Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2012年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧
▼福井大震災


 過去の歴史から学び、想像(想定)してみよう。
[PR]
by illcommonz | 2012-05-31 02:52
▼のぼせあがるな
d0017381_2492869.jpg
【大言壮語】できそうにもないことや威勢のいいことを言うこと。不相応な大きなことを言うこと。また、その言葉。

 「大言壮語」どころか、悪質な「詐欺」だと思う、またすぐに使い捨てにされる総理大臣に「責任」などとれるわけがない。

「STOP!大飯原発再稼働~「原子力ムラ」防護隊=<4大臣+2議員>は恥を知れ!
 閣僚会議に抗議!官邸前緊急アクション」

[日時] 2012年5月31日(木) 18:30-20:00
[場所] 東京・首相官邸(国会記者会館)前
(丸の内線「国会議事堂前」駅すぐ、有楽町線「永田町」駅5分)
[呼びかけ] 再稼働反対!全国アクション
[PR]
by illcommonz | 2012-05-31 02:50
▼6.1原発再稼働許すな!首相官邸前抗議
d0017381_215075.jpg
「6.1原発再稼働許すな!首相官邸前抗議」
[日時] 2012年6月1日18:00-20:00 (予定)
[場所] 東京・首相官邸前(国会記者会館前、国会議事堂前駅3番出口出てすぐ)
[呼びかけ] 首都圏反原発連合有志

※反原発・脱原発というテーマと関係のない特定の政治団体や政治的テーマに関する旗やのぼり、プラカード等はなるべくご遠慮ください。
※スピーチに関しましては以下のご協力をお願いいたします。
1.一人あたり 「3分以内」 でお願いします。
2.反原発・脱原発テーマに関係のないテーマでのスピーチはご遠慮ください。
3.特定の団体のアピールにつながるスピーチはご遠慮ください。個人としてアピールをお願いします。
4.主催者側の意向に沿わない内容であると判断した場合、中断をお願いすることもあります。あらかじめご了承ください。
5.告知タイムは最後に10分設けていますので、そこでお願いします。

※また、大阪でも同日18時より、TwitNoNukes大阪の呼びかけにより、関電本社前にて再稼働反対の抗議行動が行われます。

[日時] 2012年6月1日18:00-20:00 (予定)
[場所] 関電本社前(大阪府‎ 大阪市北区中之島3丁目6−16)
[呼びかけ] TwitNoNukes大阪
http://twitnonukesosaka.blog.fc2.com/blog-entry-14.html
[PR]
by illcommonz | 2012-05-31 02:15
▼デモクラシー・ナウ!「進化するデモ」


デモクラシー・ナウ!「進化するデモ~復活したオキュパイ運動と生まれ変わったメーデー」移民・労働運動と連携したオキュパイ運動、「広場の占拠」から次の段階へ、クラウド化する運動とは?
[日時] 2012年6月1日 19:00~20:30
[URL] http://live.nicovideo.jp/watch/lv94714413
[出演] イルコモンズ(現代美術家、メディア・アクティヴィスト、文化人類学者)
五野井郁夫(政治学・国際関係論研究者)
中野真紀子(司会、デモクラシー・ナウ!ジャパン代表)

 「ずばり物事の本質に迫るニュース番組として高評価を得る、アメリカの独立系報道番組『デモクラシー・ナウ!』。ニコニコ生放送では、この革新的なニュース番組をトークと共にお送りしていきます。今回のテーマは、世界各地で続く「デモ」。財政危機対応に反対する大規模な大衆デモが繰り返され、緊縮財政政策の転換を迫られている欧州。5月のフランスやギリシャでの選挙結果でも明らかになりました。スペイン、ドイツといった欧州各地だけでなく、カナダでもケベックの学生デモが大衆運動化しています。米国では5月1日のメーデーに、オキュパイ運動と移民・労働運動とが連携したデモが行われました。昨年11月にズコッティ公園から排除されたことで「広場」という象徴を失い、四散したかのように見えたオキュパイ運動。今度は、既存の運動と共闘することで新たな動きをみせています。そこで、今回のニコ生デモクラシー・ナウ!では、オキュパイ運動とメーデーの現状について、世界の経済状況との関わりから考えていきます。番組内では、今年のメーデーについての映像を放映。その後は、メディア・アクティヴィストで文化人類学者のイルコモンズ氏と、『「デモ」とは何か』の著者の五野井郁夫氏をスタジオにお招きして、詳しいお話を伺っていきます。どうぞお見逃しなく!」

------------------------------------------
[お知らせ] タイムシフト予約をしておけば、生放送でなくても、後から視聴できるようですので、東京と大阪にお住まいの方は、どうかぜひともこちらへ(できれば自分もタイムシフトしたい)。
[PR]
by illcommonz | 2012-05-31 01:04
▼都庁へ
d0017381_055229.gif
「げんぱつ?Yes/No パレード」第二弾
[日時] 2012年6月3日 13:00集合
[場所] 東京・新宿中央公園水の広場(東京都新宿区西新宿二丁目11番)
[協力] LOFT PROJECT

d0017381_06821.jpg
[コース]新宿中央公園水の広場スタート~甲州街道~JR駅ビルで左折~京王デパート前のヨドバシカメラ~スバルビル~都庁~新宿中央公園運動場解散

d0017381_062394.gif
[ライヴ+トーク] Likkle Mai(レゲエシンガー)/仲代奈緒(歌手・女優)/寶川雅彦(ミュージシャン)/今井一(ジャーナリスト)/成瀬昭(ミュージシャン)/横尾和博(文芸評論家)/TOSSAN(DJ)/wicked space(DJユニット)
※雨天決行

d0017381_063447.gif
▼「よびかけ文(デモ趣意書)」
 「2012年5月10日、私たち都民の集まりである「都民投票条例直接請求を成功させる会」は、地方自治法に定められた条例制定請求に必要な法定数を10万筆以上も上回る32万3076筆分の署名簿と共に、「東京電力管内の原子力発電所の稼働に関する東京都民投票条例」の制定を求める請求書を、石原慎太郎知事に提出しました。東京都で直接請求が行われるのは23年ぶり、そして東京都で住民投票を求める条例制定の請求は、初めてのことです。私たちの求めている都民投票の実施は、東京電力管内にある原発をこれからも稼働させ続けるのか、その恩恵にあずかる私たち都民ひとりひとりが当事者として考え議論し意思表示をする重要な機会です。政治への無関心・人任せから、参加と自治の新しい未来へと踏み出す、大きな一歩だと考えます。直接請求は、決して間接民主主義を否定するものではありません。むしろ、民主主義の両輪となるもので、多くの自治体では、地方自治法に基づき市民の当たり前の権利として行なわれています。今回の直接請求を受け、6月には都議会が召集され、この東京都 民投票条例について審議されます。都議会で十分な議論が尽くされぬまま否決されれば、この32万3076筆の想いは無に帰することになります。
 ひとたび大事故が起きれば、原子力発電所は、周辺自治体に住む夥しい人々の暮らし、命をおびやかすものであるということが昨年の東京電力福島第一原子力発電所の事故ではっきりしました。大きな悲しみを背負ったこの国にこれ以上の対立も分断も生みたくありません。政治家も、専門家も、大手企業も、市民も、同じテーブルに座して、しっかりと議論し、この国の未来を決めていきたいのです。それこそが、民主主義であると考えます。私たち市民も政治について考え、関わり、ほんとうの民主主義の世の中に変えたい!そして未来を生きる子ども達に手渡したい!その想いを強く訴えるため、6月3日(日)「げんぱつ?Yes/No パレード」第2弾を都庁前で行ないます。テーマは「今、未来を変えよう」です。6月5日都議会はいよいよ決断に向かって動き出します。6月3日のパ レードは、私たちの想いをデモとして訴える最後の機会となります。12月寒空の中から、都民投票実現を訴えてきた請求代表者、受任者、サポーター、そして署名をされたみなさま、私たちからの最後のアピールです!ひとりひとりの小さな力を繋げて、いまこそ、大きなうねりをおこしましょう。一緒に歩いてください。私たちひとりひとりが、大切にされる愛のある社会に向かって。

------------------------------------------
[関連]
d0017381_0103641.jpg
「一部の人間がわーといって、その数が何十万集まったかしらんけど、いちいち斟酌しなきゃいけない義理はないし、そんな形で行政は行われるもんじゃないですよ。住民投票は結構です。しかし、あくまで物事の最終決定は議会ですよ。議会はみんなに選ばれて構成されている。是非を決めるのは君らでないよ。君らに選ばれた議会だよ。行政の首長でもある私でもあるよ。」(石原慎太郎「(原発の)是非を決めるのは君らでないよ」
http://illcomm.exblog.jp/15951666/
[PR]
by illcommonz | 2012-05-31 00:07
▼茶番劇の裏で
d0017381_23553050.jpg
「大飯再稼働:野田首相「私の責任で」…福井県の要望クリア」
 「政府は30日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を近く最終決定する方針を固めた。電力消費地や周辺自治体でつくる関西広域連合(連合長=井戸敏三・兵庫県知事)の同日の会合で、再稼働におおむね理解を得られたと判断。原発が立地する福井県、おおい町が求める条件をほぼ満たした。野田佳彦首相と関係3閣僚は来月初めにも会合を開き、決断する。首相と関係3閣僚は30日、首相官邸で会合を開いた。首相は、細野豪志原発事故担当相から同日の広域連合との会合について報告を受け、「関係自治体からは一定の理解は得られつつある。国民の負担増抑制などのため安全が確保された原発は再稼働させる必要がある。福井県とおおい町の判断が得られれば、私の責任で最終判断したい」と述べた。」(毎日新聞 2012年5月30日)

 マスコミがいっせいに報じた消費税をめぐる目くらましの茶番劇の裏で、こっそりなにをやっているのだろか、と思えば、これだ。

d0017381_1482918.jpg
「大飯原発再稼働問題 野田首相「最終的に自らの責任で判断」」
 「関西電力大飯原発3・4号機の再稼働へ向けた動きが、大詰めを迎えている。政府は30日夜、関係4大臣による会合を開き、関係自治体の一定の理解が得られつつあることを確認、野田首相は、原発が立地する福井県の理解を得たうえで、「最終的に自らの責任で判断を行いたい」と述べ、近く再稼働を最終決断する考えを明確にした。30日夜、関西電力大飯原発の再稼働をめぐる会合が、関係4閣僚が出席して行われた。
野田首相は「安全が確保された原発は、再起動させる必要があると思います。最終的には、総理大臣である私の責任で、判断を行いたいと思います」と述べた。政府は、立地する福井県などの同意が得られ次第、速やかに、大飯原発3・4号機の再稼働を決断する方針を固めた。」(2012年5月30日 FNNニュース)

「大飯再稼働、福井に判断要請=首相「関係自治体、一定の理解」―近く最終決断・政府」
 「政府は30日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向け、野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚の会合を首相官邸で開催した。野田首相は再稼働について、関西広域連合などを念頭に「関係自治体の一定の理解は得られつつある」との認識を表明。さらに「社会全体の発展のため、原発は引き続き重要だ」として、地元の判断を促す姿勢を示した。枝野経産相も「福井県とおおい町の理解を得るべく全力を挙げる」と強調した。首相は、東京電力福島第1原発のような事故を繰り返さないために、安全対策が整っていると説明。「再稼働ありきではなく、あくまで安全性ありきだ」と安全面を重視する考えを改めて表明。その上で「福井県、おおい町の判断が得られれば、関係閣僚会合で議論し、最終的に私の責任で判断する」と述べ、地元の判断を受けて再稼働を最終決定することを示唆した。」(時事通信社 2012年5月30日)
[PR]
by illcommonz | 2012-05-30 23:56
▼石原慎太郎「(原発の)是非を決めるのは君らでないよ」
d0017381_23455574.jpg
「石原都知事「ナンセンス」原発稼働の住民投票」
 「東京電力の原発を稼働させるかどうかを問う住民投票条例案、32万人以上の署名をつけて、今月10日に市民団体が東京都に条例制定を直接請求していた。これに対して東京都は29日、この条例案に知事の反対意見をつけて都議会に提出することを発表した。石原慎太郎東京都知事:「一地方自治体の一部の人が反対を唱えて左右できる問題じゃない。あくまで国が判断することです」石原知事は、「電力供給を受けている都民が、原発の是非を感情で左右するのはナンセンス」などと条例案に反対の考えを示した。一方、市民団体は、「再稼働の是非は、私たち一人ひとりの都民が関わっていく責任と権利がある」とコメントしている。」(テレビ朝日 2012年5月29日)

「Q:原発の都民投票には否定的な考えか。
 「ものを決めて修正したりするのは議会の責任。それが議会制民主主義のメカニズムだ。一部の人間がわーといって、その数が何十万集まったかしらんけど、いちいち斟酌しなきゃいけない義理はないし、そんな形で行政は行われるもんじゃないですよ。住民投票は結構です。しかし、あくまで物事の最終決定は議会ですよ。議会はみんなに選ばれて構成されている。是非を決めるのは君らでないよ。君らに選ばれた議会だよ。行政の首長でもある私でもあるよ。」(東京新聞「石原知事 会見ファイル」2012年5月26日)

 これは議会制民主主義の名を騙った、議会制独裁主義でしかない。こういうとき、福岡の人間は、こう云って怒る。「なにさまのつもりだ、のぼせあがるな」。 みてろ。
[PR]
by illcommonz | 2012-05-30 23:46
▼「異文化」としてのアクティヴィズム
d0017381_6314468.jpg
「学費値上げに反対するカナダの学生デモ、100日越える 1夜で700人逮捕」
 「カナダのケベック州では、学費の大幅な値上げに抗議する学生らによる大規模なデモ活動が3か月以上続いている。学生らはまた、学費の値上げに加え、デモの主催者に8時間前までの届け出を義務づける、前週可決のデモ規制に関する法案にも抗議している。100日目となった22日のデモには多数が参加。デモ隊の数はその後も増え続け、23日には警官隊が出動した。デモ参加者の一部は警官隊に投石するなどし、モントリオールで518人、ケベックで170人が拘束された。ケベック州で、これほど多くの逮捕者が出たのは初めてだという」(AFP通信 2012年5月25日)

 日本の大学で講義をしていて、よく受ける質問とその回答。

 Q:「デモって違法行為なんですか?」
 A:「いいえ、法律で認められた権利ですよ、どうしてそう思ったの?」
 Q:「デモで逮捕されたというニュースをよくみるので」
 A:「やっぱり」

 日本の大学生が無知だったり世間知らずなのではない。マスメディアがそういう報道しかしないのだから、そう思うのも無理はない。日本の「アクティヴィズム・フォビア(社会運動嫌悪症)」の原因の一端はマスメディアにある。それはともかく、日本ではこうした出来事や事件を伝えるメディアがないので、こうした海外のアクティヴィズムが一種の「異文化」となってしまっている(アナーキストたちはさしずめ「野蛮人」である)。毎年、文化人類学の講義で、海外のアクティヴィズムをとりあげるのはそのためで、こうした文化こそ、日本の学生たちに知ってほしい。



 なかまにはいりたい。
[PR]
by illcommonz | 2012-05-26 06:32
▼春・梅雨・夏
d0017381_2213661.jpg
281_anti nuke's photostream

「5.27 反原発Twitterデモ渋谷・原宿
大飯原発再稼働迫る、原発再稼働反対!第11回目の渋谷・原宿Twitterデモ」

[日時] 2012年5月27日(日)13:30集合 14:30デモ出発
[場所] 東京・渋谷みやしたこうえん北側
※当日、デモは14時半丁度に出発しますが、15時までスタッフ一名が公園に残り、遅れて来られた方にご案内致します。
[主催] TwitNoNukes
【注意事項】
※反原発・脱原発というテーマと関係のない特定の政治団体や政治的テーマに関する旗やのぼり、プラカード等はなるべくご遠慮ください。
※大雨や荒天の場合、また放射性物質や福島原発の状況などによっては、中止することがあります。ご了承ください。
※参加される方は、太鼓等の楽器、プラカードや垂れ幕などを各自ご持参ください。手ぶらでの参加も可。

d0017381_2215419.jpg
「6.2住民による「脱原発杉並宣言」集会」
[日時] 2012年6月2日 開場18:15 開演18:45
[会場] 東京・杉並公会堂大ホール(杉並区上荻1-23-15)荻窪駅北口徒歩7分
[基調講演] 鎌田慧「原発社会の犠牲者たち」
[対談] 雨宮処凛+松本哉「未来を決めるバトル『原子力ムラV.S.有象無象』」
住民による『脱原発杉並宣言』採択
[参加費] 1000円(高校生以下・介助者 無料)

d0017381_2221227.jpg
「放射能はいらねぇ!仮装!変身!
七夕デモンストレーション inくにたち~星はなんでも知っているぜぇ!」

[日時] 2011年7月8日 15:00集合 15:30デモ出発
[場所] 東京・国立一橋大学南門緑地
※デモのゴールは谷保第一公園(汽車ポッポ公園)です。
※自転車でお越しの方は、デモ隊とともに車道を押してご参加ください(歩道確保のため)。
※雨天の場合は、谷保・かけこみ亭での反原発七夕イベントに変更いたします。
※仮装・扮装しなくても大歓迎です。お気軽に!
★反原発七夕会開催
七夕ですので、みんなで願い事を短冊に書いたり、笹に飾り付けをしよう!(笹は用意いたします)
[PR]
by illcommonz | 2012-05-26 02:22
▼これは「反対」ではない、「市民的不服従」である
d0017381_2226553.jpg
(写真) http://img.blog.nonoko-foto.com/20120522_2388386.jpgより

【市民的不服従】
「市民的不服従(しみんてきふふくじゅう、英Civil disobedience)とは、ある種の法律や、政府ないし支配的権力による要請・命令に従うことを非暴力的手段を通じて積極的に拒否することを指す。市民的不服従の実践を裏付ける理論の草分けとなったのはアメリカ人の作家ヘンリー・デイヴィッド・ソローである。ソローは1849年に「市民的不服従」という題のエッセーを書いた。このエッセーの主導理念は、他人に頼るのではなくその人みずからを指針とすべきだという「自恃=自らをたのみとする)」の考え方である。政府に対して暴力をもって攻撃を加える必要はないが、政府に荷担すべきではないし、敵対している場合には、政府の援助を受けるべきでもないというのである。市民的不服従を積極的な仕方で表現するときには、ある種の法律にわざと違犯することにもなる(例えば、スクラムやバリケードによって移動を妨害するとか、軍事基地を不法占拠するなど)。抗議者は自分がその行動によって逮捕されることになるだろうし、場合によっては当局から攻撃を受けたり殴打されることになるとも予期しているが、こうした非暴力的な仕方で市民的不正行為を実行するのである。」(ウィキペディアより)

「がれき受け入れ 反対派が検討委 北九州」
 「東日本大震災で出たがれき受け入れをめぐり、北九州市が設けた専門家らによる検討会に市民が推す識者らが入っていないなどとして、がれき受け入れの反対派が21日、市民による検討委員会を立ち上げた。市民検討委のメンバーからは、がれきの広域処理する必要性を疑う声や、23日から市が始める試験焼却について「合否」の基準が不透明などと指摘する声が出た。今後、会合を数回開き、検討結果を市役所などに提言するという。 会合後には、反対派が市役所まで行進。八幡西区の自営業の女性(34)は「がれきは地元で処理した方が雇用に役立つ」と話した。市役所に到着すると、北橋健治市長らへの面会や市幹部との協議の場を求め、1階ロビーは、小さい子どもを連れた若い母親を中心とする市民であふれ返った。」(朝日新聞 2012年5月22日)

「がれき搬入、北九州市で大幅遅れ 市民が阻止」
 「東日本大震災による宮城県石巻市のがれきの試験焼却を予定している北九州市で22日午後、反対派の市民らが廃棄物集積地の正面ゲート前で座り込むなど、がれき搬入を阻止する抗議活動を続けた。トラックは午後5時半ごろ、予定より8時間以上遅れて敷地内に入った。福岡県警は22日午後4時ごろ、市民らを抱きかかえるなどして強制的に排除。県警は同日、公務執行妨害の疑いで集積地前で座り込みをしていた男2人を現行犯逮捕した。がれきを積んだトラックは午前9時に集積地付近に到着したが、市民らが取り囲んだり、座り込んだりして敷地内への進入が阻止された。」(共同通信 2012年5月22日)

--------------------------------
[追記]
「速報です!逮捕される必要の無い2人が、”釈放”されました。逮捕自体が不当なんだけどね。ぼくらのサウンドデモ裁判も同じことで、国家権力が不当な事をした場合、ひるむことなく伝え続けることによって、世論が盛り上り変わって行く。ご心配してくださった皆様、ありがとうございます。これからも行動によるご協力・ご支援よろしくお願いします。」「北九州市瓦礫反対の逮捕者2名が釈放された模様」(2012年5月25日)
[PR]
by illcommonz | 2012-05-23 22:26