人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼もくもくモブに現れたフラッシュな亡霊たち
d0017381_229076.jpg
▼ハイレッドセンター「首都圏清掃整理促進運動」(1964年)

(前略)「話をきいてみると、どうやら、2016年のオリンピック招致にむけて、東京の治安のよさをIOC(国際オリンピック委員会)にアピールするのがねらいのひとつらしい。表現の自由よりもオリンピック優先ということか。1964年の東京オリンピックのときも、首都圏のジェントリフィケーションが行われたが、そのときは、ハイレッド・センター(高松次郎+赤瀬川原平+中西夏之)が「首都圏清掃整理促進運動」と称した見事なカルチャージャミングのパフォーマンスをおこなってみせた。」(イルコモンズ「ディストピアトーキョー」2009年3月18日)

 歴史はつねにドリフトしながら反復し、亡霊たちはいつも時ならぬ時間と場所に出没する、まるで「時間の関節がはずれている」かのように... というのが、デリダの「亡霊論」だが、奇しくも「東京五輪滅亡前夜」と重なった2009年9月30日の「杉並区なんとか安全かんとか条例」施行前夜、高円寺駅前に現れた清掃集団は、ハイレッドセンターの亡霊か、と思った。

d0017381_230146.jpg
 かつてはアーティストがカルチャージャミングのプレイヤーだったが、いまはアクティヴィストたちがそれに代わった、まるでジャンルの関節がはずれているかのように... とはいえ、これはハイレッドセンターへのトリビュートでもなければ、パスティッシュでもなく、もちろんパロディでもない。影響があったかどうかさえも定かではない。そうではなく、これはいま現実にそこにある具体的な政治状況へのシチュアシオニスト的な介入である。

d0017381_2304122.jpg
d0017381_2312590.jpg
 まだ今のこの時点では45年前の模倣と反復だが、45年前のそれとの決定的なちがいは、2009年のそれは映像に記録され(その一部始終は2カメ体勢で撮影された)、いずれYouTubeに公開されて、ネットワークの中をさまよいはじめるという点である。つまり、それは単なる反復ではなく「変わってゆく同じもの」であり、亡霊である。

d0017381_2314787.jpg
 ということで、「もくもくフラッシュモブ」の詳細は、いずれYouTubeに公開されるムービーをご覧ください。今日のところは写真だけ。あー、それにしても、おもしろかった。

d0017381_2392958.jpg
by illcommonz | 2009-10-01 02:43
<< ▼もくもくモブ番外編「クリーン... ▼さらば五輪よ >>