人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼「テロにハイジャックされた未来をとりもどすこと(改題)」
d0017381_221409.jpg
▼「テロの記憶にハイジャックされた現実を解放すること、あるいは、
過去の亡霊たちから人質にとられた未来をとりもどすこと」(改題)

[テキスト] CrimethInc
[自動翻訳+補訳] イルコモンズ
[音源] mp3形式 4.98MB 4分20秒

[ナレーション]
1:「質問―すなわち、いまこそ、最終的質問。僕たちは、もう一度 リフレームする。この言葉、いかに対立するか すべての生命、蝶番。それは、戦争への平和の質問。ただでない。peace の十年、西への復讐を得る。死ぬ価値があった。現在の条件の下の新しい平和は、さらにもっと反逆的であること。自殺の爆撃機の生成を説得するために。それは9月11日の攻撃までだった。もう十分に、血を、導き。僕たちはイデオロギー間の対立として投げた。これをできる。弾丸と爆弾が。立場に任意に雨が降る。間。僕たちの、より長い、しかし、安楽椅子のクォーターバックであることを、することができなく、僕たちの支持されたチームかテーマを、他に対して支持する。僕たちのそれぞれが、僕たちの毎日の決定の、グローバルな出来事と、いかに相互に作用しているか、僕たちが、僕たちの生命の....つくる、何を、質問を。それはいつもあり、あっても、誰なのか、テレビか、それがどうした、で、前述がある。死ぬか、殺すが、僕たちは、することができる。僕たちの反対者は、反対者である。僕たちの努力を妨げる自分の限界、すなわち、のための、この質問を、受け身の見物人たちの世界に覆うことは、恐怖と戦争によって、むしろ支配し、もっとむしりとる、不公平の中の不公平を、訂正するために行動する。人と人との間の場所が崩れ落ち、政治家とテロリストに正当化を、同様に提供してしまう。現実のハイジャック、僕たちがそれを......もうこれ以上の戦争、すなわち、もうこれ以上の搾取、すなわち、もうこれ以上のテロがないことを、みんな知ってる。それは、私たちまでだ。」

2:「The question, now―the ultimate question, on which all life hinges―is how 僕たち can once more reframe the terms of this conflict. It is not question merely of peace versus war: the decade of peace that led up to the 9月11日 attacks was sufficiently bloody to persuade a generation of 自殺の爆撃機 that it was worth dying to get 復讐 on the West, and 新しい平和 under the current conditions would be even more treacherous. Nor can we cast this as a conflict between ideologies: 僕たち cannot afford to be armchair quarterbacks any longer, backing our favored teams or themes against others while bullets and bombs 雨が降る randomly into the stands. 質問 is― always is, no matter who is 死ぬか殺す, no matter what is said on television―what we can do ourselves, what we make of 僕たちの生命, how each of us interacts with global events in 僕たちの毎日の決定. Our opponents are those who would hinder our efforts and obscure この質問 for their own ends, who would rather rule over a world of passive spectators wracked by 恐怖と戦争 than take a place among equals acting to correct the 不公平 that provide justifications for 政治家とテロリスト alike.Everyone knows, if it were up to us there would be no more 戦争, no more exploitation, もうこれ以上テロがないことをみんな知ってる、それは私たちまでだ。」


今から三年前につくったもの。いまだに誰が誰にむかって語っているのかよくわからないところがあるが、それでよいのだと思う。これを聞くと、あの事件と、その後にはじまった一連のことを思い出す。・・・・ただいま入ったニュースです..... テロ特別警戒実施中、不審な人物、テロ幻想、監視カメラ、まぼろしのテロ、恐怖と不安のエコロジー..... 忘れていけないのは、大きな力はつねに、ありとあらゆることを口実にし、不安と恐怖を巧みに使って、僕らの自由と権利を奪おうとするということだ。もうこれ以上、テロがないことを、みんな知ってる、それは、私たちまでだ。

d0017381_3293065.jpg
▼「米国同時多発テロ事件」(「幕末写真ジェネレータ」で加工)

[解説]
▼「ハイジャックされた現実をリフレイムする」(「イルコモンズのふた」2005年11月29日より)
http://illcomm.exblog.jp/2285116/
[参考]
▼「今日から、9.11を忘れよう、でも、その前に、9.11を思い出そう」
(「イルコモンズのふた」2008年3月12日より)
http://illcomm.exblog.jp/7464335/

--------------------------------------------------------
[追記] 今日はまたこれを聞こう。


▼「七尾旅人 911 fantasia introduction movie」(*この後からがすごい)

七尾旅人「911ファンタジア」
【あらすじ】「お話してよ!」 あの911から50年を経た2051年9月11日の朝。21世紀生まれのお爺ちゃんが孫にせがまれて話し始める昔語り。「じゃあ、お月様のお話をしよう」1969年、アポロ。人類初の有人月面探査船、着陸成功。強烈なファンタジーによって世界を制した米国。21世紀の到来。2001年9月11日。きたるもの。拡大してゆく戦火。増殖する幻。変わりゆく世界、そして日本。平和の国に、とうとう現れた、戦前世代たち。地下音楽界、ソウルミュージックの再興と、進化。さりゆくもの。消えてゆくレコード、魔法の輪っか。敗北する音楽家たち。沈黙。愛の日々。「お爺ちゃん、もっとお話してよ!」 日の終わりに待ち受けるものは?」

これが圧倒的な現実を前にしてファンタジーにできること、ファンタジーにしかできないこと、ファンタジーの持つ力。「現実は...現実には...現実は...」というなかれ、そんなに現実の奴隷になりたいのか。ファンタジーは現実の前に無力であっても、現実より豊かである。
by illcommonz | 2009-09-11 02:36
<< ▼セプテンバー・フィフティーンの後に ▼ソフトウェア・フリーダム・デ... >>