人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼新学期
d0017381_16523752.jpgたのしかった夏休みも終わり、
今日からたのしい新学期。

長かった夏休みが終わり、
新学期が始まった日の教室の、
こういう感じが好きだ。
でも、今年の新学期はこうらしい。

d0017381_19271686.jpg▼「始業式は全員マスク
「新型インフルエンザの感染が拡大する中、県内の多くの小、中学校で1日、2学期の始業式が行われた。 佐賀市の小中一貫校芙蓉校(小学生111人、中学生62人)では、すべての児童・生徒と教職員が学校にいる間じゅうマスクを着け、始業式は体育館に集合せずに校内放送で行った。マスク着用は少なくとも今週末まで続けるという。緒方俊昭校長は「みんなの日に焼けた顔を見られないのは残念です。うがいや手洗いを行い、マスクにも慣れてください」と呼びかけた。小学校低学年のクラスでは、担任教諭がマスクの着け方などを指導した。県教委によると、特別支援学校などを含む県内の市町立、県立の小中高校のうち、56校の計108人がインフルエンザA型陽性と診断され、この日、欠席した。佐賀市や武雄市、江北町などの教委は保護者に対し、子どもの体温を登校前に測るよう要請。伊万里市教委は市立小、中学校24校の児童・生徒に5枚ずつ、計約2万6500枚のマスクを準備し、各校に配備した。」(2009年9月2日 読売新聞)

マスクについては、こういう意見もある。

▼「非発病者が感染目的にマスクを着用することの効果について
「マスク着用時間内だけ、呼吸器にウイルスが侵入することを防止することは可能と考えられるが、接触感染、空気感染を完全に防ぐことは不可能である。十分な手洗い、そしてマスク着脱の際、表面に付着している可能性あるウイルスに汚染しないように注意、そして十分な洗顔、洗髪等と併用して、初めて効果が発揮されると考えられる。」

「米国医学研究所委員会(The Institute of Medicine)」の結論(2006年4月)
http://www.iom.edu/CMS/3740/32033/34200.aspx

「パンデミックに際してマスクが効果を持つという根拠はない。マスクを着用する効果を信じて、パンデミックの期間、家庭に留まらず外出する市民が増えることが懸念される。インフルエンザの感染経路は次の3通りである。

・手を介して感染(接触感染):患者がクシャミをした際、口を手で被って、その手でドアのノブを触る。そこを他人が触れる。

・ウイルスを含んだ飛沫物による感染(飛沫感染):患者がクシャミや咳を直接空間に向かってした場合、ウイルスを含んだ大きな粒子が周辺に飛び散る。

・微小粒子による感染(飛沫核による感染、空気感染):長時間空中に漂い続ける微小粒子による感染。

これらの3感染経路のどの部分をブロックしたなら、最も効果があるかは誰も分かっていない。」
by illcommonz | 2009-09-02 16:54
<< ▼連休返上 ▼台風シンポジウム >>