人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼「スターノーウォーズ エピソード4/希なる希望」

▼「スターノーウォーズ エピソード4/希なる希望」(2009年 米国)
 (原題="What If Star Wars Was Made By Environmentalists?")

 遠い昔、はるか彼方の銀河で...

 これはダース・ヴェーダー率いる

 帝国企業軍の非人道的かつ残酷な

 宇宙環境破壊に対し、

 勇敢に立ち上がった

 宇宙環境保護同盟軍の、

 非暴力を原則とした

 市民的不服従による

 抵抗運動の物語である。


[解説]
これは映画「スターウォーズ エピソード4」の原案をジョージ・ルーカスではなく、環境保護活動家が書いていたら、はたして、どういうものになっていただろうか、という空想に基いて制作されたムービーである。

[あらすじ]
宇宙環境保護同盟軍の、政治的に義しく、美しい宇宙環境への愛と善意にみちた、その抵抗活動の末に、彼/女ら同盟軍を待ち受けていた結末は、まさに驚くべき、だが、お決まりの結末であった...

と、そんな感じのクリティカル・ムービー。監督はフランクリン・ロペス、ホスト役は環境保護ライターのデリック・ジェンセン。冒頭部分でのジェンセンの、微妙な身のそらし具合やあまり気の入らないナレーションに、「思いつき自体は、そんなにわるくないんだけど、でも、これ、ちょっとハズしてるんじゃないのかな...」という無言のコメントを感じる。ともあれ、こういうムービーがつくられたり、また、それをめぐって意見を交わすことのできる運動の環境があるところはいいなと思う。自然環境も大事だが、こうした運動をとりまく環境ももっと保護されてよいと思う。それと、いつもよくわからないな、と思うのは、絶滅の危機に瀕してる野性動物や森や緑にはあんなに関心が集まるのに、いまそこで絶命の危機に立たされている人たちや公園に関心が集まりにくいということ。なんかへんだなぁ。それともテレビ・ドラマ仕立ての感動ストーリーがないとだめなのだろうか。ブームとしてのエコも、ブームとしてのエコから身をそらしたエコも、ふと気づくと、それを同じくらい遠い目で見てることに気づくときの、あの距離感の感覚はなんだろうと、いつもそう思う。
by illcommonz | 2009-09-21 19:12
<< ▼わたしは反( )です、ハハハ... ▼愚かなる国政の碑 >>