Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼スモーク・シェアリング
d0017381_4313596.jpg
ルイス・キャロルの童話「不思議の国のアリス」で「毛虫おじさん」がプカプカ吸ってたのは「水パイプ」。知らないとなんだか怪しいものに見えてしまうらしいけど、アラブ圏やインド圏ではごく一般的なタバコ。Wikipedia などの解説を読んでも分かるように、幻覚作用も覚醒作用もないので、日本でも「合法」的に認められていて、吉祥寺や下北沢には水パイプ・カフェもあるし、トルコ料理店などでも食後の一服としてふるまわれる。

d0017381_4214947.jpg「水タバコはアラビアで発明され、イスラム圏で大成した喫煙具の一種。水煙管(みずぎせる)や水パイプ(みずパイプ)とも呼ばれる。1回の燃焼時間が1時間程度と長く、重さもあり、気軽に持ち運びはできない。そのため、紙巻きタバコが普及している地域ではあまり知られていないが、煙が水を通る間に多少冷やされることもあって、昼間の気温が高いインドや中近東で人気がある。特に中近東では喫茶店に置いてあることが多く、昼間、喫茶店で男性が水たばこを嗜む姿を良く見かける。1人ではなく何人かでゆっくりと味わいながらお茶や雑談をするという様式に合わせられた珍しい喫煙具でもある。」(「水パイプ」Wikipediaより)

Wikipedia の解説にはないが、ニコチンとタールをまったく含まない水タバコもある。その主流煙と副流煙に含まれるのは、いちごやりんご、ぶどうやココナッツのフルーティーな芳香だけである。

d0017381_4222355.jpg[実勢価格]
1箱400円~1500円
水パイプのいいところは、吸うための支度と吸うのにそれなりの時間がかかることと、ひとつのパイプを何人か(2人から4人)でシェアできることで、スロー・ライフとコモン・ライフの両方の要素を含んでいる。誰かが吸うと、そのまわりにあま~く芳しい香りがひろがり、ふくよかな気持ちになる(水パイプには消臭や芳香効果もある)。また、吸うとほのかな清涼感もあるので、暑い夏の日などにはもってこいである。(ケニアのアラブ人街では夕方になると市場に水パイプ屋がやってきて、アラビックコーヒーをすすりながら水パイプをふかし、夕涼みをしてる人たちがいた)。と、いくらそんなふうに云っても、残念ながら日本ではこうしたものに対する偏見が強いので(特にアジア・アフリカの文化を研究する立場からしても、これは残念である)、むやみに誤解されたり、怪しまれたりないように、手持ちの携帯用水パイプのボディをカスタマイズしてみた。

d0017381_4282924.jpg
日本では電化製品に対する信仰が強いのでアナログ電子楽器風にデコレートした。本体はインド製のコンパクトなものだが、マウスピースはアラブ製の本格的なものを使った。「エコな人」向けに3Vの太陽電池もつけてみた(発電した電流を何に使うかは未定)。

d0017381_4285496.jpg
今回は、フェスティバルの会場が「スモーキー・マウンテン」ということなので、公共の場からますます排除され、嫌われることの多いスモークをシェアリングしてみようと、水パイプをもってゆくことにしました。普段、タバコを吸わない人のために、ニコチンとタールのない「いちご味のタバコ」と「りんご味のタバコ」も用意してますので、この機会にぜひ一服どうぞ(もちろん嫌煙家の方や小さいお子さんたちにはおすすめしません)。一方、愛煙家の方におすすめなのは「青りんごと赤りんご」をミックスしたダブルアップル味のタバコです。米国コカコーラ社とは関係のない「コーラ味」もありますが、イルコモンズは衣・食・住に関しては保守的なので、スタンダードなりんご味といちご味を中心に用意しました。

d0017381_4291771.jpg
ということで、水パイプの御用命は「なんとかフェス」会場のイルコモンズ・カフェまで。物々交換で提供します。いずれも数に限り(約20人分)がありますので、お早めに(金曜の夕方くらいまで)どうぞ。

d0017381_4204944.jpg
▼スモーク・シェアリング・ワークショップ
[日時] 2009年8月21日~8月24日随時
[場所] 長野県安茂里「なんとかフェス2009」イルコモンズカフェ
[備考] 水パイプ、タバコ、炭、アルミホイルあり
[問い合わせ] 現地のイルコモンズ(電話/メールなし)

----------------------------------------------------
d0017381_6372139.jpg[追記]
ネイティヴ・アメリカンの文化にも、
交渉や約束ごとをするとき、
儀礼的にタバコ(ピースパイプ)を
まわし飲みする習慣がありましたね。
[PR]
by illcommonz | 2009-08-20 04:34
<< ▼ガジェットガーデニング・ハイキング ▼ブランディング・グラフィティ >>