Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2015年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
▼「ファシズムの吹き荒れる時代にあって自らの信念に基づいて強く生きる女性の姿」
d0017381_1610090.jpg
▼黒澤明監督「わが青春に悔なし」(1946年)
 「黒澤明監督の戦後最初の監督作品。ファシズムの吹き荒れる時代にあって自らの信念に基づいて強く生きる女性の姿を謳い上げたドラマ。原節子主演。」

 今年から非常勤講師として勤務している女子大には、映画を通じてさまざまな女性の生き方を提示する授業があり、その授業では、林芙美子の小説を映画化した成瀬巳喜男の映画(「めし」「放浪記」「浮雲」)がとりあげられている。いいセレクションだと思う。ウィキペディアは、成瀬映画について、こう解説している。

 「女性映画の名手として知られており、とくに高峰秀子とのコンビによって多数の作品を手がける。また小津映画によって神話化された原節子を『めし』『驟雨』で起用し、市井に生きる飾らない妻の姿を生き生きと演じさせた。」

 たしかに、そうだと思う。小津映画はサイレント期から晩年の作品までまんべんなく好きだが、小津が「紀子三部作(「東京物語」「晩春」「麦秋」)」で原節子に演じさせた、あの窮屈な女性像をいいと思ったことは一度もない(それと、あの「永遠の処女」という窮屈な呼び方もきらいである)。それよりも成瀬の「めし」や、黒澤の「わが青春に悔なし」で原節子が演じた女性像のほうが好きだし、案外、原節子自身もそうだったのではないだろうか。


▼「原節子に悔なし」

 「たたかいが終わり、文化の自由な活動がゆるされるようになった最近になって、私は私の職業に生きることがいちばんぴったりしていることを感じるようになった。それは、女というものの解放される世界の到来を前にして、目隠しされたものがとりはずされたような、広々とした世界の風光を身近に感じ、そこから女優として無限の希望を持つことがゆるされたようなよろこびが、私に職業への自信をもたせたのかもしれない」(「原節子の回想」)


▼原節子と高峰秀子

 ちなみに自分は、むかしから高峰秀子がすきで、大学の授業では「良妻賢母」とはいえないオルタナティヴな「女子映画」として、「ひなぎく」「地下鉄のザジ」「アメリ」をとりあげている。


▼高峰秀子

-----------------------
「小津ファンの誰をも魅了=原節子さん死去で英紙追悼」
 「女優の原節子さんの死去を受けて英紙ガーディアン(電子版)は25日、小津安二郎監督の作品における原さんの役割の重要性を強調する映画評論家ロナルド・バーガン氏による追悼記事を掲載した。記事は「小津安二郎の映画に親しむ者は誰もが原節子に魅了されるだろう」と書き出し、小津作品の豊富なユーモアや感情、心理的・社会的洞察などは、原さんの「誤解されかねないほど似通った役柄の中で表現される」と指摘した。また、原さんの「輝くような笑顔は多様な感情を伝達する」とし、それは時に純粋な愛の表れであったり苦悩を隠そうとするものであったりすると論じた。 」(時事通信 2015年11月26日)
[PR]
by illcommonz | 2015-11-29 16:13
▼ジョアン・ステファール「死を愛する連中よ、もし神が存在するなら、神は君たちを呪うだろう」
d0017381_13542447.jpg
 「(..) 長い間、死を愛する連中が僕たちの生きる意欲を失わせようとしてきた。(...) テロリズムは敵じゃない。テロリズムは最近流行のやり方だ。敵を名指しする勇気もなく、「これは戦争だ」と繰り返しても、何の解決にもならない。僕らの敵は、死を愛する連中だ。姿、形は変わっても、いつも同じなのだ。歴史は早く忘れられてしまう。そしてパリはひどいことになっている。くそっ、くそったれ!(...) 今夜、死んだ人たちは、生きること、飲むこと、歌うことを楽しもうと外出していた。彼らは、戦うと宣言した人たちのことなど知らなかった。(...) 死を愛する連中よ、もし神が存在するなら、神は君たちを呪うだろう。そして君たちは、地球上で、もう敗れたのだ。(...)」

ジョアン・ステファール

--------------------------
「シャルリー・エブドの漫画家「これ以上、宗教はいらない」」
 「フランス・パリの同時多発テロを受け、フランスの作家で映画監督のジョアン・スファールが、Instagramにメッセージを投稿した。スファールは、2015年1月に武装集団に襲撃された風刺週刊誌「シャルリー・エブド」にも執筆していた。世界中からの哀悼のメッセージに感謝を表しつつ、「もうこれ以上宗教はいらない。僕らが信じるのは音楽! キス! 人生! シャンパン! そして喜び!」と、日常を取り戻す大事さを訴えた。」(ハフィントンポスト 2015年11月15日)
[PR]
by illcommonz | 2015-11-29 13:55
▼アントワンヌ・レリス「安全のために自由をさしだすことを望んでいるのだろうが、あなたたちの負けだ」
d0017381_13485076.jpg
 「金曜の夜、あなたたちは私にとってかけがえのない存在であり、人生の最愛の人である、私の息子の母親の命を奪ったが、あなたたちは私の憎しみを得ることはできない。あなたたちが誰なのかは知らないし、知りたくもないが、あなたちの魂が死んでいることはわかる。あなたたちが盲信的にその名の下に殺戮を行っている神が、人間をその姿に似せて作ったのだとしたら、私の妻の体の中の銃弾のひとつひとつが彼の心の傷となるだろう。
 だから、私はあなたたちに憎しみという贈り物をしない。もっともあなたたちはそのことを望んだのだろうが、憎しみに対して怒りで応えることは、今のあなたたちを作り上げた無知に屈することを意味する。あなたたちは私が恐怖におののき、同じ街に住む人々に疑いの目を向け、安全のために自由を差し出すことを望んでいるのだろう。あなたたちの負けだ。何度やっても同じだ。
 私は今朝、彼女に会った。ようやく、何日も幾夜も待った後に。彼女はその金曜の夜に家を出た時と同じように美しかった。12年以上も前に狂うように恋に落ちた時と同じように美しかった。もちろん、私は悲しみに打ちひしがれている。あなたたちのこの小さな勝利は認めるが、それも長くは続かない。彼女はこれからも毎日私たちと一緒にいるし、私たちはあなたたちが永遠に入ることのできない自由な魂の楽園で再会するだろう。
 私と息子はたった二人になったが、それでも世界の全ての軍隊よりも強い。それに私はこれ以上、あなたたちに費やす時間はない。そろそろ昼寝から起きてくるメルヴィルのところに行かないといけない。彼はまだ17ヶ月で、これからいつものようにおやつを食べて、いつものように一緒に遊びに行く。この小さな男の子はこれからの一生の間、自らが幸せで自由でいることによって、あなたたちに立ち向かうだろう。なぜなら、そう、あなたたちは彼の憎しみを得ることもできないからだ。」 

アントワンヌ・レリス

Antoine Leiris, “Vous n’aurez pas ma haine”, 2015/11/16 21:18,

ドミニク・チェン訳「あなたたちは私の憎しみを得ることはできない」より転載
[PR]
by illcommonz | 2015-11-29 13:51
▼「ヴゥードゥーアーティヴィズム/イルコモンズ現代呪術展」

▼「ヴゥードゥーアーティヴィズム館内放送」

▼原爆の図 丸木美術館「今日の反核反戦展2015」関連企画
「ヴゥードゥーアーティヴィズム/イルコモンズ現代呪術展」
[日時] 2015年11月18日-2016年1月16日 9:00-17:00(月曜休館)
[場所] 埼玉・原爆の図丸木美術館2階展示室
[公式サイト] http://nonukes.nowar.maruki.net

d0017381_1322580.jpg
※画像はイメージです、あくまで個人の観想で、見えるものには個人差があります。

 「岡本太郎の持論のひとつに「芸術は呪術である」というものがある。本展では、太郎と同じく民族学を学んだ行動する現代美術家イルコモンズによる近年の現代美術/呪術作品を一堂に展示。2003年のイラク反戦運動のために制作した「殺す・な」(2003年-2005年)の旗をはじめ、2011年の原発事故後に開催した「アトミックサイト」展(2011-2013年)の展示物のほか、安倍政権への怒りと呪いをこめた「怒りの日(々)」(2014年)の呪物などをミックス。作家みずから「デモ以下、テロ未満」という反戦反核のヴゥードゥ・アーティヴィズム(呪い+アート+アクティヴィズム)作品を特別公開」

-----------------------------------
[関連]
▼「呪いの日日呪奏団+アトミックサイトの合奏によるイルコモンズ指揮「呪いの日日」奉呪百連奏会」
http://illcomm.exblog.jp/22532657/
▼「今日のヴゥードゥーアーティヴィズム/イルコモンズ現代呪術展」
http://illcomm.exblog.jp/22252724/
[PR]
by illcommonz | 2015-11-20 02:02
▼呪いの日日呪奏団+アトミックサイトの合奏によるイルコモンズ指揮「呪いの日日」奉呪百連奏会

▼「呪いの日日呪奏団 「呪いの日(々)奉呪 百連奏」 百秒ミックス」(2014年)

▼「呪いの日日呪奏団+アトミックサイトの合奏による
 イルコモンズ指揮「呪いの日日」奉呪百連奏会」
[日時] 2015年11月21日(土)16:15-17:00
[場所] 埼玉・原爆の図丸木美術館2階展示室
[出演] 呪いの日日呪奏団+アトミックサイト

【呪いの日日呪奏団】
 ・大熊ワタル(クラリネットほか)
 ・こぐれみわぞう(太鼓と歌)
 ・関島岳郎(チューバ)
 ・イルコモンズ(サックスほか)
【アトミックサイト】
 ・石川雷太(ノイズと放射性廃棄物ドラム缶ドラム)
 ・イルコモンズ(指揮と放射性廃棄物ドラム缶ドラムほか)
.................................

 儚(はかなき)き我 哀れ
 裁く御方ひるむなら
 祈るべき主はいずこ
 (グレゴリオ聖歌 「怒りの日」第七番)

 服(まつろ)わぬ我ら 化外(けがい)の民 
 裁く御方ひるむなら
 呪ひの主は我ら
 (イルコモンズ「呪いの日日)

 このくにあはれ
 三災七難の時代
 祈りの句も尽き果つ
 震へし怒り
 地を揺らす
 呪ふは我ら
 呪ひの日日
 (呪詞「呪いの日日」)
..................................

[追奏曲]

▼パブロ・カザルス「鳥たちのうた」(1971年国連スピーチ&イントロ・ミックス)

 わたしはもう四十年ちかく
 人前で演奏をしてきませんでした
 でも今日は演奏しなければなりません
 今日これから演奏する曲はみじかい曲です
 その曲は「鳥たちのうた」と呼ばれています
 空を飛ぶ鳥たちは、こう歌うのです
 ピース ピース ピース
 空を飛ぶ鳥たちは、こう歌うのです。
 ピース ピース ピース
 ピース ピース ピース
 (1971年10月24日 国連本部にて パウ・カザルス)

---------------------
[関連]
▼「ヴゥードゥー・アーティヴィズム~イルコモンズ現代呪術展」
http://illcomm.exblog.jp/22532649/
▼「呪いの日(々)/ヴゥードゥー・アクティヴィズム~イルコモンズ現代呪術展」
http://illcomm.exblog.jp/21090890/
[PR]
by illcommonz | 2015-11-20 02:01
▼「東京大行進 2015」
d0017381_1216892.jpg
「東京大行進 2015」
[日時] 2015年11月22日(日)集合14:00 出発14:30
[場所] 東京・新宿区中央公園 水の広場
[主催] TOKYO NO HATE
[協賛] ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会

「 安保法制を巡る地方公聴会が行われた新横浜駅周辺で響き渡った「ノーパサラン(奴らを通すな)」のシュプレヒコール ? 2年前の2013年6月、その言葉は東京・新大久保でヘイトスピーチを繰り返し、我が物顔で街を蹂躙していたレイシストたちへ向けられていました。「レイシストを通すな」 そして 「レイシズムを許すな」私たちの行動はシンプルで、ダイレクトであり続けました。シングルイシュー/ワンイシューであるということは、問題に対して常に明快で、根源的な姿勢を取り続けることでもあります。その姿勢は<3.11>以降の日本の社会運動を力強く育み、東京で、大阪で、そして全国で日々続けられている路上のデモクラシーとして大きな流れを形作ろうとしています。<3.11>は巨大な自然災害であると同時に、今もなお日本の社会そのものを激しく動かし続けています。<3.11>があぶり出した矛盾、不公平、不寛容は、いまだに<アンダーコントロール>とは言えない原発事故の形で、または特定秘密保護法、防衛装備移転三原則から安全保障関連法案へと至る、安倍政権による<戦争法案>の形で、現在私たちの目の前に現れました。私たちの日常に潜むレイシズムは、そんな<3.11>以降の社会の空気を象徴するものです。人々を分断し、挑発し、互いを憎悪と恐怖の中に巻き込むレイシズムは、今、安全保障に名を変え、また経済の名のもとに、この国のデモクラシーの根幹を激しく揺さぶっています。人々が平和に、そして安寧に暮らす権利が揺さぶられているのです。その一方で、シングルイシュー/ワンイシューに支えられた3.11以降の社会運動は多くの人々の背中を押してきました。一人ひとりが路上に出て、プラカードを掲げ、声を上げるということが、近年これほど意味があり、リアリティを持った時代はありません。今、私たち一人ひとりが<デモクラシー>を体現しているのです。3回目の東京大行進、平和と安寧の為に私たちは今年も新宿の街を歩きます。まだ見ぬ新しい人よ、共に歩き、その一歩をこの路上に刻み込め。そして街に声を響かせ続けよう。そして歩き続けよう。差別のない世界と、この国のデモクラシー、民主主義のために。」

--------------------------

当日は、NORA BRIGADE として、パレードを盛りあげる演奏で参加します。
[PR]
by illcommonz | 2015-11-19 22:13
▼東京経済大学「身体表現ワークショップ 音で遊ぶ (番外編) 楽器のリインカーネーション」
d0017381_18344928.png
【リインカーネーション】(Reincarnation)
「リインカーネーションは、生まれかわり、輪廻転生(りんねてんせい)を意味する。「輪廻」と「転生」の概念には重なる部分もあるが、現世に帰ってくる形態の違いによって使い分けられる。「転生」は、別の人格を持った人間として生まれ変わる場合に使われ、「輪廻」は人間以外の動物などに生まれ変わる場合にも使われる。かたやキリスト教における「復活」は、生前と同じ人格を保ったままの生まれ変わりを指す。」


▼「ゴミ捨て場の音楽」(2012年)

 「南アメリカに位置するパラグアイ共和国、その首都アスンシオンの郊外に位置するカテウラという町は、毎日1500トンものゴミが捨てられる、パラグアイ最大のゴミ埋立地で、人々は文字通り、ゴミの上で生活しています。そんな町で結成された、ゴミから作った楽器を演奏する「リサイクル・オーケストラ・オブ・カテウラ」(...)。音楽学校を開こうと決めたのは、環境工学を勉強し、カテウラのリサイクルプログラムに従事していたFavio Chavezさん。貧しさのために40%以上もの子どもが学校を卒業できないカテウラで、子どもたちがドラッグやアルコールに走ることがないよう代わりに何か打ち込めるものを作れないか、ただそれだけの理由でした。もちろん、ゴミで楽器を作ることなど考えもしなかったのですが、いざ始めてみると、希望者が殺到して楽器が足りず、ゴミで作ることになったのです。楽器作りで活躍したのは、ゴミ拾いを生業とするNicolas Gomezさん。水道管や鍵でフルートを、アルミ缶とフォークでバイオリンを、コインや瓶のふたでサックスを作り出します。Luis Szaranさんは「人はどんなに悲惨な状況でも、イニシアチブをとり、クリエイティブでいさえすれば、ゴミすら誰かの人生を変えるほどのツールになる得ることを彼から学んだ」と言います。また、「試行錯誤を重ねて楽器を作り上げる工程から、子どもたちは、物事は一夜にしてなるものではないということを学んだ」とFavio Chavezさんは言います。」(Think the Earth「ゴミが楽器に パラグアイのリサイクルオーケストラが来日」2013年11月25日より抜粋)

d0017381_18354162.jpg
d0017381_18355947.jpg
d0017381_18361893.jpg
d0017381_18364087.jpg


d0017381_18371073.jpg
「わたしたちは、世界が送りとどけてくれたゴミを、音楽にしてお返ししているのです」
(ファビオ・チャベス)

-------------------------------------
[そのほかの生まれ変わりたち]
d0017381_18405770.jpg
d0017381_18411198.jpg
d0017381_18412693.jpg
d0017381_21321229.jpg

▼ドナルド・ナック・ザ・ジャンクマン
[PR]
by illcommonz | 2015-11-08 18:37
▼東京経済大学「身体表現ワークショップ 音で遊ぶ (番外編) 楽器のメメント・モリ」
d0017381_1759466.jpg
【メメント・モリ】(memento mori)
「メメント・モリは、ラテン語で「自分が(いつか必ず)死ぬことを忘れるな」という意味の警句。「死を想え」「死を記憶せよ」などと訳される。古代ローマでは、将軍が凱旋パレードを行なった際に使われたと伝えられる。将軍の後ろに立つ家来は、「いま将軍は絶頂にあるが、明日そうであるかわからない」ということを思い起こさせる役目を担っていたため、「メメント・モリ」と口にすることによって、それを思い起こさせていた。」

 「楽器をつくる」ということは、この世に新しい楽器をひとつ生み出し、それに息をふきこむということです。はじめは美しく、きれいで、キラキラ輝いていた楽器も、やがて、その輝きを失い、くすみ、ゆるみ、へこみ、はがれ、傷つき、錆びつき、ほこりにまみれ、そして、かたちあるものの宿命として、いつか必ず、捨て去られる日を迎えます。そのときの風景を想いながら、楽器をつくりましょう。

[ロマンティシズム]
d0017381_180246.jpg
d0017381_1804294.jpg
d0017381_1823463.jpg

[リアリズム]
d0017381_1831855.jpg
d0017381_1833593.jpg
d0017381_183478.jpg

[ヴァンダリズム]
d0017381_184297.jpg
---------------------
(おまけ)
▼映画史に残る「メメント・モリ」




[PR]
by illcommonz | 2015-11-08 18:04
▼東京経済大学「身体表現ワークショップ・音で遊ぶ 初心者のための改造楽器」

▼ベン・マックィン管楽器ワークショップ「ブロー・ユア・オウン・トランペット」

 このワークショップでは、金管楽器(トランペット、トロンボーン、ユーフォニウム、チューバなど)のバルブ(ピストン)をとりはずし、アンブシュア※で(自然倍)音を出すことに専念する。これによって受講者は、バルブのメカニズムではなく、自分の生身の身体で音をコントロールすることにより集中できる(※アンブシュアは、管楽器の演奏者が楽器を吹くときの、唇、舌、歯、顎、頬、鼻腔、咽喉などの状態とその発声機能のこと)。

[身体表現ワークショップ・音で遊ぶための改造教材楽器]

d0017381_17293452.jpg
▼インドのビューグル(ナチュラル・トランペット)

d0017381_17303515.jpg
▼キーレス・クラリネット

d0017381_17305713.jpg
▼シングルバルブ・トランペット

d0017381_17311046.jpg
▼シングルバルブ・マーチング・ユーフォニウム

d0017381_17312973.jpg
▼子供用1/4サイズ、一弦バイオリン

d0017381_1732686.jpg
▼教材マウスピース
[PR]
by illcommonz | 2015-11-08 17:43
▼大妻女子大学「映像・演劇の世界 はじめての映像」
d0017381_14125333.jpg
「人はみな、かつては子どもだった。
しかし、そのことをちゃんとおぼえている人はすくない」
(サン・テグジュペリ)


▼オクタビオ コルタサル監督「はじめて映画を観た日」(1967年)
[PR]
by illcommonz | 2015-11-08 14:13