Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2012年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧
▼京都が燃えている

▼岩上チャンネル京都「2012年3月31日 街頭演説」
http://www.ustream.tv/channel/iwj-kyoto1#utm_campaign=ss-post-backlink&utm_source=8481450&utm_medium=social

【街頭の声】 「人殺し!バチあたるで!避難に金つかえ!おぼえとけよ!」

d0017381_17283939.jpg
大飯原発を再稼動したら、どんなことになるか、これですこしは思い知ったはず。
[PR]
by illcommonz | 2012-03-31 17:27
▼「原発卒業式」と「TEPCOの光」

▼ジュリー・アンドリュース「オウルド・ラング・ザイン」

d0017381_1535796.jpg
「放射能はいらねぇ!仮装!変身!
エイプリルフール・デモンストレーション in くにたち
~ウソばっか言ってんじゃねぇ!!」

[日時] 2012年4月1日(日) 13:30集合 14:00 デモ出発 
[場所] 東京・国立一橋大学集合
※デモのゴールは谷保第一公園(汽車ポッポ公園)です。
 国立を出発して、谷保付近でゴールという、いままでとは逆のコースになります。
※雨が降った場合は無理せず中止します。
[主催]くにたちデモンストレーションやろう会

★仮装・扮装しなくても大歓迎です。お気軽に参加ください!

【原発卒業式開催】
 「3月26日に新潟・柏崎刈羽原発が停止すると、東電管轄の原発は全て止まることになります。「原発からの卒業」と「原発なしの暮らし」のはじまりを記念し、デモの出発前に、校長先生(※デモ言い出しっぺ)より東電/政治家へむけて「原発卒業証書」の授与式を行います。来賓として、全国の電力会社の代表者の方々も参列予定(募集中)です。これに伴い、制服での出席を大歓迎いたします(年令不問/現役学生歓迎)。」



「TEPCOの光」(「※蛍の光」の替歌) 伴奏:ヤマダ電機 店内BGM合奏団

 TEPCOの光
 地獄行き
 やらせとごまかし 
 かさねつつ
 なぜかやりたがる 
 再稼働
 原発 今日で 
 わかれゆく

 泊も止めて 
 かぎりなく
 未来をのこそう 
 こどもたちに
 ここからはじまる 
 あたらしい日
 原発 今日で 
 わかれゆく

くにたちデモンストレーションやろう会「脱原発ソングブック」より
[PR]
by illcommonz | 2012-03-31 16:06
▼木の芽時
d0017381_4492634.gif
ことしはいつもよりひどい。
[PR]
by illcommonz | 2012-03-31 04:50
▼ZDF 「放射能と子供たち」

[PR]
by illcommonz | 2012-03-30 01:01
▼ECD 「日本をすてようと思ってます」


 「もしこのままほんとに、再稼動が進むんだったら、ギリギリまで抗議の行動をしたうえで、最後の選択としては、こどもたち連れて、家族つれて、なるべくたくさんの人といっしょに、日本をすてようと思ってます。なるべくそんなふうにはなりたくないですけど。ほんとにとめたいです。」
[PR]
by illcommonz | 2012-03-29 06:38
▼首相官邸前抗議
d0017381_218882.jpg
「3.29緊急!原発再稼働許すな!首相官邸前抗議」
[日時] 2012年3月29日18:00
(※関係閣僚会合の日程は現在詳細不明。今週中、おそらく28日以降に行われる模様)
[場所] 東京・首相官邸前(国会記者会館前、国会議事堂前駅3番出口出てすぐ)
[呼びかけ] NO NUKES MORE HEARTS/TwitNoNukes

※反原発・脱原発というテーマと関係のない特定の政治団体や政治的テーマに関する旗やのぼり、プラカード等はなるべくご遠慮ください。

---------------------
[関連]
「5月の全原発停止前に再稼働か」前原氏が見通し
 「民主党の前原政調会長は、5月に国内のすべての原発が停止する前に、政府が大飯原発などの運転再開に踏み切る可能性に言及しました。前原政調会長は、講演で「54基のうち、一つだけ動いている泊原発が5月5日に停止する」と説明したうえで、「それまでには原発の再稼働が計られるのではないか」と見通しを示しました。ストレステストの結果が妥当と評価された大飯原発3、4号機や、評価がまもなく終了する伊方原発3号機を念頭にした発言とみられます。野田総理大臣と関係閣僚は、近く大飯原発の運転再開の可否について協議しますが、前原政調会長は「政府と地元の話し合いの過程であり、慎重に進めなければならない」と述べています。」
[PR]
by illcommonz | 2012-03-29 02:18
▼カウントダウン
d0017381_3314045.jpg
▼「日本の全原発停止までのタイマー」
http://deadlinetimer.com/timer/33822

「北海道の泊3号機、5月5日停止 国内全原発停止も」
 「北海道電力は26日、泊原発3号機(北海道泊村、91・2万キロワット)の運転を5月5日に停止し、定期検査に入ると発表した。東京電力柏崎刈羽原発6号機が26日未明に停止し、泊3号機が国内の商業用原発54基で稼働中の唯一の原発。5月までの再稼働がなければ、全原発が停止する。北電は26日、経済産業省原子力安全・保安院に定期検査の日程を申請した。これまで4月下旬の定検入りを予定していたが、火力発電所の緊急停止などトラブルが相次いでいることを考慮し、1週間程度、先送りした」
[PR]
by illcommonz | 2012-03-27 03:32
▼デモ、デモ、デモ
d0017381_2423083.jpg
「3.25反原発デモ@渋谷・原宿」
[日時] 2012年3月25日(日)13:00集合 14:00出発予定
[場所] 東京・渋谷みやしたこうえん北側
[主催] TwitNoNukes 反原発デモを実行するTwitter有志
※デモコースほか詳細は決定次第随時発表致します。

d0017381_2445431.jpg
「放射能はいらねぇ!仮装!変身!
エイプリルフール・デモンストレーション in くにたち
〜ウソばっか言ってんじゃねぇ!!」

[日時] 2012年4月1日(日) 13:30集合 14:00 デモ出発 
[場所] 東京・国立一橋大学集合
※デモのゴールは谷保第一公園(汽車ポッポ公園)です。
 国立を出発して、谷保付近でゴールという、いままでとは逆のコースになります。
※雨が降った場合は無理せず中止します。
[主催]くにたちデモンストレーションやろう会

d0017381_2485082.jpg
「NO NUKES! PEACE DEMO in Iwaki, FUKUSHIMA
放射能汚染のない未来と子どもたちの命を考えるパレード」

[日時] 2012年4月8日 14:00集会 15:00デモ
[場所] 福島・いわき市平中央公園
[主催] いわきアクション!ママの会/NO NUKES MORE HEARTS

 「3・11の地震、津波、そして原子力発電所の大事故から1年。原発の事故は今も現在進行形です。いつ終わるかわからない被曝の恐怖にさらされながら過ごす日々。この事故で、私たちが今まで信じていた世の中のしくみはいい加減で嘘だったということがはっきりとわかりました。これからは人に任せることなく、自分たちの手で、自分たちの目で、自分たちの心で一歩一歩、本当の未来をつくっていかなければなりません。私たちはそのことにやっと気づき、そのために払った代償はあまりにも大きく、あまりにも悲しいものでした。この悲しみは、今もおさまらない福島第一原発の事故状況、それでもやめようとしない原発推進の動きにより、さらに大きくなる可能性もあります。私たちの大切な子どもたちのために、今、できることを考え実行してこれ以上の環境の汚染が進まないよう努力し、子どもたちの心と身体と命を守るために強い意志を持つことが私たち大人の責任です。原発はもう嫌です。たくさんです。なくしてください。これ以上、子どもたちを被曝させないでください。日本のどこで、事故が起きても国と電力会社の対応は同じです。福島だけの問題でないことをみなさんにお考えいただき、未来に向かって力を合せていただきますようお願いいたします。」
[PR]
by illcommonz | 2012-03-24 02:49
▼一回やすみ、おわり


d0017381_762695.jpg
[PR]
by illcommonz | 2012-03-23 07:07
▼あなたの知らないバスの世界

▼Sax Subcontrabaixo Hino 44

 一般によく知られているように、低い音域は「バス」と呼ばれる。この「バス」の1オクターヴ下に「コントラ・バス」と呼ばれるさらに低い音域がある。ここまでは音楽の教科書にも載っているが、この「コントラバス」のさらに1オクターブ下に「オクト・コントラバス」というさらに低い音域がある。このことは「オクトコントラバス・クラリネット」という楽器のあるクラリネットの世界以外では、あまり知られていない。そして一般にはほとんど知られてないが、さらにその下に、「サブ・コントラバス」という、極端に低い音域がある。何のためにあるのか分からないが、それは実在し、それを奏でる楽器が存在する。様々なるバスの世界、それは、「いま、しなくてもいい」と思われる「しらべもの」のおそらく最たるものだが、しらべてしまったので、しかたがない。

▼サブ・コントラ・オクト・バス四重奏(※同時に再生すると、すごい)


▼Sax subcontrabaixo Hino 296


▼Contra Bass DUBSTEP


▼BEATBOXING on DOUBLE CONTRABASS FLUTE


▼Bass Harmonica

 どれもこれも、ばかでかくて、不便なことこのうえない。ふつうの楽器店には絶対置いてないし、教則本もない。楽譜もないし、コンクールもない。スタープレーヤーもいない。そしてオーケストラでもバンドでも、おそらく出番は、ほ・と・ん・ど・な・い。なのに、そういう因果な楽器をわざわざ選びとる人たちがいる。息をきらせ、手をばたつかせ、バスな音で世界をふるわせる。ウィキペディアによれば、「管楽器の音は「管」だけの音ではない。奏者の人体も楽音の音色に大きく影響している。一例を挙げれば、口腔内や咽頭部の内部空間の広げ方、響かせ方の違いが音色に大きく影響する。この点で人体も楽器の一部を構成しているといえる」という。こうした楽器では、まさに人間と楽器が一体となる。親鸞のことばに「いま、いのちがあなたを生きている」というのあるが、その人のいのちが楽器に宿り、音を放っているようにきこえる。電子楽器を使えば、同じような音を出せるかもしれないが、それではつまらない。人が自分のからだを全部をつかって出す音だからこそ、おもしろい。便利さや効率性をもとめない人たちがつくる世界はすてきだ。原発なんてなくても、世界はゆたかだ。

---------------------------------
[追記]
「極端に低い音を好む」友人へ 
とことんおちこんで、おちこんだものを力にかえたらいいよ。
[PR]
by illcommonz | 2012-03-23 07:02