Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼衣・食・ごみ・住
d0017381_1575999.jpg
「現地には何もありません!!コンビニまで往復一時間です。いや、マジで。基本的には自分のことは自分で!!行けばなんとかなるかな・・・ と、手ぶらで来ないように。最低限必要な個人装備。

【持っていく物】テント・懐中電灯・銀マット(なければダンボール)・シュラフ(寝袋)・食器・食料・包丁・まな板・水筒・虫除け・着替え・携帯電話の充電池(携行用)・タオル・軍手・帽子・ゴミ袋・カットバン・傷薬・下痢止め・ティッシュペーパー・洗面具、非常食・・・

【衣】 服装 夜は寒かったり、雨が降ることも考えて長袖や合羽を用意してください。

【食】 水に関しては20リットル入りのポリタンクを20個?用意して給水所を作ります。ただ、補給が追いつかない場合もあるかもしれませんので、最低限の飲料水は確保しておいてください。食事についてはyoyoさんがベジ食堂の出店を出します。シガちゃんがおにぎり屋をやるそうです。協同炊事の計画も出ています。個人で食事を買う場合、コンビにまでは徒歩で往復1地時間ほどかかるので、できればカップラーメンを数食か、コンロと自炊のセットを持参することをお薦めします。酒はビールやチューハイを販売します。水筒と食器は必ず持参してください!!

【ゴミ】 可燃物と缶ゴミに関してはゴミ箱を設置しますが、不燃ゴミに関しては各自持ち帰ってください。放置しないでください。

【住】 基本的にテント持参でお願いします。テントサイトの確定はもう少しです。野宿もなんとか可能だとは思いますが、虫がいっぱいいるのと、雨の場合はズブぬれになります。

【トイレ】簡易設置型のトイレを3つほどレンタルする予定です。ただし、人が多くて溢れてしまうと穴を掘って・・・ということになるかも。

【病気や怪我あんどの緊急事態】 24時間体制で運転手と車を確保していますが、体調がおかしいとおもったり、大きな怪我をしたらできるだけ早くスタッフに相談してください。バンソウコウや包帯、虫さされの薬、常備薬は各自持参でお願いします。何かあった場合は本部テントへ。

【現地へのアクセス】 一番安いのは青春18切符です。二番目はバス。あと、車のシェアかな。現在、駐車場のキャパがあるのか現地で確認中です。車で来たいと考えている方はとりあえずここか、僕にメールを下さい。質問もここで受け付けます。それと、駅からの徒歩が厳しいと思われるのでシャトルバスか、荷物だけを運ぶ車を定期的に運行しようかどうか検討中です。」

(「なんとかフェス2009」公式サイトより)

d0017381_1572530.jpg
とはいえ、このくらい「な~んにもないところ」で、「な・ん・と・か」することくらい、クリエイティヴなことはない。サバイバル能力だけでなく、クリエイティヴな力が問われるのが野外フェスとキャンプ。「自分のことは自分でなんとかする」、これが、いつ・どこにいても「スペクテーター(見物人=お客さん)」にならずにすますための第一原則だけど、自分のことだけなんとかするんじゃ、すべてが自己責任(=政府無責任)の新自由主義社会と変わりがない。自分のことだけなんとかするんじゃなく、他人のこともなんとかしようとするのが、コミュニティ文化のキャンプ社会。ということで、「いるといら」で自転車を2台なんとかすることにしました。現地での移動のための「コモン=共有物」として活用してください。自転車があれば、ふもとの街まで20分くらい(たぶん)。ほかに「素人の乱」でリサイクル品の回収に使ってる営業車(軽トラと軽バン)が2台あるので、いざという時も「な・ん・と・か」なるはず。

-----------------------------------------------------
[追記]
ここで紹介したサイコフスキーのtoxicなサイケトランスは、意外とこういう野山にもよくなじむ。「なんとかフェス」にDJで参加する方、ぜひこの手のプレイをお願いします。


▼Forgotten Ritual 2007 - Psykovsky


▼4.49 Festival - Hungary 2008.06.27-29., Atriohm
[PR]
by illcommonz | 2009-08-20 02:00
<< ▼スペクターさんお断り ▼非エコ系リアリティツアー >>