05/12/statement-by-the-rescue-committee-for...

English subtitles by Matthew Young
[PR]
by illcommonz | 2011-05-14 15:08
▼5.07 NO NUKES TV 「藤波心+斉藤美智子」


▼5.07 NO NUKES TV 「藤波心+斉藤美智子」 (1分39秒 B&W 2011年)
[video1] 島田暁 「藤波心さん「ふるさと」」
[video2] 服部順治 「斉藤美智子おばあさんの力強い演説」
[remix] イルコモンズ
.............................................................

・藤波心(1996年生まれ 14歳)
「藤波心オフィシャルサイト」
・斉藤美智子 (1928年生まれ 83歳)
「80歳過ぎても市民アクション・斉藤美智子さんに聞く」(PDF書類)
(三多摩たべもの研究会新聞 2010年8月7日号)

 「原発を野放しにしておいたら、日本社会全体が大打撃になりかねないので、これはもう全世代をあげて何とかしなきゃいけない話だ」(松本哉)
[PR]
by illcommonz | 2011-05-13 02:28
▼「原発やめろデモ!!! アフタートーク」 USTREAM放送

Live streaming video by Ustream▼「原発やめろデモ!!!!!! アフタートーク」 USTREAM放送
[日時] 2011年5月13日(金) 20:00-21:30
[URL] http://www.ustream.tv/channel/genpatsu-yamero
[出演] 松本哉+山下陽光+二木信+イルコモンズ+花崎草+松沢呉一
[協力] 素人の乱+地下大学
[PR]
by illcommonz | 2011-05-13 02:25
▼ホントに、あっちもこっちも、溶けて漏れてた、らしいぞ
d0017381_17314958.jpg「核燃料の大半溶け、圧力容器に穴 1号機 冷却に影響も」
 「東京電力は12日、東日本大震災で爆発事故を起こした福島第一原発1号機の核燃料が溶けて原子炉圧力容器の底にたまって穴が開き、水が漏れていることを明らかにした。燃料を冷やすために入れている水が圧力容器の1割以下しかたまっていなかった。溶けた燃料が格納容器に漏れ出ている可能性も否定できないとしており、今後の原子炉の冷却作業は大幅に遅れる見通しだ。東電はこれまで、1号機の原子炉の核燃料の損傷度を55%とし、燃料を覆う被覆管が損傷して燃料の一部が溶けているが、燃料集合体としての形は維持していると説明していた。燃料が溶けて本来の形を維持していない状態と認めたのは初めて。」(朝日新聞 2011年5月12日)

 ECD 「Recording Report 反原発REMIX ECD」

 溶けたらしいぞ 漏れてたらしいぞ
 溶けたらしいぞ 漏れてたらしいぞ

 2011反原発リミックス 
 いったい今日で何日目
 あっちもこっちも にっちもさっちも
 あっちもこっちも にっちもさっちも

 あっちもこっちもヤバイ
 震災の噂でもちきりの界隈を
 にっちもさっちももーどーにも
 こーにも行き詰まりのクソ親父の
 ラップでロックするエブリバディセイ

 NO放射能 もういらないよ
 NOMORE 原子力発電所

 溶けて漏れ出した
 あっちもこっちも にっちもさっちも
 あっちもこっちも にっちもさっちも

 サンイチイチ以後たどる崩壊の
 何が真相?どこにこの怒りの
 向ける矛先の果ては自分にも
 何を頼りのだけどコンチクショー
 ビートこのテンポまーだ止めないぞ

 NO放射能 もういらないよ
 NOMORE 原子力発電所

 溶けて漏れ出した
 溶けたらしいぞ 漏れてたらしいぞ
 溶けたらしいぞ 漏れてたらしいぞ
 溶けたらしいぞ 漏れてたらしいぞ
 溶けたらしいぞ 漏れてたらしいぞ

 シーベルト調べると
 水も野菜も空気も心配の
 種は尽きない子供実験台
 にーするつもりかここはガス室か
 気ー狂いそうだから何度でも

 NO放射能 もういらないよ
 NOMORE 原子力発電所

 溶けて漏れ出した
 あっちもこっちも にっちもさっちも
 あっちもこっちも にっちもさっちも

 日曜日も月曜日も
 火曜日も水曜日も
 木曜日も金曜日も
 土曜日も溶けて 漏れ出した
 雨の日も風の日も
 溶けて漏れ出した 溶けて漏れ出した
 朝飯前にも 溶けて漏れ出した
 溶けて漏れ出した溶けて漏れ出した
 溶けて漏れ出した溶けて漏れ出した
 溶けて漏れ出した溶けて漏れ出した
 溶けて漏れ出した溶けて漏れ出した
 溶けて漏れ出した溶けて漏れ出した
 溶けて漏れ出した溶けて漏れ出した
 溶けて漏れ出した溶けて漏れ出した

 らしいぞ

「福島第一原発1号機「メルトダウン」東電認める」
 「東京電力は12日、福島第一原子力発電所1号機の原子炉圧力容器で、冷却水の量が少ないため完全に水から露出した核燃料が過熱して容器底部に落下し、直径数センチ程度の穴に相当する損傷部から水が漏れていると見られると発表した。東電は、この状態が「メルトダウン(炉心溶融)」であることを認めた。東電は、圧力容器の温度は100~200度と安定しているため、今後大きな事故に至る可能性は低いと見ているが、圧力容器を覆う格納容器からも水が漏れだしている可能性が高く、事故収束は難航が予想される。東電によると、10日から原子炉建屋内に入った作業員が水位計を調整した結果、圧力容器の冷却水位は燃料頂部から5メートル以上低いことが分かった。燃料棒は長さが約4メートルで、完全に露出している。これまでは、燃料頂部から1・65メートル低い位置まで水が満たされていると推定されていた。東電は、燃料の大半はすでに溶けたり崩れたりして、底部に落下したとみている。経済産業省原子力安全・保安院は、圧力容器の温度が低いことから、「燃料は容器底部にたまった水で冷やされている」と指摘した。損傷した可能性が高いのは、原子炉の核反応を停止させる制御棒の貫通部など。直径約4・8メートルの圧力容器底部には制御棒97本、中性子計装管34本が貫通している。貫通部周辺の溶接部位は、溶融した核燃料の3000度近い高温には耐えられないという。」(2011年5月12日 読売新聞)
[PR]
by illcommonz | 2011-05-12 17:34
▼警視庁 「つながるな、日本。」「復興を応援するな」
d0017381_1355473.jpg
▼「つながるな、日本。」(警視庁・反社会的キャンペーン)

d0017381_136171.jpg
▼「復興を応援するな」(警視庁・反人道的キャンペーン)

ダウンロード用PDF(948KB A4ヨコ)http://xfs.jp/eX1Bp
(※当データの複製・再配布・頒布等の禁止を禁止する)

 「2011年5月7日、東京・渋谷で行われた「5.7原発やめろデモ!!!!!」では、15,000人を超える参加者を集めるデモ行進がありました。たくさんの人が、それぞれのスタイルで、「原発はいらない」を表現する素敵な行動でした。しかし、警察は大量の機動隊を配置して、デモを妨害し、大量の参加者を細かく分断してしまいました。雨の中、デモ行進は出発だけで3時間もかかってしまうあり様でした。また、機動隊は隊列を取り囲んで身動きが取れないようにしました。他にもまだまだひどいことがあるのですが、ここでは書ききれません。参加者がネット上で様々な立場から異様さを指摘しています。警察の妨害がなければ、デモはもっと自由であったはずです。」(「5.7原発やめろデモ!!!!! 弾圧救援会「声明文」より)

  「他に逮捕された方についてはわかりません。申し訳ないです。1人だけですが厳しく取調べを受けていると警察の方から話を聞きました。デモに参加したこと自体が間違っていたと書かされました。」(今回のデモで不当逮捕された方のつぶやき)
[PR]
by illcommonz | 2011-05-11 16:09
▼警察官諸君に告ぐ、ゾンビになるな。
d0017381_171650100.jpg
 「警官も一人だと無害な愛すべきエロ人間なわけだが、集団になるととんでもない有害な暴力装置と化す。ラスタはその非人間性を「バビロンシステム」と、フェラ・クティなら、上からの命令に従うしかない不気味な塊を「ゾンビ」と呼ぶだろう。日本の警察は、気に食わない奴を誰でも逮捕できる「コーボー!」(公務執行妨害罪)という呪文を使う呪術集団のようである。こちら側もバビロンを凍らせ、ゾンビを溶かす呪文を開発しなければならない。」(HarpoBucho「バビロンのゾンビ」2011年5月11日より)

 フェラ・クティ 「ゾンビ」

 警察にうらみはないが(いや、なくもないが)、警察がきらいだ。つねに組織が優先で個人の思いや考えを尊重しない「ゴリゴリの組織」としての警察がきらいだ。上司のくだらない保身やエリートの出世のために、部下や現場にいやな仕事をおしつける警察がきらいだ。どうでもいい警察のメンツや威信とかのために、人の道にはずれた理不尽な命令をくだす警察がきらいだ。ひとを「ゾンビ」にする「バビロン」としての警察がきらいだ。
 だから、警視庁ではなく、デモの警備する現場の警官諸君ひとりひとりに云いたい。諸君は原発を推進したいのか?あんな無法なことをするために警官になったわけではないだろう。警官なら正義感は人一倍あるだろう。自分の頭で考えるのをやめるな。職務よりも大切なものがあるだろう。良心を手放すな。命令の奴隷になるな、ゾンビになるな、人間であれ。警備をなまけろ、だらけろ、手をぬけ。くだらない命令はきこえないふりをして、のらりくらりと適当にやりすごせ。やればできるはずだ。
[PR]
by illcommonz | 2011-05-11 14:15