Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2012年 09月 ( 57 )   > この月の画像一覧
▼人により程度は異なりますが、
d0017381_3324481.jpg
▼怒りのドラムデモ謹製「人間太鼓経絡図」
 人により程度は異なりますが、力まかせの怒りのドラミングや、せまい歩道を歩きながらのドラミングは、あなたの心と体のバランスにダメージを与える可能性があります。「息の長い反/脱原発運動」のために、くれぐれも心と体を大切にし、たがいに労(いた)わりあいましょう。特に、デモが終わった後は、「よく食べ・よく笑い・よく眠る」をこころがけましょう。

d0017381_3363560.png▼「怒りのドラムデモ症候群」
(T.D.C.調べ ※特にスネアは要注意)
①手にマメができる ②腱鞘炎 ③肩こり ④腰痛 ⑤筋違い
⑥耳が痛くなる(音響外傷) ⑦大きな声で話すようになる
⑧よく怒り・よく笑うようになる
-----------------------------------
[参考]
【音響外傷】「音響外傷(おんきょうがいしょう Noise-induced hearing loss、Acoustic trauma)とは、強力な音波によって内耳の蝸牛が障害を受け難聴などが生じる聴覚機構の損傷を受けることである。なお、長期に渡って騒音に曝され続けると、騒音性難聴となるが、これも音響外傷の1種である。騒音性難聴というのは、慢性的な音響外傷とも説明されており、騒音が原因となって起こった音の聴取の可否に関する閾値の上昇(聴力の低下)が、たとえ一部の周波数であっても、正常聴力と比べて21dB以上上昇したまま回復しない状態のことを言う。音響外傷は、強い音が原因なので、そのような音を避けることが肝要となる。」(Wikipedia「音響外傷」より)
[PR]
by illcommonz | 2012-09-12 03:38
▼霞ヶ関の音楽療法


▼松本るきつら@luquitwora
「反原発!原発再稼動反対!首相官邸前抗議でのドラム隊は各省庁をぐるぐる回りながら抗議をしているのだが、それは「財前教授の総回診」みたいで面白い。日本の病巣を摘出するべく音楽療法をしている。」(2012年9月8日のツイートより)

 なるほど。。。
[PR]
by illcommonz | 2012-09-12 03:30
▼「冬の官邸前」を想う


 先週の官邸前抗議には、ベートヴェンの「第九」の替え歌を合唱する人たちが登場したらしい。これから秋冬にかけて、毎週毎週すこしづつ合唱に加わる人の数が増えてゆき、楽器を奏でる人の数がすこしづつ増えてゆき(日本各地にそれができる人はたくさんいるはずだ)、そして最後は、この動画みたいなことになったら、すばらしいと想う。ことしの大晦日の夜、脱原発を祝う「歓喜の歌」が官邸前の路上に響きわたったら、どんなにすばらしいことだろう。「息の長い反/脱原発運動」を続けてゆくには、これからめぐり来る季節にあった「風景」や「シーン」を先取り的に想像することが大切で、なおかつ、ひとりひとりが、自分がみてみたいと思うその風景の一部になることが、ヨーゼフ・ボイスのいう、ほんとうの「社会彫刻」なんだと思う。

[追記]そのときは猛練習して、狂ったようにチェロを弾くぞ。
[PR]
by illcommonz | 2012-09-12 03:17
▼生霊憑き
d0017381_246359.jpg
▼ACHAKOV@A_S_A_N_T_E
「背中に全国の生霊をキャッチしすぎてセナカガイタイ 文化人類学者イルコモンズさん、東電前では恐らく混線気味の生霊アンテナ@土曜日の祝島・上関原発建設反対デモ」(ACHAKOV 2012年9月11日のツイートより)

 ぞぞぞぞぞ、、、、実はここ数日、ちょうどこの「生霊アンテナ」をぶらさげていた、腰から尾てい骨のあたりに、鈍い痛みがあって、今朝は、その痛みが、腿からふくらはぎまでひろがったので、整骨院で診てもらったところだった。どうも、とびきり念の強い「生霊」をとばした人がいたらしい。かといって、お祓いするわけにもいかないので、おそれいりますが、心のあたりのある方は、どうか、生霊の解除をおねがいします。

(関連)
d0017381_2462112.jpg
▼「生霊アンテナ」 http://illcomm.exblog.jp/16774801/
[PR]
by illcommonz | 2012-09-12 02:48
▼パパママぼくあたし
d0017381_1514437.jpg
 「パパママぼくの脱原発ウォークin武蔵野・三鷹」の解散地の公園で、ちいさなメガホンを握ってコールをはじめたおんなこがいた。そのきもちはよくわかる、あれはきっと、「パパママぼく」だけじゃなく、「あたし」だって脱原発だよ、というアピールだったのだろう。もし可能なら、次回はぜひ「パパママぼくあたしの脱原発ウォーク」と改名してほしい。
[PR]
by illcommonz | 2012-09-12 01:53
▼沖縄のたべものとエコロジカルな感性
d0017381_142593.jpg
 「都会に住む人たちにたずねたい。あなたは地方でつくられているものを、いっさい使わず、いっさい食べずに暮らせるのか?」(マハトマ・ガンジー)

 自分は沖縄のたべものや料理が好きで、なかでも特に、薄焼き玉子をのせたソーキそばが大好物なのだが、しかし、である。はたして、沖縄に基地をおしつけている人間に、沖縄のおいしい食べものを口にする資格があるのだろうかと考えると、おいしいものも喉を通らなくなる。それは音楽も同じで、「あらゆるものがあるゆるものとつながっている」というエコロジカルな感性があれば、基地のことやオスプレイのことをきりはなして、沖縄の味や音を感受することはできないはずだ。
[PR]
by illcommonz | 2012-09-12 01:43
▼怒りの赤
d0017381_132522.jpg
「オスプレイ拒否 10万人 「差別」に抗議」
 「オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会」(主催・同実行委員会)が9日、10万1000人(主催者発表)が参加して宜野湾海浜公園で開かれ、オスプレイ配備計画の即時撤回と米軍普天間飛行場の閉鎖、撤去を日米両政府に求める決議を採択した。参加人数は、復帰後に開かれた米軍基地関係の県民大会としては過去最多で、「非常に大きなインパクトを持つ歴史的な大会」(共同代表の喜納昌春県議会議長)となった。」(沖縄タイムズ 2012年9月9日)

d0017381_1332152.jpg
「沖縄の声、無視するな」怒りの赤、身につけ県民大会」
 「オスプレイに、居座り続ける普天間飛行場に、負担を強いる政府に、沖縄は9日の県民大会で痛烈に「NO!」を突きつけた。「世界一危険な飛行場」から「欠陥機」が飛ぶ。それが本土復帰40年の沖縄の姿なのか――。宜野湾市の会場は怒りの赤に染まった。Tシャツ、はちまき、帽子。オスプレイへの「レッドカード」を意味する大会のシンボルカラーの「赤」を身にまとった人たちで、普天間飛行場に近い会場は埋め尽くされた。会場に至る路線バスは、朝から満員。自治体が借り上げたバスからも続々と参加者が降りる。気温30度を超え、開会の午前11時を過ぎても人の波が続いた。地元・宜野湾市上大謝名(うえおおじゃな)地区の大城ちえ子自治会長(58)は感極まった表情。「国は県民の思いを無にしないで。最後の県民大会になることを願います」。大会は約1時間。「沖縄は米国の植民地か」「これ以上、沖縄を犠牲にすることは許さない」。共同代表らの訴えに拍手や指笛が響き、参加者はガンバロー三唱に合わせ「オスプレイNO!」のプラカードを突き上げた。大会終了後、市民団体のメンバーらは普天間飛行場のゲートへ。フェンスに「基地の葬儀」として黒いリボンを結びつけた。那覇市の上原美智子さん(62)は「オスプレイだけの問題じゃない。普天間を早く県外に移してほしい」(朝日新聞 2012年9月9日)

▼平良夏芽@natsumetaira
「県民大会 : 全県各地で行われたオスプレイ反対集会参加総数は10万3千人と報じられている。沖縄県人口の7.3%が参加した計算になる。この割合を東京に当てはめると約95万人になる。この人数がオスプレイ配備反対を叫ぶ中、数週間後には配備強行が予定されている。」(平良夏芽 2012年9月9日のツイート)

▼岩上安身@iwakamiyasumi
「連投13 RT @IWJ_AreaCh1: ⑬「この青い空に、オスプレイは飛ばせない。普天間にも、嘉手納にも、そして、高江にも、どこにもオスプレイはいらない」と、登壇者の最後の一人が高江に触れたことで、抗議していた参加者を中心に歓声、感謝の声が上がった。」(岩上安身 2012年9月9日のツイート)

d0017381_140471.jpg
「オスプレイ反対、手つなぎ国会包囲」
「国会前でもオスプレイの配備中止を求める人たちが集まり、手をつないで国会を包囲する抗議活動を行いました。主催者によると、首都圏の沖縄県関連団体など40以上の団体が参加したということで、首都圏でのオスプレイへの抗議活動としては今回が最大規模だということです。主催者は「オスプレイや米軍基地の問題を沖縄だけのものにせず、全国の人々に考えてもらいたい」と話しています。」(TBSニュース 2012年8月9日)

d0017381_135376.jpg
▼赤い怒りのドラムデモ隊
 「大会では「すでにイエローカードを超えている」との警告を込めて統一カラーを赤に設定。会場は赤く染まり、会場に来られない人々も赤いリボンなどで意思表示した」(沖縄タイムズ 2012年9月9日より)
[PR]
by illcommonz | 2012-09-12 01:42
▼一回やすみ(たい)
d0017381_22393629.jpg 夏の疲れがではじめる、いまのこの時期、金・土・日と3日連続で5回もデモでドラムを叩くと、さすがにからだにこたえる。足のかかとから頭のてっぺんまで、だいたいどこをさわっても痛い。金曜の疲れが昨日でてきて、土曜の疲れが今日でてきたので、明日は日曜の疲れの番だろう。先週の「筋違い」がひきがねになって、体のあちこちの筋肉が同時多発的に反乱を起こしているみたいなので、あした、診てもらおう。そして、あしたで1年半。でも、まだ、先はながい。
[PR]
by illcommonz | 2012-09-10 22:52
▼[再掲載] 「いっそ、東京を基地に。」(2012年版)


 いっそ東京を、基地に
 もう遠くに追いやるのはよそう、基地を
 もう遠くに追いやるのはよそう、戦争を
 もう遠くに追いやるのはよそう、原発を

 ECD「東京を、戦場に」リミックス(2012年)
 ※「いっそ東京を、基地に。」(2010年)を改訂
http://illcomm.exblog.jp/11201635/

d0017381_071331.jpg
(関連)
▼「いっそ東京を、基地に。」(2010 edit.)
http://illcomm.exblog.jp/11227138/
▼百年基地計画と夢想のとき
http://illcomm.exblog.jp/12582695/
[PR]
by illcommonz | 2012-09-09 00:09
▼「みんなも気がついてるのに、知らないふりだけ上手だ。」

▼ 「オスプレイパッドいらない!高江座り込み五周年報告会」

 「みんなも気がついてるのに、知らないふりだけ上手だ。
 瑠璃色が灰色に染まる景色には夢の数がまだ足りないよ。」
(UA&割烹着~ず 2012年7月1日 沖縄県高江区東村農民研修施設)

[追記]
「基地を拒む、母として 歌手UAさん 沖縄の痛み訴える」
 「沖縄の「神秘さ」にひかれた。東日本大震災を機に移り住んだ。そして「基地の島」を目の当たりにした。「ダメなものはダメ。母親として、沖縄の住民の一人として、オスプレイに反対し続けます」。そんな思いを語る歌手がいる。9日、米新型輸送機オスプレイ配備に反対する県民大会に参加する。1995年にデビューし、命や自然をテーマにした独特の世界を個性的な歌声で表現するUA(ウーア)さん(40)。沖縄本島北部の東村(ひがしそん)に、夫(30)と3人の子どもと一緒に暮らす。昨年3月、東日本大震災での原発事故を知り、神奈川の住まいを離れた。放射能の不安のない場所を求めて居を構えたのが東村だった。2007年に訪れた際、「地球と人間をつなぐへそ」のような豊かで神秘的な森に魅せられた。今は田畑を耕し、のんびりした生活を送る。」(2012年9月7日 朝日新聞)
[PR]
by illcommonz | 2012-09-09 00:06