Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
▼「川内原発再稼働やめろ!0830再稼働反対★国会前大集会」
d0017381_1345545.jpg
「川内原発再稼働やめろ!0830再稼働反対★国会前大集会」
[日時] 2014年8月30日(土)17:00~20:00?
[場所] 国会議事堂正門前?(官邸前での抗議はありません)
[主催] 首都圏反原発連合?
[協力] さようなら原発1000万人アクション/原発をなくす全国連絡会/脱原発世界会議/経産省前テントひろば/再稼働阻止全国ネットワーク

[音楽]
・切腹PISTOLS
・ジンタらムータ with waka(LOUD MACHINE/ex- LIZARD)
・ATS
・NORA BRIGADE

[登壇者] (敬称略)
・佐藤かずよし(福島原発告訴団・副団長)
・河合弘之(福島原発告訴団弁護団・代表)
・菅直人(元内閣総理大臣/民主党/衆議院議員)
・笠井あきら(日本共産党/衆議院議員)
・吉良よしこ(日本共産党/参議院議員)
・福島瑞穂 社会民主党副党首/参議院議員)
・小松久子(東京都議会議員/東京・生活者ネットワーク)
・水野誠一(シンクジアース理事長/元参議院議員)
・木内みどり(女優)
・山川健一(小説家/東北芸術工科大学教授)
・鎌田慧(さようなら原発1000万人アクション)
・原発をなくす全国連絡会
・吉岡達也(脱原発世界会議)
・経産省前テントひろば
・柳田真(再稼働阻止全国ネットワーク)
※予定は変更する場合があります。

d0017381_1347314.png
▼お知らせ
 「下水道工事のため2014年10月上旬より約2年間、金曜官邸前抗議及び国会前大集会などで「国会前抗議エリア」としてきた場所が使用できなくなります。今後は代替のエリアを検討しますが、従来の「国会前抗議エリア」での大集会は、このサマー・スペシャルが最後になる予定です。これに伴い今回の大集会では、反原発運動を支えてきた参加者の皆さんに、多く登壇頂けるよう企画しています。」

-------------------------------
d0017381_14512351.jpg
「自民、国会デモ規制検討 政権批判封じの疑念」
 「自民党がヘイトスピーチと国会周辺のデモを同列にして規制しようとしている。人種差別などを助長する表現のヘイトスピーチと、政治に対して市民が声を上げるデモは全くの別物だ。音量規制強化を名目にひとくくりにして制約する動きは見過ごせない。ヘイトスピーチに対しては、国連でも規制を求める意見が出ており、放置は許されない。表現の自由を守りながら、差別的な言論や表現方法をいかに規制するかは議論する必要はある。一方、国会周辺で行き過ぎた大音量の抗議活動は現行法でも規制できる。にもかかわらず、自民党が新たに規制強化に乗り出したのは、市民による原発再稼働や集団的自衛権の行使容認、特定秘密保護法に抗議するデモを標的に入れているとの疑念を招く。在日外国人の人権を守るという議論に乗じて、規制してはならない市民の政治活動を制約するだけでなく、民主主義の基盤である表現の自由という別の人権も侵す恐れがある。上智大の田島泰彦教授(メディア法)はヘイトスピーチと国会周辺デモの音量について「別々に検討すべき問題だ」と指摘。「国会周辺は、あらゆる言論が最も許容されなければならず、その規制強化は民主主義の在り方にかかわる」と話す。」(東京新聞 2014年8月29日) 

------------------------------


▼「原発事故で自殺の裁判で。東電側「個体側の脆弱性が相当程度影響していると考えられる」

d0017381_1346468.jpg
「妻の自殺責任問う 東電の反論に悔しさ」
 「東京電力福島第一原発の事故は多くの人々から夢や未来を奪った。避難生活に将来を悲観して自ら命を絶った人もいる。彼らはどんな気持ちで自殺を選んだのか。残された家族は何を思うのか。2月26日、福島地裁。川俣町山木屋の渡辺はま子さん=享年(57)=が原発事故後に自殺したことに、東京電力の責任があるかを争う訴訟の第3回口頭弁論が行われた。「個体側の脆弱(ぜいじゃく)性も影響していると考えられるから、考慮した上で相当因果関係の有無を判断すべき」。請求棄却を求める東電側の代理人は、はま子さんの内面の弱さが自殺につながった可能性を指摘した。「東電は妻の死に責任を感じていないのか。事故がなければ妻は死ななかった」。はま子さんが平成23年7月1日に焼身自殺して約1年8カ月。原告として口頭弁論に出廷した夫幹夫さん(62)は、東電の反論に悔しさばかりが募った。」(福島民報「原発事故関連死アーカイブ」)

---------------------------------------

d0017381_272244.jpg
▼NORA BRIGADE 国会前(撮影:こぐれみわぞう)


▼2014.08.30「…再稼働反対★国会前大集会」NORA BRIGADE


▼2014.08.30「…再稼働反対★国会前大集会」音楽サークル ①

--------------------------------
[追記]
「自民党 「新たな規制、考えず」…国会周辺デモ、火消し」
 「自民党の高市早苗政調会長は1日、「党ヘイトスピーチ対策等に関する検討プロジェクトチーム(PT)」が8月末の初会合で議題として取り上げた国会周辺の街宣活動やデモの規制について「デモに新たな厳しい規制を設ける法的措置は考えていない」とする談話を発表した。原発再稼働や集団的自衛権の行使容認といった政府方針に抗議するデモの規制につながるとの批判の声が上がり、火消しを図った形だ。高市氏は談話で、合法的なデモは「国民の権利だ」と指摘。PTが国会周辺でのデモを議題にした目的は、国会や外国公館の近くで大音量の街宣を規制する現行の「静穏保持法」の運用を確認したり、情報を共有したりするためだったと釈明した。一方、ヘイトスピーチについては「日本人の名誉を守るためにも対策を考えるべきだ」として、法規制も含めて検討する考えを重ねて示した」(毎日新聞 2014年9月1日)
[PR]
by illcommonz | 2014-08-29 13:46
▼ジンタらムータ「Dies Irae 怒りの日」ライヴ
d0017381_22493541.jpg
ジンタらムータ「Dies Irae 怒りの日」
 「混迷の世界に捧げる怒りと祝祭のジンタ!世界が待ち望んだジンタらムータのアルバムが、1000年前の新曲をひっさげて遂にリリース!ジンタらムータ「Dies Irae 怒りの日」9/24 on sale! 正式発売に先駆けて、この日、ライブ会場にて先行発売します」

[日時] 2014年8月24日(日) 18:00開場 19:00開演
[場所] 東京・吉祥寺Manda-la2
   (東京都武蔵野市吉祥寺南町 2-8-6 第18通南ビル地下)

[出演] ジンタらムータ: 大熊ワタル(cl.etc.) 北陽一郎(tp) 服部夏樹(g)
     菱沼尚生(tuba) 磯部潤(ds) こぐれみわぞう(チンドン太鼓、vo.)
[ゲスト] 小熊英二(talk) 佐々木絵実(acc) 河村博司(g)
      イルコモンズ(talk & 怒りの日の捧げもの)

[料金] 前売・メール予約 ¥3,000/当日 ¥3,500(+ワンドリンク)  

【怒りの日】(いかりのひ、ディエス・イレ、Dies irae)
 「怒りの日とは、終末思想のひとつ。キリスト教終末論において、世界の終末に、すべての人間を地上に復活させ、その生前の行いを審判し、神の主催する天国に住まわせ永遠の命を授けるか、地獄で永劫の責め苦を加えられるかを選別するという思想、または、それが行われる日のこと。その様子については、新約最後の書、幻視者ヨハネによる『ヨハネの黙示録』(アポカリプス)に詳述されている。」

d0017381_2250929.jpg
(参考) ▼自民党とたたかう絶叫サックス(2013年)←「怒りの日」仕様に改造中
[PR]
by illcommonz | 2014-08-23 22:55
▼「シュトルム・ウント・ドランクッ/革命音楽の夜:生ライブ AND トーク」

▼山田勇男監督「シュトルム・ウント・ドランクッ」予告編

▼映画「シュトルム・ウント・ドランクッ」(2014年)
[監督] 山田勇男
[出演] 中村栄美子/寺十吾/廣川毅/吉岡睦雄/銀座吟八ほか
[物語] 「大正11年、冬。放浪の旅を終えた中浜哲(寺十吾)は、旧友、古田大次郎(廣川穀)と「ギロチン社」を結成。大企業への恐喝で資金を得ながらテロルを企てていた。しかし、酒と色に溺れながら革命を目指す彼らを関東大震災が襲い、さらに大杉栄(川瀬陽太)が、戒厳令に乗じて虐殺される。復讐を誓う「ギロチン社」だが。最後に嗤うのはピストルと爆弾か、それとも国家か。そしてすべてを見はるかす謎の女性・松浦エミル(中村榮美子)は何を想って涙するのか。時を越え、カフェー南天堂では盛大に音楽が鳴り響く。主演は、劇団「少年王者舘」を中心に活動する中村榮美子、劇団「tsum azuki no ishi」を主宰する寺十吾の演技派。ギロチン社メンバーに廣川毅(新人)、吉岡睦雄ら若手を配し、佐野史郎、流山児祥、あがた森魚らベテランと、個性的な演技で注目される川瀬陽太が脇を固めた。また、天野天街(少年王者舘主宰)、つげ忠男、うらたじゅん、ジンタらムータwith 黒色すみれ、白崎映美、原マスミ、シバ、宍戸幸司、知久寿焼、坂本弘道、伝説のパフォーマー・黒田オサムら、演劇、漫画、音楽界からのゲストも異彩を放つ。」


▼「シュトルム・ウント・ドランクッ」メイキング#1南天堂

■「革命音楽の夜:生ライブ AND トーク」
[日時] 2014年8月21日 22:00~
[場所] 東京・渋谷ユーロスペース
[出演] 山田勇男/大熊ワタル with ジンタらムータ/イルコモンズ

d0017381_241621.jpg
 「すべてを見はるかす謎の女性・松浦エミル(中村榮美子)は何を想って涙するのか。」

d0017381_1395925.jpg
 「歴史の天使は、顔を過去に向けている。わたしたちが出来事の連鎖を見るところに、彼(女)はただひとつの破局だけを見る。その破局は、瓦礫の上に瓦礫を積み重ねては、かれの足もとに投げだしていく。天使は、できることなら、そこにとどまって、死者たちを目覚めさせたい、粉ごなになったものをもとどおりにしたいと思う。しかし、楽園から吹きつけてくる風に、翼が激しくあおられているために、天使は翼を閉じることができない。嵐は、みんなが向いている未来のほうへ、否応なく彼(女)をおしすすめてゆく」(ヴァルター・ベンヤミン)

d0017381_271021.jpg
▼ゴダール「中国女」

d0017381_2114031.jpg
▼寺山修司 「田園に死す」
[PR]
by illcommonz | 2014-08-20 22:46
▼喪中の記 (特別期限延長・盆明け迄)
d0017381_0562281.jpg
【喪】(も)
「喪(も、英語:mourning)とは、身近な者や心を寄せる者、尊ぶべき者等の死を受けて、それを悲しむ者が一定期間中を過ごすことになる、日常生活とは異なる儀礼的禁忌状態であり、人間社会においておよそ普遍的な現象である。親族を亡くしたときに遺族が身を置く場合が最も一般的。日本語では、喪の状態に身を置くことは、喪に服する、服喪(ふくも)、喪服(もふく)、忌服(きぶく)、服忌(ぶっき)などと言い、また、喪の最中であることは、喪中(もちゅう)、服喪期間、忌服期間などと言う。」(ウィキペディア)
[PR]
by illcommonz | 2014-08-03 10:12
▼イルコモンズ作「怒りのブルドラム」(2014年)
d0017381_2244237.jpg
▼イルコモンズ作 「怒怨のブルドラム」(2014年)

(つづき) 「怒りのブルドーザーデモ」用に自作のブル・ドラムをつくることにした。

d0017381_22442325.jpg
▼2011年10月9日の「第一回 怒りのドラムデモ」で使用中に背筋を痛め、以後、封印していたバスドラムをリサイクル。

d0017381_2249389.jpg
▼ドラムセット用、20インチ・フルサイズ・バスドラム
 (デモス+クラトス=デモクラシー仕様)

d0017381_22534788.jpg
▼シェルは、半分でいい。

d0017381_2254271.jpg
▼電動ノコとちびこもんず(←工具好き)

d0017381_22541613.jpg
▼まっぷたつ。

d0017381_2254593.jpg
▼セミサイズ・バスドラ

d0017381_22574872.jpg
▼輪切りにしたタムをビルドイン

d0017381_2258165.jpg
▼ボルトで固定

d0017381_22582130.jpg
▼各種アダプターを装着

d0017381_2259281.jpg
▼カウベルを装着

d0017381_2344569.jpg
▼スナッピーをつけてスネアに改造

d0017381_2372121.jpg
▼折れたスティックを使って専用マレットとスティックを作成。

d0017381_2375133.jpg
▼シンバルと改造サックスとホルダーを装着、第一段階完了。

d0017381_23163219.jpg
▼ファシズムを打倒するヘッドをつくる

d0017381_23164445.jpg
▼スプレーで下地をつくる

d0017381_2316588.jpg
▼ファシストの顔をプリントしたプラスティック・フィルムを用意

d0017381_23463048.jpg
▼ファシストを思う存分たたきのめすためのドラムヘッド

d0017381_23172622.jpg
▼デモクラシーの図案とその敵であるファシストの顔がセットになったドラム

d0017381_23183865.jpg
▼ブル(雄牛)の角を用意

d0017381_2319915.jpg
▼ボルトをうちこむ

d0017381_23193063.jpg
▼ドラムに装着

d0017381_23253011.jpg
▼「怒り」の小旗を用意

d0017381_23261426.jpg
「ファシスト呪い殺せ 丑の刻参りデモ」(ECD 2014年7月31日のツイート)
ということで、ファシストを呪うためのさまざまな呪具を装着

d0017381_23263052.jpg
▼ファシストの人形(ひとがた)をデザイン

d0017381_23274635.jpg
▼ファシストを呪う「怒りのブルドラム」のできあがり

d0017381_23315938.jpg
▼バスドラ+スネアドラム+シンバル+カウベル+サックス+雄牛の角+怒りの旗+ファシストを呪う呪具+そのほか(総重量9キロ)

 いまはまだ服喪中なので、このへんにしといてやろう。
[PR]
by illcommonz | 2014-08-01 23:33
▼【ブル】(bull) [名詞]
d0017381_22335495.jpg
▼【ブル】(bull) [名詞]
① (去勢していない成長した) 雄牛
② (サイ・ゾウ・クジラなどの) 雄
③ 《米俗》 警官

 「ブルドーザーをうらむな、ブルドーザーになれ」(ジェロ・ラスン)

 「手槍、弓矢、投槍、石斧、棍棒の昔にもどって戦え。いや、そこでやめることはない、角や牙を生やせ。毒の牙を、針を、棘を、嘴を、吸盤を、悪臭分泌物を。そして、これらを武器に、泥まみれになって戦いぬくがいい。私のいう革命とはこういうものだ。動物になれ、ケモノになれ」(ウィリアム・バッファロウズ「電子革命」)

 「戦争機械は、戦争を事業とする国家装置に対抗して構成されるものであり、国家装置による大規模な捕獲と支配と接収に対峙しながら、さまざまな機械状の連結によって対抗するのである」(ドルーズ&カタリ「ミル・プラトーズ」)

 「人間ブルドーザー集まれ!」(ECD 2014年7月30日のツイート)

 そうだな、人間ブルになれ、だな。 (つづく)
[PR]
by illcommonz | 2014-08-01 22:38