Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2012年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧
▼メロディをまちがう人
d0017381_175445.jpg
 リズムがあわない人をとがめてはいけない。
 その人は、あなたが忘れてしまっている
 もっとおおらかで、のびやかなにリズムに
 テンポをあわせているかもしれないからだ。
 (T.D.C.)

 上のことばは、鶴見俊輔が、ヘンリー・デイヴィッド・ソローの「森の生活」から引用した次のことばを、ドラムサークル用にリミックスしたもの。

 足なみの合わぬ人をとがめるな。
 かれは、あなたのきいているのとは別の
 もっと見事な太鼓に足なみを
 あわせているかもしれないのだ。
 (鶴見俊輔)

 ソローはこうも書いている。

 人によってそれぞれ歩むペースが違うのは、
 みんな違った太鼓のリズムを聞いているからだ。
 自分の耳に響く行進のリズムに合わせて歩もう。
 それがどんな拍子であっても、どんなに遠くても。
 (ヘンリー・D・ソロー)

 これはT.D.C.がドラムをホーンを持ち替えても同じ。

 メロディをまちがう人や、
 音程のおかしな人をとがめてはいけない。
 その人はあなたが忘れてしまっている
 もっとおおらかで、のびやかなメロディに
 音程をあわせているかもしれないからだ。
 (T.D.C.)

 自分はどの楽器を吹いても、ほんとによくメロディをまちがう。音程もおかしい。それでも、T.D.C.では、誰もそれをとがめないので、のびのびと吹けるし、誰かがまちがったときも、「おたがいさま」だと思える。それにどうせまちがうのなら、大きな音で、のびのびとまちがいたいし、まちがいに対して、おおらかでありたいと思う。なぜなら、まちがったメロディの中から思わぬフレーズまれてくることもあるし、そのフレーズから、のびやかなアンサンブルが生まれることもあるからだ。さて、5月6日は、思いきり、まちがうぞ。
[PR]
by illcommonz | 2012-05-04 17:07
▼サックスの形をしたおもちゃ
d0017381_13272252.jpg
 「イルコモンズさんたちのマーチングバンドと練習してきたー!すごい楽しかったー☆ ブラバンの部活を思い出して20数年ぶりにユーフォニウム吹いたら、音出たー!でも吹き終わるとくちびるにおちょぼな跡がつくし、吹いてる顔が超イケてないから、人前ではもうやらなーい(苦笑)5/6超楽しみ!!」(こぐれみわぞう 2012年5月3日のツイートより)

 5月6日の「祝原発ゼロパレード」で、T.D.C.の仲間たちといっしょに、20数年ぶりに人前でサックスを吹くことになったので、いまから30数年前に「通信販売」で売られていた「初心者用のアルトサックス(PREMONADO製)」(それを今から数年前にオークションで2000円で手に入れたもの)を、自分でオーバーホールし、全タンポ交換し、バランス調整した(※これは「素人はやってはいけない」といわれていることなので、よい子はマネしないように)。

d0017381_13292496.jpg
▲分解中 (※これはリペア(修理)ではありません、DIY工作です)

d0017381_13294021.jpg
▲クッキーではなく、古いタンポです。ローラーが欠けてたので真鍮でローラーを自作

d0017381_13295595.jpg
▲「タンポ合わせ」と「タンポ仕上げ」(針金でガチガチに緊縛してます) 

 もともと自分はサックスがあまり好きではないのだが、アルバート・アイラーやローランド・カークが吹きちらかすサックスの音が好きで、車のクラクションみたいなけたたましい音や、おなかをこわした時に胃腸がグルグルいってるようなノイジーな音が好きなので、そんな騒がしい音が出るように改造することにした。まず管体全体(特にベル管)の素材が厚く、シルバーラッカーの塗りも厚いので、音の鳴りと抜けがよくない(ただしレスポンスはわるくない)。ヤマハのサックスのベル管を爪ではじくと、「カチャン!」という音がするが、こちらは「コツ」(え?)という音しかしない。アイラーやカークみたいに、おそろしく肺が丈夫で屈強な大男でもなければ、この鉄の管を鳴らすのは至難の業だと思う。なにより、まったく吹き込まれていない、こわばった楽器の音がする。ほかにも音が出にくい構造上の理由がみつかったので、思い切って最低音のふたつを捨てることにした(←いいのか?いいのだ。)。ベル管に固定されている屈強なキーガードとキーポストのハンダをバーナーで溶かし、ベル管から外すと、「コツ」という音が「カン!」という音に変わった。拘束具から解放された金属の響きがした。もちろん音程は多少わるくなったが、音の鳴りと抜けはよくなった。キーガードやポストの拘束からベル管が解放されたので、U管の底でとぐろを巻いていた空気がベル管に伝わり、音がベル管の中を一気にかけのぼってゆくようになった。たとえていえば、鼻ずまりがよくなった、あの感じである。さらによいことには、最低音ふたつ分のキーとカップとネジ全部あわせて、合計で200gほど軽くなった。主にクラリネットを吹いている人間からすると、サックスは重たく感じるので、これでずいぶん楽ちんになった。

d0017381_13303997.jpg
 近所の公園でこどもに吹いて聞かせたら「おならの音だ!ぎゃははは」とよろこんでいた。「ぼくも吹きたい」と云うので、こどもに吹かせてみたら、いきなり上の音から下の音までびっくりするほど簡単に音が出たので、タンポの調整もうまくいったようだ。やはり楽器は、音をだすのが「楽」で、音を出すのが「楽しい」のがいちばんである。この世のなかは苦しみや悩みに満ちているので、これ以上、楽器のことで苦しんだり、音楽のことで悩みたくはない。楽器は苦しみから解放され、音を楽に楽しむためにこそあるので、それはただしい音程よりもずっと大切なことだと思う。こどもたちは本能的にベルに耳をくっつけて音を聞きたがるので、こどもが聞きやすいように空いたトーンホールにトランペットのベルをロウ付けしたら、気のせいか(気のせいだ)すこし音程がよくなった。そこにトランペットのミュートをつけたら、もっと安定したが、どちらにせよ、もともと自分は音感がわるいので、音程のわるさはあまり気にならない。

d0017381_13441495.jpg
▲サイドベルつきのアルトサックスの形をしたおもちゃ

d0017381_13443323.jpg
▲ハーマンミュートつきのアルトサックスの形をしたおもちゃ

 もはやサックスとはよべないシロモノだが、はじめてのこどもでも楽に吹けるのだから、「楽器の形をしたおもちゃ」としては、わるくないと思う。そして昨日は、朝9時から夜9時半まで市営の音楽ホールの練習室で、T.D.C.の仲間やウラン・ア・ゲルの仲間、大熊(ワタル)さん、みわぞうさんたちと一緒に練習した。まる半日、バキバキ、ブリブリ、パフパフ、ブォォォォオっと吹きこんだら、みちがえるように音が出るようになった(もちろん音程はわるい←しつこい)。大熊さんに吹いてもらったら、舌のクリック音を使って弦楽器みたいなポンポンポンという音を出す奏法を教えてくれた。さすが大熊さん、こういう「楽器の形をしたおもちゃ」の楽しみ方を心得てるな、と感心した。さっそくマネをして練習した。たぶん公園のこどたちも大喜びするだろう。あさっての脱原発ゼロのお祝いパレードが楽しみである。

--------------------------
[追記]
 「というわけで数日前イルコモンズさんたちのリハにお邪魔。と、見るからに奇妙な改造サックスが!http://p.tl/EMY2 こ、これはヘンテコさで世界レベル!でも意外に吹きやすく見かけ倒しではない。どんなに変な?持ち主でも、手塩にかけて可愛がられた楽器は幸せそうだ。」(大熊ワタル 2012年5月6日のツイート)

---------------------------
(参考)
【質問】「ビンテージサックスが好きで購入予定ですが、楽器屋さんにオーバーホールを依頼すれば高額になるので自分で全タンポ交換をしたいと思っています。難しいのは承知ですが、トライするつもりです。タンポは全部で10000円以下でネットで購入できるのですが、接着剤は何を使えばよいのでしょうか?松やにとかでないとだめでしょうか?たとえば工作用の白いボンドなど。またバネも購入したいのですがどなたか入手できるサイトをご存知ありませんか?」

【回答】「半世紀以上サックスを吹いていますが、タンポ交換やバネの調整は怖くてできません…知識がないのでしたら、やめた方がいいかと思いますが。たとえ見た目はまともでも「楽器の形をしたおもちゃ」ができあがってしまう可能性があります。いっぺん騙されたと思って、一流の手によるオーバーホールを受けてみて下さい。アルトなら、タンポ交換を含めてどんなに高くても7~8万だと思います。何と言っても、吹きやすさが全く違います。うまく吹けなくて悩んでいた所も調整に出すことによって解決することも多々あります。あ、最後ですみませんがバネは楽器屋さんに注文すればいいと思います。」
(教えて!goo 「サックスのタンポ交換を自分でやります」より
[PR]
by illcommonz | 2012-05-04 14:31
▼「祝!原発ゼロパレード」(続報)
d0017381_11434265.jpg
▼脱原発杉並(副題は自由)+原発やめろデモ!!!!!「祝!原発ゼロ パレード」
[日時] 2012年5月6日14:00集合 デモ15:00
[場所] 東京・杉並区蚕糸の森公園
[ルート] 蚕糸の森公園~青梅街道を西へ~環七を横断~梅里二丁目左折~松ノ木三丁目左折~五日市街道を北東へ~青梅街道横断~高円寺北口~高円寺中央公園(約3.2km)

【ほのぼのKIDSブロック】
パパ、ママ、こどもたちとゆっくり歩くブロックです。巨大なお祝い龍も降臨!

【有象無象の祝祭マーチングブロック】
いろんな楽器大歓迎!!!手作り楽器・打楽器・管楽器・弦楽器・笛・改造楽器、なんでもござれ!あなたの家に眠った楽器はありませんか?プロ・アマ問わず!1人でも、バンド参加でも大歓迎!経験不問!!ぶっつけ本番!!!みんなで奏でる有象無象の音楽
わくわく!

【LIVE サウンドカー】
RANKIN TAXI/ジンタらムータ/つちっくれ/デーモンズ/PINPRICK PUNISHMENT

【カラオケカー】
KARAOKE PROTEST SONG CAR!歌い隊!!大募集!前回は、パンチの効いた替え歌が多かったねー!なんと!14万曲内蔵!液晶モニター付きで、最新曲もばっちり!脱原発の想いを詩に~替え歌歌詞集(50曲)提供者もあらわる!是非エントリーを!

【怒りのコールandドラムブロック】
背後から再稼働ゆるさないぞーとガンガンコールしていきたい、コールとともに荒々しく叩きつけたいというドラム持参の方はぜひ!

【ゴミ拾い隊】
公園にも路上にもゴミを残さないようにしなくっちゃ。黄色いたすきのゴミ拾い隊がデモ最後尾の目印です。

全原発停止したことを大袈裟にアピールしましょう
[PR]
by illcommonz | 2012-05-04 11:46
▼文化人類学解放講座・人類学者になりそこねた作家たちに学ぶ人類学(補講)
d0017381_11411657.jpg
 「核エネルギーについて、私たちが飲み込まされてきたウソの数々は、巧妙に仕上がられています。それは、はっきりいって原子力発電所そのものよりももっと見事に仕上げられた呪うべき景観です。そういうウソをでっちあげた連中は、けがらわしいチビ猿です。わたしはそんなやつらを憎む。自分ではスマートだと思っているかもしれないが、とんでもない、鼻つまみものです。わたしたちがもし放置しておくなら、彼らはわたしたちが、ここでいっていることへの反撃として、彼らの険悪で愚劣な大ウソの数々によって、この美しい青緑色の惑星の上にあるすべてのものを殺してしまうでしょう。」(カート・ヴォネガット)

 「私たちは今こそ何かをしなければならない。だが、何をすればよいのだろう?」(カート・ヴォネガット)

 「自然科学のようなふりをした詩」のような学問である人類学は、文学と同様、「こたえ」を出す学問ではない。人類学は、人間とはなにか? 社会とはなにか? そして、自分は人として何をすればよいのだろう?という「こたえのでない問い」にとりくみ、「こたえがわからないこと」にじっと耐えながら、何度も何度もくりかえし同じ問いを発し、人びとの心に火をともし続ける学問だと教わった。だから自分もそう教えているし、いまでもそう教わり続けている。
[PR]
by illcommonz | 2012-05-04 11:42
▼「すべての原発をとめてみたとき」
d0017381_18291518.jpg
▼「日本の全原発停止までのタイマー」
http://deadlinetimer.com/timer/33822

「すべての原発をとめてみたとき、「実は原発がなくても電力は足りていた」
ということに気づくでしょう。」(小出裕章「原発のウソ」)
[PR]
by illcommonz | 2012-05-02 18:29
▼文化人類学解放講座・人類学者になりそこねた作家たちに学ぶ人類学

▼岡本太郎「人間全体のために」

 「私は民族学科に移った。この学問はまったく実証的に、研究者の主観や思惑、感情を排除して、対象そのものをとらえ、帰納的に結論を得ようとする。およそ芸術活動とは正反対なこのあり方に、私は逆に情熱を燃やし、打ち込んでいった。自分の運命自体に挑むようなつもりで。マルセル・モース教授の弟子になって一時は絵を描くことをやめてしまった。マルセル・モースの講義はとりわけ幅がひろく、深い手ごたえがあった。教授はフランス民族学の大きな柱であり、父のような存在だ。フィールドに出たことがない民族学者として有名だが、その目配りは「人間社会のあらゆる事象」にゆきわたり、言いようもなく鋭い。この人の偉大なイメージを何とかあらためて生き返らせたいと、パリ大学の民族学教授で、映像記録の専門家であるジャン・ルーシュが企画をたてた。ミシェル・レリス、構造主義で有名なレヴィ=ストロース、それに私の三人を映すという。この映画はまず、こんな質問からはじまる。「なぜ芸術家であるあなたが、マルセルモースの弟子になったのですか?」「芸術は全人間的に生きることです。私はただ絵だけを描く職人になりたくない。だから民族学をやったんです。私は社会分化に対して反対なんだ」。事実、私はそれを貫き通している。絵描きは絵を描いてりゃいい、学者はせまい自分の専門分野だけ。商売人は金さえもうけりゃいい、というこの時代。そんなコマ切れに分化された存在でなく、「宇宙的な全体」として生きなければ、生きがいがない。それはこの社会の現状では至難だ。悲劇でしかあり得ない。しかし、私は決意していた。」(岡本太郎)

 「第二次世界大戦ののち、わたしはしばらくシカゴ大学に通った。人類学科の学生であった。当時そこでは、人間個々人のあいだに(優劣の)差異というものは存在しない、と教えていた。いまでもそう教えているかもしれない。もうひとつ人類学科で学んだのは、この世に、奇矯とか、性悪とか、低劣といわれる人間はひとりもいないということである。わたしの父が亡くなる少し前に私にこういった。「お前は小説のなかで一度も悪人を書いたことがなかったな」。それも戦後、大学教わったことのひとつだ。」(カート・ヴォネガット)

d0017381_11284683.jpg
▼イルコモンズ「原子力資本主義」

 「いったいなぜなのだろう。人間の社会は不可避的にピラミッド構造を呈し、権力は頂点に集中するのだろうか?権力の階層性は、人間の社会が実現せずにいられない、生物学的規範なのだろうか?この問いかけをする人間の出す答えはたいていの場合、イエスなのである。このように想定された普遍性に対し、人類学はいくつかの例外を提供する。民族学者たちは固定的な命令系統をもたないさまざまな社会を記述してきた。こうした社会において、権力は、不平等にもとづく厳格な体制のなかに封じこめられている代わりに、流動的に、それぞれ違った状況下では、異なった仕方で共有され、常にコンセンサスへと向かう抑制と均衡の原則によって機能する。人類学者たちはジェンダーに優劣をつけない社会を記述してきた。ここであげた社会はみな、わたしたちが「原始的な」と形容する社会であるが、ここでわたしたちはすでに価値の階層化を行っている。原始的=低い=弱い、文明化された=高い=強いというように。もし人間が不公平と不平等を、口で言っているほど、頭で考えているほど憎んでいるとしたら、偉大な帝国の数々、大文明の数々のうちひとつとして15分以上存続し得ただろうか?もしわたしたちアメリカ人が不公平と不平等を、口で言っているほど熱烈に憎んでいるとしたら、この国の人間がひとりでも食べものに困ることがありうるだろうか?わたしたちの努力によっては、不完全な公平さしか、限られた自由しか獲得できないのだ。しかし、公平さがまったくないよりはましである。あの原則、つまり、解放奴隷だった詩人たちが語った自由への愛にしがみつき、それを決して手放さないようにしよう。」(アーシュラ・クローバー・ルグイン)

▼文化人類学解放講座「人類学者になりそこねた作家たちの生き方と作品をみる」より
http://illcommonz.exblog.jp/9642474/
[PR]
by illcommonz | 2012-05-02 11:30
▼「原子力発電に対する不信感が、確信に変わった」(会社員)

▼シティボーイズ「マンドラゴラの降る沼」(2006年)
[出演] 大竹まこと、きたろう、斉木しげる、中村有志、いとうせいこう、銀粉蝶
[作] 細川徹、丸二祐亮、平元健太、シティボーイズ、中村有志、いとうせいこう
[演出] 細川徹
[構成] いとうせいこう
[音楽] シンコ(スチャダラパー)

(衝撃の結末) http://youtu.be/IP5UPTVaXa0
[PR]
by illcommonz | 2012-05-01 04:26