Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2011年 10月 ( 65 )   > この月の画像一覧
▼アノニマス「11月5日を銀行家たちにとって決して忘れることのできない日に」


ジェームズ・マクティーグ監督、ウォシャウスキー兄弟脚本の映画「Vフォー・ヴェンデッタ」では11月5日は特別な日である。それにちなんで、映画の主人公ガイ・フォークスの仮面をつけたアノニマスたちが世界に行動をよびかけている。



 「アノニマスからのおしらせです。私たちはこの一ヶ月以上のあいだ、占拠による抗議行動の信じられないほどの力を目のあたりにしてきました。いまや、82の国と1,000もの街が、このムーヴメントに加わっています。ウォールストリートの占拠は、30日を過ぎてもなお進行中で、とまる気配がありません。そこで、わたしたちは、来たる11月5日を「銀行を替える日」とし、みなさんの参加をよびかけます。現在の銀行口座を解約し、預金を全部ひきだして、それを非営利の信用組合に移しましょう。11月5日を銀行家たちにとって決して忘れることのできない日にしましょう。私たちはアノニマス、私たちは多なるもの、わたしたちは決してゆるさないし、約束を忘れない。どうかご期待を。」

 さしずめ日本だと、「脱原発」を宣言した城南信用金庫がいいかも。

[参考] 映画「Vフォー・ヴェンデッタ」あらすじ
 「独裁国家と化した近未来のイギリス。労働者階級の若き女性、イヴィーは、秘密警察の男たちに襲われるという絶体絶命の危機に見舞われたところを、"V"と名乗る仮面の男に救われた。教養を持つ紳士でもあるVは、恐怖政治に抑圧された市民を解放するべく、一人で活動を行っていた。そして彼は、11月5日に大規模なテロを決行するため、同胞の市民たちに国会議事堂前に集結するように呼びかけた。その日はガイ・フォークス・デーと呼ばれており、1605年、ガイ・フォークス一派のレジスタンスが無念にも失敗に終わった日であった。Vはフォークスの意志を受け継ぎ、国会議事堂を爆破する計画を立てていたのだ。一方、イヴィーは、自分の両親がレジスタンス運動にのめり込んで殺されてしまったという心の傷を抱えているため、過激な反政府活動には懐疑的だった。だが、図らずもVの協力者となっていく過程の中で、自分の中の反逆精神に目覚めていく。そして暴君に支配された血も涙もない社会に自由と正義を取り戻すため、勇敢に立ち上がるのだった。」

-------------------------------------
[追記] 同じ11月5日、アノニマスは、OWSについての非常に偏った報道、というか、あきらかなネガティヴキャンペーンを展開してきたFOX-TVハックするらしい。こちらにも期待。


[PR]
by illcommonz | 2011-10-30 20:26
▼ニューヨークの雪
d0017381_21375296.jpg
「NYで季節外れの大雪、反格差デモは続行」
 「季節外れの大雪に見舞われたニューヨークでは29日、公園で寝泊まりしている反格差社会デモ「ウォール街を占拠せよ」の参加者らは、じっと寒さに耐えながら抗議活動を続けている。強風に吹き付けられ、雪が降り積もる中、デモの拠点となっているマンハッタン地区南部のズコッティ公園で抗議活動を続ける数百人のデモ参加者らは靴をビニール袋で覆い、防寒用シートに体を包んで互いに身を寄せ合うなどして寒さをしのいだ。「ウォール街を占拠せよ」の広報担当者(38)は「数週間内に本格的に雪が降り始めれば、参加者は多少減るだろうが、冬の間もずっとここにとどまるつもりだ」と語った。 ワシントンでも冷たいみぞれが降る中、デモ参加者は金融機関への増税を訴え米財務省まで行進した。一方、テネシー州ナッシュビルでは州警察が夜間外出禁止令を実施するためにデモ参加者のキャンプを一掃。退去を拒んだ26人が拘束された。」(ロイター通信 2011年10月30日)

「NYで大雪の中、「占拠」続行 反格差デモ」
 「米東部では29日、季節外れの大雪が降るなど大荒れの天気となった。ニューヨーク・ウォール街近くの公園で寝泊まりしている反格差社会デモ「ウォール街を占拠せよ」の参加者らは、寒さに凍えながら抗議活動を続けた。この日のニューヨークは気温が氷点下近くまで下がって強風で雪が吹き付け、時折大きな雷の音が響いた。ズコッティ公園のデモ参加者らは、体温保持用のシートで体をくるむなどして寒さをしのいだ。1カ月近く公園で寝泊まりしている大学の英語教員ウィリアム・スコットさん(42)は「寒さなんて関係ない。われわれはここで冬を乗り切る」と話した。」(共同通信 2011年10月30日)

 10月にニューヨークに雪が降るのは140年ぶりらしい。映画だと、こういういちばんつらい時にこそ、なにかハートウォーミングな奇跡のようなことが起きると相場が決まっている。そうでなくてもニューヨークにはミラクルがつきもの(たとえば「三十四丁目の奇蹟」とか「ゴースト/ニューヨークの幻」とか)。もちろんそれと同じくらい悪夢の多い街であり、2001年のセプテンバー・イレヴンと2008年のリーマン・ショックがまさにそれだった。しかし、いま世界は変わろうとしている、いや、世界は変わりたがっている。強欲と腐敗に満ちた資本主義の世界から、まだ名前のないもうひとつの可能な世界へと。

d0017381_19482859.jpg
 ミラクルではないけども、こういう苦しい状況だからこそ、レヴェッカ・ソルニットが語る「地獄のなかのパラダイス」がうまれるかもしれない。拡声器が使えない状況から「ヒューマン・マイクロフォン」がうまれたように、なにかヒューマンなものがそこから。

 「今ではパラダイスについて語る人はほとんどいない。けれでも、私たちのあいだに、パラダイスが閃光のように現れたらどうなるだろう。それも最悪の状況で?それは危機に底力を発揮するパラダイスである。よくも悪くも、長期的な社会・政治的な変革は瓦礫の中からうまれる。いまの時代、パラダイスがあるとすれば、そこへの扉は地獄のなかにある。災害は普段、わたしたちをとじこめている堀の裂け目のようなもので、そこから洪水のように流れ込んでくるのは、とてつもなく破壊的なものか、あるいは創造的なものだ。人びとは利他主義や相互扶助を感情的に表現するだけでなく、挑戦をうけてたち、創造性や機知を駆使する。そういった瞬間には、市民そのものが政府、すなわち臨時の意思決定機関となる。このように、災害は革命でも起きたかのような展開をみせる。これは唯一可能なパラダイスだが、決して安定した、完璧なかたちで存在することはないだろう。それは深刻な問題や苦しみへの対応というかたちでのみ出現する。パラダイスをつくることは私たちの宿命である。これまでに文学のなかなどで語られたパラダイスは、せいぜい永遠のヴァケーション程度のもので、意味のないものだった。「地獄のなかのパラダイス」は即興的につくられる。わたしたちはそれを状況に即してつくるが、その過程で、わたしたちの強さや創造力が求められ、自由な創案を発揮できる。地獄のなかでつくられた、こういったパラダイスは、わたしたちになにができ、わたしたちが何になれるかを教えてくれる。」(レヴェッカ・ソルニット「災害ユートピア/なぜそのとき特別な共同体がたちあがるのか」より抜粋)

 では、ウォールストリートの占拠からうみだされようとしているパラダイスとはどんなパラダイスだろう。それはデモクラシーのパラダイス、ほんとうの民主主義の楽園。
[PR]
by illcommonz | 2011-10-30 19:48
▼サブメディアTV制作「世界の終わり:日本の反原発運動」


▼SubMediaTV 「It's the End of the World: We are the 99%」
 (2011年10月24日放映)

[内容]
 1. Worldwide Occupations
 2. Romanarchists fight back
 3. Storming Athens
 4. Chile's Paco Assault Unit
 5. Support the G20 prisoners
 6. The new code of the streets
 7. Japan's anti-nuke movement

d0017381_4473834.jpg
 今回の「It's the End of the World」では、日本のTVでは放映されない、いま世界各地で続いている(とまらなくなっている)さまざまなデモや抗議行動のほか、番組の後半ではかなりの時間を割いて3.11以後の「日本の反原発運動」が特集されています。この特集では、先日、来日したフランクリン・ロペスを迎えての「END:CIV」東京上映会の様子や、3.11以後の「原発やめろデモ」の映像が紹介され、スティミュレーターの質問にこたえて、樋口くんが日本のサウンドデモとその歴史的背景などについてレポートしてくれています。日本のTVでは放映されなかった「どかどかうるさいマーチングバンド」や「アトミックサイト展」でおなじみの石川雷太の「放射性廃棄物ドラム缶ドラム」の映像も登場します。
[PR]
by illcommonz | 2011-10-30 03:37
▼アタリ・ティーンエイジ・ライオット+ブーツ・ライリー+アノニマス「ブラックフラッグス」

▼Atari Teenage Riot - "Black Flags" feat. Boots Riley + Anonymous
(セカンドエディション)


▼Atari Teenage Riot - Black Flags
(オリジナルエディション)


▼Atari Teenage Riot Black Flags (muffler remix)
(リミックス)

 アタリがやってくれた。しかもアノニマスと、ザ・クープのブーツ・ライリーフューチャーして。「Are You Ready to Testify」というリフをきいて、レイジの「テスティファイ」を思い出した。とっくの昔にティーンエイジではなくなったけど、しびれる。
[PR]
by illcommonz | 2011-10-29 23:33
▼「アトミックショウケース」増殖+分裂+拡散
d0017381_23515223.jpg
 WE ARE ATOMIC SITE
 WE DO NOT FORGIVE
 WE DO NOT FORGET
 WE ARE EVERYWHERE
 WE WILL BE BACK SOON

 「アトミックショウケース」のショウケースです。渋谷駅からアップリンクへ行く途中にあるH&Mのショウケースのマネキンにまけないくらいのスタイリッシュな展示にしました。

d0017381_21454785.jpg
 さらに今日の展示替えでは、「石棺」によって低減した放射線の計測値をガイガーカウンターでみることができるようにしました。石棺にする前の放射線量は、表示されている計測値プラス9~10マイクロシーベルトです。

d0017381_23443680.jpg
 そのほか、作業員にあたらしいガスマスクを支給しました。アノニマスとフィンガー・ポインティングのダブルネーム・ヴァージョンです。

d0017381_2146533.jpg
 こちらは監修者・山川冬樹の展示替え。原子の子が福島第一原発を背にフィンガーポインティングしています。

 さらに青山のスパイラルには、山川冬樹の「原子ギター 参号機+四号機 SG-type」が出現しました。こちらもぜひごらんください。

d0017381_22534643.jpg
エマージング・ディレクターズ・アートフェア 「ULTRA004」
[日時] 2011年10月28日-11月3日
[場所] 東京・青山スパイラルガーデン
 「今や世界中で開催されるアートフェア。「ULTRA」は、40歳以下のギャラリスト個人を出展単位とする新しい形のアートフェアです。ギャラリーで日々実際に作家と対話し、作品の選定を行うディレクターにスポットをあて、彼らの新鮮な視点で選ばれた、まさに「いま」を切り取った現代アート作品が、多数集まります。作品を購入できるアートフェアですが、入場料はなく、展覧会と同様スパイラルガーデンのオープンスペースで、気軽に作品に触れることができ、また気になる作品についてディレクターに直接質問することも可能です。作品の購入をお考えの方だけでなく、どなたでも自由に楽しんでいただける空間です。」

 なお、アップリンクでのショウケース展示は、10月31日21:00までです。時間になったら、さっさとかたづけますので、おはやめにどうぞ。

[関連]
▼ATOMIC SITE TV 「山川冬樹監修 アトミックショウケース」PV
http://illcomm.exblog.jp/14836517/
▼山川冬樹監修「アトミックショウケース」
http://illcomm.exblog.jp/14820328/
[PR]
by illcommonz | 2011-10-29 21:50
▼「もしもぼくらが木を失ったら」

▼「もしもぼくらが木を失ったら」
 マーシャル・カリー監督 2011年 アメリカ

 「FBIから"国内における一番危険なテロリスト"と呼ばれ、メディアからは"エコテロリスト"と取り上げられた環境保護団体ELF(Earth Liberation Front)。その元メンバー、ダニエルのオレゴンの製材会社2社への放火の罪とその刑執行までを追いながら、彼らの活動を紐解き、さらなる大きな論点へ視野を広げてゆく。果たして彼らは声を持たない自然の代弁者なのか、それとも過激な活動家なのか。世界中の映画祭で数多くの賞に輝き、ドキュメンタリー界では高い評価を集めているマーシャル・カリー監督が放つ、環境問題の光と影を見つめるドキュメンタリー。」(「東京国際映画祭」公式サイトより)

d0017381_21301618.jpg
 いまこのブログを書いてるパソコンには「ダニエル・マクゴーワンを支援しよう」というキャンペーン・ステッカーが貼ってある。この映画は、そのダニエルとそのなかまたちのラディカルなエコ・アクティヴィズムとその顛末を追ったドキュメント作品。ELFの活動のほか、1990年代の北米の環境保護運動が、かつての「ヒッピー」スタイルから「モンキー・レンチング」スタイルへと移行していった過程や、「アース・ファースト」が与えたインパクト、1999年のシアトルの反乱でのブラックブロックの実像などを知ることができる。かねてより北米では、「エコロジスト」たちのアクションが最もハードコアで、「グリーンアナーキー」と呼ばれている、という話をきいていたが、この映画をみて、そのことがよく理解できた。先日、東京でも上映されたフランクリン・ロペスの「END:CIV」と同様、日本の「エコ好きな人たち」にこそ、みてもらいたい映画だと思う(たぶんカルチャーショックをうけると思う。)

[関連]
▼「END:CIV」 「文明:終了」
http://illcomm.exblog.jp/14665348/
▼映画「END:CIV」評
http://illcomm.exblog.jp/14688353/
[PR]
by illcommonz | 2011-10-29 21:32
▼原子力資本主義めぐり
d0017381_2104692.jpg
 午前中、頼まれた仕事を急いでかたづけ、タンボリンを持って「原発いらない福島の女たち」のデモに向かう。内幸町の東電本社前あたりで合流するつもりだっが、間に合わなかったので、経産省前の座り込みにゆく。座り込みに行く途中、「原子力保安院」の建物などをみてまわる。その後、六本木の東京国際映画祭でエコ・アクティヴィストたちのドキュメント映画をみる。その後、渋谷のアップリンクで「アトミックショウケース」の展示替え作業をする。なんだか「原子力資本主義」の絵のなかをオリエンテーリングしたような一日だった。ところで、この図でいくと、反原発のアクティヴィストや表現者たちはどのあたりに位置するのだろうか?
[PR]
by illcommonz | 2011-10-29 21:02
▼「ロビンフッド・グローバルマーチの日」


OCTOBER 29 - #ROBINHOOD GLOBAL MARCH
 This is a proposal for the general assemblies of the Occupy movement.
 Eight years ago, on February 15, 2003, upwards of 15 million people in sixty countries marched together to stop President Bush from invading Iraq … a huge chunk of humanity lived for one day without dead time and glimpsed the power of a united people's movement. Now we have an opportunity to repeat that performance on an even larger scale.
 On October 29, on the eve of the G20 Leaders Summit in France, let's the people of the world rise up and demand that our G20 leaders immediately impose a 1% #ROBINHOOD tax on all financial transactions and currency trades. Let's send them a clear message: We want you to slow down some of that $1.3-trillion easy money that's sloshing around the global casino each day -- enough cash to fund every social program and environmental initiative in the world.
 Take this idea to your local general assembly and join your comrades in the streets on October 29.

 for the wild,
 Culture Jammers HQ

d0017381_1302259.jpg

「29日に再び世界一斉デモ、「ロビン・フッド税」導入を要求」
 「反ウォール街デモを仕掛けたカナダの活動家団体「アドバスターズ」は、11月3─4日にフランスのカンヌで20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれるのを前に、今週末29日に再び世界一斉抗議行動を呼び掛けている。今回は特に、金融取引や為替取引に1%課税する「ロビン・フッド税」導入を求めるという。アドバスターズはウェブサイトで、世界の金融市場で日々動いている「1.3兆ドル(約99兆円)のあぶく銭の一部」を課税・徴収すれば、あらゆる社会的運動や環境活動の資金をまかなうことができると主張している。同団体が「ウォール街を占拠せよ」と呼び掛けて9月にニューヨークで始まった反格差社会デモは、その後シカゴやボストンなどにも飛び火し、今月15日にはオセアニアやアジア、欧州での一斉抗議行動にも発展。イタリアでは参加者が一部暴徒化し、70人以上が負傷する事態となっていた。ただ、一連のデモに対しては、具体的な目標がはっきりしておらず、今後も勢いが続くかどうか懐疑的な見方も出ていた。そうしたなかでアドバスターズは「運動が成熟するなか、批判者たちへの対応も考えよう。グローバルシステムの中核を占拠しよう」と呼び掛けている。」(ロイター通信 2011年10月25日)

-------------------------------------------
[追記] 今日のOWS

d0017381_2314160.jpg

「ロビンフッドはただしかった」
[PR]
by illcommonz | 2011-10-29 01:29
▼原発いらない福岡の男も、経産省前にゆく
d0017381_011236.jpg
原発いらない福島の女たち(東京霞ヶ関・経産省前にて)

d0017381_011464.jpg
斉藤美智子さん(東京霞ヶ関・経産省前にて)

d0017381_012083.jpg
今日の線量(東京霞ヶ関・経産省前にて)

-------------------------------
[追記] 解散直前に黒塗りの街宣車でやってきた右翼をみながら、「ああ、男はいやだな」と思った。
[PR]
by illcommonz | 2011-10-29 00:12
▼「うまくだましたつもりかい、経産省?」(山口富士夫)


▼山口富士夫「経済産業省前 原発いらない福島の女たち」

 「おーい、いよいよ、明日だぜ~~~~~~~~~~~。福島の女の人たちが、東京に集まるんだぜー!すごいじゃあないか??!!場所は、霞ヶ関のA12か13出口出れば自然とわかるだろう、、経産省前で、座り込む、、。、俺は応援と、気持ちを表す為に、ギターのPちやんと、一緒に行って、仲間たちで来れる奴に、声をかけているところだよ、、、、。なにが {すぐには、影響がない}だと~?もう、こどもたちに、甲状腺癌も、出ているんだ.鼻血の出るものたちやら、、、出ているじゃあないか!!?しよせん、あんなの、巨大企業の、為に造られたんじゃあないのか?例のストレステスト?あれって、コンピューターで、やるんだぜ、、。驚いたぜ!ウソだろ=?本当の答えが、くるわけねえじゃんかよ~~~~~~しかも、あの、ドジョウ野朗がまだ懲りずにどんどん原発推進の道を堂々とぬかしやがった、恥を知れと、言いたいぜ、。きっと後進国に、売りつけて、財源でも作って、自慢したいんだろうかねえ?」まあ、座り込みのときは、とにかく、黄色のものをちょっとだけでも身に着けてね。これ、必ずしてね~。くれぐれも、棒とか、≪旗の為でも≫持ってればパくられるから、、、、、。俺はギター持ってくよー。福島の、人達と心の交流できるし、、、気持ちもよく解れるように祈っているよ。じゃあ、明日ねフジオヤマグチです。誰も、パクラレナイように、、、つつしんでなあ、、、」(山口富士夫「明日は、10時から、3時だぜ!」より)
[PR]
by illcommonz | 2011-10-28 03:47