Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2013年 08月 ( 41 )   > この月の画像一覧
▼「重大な異常事象」
d0017381_17121242.jpg
東京電力「福島第一原発の汚染水保管タンク近くで見つかった汚染水漏れ」

▼「福島原発の汚染水漏れ「レベル3」規制委が再評価案IAEAに照会へ」
 「東京電力福島第1原子力発電所の貯蔵タンクから300トンの汚染水が漏れた問題で、原子力規制委員会は21日、「レベル1(逸脱)」と暫定評価していた国際原子力事象評価尺度(INES)について、「レベル3(重大な異常事象)」に相当するとの再評価案を公表した。ただ、事故後2年以上たって起きたトラブルを通常の原発事故と同じように扱えるか不明なため、国際原子力機関(IAEA)に照会することにした。当面は「レベル1」の暫定評価のままとなる。規制委は今回、漏れた放射性物質の量を、モリブデン換算で数千テラ(1テラは1兆)ベクレル程度と推定。事故の潜在的影響なども考慮すると、8段階のうち上から5番目にあたるレベル3に相当すると評価し直した。」(日経新聞2013年8月21日)

d0017381_17123992.jpg
[PR]
by illcommonz | 2013-08-21 17:13
▼「拾遺記二〇〇三」
d0017381_1432097.jpg
 「太公望は、盆の上に水の入った器を持ってきて、器の水を床にこぼし、「この水を盆の上に戻してみよ」といった。 女はやってみたが、当然、出来なかった。 太公望は、それを見て、「一度こぼれた水は、二度と盆の上に戻ることはない。こぼれた水を分析したところ、ストロンチウムなどのベータ線と呼ばれる放射線を出す放射性物質が1リットル当たり、8000万ベクレルと高い濃度で含まれていることが分かった。汚染水が付近の排水溝から海に流出していないか調べるよう東電に指示しなさい」といった。この話から「一度起きてしまった事はけっして元に戻すことは出来ない」という意味で「覆水盆に返らず」というようになった。」

「福島第1の汚染水漏えいは過去最大量」
「東京電力は、福島第1原発の地上タンクからの汚染水漏えいでは今回が過去最大量と発表した。」

「タンク汚染水300トン漏えい 8千万ベクレルの高濃度」
 「福島第1原発の地上タンク周辺で汚染水の水たまりが見つかった問題で、東京電力は20日、タンクからの漏えいを認めた上で、漏えい量が約300トンに上るとの見解を示した。漏えいした汚染水から、ストロンチウム90(法定基準は1リットル当たり30ベクレル)などベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり8千万ベクレルと極めて高濃度で検出された。原子力規制委員会は19日、漏えいを国際的な事故評価尺度のレベル1(逸脱)と暫定評価し、汚染水が付近の排水溝から海に流出していないか調べるよう東電に指示していた。(2013年8月20日 共同通信)
[PR]
by illcommonz | 2013-08-20 23:59
▼ただいま
d0017381_1272586.jpg
ただいま、かえりました。
[PR]
by illcommonz | 2013-08-20 19:04
▼盆あけ
d0017381_126772.jpg
[画像] お盆が終わり、「半裸」にもどった、ちびこもんず。

 お盆に福岡の実家に帰省しようとすると、旅費が、家賃1か月分くらいかかる。最近、仕事がへって、家計に余裕がないので、お盆の帰省はあきらめ、どこにも行かず、ほとんど家にいた。室温38℃の家で「日課」にはげんだ。ようやく、そのお盆があけた。お盆があけると、旅費が家賃半月分くらいになるので、明日から実家に帰らせてもらう。いくつか用事もあるが、最大の用事は、親に顔をみせること。
[PR]
by illcommonz | 2013-08-20 01:26
▼クールジャパンのくにのゲン
d0017381_1710922.jpg
▼中沢啓治 「黒い雨にうたれて」汐文社 1982年

 政府が500億円だかなんだかを出資して「クールジャパン」とかなんだかを進めている一方で、これか。

「はだしのゲン」閲覧を制限 松江市教委「描写過激」
 「広島での被爆体験を描いた、漫画家の故中沢啓治さんの代表作「はだしのゲン」(全10巻)が、昨年12月から松江市内の市立小中学校の図書館で子どもたちが自由に見ることができない閉架の状態になっていることが分かった。市教育委員会が作品中の暴力描写が過激だとして、各校に閲覧の制限を求めた。市教委によると、描写が残虐と判断したのは、旧日本軍がアジアの人々の首を切り落としたり、銃剣術の的にしたりする場面。子どもたちが自由に見られる状態で図書館に置くのは不適切として、昨年12月の校長会で全巻を書庫などに納める閉架図書にするよう指示したという。現在は作品の貸し出しはしておらず、教員が校内で教材として使うことはできる。市の調査では市立小学校35校、中学校17校のうち、約8割の図書館がはだしのゲンを置いている。」(朝日新聞 2013年8月17日)

▼【クールジャパン】
 「クールジャパン(Cool Japan)とは、日本の文化面でのソフト領域が国際的に評価されている現象や、それらのコンテンツそのもの[要出典]、または日本政府による対外文化宣伝・輸出政策で使用される用語。具体的には、日本における近代文化、ゲーム・漫画・アニメや、J-POP・アイドルなどのポップカルチャーを指す場合が多い。さらに、自動車・オートバイ・電気機器などの日本製品、現代の食文化・ファッション・現代アート・建築などを指す。また、日本の武士道に由来する武道、伝統的な日本料理・茶道・華道・日本舞踊など、日本に関するあらゆる事物が対象となりうる。」

 必読書すぎて「アトミックウランジ」ではあえてアーカイブしなかった「はだしのゲン」、大人むけに描かれた「黒い雨にうたれて」とあわせて、どんよりと重く暗く苦く辛く沈んだ気持になりながら、それでもよんでほしい。あの涙と怒りと恐怖と嗚咽の読書体験がなければ、なぜ戦争をしてはいけないのか、わからないだろう。だから下記のキャンペーンに賛同する。

d0017381_1723470.jpg
「キャンペーン・はだしのゲン」を松江市内の小中学校図書館で子どもたちが自由に読めるように戻してほしい。
 「私は堺市で長年、学童保育指導員をしています。毎年、学童の子ども達にゲンの絵本版を読み聞かせたり、アニメや実写版のビデオ・DVDを上映してきました。学童にはずっと10巻セットを常備しており、多くの子ども達が自ら進んで手にとって読んでいます。1年生や2年生の子ども達が、ゲンたちが戦争や原爆で辛い目にあう場面で涙を流し、しかしそれでも苦難に負けず家族や仲間達と共に力を合わせて平和な世界を築くために明るく、たくましく生きていく姿に励まされています。何よりも「戦争はぜったいに起こしてはいけない!」と子ども達の心の中に平和の芽が育っています。
 昨年12月中沢さんが亡くなられた後(同時期?)にこの「措置」がとられていることにも大きな疑念を抱きます。なぜ作者が存命中に正々堂々と作者と話し合わないのか?「中沢さんの妻ミサヨさん(70)によると、中沢さんは生前、「戦争や原爆を食い止めるためには、子どもにも残酷でもその悲惨さを伝えるしかない。ゲンは子ども向けに描写をやわらげたが、実際の残酷さはあんなもんじゃない」と語っていたという。松江市教委の対応について、ミサヨさんは「信じられないし、悲しい。戦争や原爆の悲惨さや痛みがわかっていないのではないでしょうか」と話した。」

賛同はここから

-----
[関連]
▼「アトミックラウンジ」アーカイブ図書リスト
http://rojitohito.exblog.jp/12444322
[PR]
by illcommonz | 2013-08-17 17:10
▼【訃報/再掲載】「うまくだましたつもりかい、経産省?」(山口富士夫)


▼山口富士夫「経済産業省前 原発いらない福島の女たち」
 「おーい、いよいよ、明日だぜ~~~~~~~~~~~。福島の女の人たちが、東京に集まるんだぜー!すごいじゃあないか??!!場所は、霞ヶ関のA12か13出口出れば自然とわかるだろう、、経産省前で、座り込む、、。、俺は応援と、気持ちを表す為に、ギターのPちやんと、一緒に行って、仲間たちで来れる奴に、声をかけているところだよ、、、、。なにが {すぐには、影響がない}だと~?もう、こどもたちに、甲状腺癌も、出ているんだ.鼻血の出るものたちやら、、、出ているじゃあないか!!?しよせん、あんなの、巨大企業の、為に造られたんじゃあないのか?例のストレステスト?あれって、コンピューターで、やるんだぜ、、。驚いたぜ!ウソだろ=?本当の答えが、くるわけねえじゃんかよ~~~~~~しかも、あの、ドジョウ野朗がまだ懲りずにどんどん原発推進の道を堂々とぬかしやがった、恥を知れと、言いたいぜ、。きっと後進国に、売りつけて、財源でも作って、自慢したいんだろうかねえ?」まあ、座り込みのときは、とにかく、黄色のものをちょっとだけでも身に着けてね。これ、必ずしてね~。くれぐれも、棒とか、≪旗の為でも≫持ってればパくられるから、、、、、。俺はギター持ってくよー。福島の、人達と心の交流できるし、、、気持ちもよく解れるように祈っているよ。じゃあ、明日ねフジオヤマグチです。誰も、パクラレナイように、、、つつしんでなあ、、、」(山口富士夫「明日は、10時から、3時だぜ!」より)

「うまくだましたつもりかい、経産省?(山口富士夫) 」(イルコモンズのふた。2011年10月28日)

---------------------
「村八分」の山口冨士夫さん死去 路上で突き飛ばされる」
 「村八分」「裸のラリーズ」などのロックバンドで活躍したミュージシャンの山口冨士夫さんが14日、都内の病院で死去した。64歳だった。警視庁福生署によると、山口さんは先月14日深夜、東京都福生市の路上で、米国人の大学生の男(32)に突き飛ばされて後頭部を打った。病院で急性硬膜下血腫と診断され、一時意識不明の状態だったという。男は傷害容疑で逮捕され、今月9日に傷害罪で起訴された。1967年に「ザ・ダイナマイツ」のギタリストでデビュー。69年に故・柴田和志さんらと「村八分」を結成し、「はっぴいえんど」などと共に、当時は珍しかった日本語のロックを展開した。葬儀は近親者のみで営み、後日、お別れの会を開く。」(朝日新聞 2013年8月15日)
[PR]
by illcommonz | 2013-08-16 00:16
▼夏のせい。


 「みんなそそのかされちまう、ついつい流されちまう、結局、暑さでまいっちまう、
誰のせい?それはあれだ、夏のせい。」(M.Koshima/S.Matsumoto/Y.Matsumoto)

「猛暑続く 来週いっぱい注意を」
 「西日本や東日本では14日も猛烈な暑さとなり、各地で気温が38度前後に達しました。これから来週いっぱいは西日本や東日本を中心に猛暑が続く見込みで、気象庁は、こまめに水分をとり、夜間も適切に冷房を使って熱中症に十分注意するよう呼びかけています。」(NHKニュース 2013年8月14日)
[PR]
by illcommonz | 2013-08-14 22:14
▼「8.16 大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議」
d0017381_22114595.jpg
「8.16 大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議」
[日時] 2013年8月16日(金)18:00-20:00
[場所] 東京・霞ヶ関 首相官邸前および永田町・霞が関一帯
(霞ヶ関駅、虎ノ門駅、桜田門駅をご利用ください)
※千代田線・丸ノ内線の国会議事堂前駅は混雑が予想されます。
[呼びかけ] 首都圏反原発連合

----------------------
「首相公邸、幽霊出るの? 首相「怖いから一緒に…」
 「お盆前の東京・永田町で、首相公邸に幽霊のうわさが流れている。安倍晋三首相が公邸に移らない理由に挙げたためだ。政治家同士の「会談」なら珍しくないが、公邸の幽霊話も真夏の「怪談」のように浮かんでは消えている。先月30日夜、首相が自民党幹部を公邸に招いた食事会。「首相が公邸に入らないことを心配している人がいる」と語りかけた脇雅史参院幹事長に、首相はこう応じた。「怖いから一緒に住みましょうよ。幽霊がいるから嫌なんですよ」同席者が「他の首相もお化けが出るといっていた」と混ぜっ返し、掘りごたつのある和室はしばし幽霊談議に花が咲いた。」(朝日新聞 2013年8月14日)
[PR]
by illcommonz | 2013-08-14 22:12
▼夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを
d0017381_2161412.jpg
「夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを、雲のいづこにペルセウス宿るらむ」(ちびこもんず)

 全裸、やめないらしい。

「ペルセウス座流星群 未明にかけピーク」
「ペルセウス座流星群」は、すい星から放出されたちりが、地球の大気圏に入り、高温になって光るもので、毎年8月中旬に見ごろを迎えます。ことしは、12日の深夜から13日の未明にかけてが流れ星の出現するピークで、国立天文台は、条件のよい場所では、1時間に50個以上を観測できる可能性があると予測しています。」(NHKニュース 2013年8月12日)

「きょうも猛暑 西日本中心に」
「12日、高知県の四万十市西土佐で気温が国内最高の41度に達するなど、猛烈な暑さが続いています。13日も西日本と東海を中心に猛暑が続く一方、大気の状態が不安定になって局地的に激しい雷雨となるおそれがあり、熱中症や天気の急変に注意が必要です。」(NHKニュース 2013年8月13日)
[PR]
by illcommonz | 2013-08-13 04:18
▼超熱帯夜
d0017381_15501273.jpg
「猛暑:東京都心で「超熱帯夜」 一日中30度切らず」
 「日本列島は連日厳しい暑さが続き、11日には甲府市で40.6度、高知県四万十市で40.4度を記録した。両市は10日にも40.7度を観測しており、2日連続で40度超え。東京都心では最低気温が30度を下回らず、観測史上初の「超熱帯夜」となった。気象庁は12日も各地で猛暑が続くとして熱中症への注意を呼びかけている。同庁によると、11日に猛暑日(35度以上)となったのは全国927観測地点のうち297地点で、史上最多だった10日の295地点を上回った。真夏日(30度以上)も700地点と全国4分の3の地域に上り、今夏最多。9年ぶりに最高気温が38度を超えた東京都心では、最低気温も過去最高となる30.4度を記録。1875年の観測開始以来初めて気温が一日中30度を下回らなかった。」(毎日新聞 2013年08月12日)

 昼間に室温が38℃もあった日は、夜になって、それが32℃になると、すずしく感じる。「ああ、今日もまた一日、生きのびた」という生の充足感がある。昼は暑いのがあたりまえ、だとしても、せめて夜は涼しくすごしたい。なので、うちでは暑気払いに手動の蓄圧式噴霧器を使っている。

d0017381_15503019.jpg
 まず、室内の熱気がこもっている天井にむけて、これで霧をスプレーする。すると、しゅぅぅぅぅぅぅっ、、、、と熱気が和らぐ。次に、畳に敷いたゴザに、これで「打ち水」をして、扇風機で風をあてると、霧が蒸散して涼しい風になる。気化熱でひえたゴザの上に寝ころぶと、ひんやりする。室温は変わらないが、体感温度が変わる。あとは、ちいさな霧吹きスプレーで、ゴザと皮膚にこまめに「水打ち」をする。

d0017381_2319214.jpg
▼【参考】「畳に打ち水」より
 子どものころ、祖母や母もそうしてた。

d0017381_15505577.jpg
 ほかに、扇風機の前に、ミント系の香水をいれた洗面器の水を置いて風をあてると、涼しくて、いいにおいがする。自然の摂理として、あらゆる熱気は上にゆくので、室内ではなるべく立ちあがらず、低い姿勢を保つ。夏はイスを使わず、畳に座って、お膳を使う。もともと部屋全体を涼しくする必要はなく、こうすれば「超熱帯夜」でも涼しく過ごせる(た)。

d0017381_2002542.jpg
▼霧吹きスプレー(200円~) ▼ゴザ(680円~)

------------------------------
[追記] 熱帯夜の夜長には、熱帯が舞台の近未来SF小説(あるいはホラー)をよむのがいい。おすすめは、パオロ・バチガルピの長編「ねじまき少女」(2009年)、あるいは短編集「第6ポンプ」(2008年)。いずれも、モンサント社を連想させる、グローバル企業の「遺伝子組み換え食物」がまねいた暗黒の未来を描くワインドアップ・サイバーパンク(あるいは「ダークエコSF」)の傑作。霧吹きスプレーのポンプをおしながら読むのがおすすめ。

d0017381_1655134.jpg
▼パオロ・バチガルピ「ねじまき少女」(2009年)
 「石油が枯渇し、エネルギー構造が激変した近未来のバンコク。遺伝子組替動物を使役させエネルギーを取り出す工場を経営するアンダースン・レイクは、ある日、市場で奇妙な外見と芳醇な味を持つ果物ンガウを手にする。ンガウの調査を始めたアンダースンは、ある夜、クラブで踊る少女型アンドロイドのエミコに出会う。彼とねじまき少女エミコとの出会いは、世界の運命を大きく変えていった。ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞など主要SF賞を総なめにした鮮烈作。」
[PR]
by illcommonz | 2013-08-12 15:51