Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2013年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧
▼文化人類学解放講座「レイシズムについて」(入門篇)
d0017381_23301347.jpg
 「ひと月ほど前に、私の息子が「これまでの人生でいちばん幸せだった日はいつ?」と私にきいてきました。そこで私は天井を見あげながら、こう答えました。「これまででいちばん幸せを感じた日は一九四五年の十月、アメリカ陸軍を除隊してからまもなくのことで、その日、私はシカゴ大学の人類学部に入学を許可されたのだ。その時、心の中で叫んだものさ。「やっと入れたぞ!これからは人間のことを学ぶんだ!」とね」。それはともかくも、ある文化が他の文化よりもすぐれていると考えることは、私たちには許されなかった。それに人種のことをとやかく言うと、こっぴどく批判されたものだ。当時そこでは、人間個々人のあいだに(優劣の)差異というものは存在しないと教えていた。いまでもそう教えているかもしれない。もうひとつ人類学科で学んだのは、この世に、奇矯とか、性悪とか、低劣といわれる人間は、ひとりもいないということである。」(カート・ヴォネガット)

 もちろん、今でもそう教えている。文化や人間にランキングはない、あるのは、ヴァリエーションだけである、と。

▼ユネスコ「人種と人種的偏見に関する声明」(1967年)
 「すべての人は生まれながらにして自由であり、尊厳と権利において平等である。この全ての人びとの平等な尊厳の承認を著しく妨害するのは、レイシズムである。レイシズムは世界に出没し続ける。レイシズムは、差別に苦しむ人たちの進展を台無しにし、差別をする人たちを間違った道に導き、自らの国民を分断し、国際紛争を悪化させ、世界の平和を脅かす。
 1967年9月のパリ専門家会議は、レイシズムの教義にはいかなる科学的根拠もないことで合意した。 人間の種類を「人種」に区分するのは、半ば因習的で、半ば自分勝手な考えで、どんな社会的階層も意味しない。 多くの人類学者は、人間の多様性の意義を強調する。今日の生物学の知識では、文化的営みを遺伝的資質の違いに帰するのを許さない。 人間集団間の営みの違いは、単に彼らの文化の歴史によるとすべきである。レイシズムは、人間についての生物学の知識を大きく偽る。
 レイシズムを根絶するためには、生物学者がその誤まりの正体を暴くだけでは、十分ではない。 心理学者や社会学者がその原因を立証する必要もある。 社会構造は常に重要な要因である。 しかし同じ社会構造内でも、個人の性質や環境により、人種差別的姿勢に大きな個人差があるかもしれない。
 ある人格的問題を抱える人は、特に人種的偏見を採用し明示したがるかもしれない。 時にある種の小さな集団・協会・社会運動は、人種的偏見を維持し伝える。 しかし偏見の基盤は、社会の経済・社会機構にある。
 レイシズムに対応する最良の方法は、被差別者の信念から生ずる行動を防止する、偏見を引き起こす社会状況の変革を意味し、それが彼らの間違った信念を根絶するのである。 マスメディアは、異なる教育・社会レベルの多くの人々に届くので、人種的偏見の推進や根絶に、その役割は重大である。メディアに従事する者は、集団間や住民間の理解促進に、積極的な取り組みを維持すべきである。 人々をステレオタイプで表現したり、その人々を笑い者にするのは、避けられねばならない。
 今日の世界の人種的偏見や差別は、歴史的・社会的現象から起こり、科学的事実を偽って主張する。 従って全ての生物学者・社会科学者・哲学者や、関係する分野の専門家は、人種的偏見の宣伝を望む者に研究結果が悪用されたり、差別を助長させないよう、確実にする責任がある。」


▼フランツ・ボアズ(米国文化人類学の父) VS 十九世紀の人種主義人類学者

 決め手は「文化相対主義」
[PR]
by illcommonz | 2013-04-30 23:32
▼文化人類学解放講座「文化人類学者になりそこねた作家たち」(2013年改訂版)

▼文化人類学解放講座「文化人類学者になりそこねた作家たち」

▼カート・ヴォネガット Jr.(作家)
1944年、シカゴ大学人類学部で文化人類学を専攻。当時の学部長はロバート・レッドフィールド。1947年に大学院に修士論文を提出するが、審査で不合格となる。論文のテーマは、世界の神話や文学のグラフ分析。その成果は、「猫のゆりかご」のボコノン教の創作や、「チャンピオンたちの朝食」などでの相対主義的視点などに結実する。


▼カート・ヴォネガット「物語のかたち」

▼アーシュラ・クローバー・ルグイン(SF・ファンタジー作家)
1929年カリフォルニア州バークレー生まれ。父親は文化人類学者のアルフレッド・L・クローバー。母親は、北米最後のインディアン、イシの伝記を執筆した作家のシオドーラ・クローバー。文化人類学者の、(異)文化の多様性に対する視点や、他者に「教える」のではなく、他者から「学ぶ」態度、自文化への批判的精神は、「ロカノンの世界」の主人公、民族学者ロカノンや、「言の葉の樹」の主人公、観察者サティなどにみられる。

 「この惑星に居住する高度の知的生命体は少なくとも3種族いるが、どれもテクノロジーの水準が低いので、無視するか、奴隷にするか、破壊するか、彼らはしかるべき処置をとるだろう。攻撃的な人種にとっては、テクノロジーが至上のものだからである。そしてそこに全世界連盟自体の弱さがあるのだと、ロカノンは考えていた。テクノロジーだけが重要なのだ。前世紀にこの惑星に派遣された二つの使節団は、他の大陸を探索しないうちに、すべての知的生命体と接触しないうちに、この惑星の一種族が、先原子力工業技術の段階に達するように後押しをしたが、ロカノンは、それに待ったをかけ、この惑星のことを学ぶために民族学調査団を自らひきいてここにやってくることになったのだった。このようにして全世界連盟は、最強の敵を迎え撃つ準備をしていた。数百の世界が訓練され武装され、数千の世界が鋼鉄や車輪やトラクターや原子炉を使うように教えこまれつつあった。だがヒフファー(高度な知的生命体の研究者)であるロカノンの仕事は、教えることではなく学ぶことであり、多くの後進世界で暮してきた彼は、武器や機械がすべてであるという考え方に疑問を持っていた。ケンタウロス、地球、セチアンなどの攻撃的な道具をつくるヒューマノイド種によって支配されている全世界連盟は、知的生命体の技能や力や潜在能力を軽視し、あなりに狭い基準にもとずいて判断をくだしてきたのである。」アーシュラ・K・ルグイン「ロカノンの世界」(1966年)より

▼ウィリアム・S・バロウズ (作家・芸術家)
1936年、ハーバード大学で英文学、言語学、人類学を学んだ後、1938年、ハーバード大学大学院で人類学を専攻。1939年にはコロンビア大学でも人類学を学ぶ。第二次大戦終了後、メキシコに移住し、1950年から1951年までメキシコ・シティ大学で人類学を学ぶ。マヤ文明の考古学、ナヴァホ・インディアンの言語学、クロウ族、クワキウトル族の文化などを研究し、その成果は、カットアップ作品「ア・プーク・イズ・ヒア」などに結実する。


▼ウィリアム・S・バロウズ「感謝祭1986」

▼岡本太郎 (芸術家)
1938年、パリ大学ソルボンヌ校の民族学科に入学。詩人のミシェル・レリスらと共にマルセル・モースから民族学を学ぶ。その成果は「縄文文化論」や「日本再発見ー芸術風土記」「忘れられた日本―沖縄文化論」などの民族学的省察に結実する。

▼ジャン=リュック・ゴダール (映像作家)
1949年、パリ大学ソルボンヌ校で人類学を専攻。人類博物館にあったアンリ・ラングロワのシネマテークに通いつめ、ロバート・フラハティの民族誌映画「ナヌーク」などの作品にふれる。ジョルジュ・デュメジルの神話学に啓発されるが、映画の批評と制作に専念するため大学を中退。その影響は映画「ウィークエンド」でのエドワード・タイラー「古代社会」の朗読などにもみられる。

▼ザック・デ・ラ・ロッチャ(ロック・ミュージシャン)
レイジ・アゲインスト・ザ・マシンのヴォーカル。政治色の強いチカーノ壁画家である父と、文化人類学の博士号を持つ反戦活動家である母の間に生まれる。

▼ジョゼフ・コスース (現代美術家)
1975年、NYのニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチで人類学と哲学を学んだ後、論文「人類学者としての芸術家」を発表。意味やルールなどの見えない文化を見えるものにするという点で、現代美術家の仕事と人類学者の仕事には、たがいに共通するところがあると論じる。

「民族学とは、未開社会という特殊な対象によって定義される専門職ではなく、いわば、ひとつのものの考え方であり、自分の社会に対して距離をとるならば、私たちもまた自分の社会の民族学者になるのである」(モーリス・メルロ=ポンティ)
[PR]
by illcommonz | 2013-04-30 23:27
▼連休と「屈辱と憤りの日」


「日本「主権回復の日」記念式典 抗議集会
~4.28は沖縄が切り捨てられた屈辱と憤りの日だ」

[日時] 2013年4月28日 11:00集会、11:50デモ行進
[場所] 日比谷公園・西幸門
 「1952年4月28日、サンフランシスコ平和条約が発効、日本は国際法的に「主権」を回復した。しかし、同時にこの日から沖縄は同条約第3条に基づき、アメリカの施政権下に組み入れられた。沖縄人にとって「日本政府が沖縄を切り捨て、アメリカ軍に売り渡した日」である。61年後の、現在の沖縄が抱える戦後の苦難の歴史は、すべてこの日から始まった。米国の言うがままの属国に成り下がっている日本が「主権回復」とはちゃんちゃらおかしい。少なくとも沖縄に関して「主権」というならば、61年間沖縄を踏みしだいてきた“土足”をどけてから言ってくれないか。オスプレイの強行配備、高江のオスプレイパッド建設、辺野古の埋め立て申請等々、次から次へと抑圧してくる日本政府。沖縄は呻吟している。私たちは沖縄の立場から4月28日を祝うことを拒否する。そして、4月28日の意味を、怒りをもって問い直したい。沖縄では式典と同日同時刻から抗議集会が開催されます。この日の集会とデモに、多くのみなさんが結集されるよう呼びかけます。
[主催] 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック

「主権回復式典の中止を、「屈辱の日」を祝うのか」
 「サンフランシスコ講和条約の発効日(1952年4月28日)を記念して政府が28日に開催する「主権回復の日・国際社会復帰記念式典」に抗議する集会、「屈辱の日」八重山大会は26日夕、新栄公園で行われた。200人余が参加し、「沖縄の『屈辱の日』である4月28日に主権回復を謳い、祝う政府式典開催に反対し、中止を求めて強く抗議する」とする安倍晋三首相あての大会決議を採択した。大会は19団体で組織する実行委員会が主催した。主催者を代表して長浜信夫市議が「沖縄は、第二次大戦で本土防衛の捨て石にされ、講和条約で切り捨てられた。4・28を祝う式典は、沖縄の置かれた現状を顧みない暴挙。怒りを禁じ得ない。中止を強く訴え、抗議しよう」と呼びかけた。高嶺善伸県議の県議会決議の報告、地域や青年を代表した決意表明もあった。八重山3市町からは川満栄長竹富町長が「皆さんと同じ思い」として出席した。川満町長は「4・28は日本の独立と引き換えに沖縄を切り捨てた日、見捨てた日である。日本は沖縄の犠牲の上に繁栄した。総理大臣や国民はこのことをもっと知らないといけない。小指の痛みを全身の痛みとして感じてもらいたい」と訴えた。決議文は、4月28日を日本から切り離され、米国の占領統治が継続することになった「屈辱の日」とし、基地建設のための強制的な土地接収や現在も続く米軍人の事件・事故などに言及した上で「沖縄の苦難の歴史と耐え難い現状をつくりだしている原因は、サンフランシスコ講和条約」と糾弾している。」(八重山毎日新聞 2013年4月27日)


d0017381_21322589.jpg
 明日のデモのために「琉球音階」だけしか吹けないように改造した6穴式のたて笛。

-------------------------------

[追記]
d0017381_1272674.jpg
▼那覇市役所には、「悲しみ」の思いを発信するため、紺色ののぼりと旗が掲げられた=28日午前9時5分、那覇市、上田幸一撮影
[PR]
by illcommonz | 2013-04-27 21:15
▼「4.26 大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議」
d0017381_2093061.jpg
「4.26 大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議」
[日時] 2013年4月26日(金)18:00-20:00
[場所] 東京・霞ヶ関 首相官邸前および永田町・霞が関一帯
(霞ヶ関駅、虎ノ門駅、桜田門駅をご利用ください)
※千代田線・丸ノ内線の国会議事堂前駅は混雑が予想されます。
[呼びかけ] 首都圏反原発連合

「秋にも原発再稼働=茂木経産相」
「茂木敏充経済産業相は23日夜、BSジャパンの番組に出演し、原発再稼働の時期に関して「(早ければ)今年の秋になる」との見通しを示した。経産相は根拠として「原子力規制委員会の新規制基準が7月18日に出来上がる。事業者が申請して安全が確認できれば再稼働となる」と説明した。原発を抱える地元の理解が重要だが、茂木経産相は「そのための努力はしていく」と述べ、安全確認後に立地自治体との調整を進める考えを示した。現在、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)が全国で唯一稼働している。」(時事通信 2013年4月23日)
[PR]
by illcommonz | 2013-04-25 20:10
▼「排外デモに対する差別反対の意思表示」
d0017381_18403025.jpg
「排外デモに対する差別反対の意思表示」
[日時] 2013年4月21日 14:30開始
[場所] 東京・JR新大久保駅~大久保交番付近までの区間の
「大久保通り」歩道上(300メートル程度)
※非常に重要な注意事項があるので参加される方は下記リンク先を熟読して下さい。
http://kino-toshiki.tumblr.com/

--------------------------
▼吉野寿 「天沼メガネ節 2013年4月1日 その2(冗談抜き)」
http://www.yoshino-seisakujyo.com/meganebushi/

右翼とか左翼とか、
そういうオモチャで遊ぶ趣味は、
最早、俺にはない。
集団行動も子供の頃から馴染めない。
が、しかし。
今回ばかりは腹に据えかねました。
腹の底から怒りが湧いて出た。
俺は「社会正義」とか「善」の為にあの場に行ったのではない。
「俺は怒ってるぞ!」って姿を、
奴等に叩き付けてやりたかったのです。
あーゆー奴等のキタネエ声は罵声で掻き消してやりたかったのです。

お前等はしっかり叱られてイチから出直すべきだ。
しっかりしやがれ。目を覚ませ。
そしてマッコリ飲んでニッコリしやがれ。
そしたら乾杯してやらんこともない。

右も左も関係あるかよ。
境遇、国籍、容姿、みんなそれぞれ事情が違うのだ。
だからこそ面白いんじゃねえのかよ。
なんのつもりか知らねえが、
そんなもんで人間を差別すんな、馬鹿者め。

------------------------

▼「レイシストたちの声を掻き消すメガ・ブブゼラ、別名・しばき棒」

d0017381_18455790.jpg
 駄目なことの一切を
 時代のせいにはするな
 わずかに光る尊厳の放棄
 自分の感受性くらい
 自分で守れ
 ばかものよ
 (茨木のり子)

[つくりかた]
d0017381_18462362.jpg
コーンをぶった斬る

d0017381_18464458.jpg
黒く塗りつぶす

d0017381_1847124.jpg
スパイクを打ち込む

d0017381_18471769.jpg
できあがり

あした、天気になるな。あした、雨ふれ。

------------------------------------------
[追記]
▼久保憲司 ‏@kuboken999 1時間
「今日の新大久保のレイシストのデモに、トラメガで抗議される方、トラメガを使用する時は立ち止まって抗議してください。それに今日は天気も悪いんで、のんびりやりましょう。無理せず、楽しく。レイシストの仲間はレイシストだけですが、僕らの仲間はそれ以外の人、みんなです。」(2023年4月19日のツイート)

 そう思って、トラメガではなく、準備万端、メガブブをつくったので、OK。
[PR]
by illcommonz | 2013-04-20 19:24
▼哀しきジュード、陽気なオペレーターとゴッド父さん

▼ザ・ビートルズ「ヘイ・ジュード」(マイナー転調版)

 ウクライナの音楽家、オレッグ・ベルクが自分と娘さんのためにはじめた音楽実験プロジェクト。デジタル編集で、マイナーな曲をメジャーに、メジャーな曲をマイナーに変えると、こうなる。

[訳詞]
「おいおい、ジュリアン、そんなにおちこむなよ。どんな悲しいことだって、いい歌にできるんだ。彼女のことは胸の奥にしまっておくことにして、なにか気分の好くなることをはじめようぜ。」(Hey Jude, Don't make it bad. Take a sad song and make it better.Remember to let her into your heart. Than you can start to make it better.)


▼シャーデー「スムース・オペレーター」(メジャー転調版)


▼ニーノ・ロータ「ゴッド・ファーザー 愛のテーマ」(メジャー転調版)

 どうだい、ジュリアン、どんな歌でも、こんなふうに調子を変えることができるんだよ。マイナーばっかりじゃ気が滅入るし、メジャーばっかりでも疲れる。でも、今日みたいな雨の日には、ちょっぴりメジャーを多めにね。
[PR]
by illcommonz | 2013-04-20 16:05
▼切削
d0017381_1522649.jpg
 家で切削工具を使っていて、自分の左手を切削してしまった。キズ口は小さいが、キズが深い。人差し指がぱんぱんに脹れて、パソコンのキーボードもろくに打てない。こういうときは、家でおとなしく、タランティーノの映画をみるに限る。斬って・斬って・斬りまくるタランティーノの映画をみてると、だんだん自分のケガがたいしたことないことのような気になってきて、気が楽になる。おととい「レザボア・ドッグ」をみたので、週末は「パルプ・フィクション」をみよう。

d0017381_15254941.jpg
[PR]
by illcommonz | 2013-04-19 15:42
▼「4.19 大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議」
d0017381_193311.jpg
「4.19 大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議」
[日時] 2013年4月19日(金)18:00-20:00
[場所] 東京・霞ヶ関 首相官邸前および永田町・霞が関一帯
(霞ヶ関駅、虎ノ門駅、桜田門駅をご利用ください)
※千代田線・丸ノ内線の国会議事堂前駅は混雑が予想されます。
[呼びかけ] 首都圏反原発連合

「大飯は新基準に適合、関電が報告書提出 規制委があすから議論」
 「関西電力は18日、国内で唯一稼働中の大飯原子力発電所3、4号機(福井県)について、原子力規制委員会がまとめた原発の新規制基準案に適合しているとする報告書を提出した。新基準の7月の施行に先立ち、新たに約120億円を投じて、大飯2基の地震や津波への追加対策を6月末までに実施する計画を示した。規制委は19日に開く会合で報告書の妥当性について議論を開始。安全上問題がなければ、大飯2基は定期点検に入る9月まで継続運転し、今夏の電力不足を回避できる見通しだ。新基準案は、最大の津波の高さを想定し、必要なら防潮堤の設置を求める。大飯原発の防潮堤設置は平成26年3月を予定し、新基準が施行される7月には間に合わない。しかし、関電は、3、4号機の主要建屋は海抜9・7メートルで、想定する最大2・85メートルの津波を上回るとし、安全性を強調。重大事故時の「緊急時対策所」も中央制御室横の会議室で代替できるとし、原子力事業本部シビアアクシデント対策プロジェクトチームの岡本克也マネジャーは18日の会見で「現在の対策で問題はない」と自信をのぞかせた。そのうえで、電源車を2台から6台に増やしたり、敷地外への放射性物質の拡散を抑制するための放水砲2台、水中カーテン「シルトフェンス」4本を新設したりするといった追加対策を6月末までに実施し、安全を強化する計画を報告書に盛り込んだ。関電は原発の安全対策に中長期で2855億円を投じる計画を示しているが、こうした追加対策で新たに約120億円を投資する。報告書では、新基準案が5年間の猶予を認める「特定安全施設」について、平成29年度をめどに設置する計画も新たに示した。大飯2基が継続運転し、9月に定期検査に入った後の再稼働については、敷地内の破砕帯をめぐる関電の調査報告などを基に、規制委が改めて判断することになる。」(産経新聞 2013年4月18日)
[PR]
by illcommonz | 2013-04-18 19:33
▼「4.16 大飯原発をただちに停止せよ!関電東京支社前抗議」
d0017381_18531975.jpg
「4.16 大飯原発をただちに停止せよ!関電東京支社前抗議」
 大飯原発運転差し止め仮処分裁判の判決の日に、関西電力東京支社前で大抗議を行います。
[日時] 2013年4月16日18:00-20:00
[場所] 東京・日比谷 関西電力東京支社前
(都営三田線内幸町A6:日比谷公園向かい富国生命ビル)
[呼びかけ] 首都圏反原発連合
[協力] 原子力規制を監視する市民の会

 「4月16日(火) 大飯原発3・4号運転差し止め仮処分裁判の判決が出ることが決定し、大飯原発3・4号機の安全性判断が司法によって初めてなされます。昨年国は安全性を置き去りにし4閣僚の政治判断だけで再稼働を強行しました。原子力規制委員会は、大飯原発の運転を継続させたまま活断層を評価せず結論を先延ばしし、運転停止「原発ゼロ」を何としても回避しようとしています。また、7月の新規制(安全)基準の大飯原発への適用は除外し、大飯原発のみ例外扱いにすることで9月の定期検査まで運転を容認することとしました。そもそも田中委員長は1月23日「基準を満たしていない場合は運転を止めていただく。」と発言したにもかかわらず、運転容認の明確な理由すら説明していないことから大飯原発の運転になんら合理的な理由はありません。「政治とのけじめをつける」「政策的な判断は一切しない」と述べていた初心を忘れ政治に翻弄される体たらくぶりです。
 関西電力は大飯の運転を継続し今夏需給見通はの3%予備率で問題ないとしていますが、その大飯3・4号機の出力は236万kw(全体の9%)に過ぎません。10年以上計画を先延ばししている和歌山液化天然ガス火力発電所の建設を前倒し実施すれば一気に需給は解決します。解決する道筋を理解しながら企業努力をしようとせず、自らの私利のためだけに危険な原発に頼り、国民を危険にしておきながら原発の費用を電気料金に上乗せしています。
 裁判の最大の焦点は活断層3連動時に、原子炉を止めるための制御棒が2.2秒以内に挿入できるかにあります。すなわち、2.2秒を超えると安全を確保できないということになります。関西電力は「地震の時は2.2秒を守らなくてよい」と暴論をはくまで追いつめられています。国はいままで3連動の場合の制御棒挿入問題をストレステスト対象外にするなど重要な問題を避けてきました。判決で「2.2秒を超える」ことが認められれば「実質勝訴」となります。いままで政治的な判断だけでまったく安全性が確保されていない大飯原発の稼働に対し、より明確に司法判断が下り、その根拠が明らかとなります。
 今回の仮処分裁判で「実質勝利」以上の結果であっても関西電力は対抗手段をとることは明白です。司法の判断にとどまらず、今まで自らの利益しか考えず安全をないがしろにし、国民の命を危険にさらし続けている電力会社を私たちはとうてい許すわけにいきません。保身とご都合主義で運転を継続させている大飯原発を即刻止めさせるべく私たち首都圏反原発連合は緊急抗議をします。

※13:45~15:00には原子力規制を監視する市民の会主催による抗議も予定されています。[昼の部] 2013年4月16日(火) 13:45-15:00
[呼びかけ] 原子力規制を監視する市民の会
[協力] 首都圏反原発連合

---------------------------------
d0017381_1219838.jpg
▼怒りのドラムデモ ‏@drumsofprotest
 「本日予定されている首都圏反原発連合主催の関西電力東京支社前抗議において、二時間に及ぶ抗議のため近隣の方への配慮を考え、参加者の方へお願いです。ドラムを思い切り叩かない、参加者の声を消さない工夫をお願い致します。私達には声がある、目がある、できる全てをぶつけましよう。再稼働反対!!」

---------------------------------
[追記]
「大飯原発の運転差し止め却下 大阪地裁」
 「国内で唯一稼働している関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)をめぐり、大阪地裁の小野憲一裁判長は16日午後、関電を相手取り運転差し止めを求めていた地元住民らの仮処分申し立てを却下した。運転差し止めを求めていたのは近畿6府県と福井、岐阜両県の262人。住民側は(1)大飯原発に面する若狭湾の海底にある二つの活断層と、原発の東側にある「熊川断層」の三つが連動して大地震が起きる可能性がある(2)3連動の地震が発生した場合、揺れによって原子炉への制御棒の挿入が遅れる(3)原発が安全に停止せずに重大事故が起こり、周辺住民が放射性物質による被害を受ける――などと主張していた。これに対して、関電側は「海底にある二つの断層と熊川断層の地質は異なっており、3連動地震は起きない」と反論。仮に起きたとしても制御棒は一定の時間内に原子炉に挿入でき、原子炉を安全に止めることができると主張していた。」(2013年4月16日 朝日新聞)

▼Kazumasa Kawaguchi@kazsoul
 「大飯原発再稼働差止訴訟、不当判決。記者会見。「途中から新しく赴任した裁判官は、当初、制御棒の挿入時間を(「2.2秒」ではなく)『22秒問題』と言っていた」って…。呆然…」(2013年4月16日のツイート)
[PR]
by illcommonz | 2013-04-15 18:53
▼「コモン・エルゴ・スム=コモンゆえにわれ(ら)あり」

▼20130412 「声をつなげよう」マイクリレー 怒りのドラム隊@国会前凹

 「コモナー(共に生きる人)」の仕事は、アイデア、イメージ、コード、音楽、そして情報の自由な交感のための手段をつくりだすことです。それらの要素としてあげられるのは、ひとを互いにむすびつける社会的つながりを創り出す能力、おのおのの特異性が互いの違いを通じてコミュニケーションする力、恐怖を追い払うことでもたらされる本当の安全、そして、民主主義的な政治行動の能力です。つまりコモナーとは、構成的な参加者のこと、いいかえれば、コモンの分かち合いにもとづく民主主義的な社会を構成するのに必要な、その土台をなす主体にほかなりません。コモナーは、多種多様な、たたかう社会集団のあいだの連帯をつくりだす手段を発見しなければなりません。異なる社会集団は、たたかいのなかで、それぞれの特異性を発揮し、たがいに作用し合い、交換し合うことで、啓発され、鼓舞され、変容してゆきます。それらの集団は、そのたたかいの外にいる人たちの耳にはきこえなかったり、理解できないような、低い周波数でたがいに語りあうのです。」(アントニオ・ネグリ)

 低い周波数のドラムとサックスほか、求ム。

d0017381_0391081.jpg
【注意】 まる二時間、オーバーブロウでサックスを吹き続けると、一晩でリードがこっぱみじんになります。それ以外に、オーバーブロウは、音楽(家)にとっては「良くないこと」とされていますので、どうかご注意ください。

[参考]
▼「なぜオーバーブロウが良くないのか?」
 「いわゆる吹き過ぎである、といった状態のことを指すオーバーブロウですが、一体何に対して吹きすぎているのでしょうか?それはずばり、自分がコントロールできる楽器のスキルの限界に対して、と言えるでしょう。この場合のスキルとは、音量はもちろんそうですが、音程、音色など全てのことです。良い音程、美しい音色はリラックスして楽器を吹かないと出せません。また、ムキになって吹いていると普段はできていた譜面上の音楽表現なども考える余裕がなくなってしまいます。普段自分が出している音のバランスを、音量だけ上げようとするわけですから他の要素を捨てていることになります。」(SAX&BRASS「オーバーブロウとはどういう状態?その影響とは?」より)

 とはいえ、国会を前にして「リラックス」できるわけがない、「ムキ「」にならないでいられるわけがない。「音楽表現」なんて考える余裕なんてない、あるのは、アイデア、イメージ、コード、そして、手段としての音だけ。

 低い周波数のドラムとサックスほか、再度、求ム。
[PR]
by illcommonz | 2013-04-15 00:05