人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼「おくられたこたえ」と「批評のわけまえ」
d0017381_1544792.jpg「これまでの私の著作を批評する「道の手帖・鶴見俊輔」という本を、河出書房新社が二〇〇八年一二月三〇日に発行した。この本で私におくられた批評にこたえる。こたえたいと思って、この文章を書く。(中略) 私が十八歳、十九歳で、大学生だったころ、シルプ編の哲学者叢書が出ていた。(中略)本人が現存であり、それに対して現存の哲学者が意見を述べ、ひるがえって原著者がなにかを書くという形式の本である。(中略) 今、私は、年齢だけは、このシリーズの著者と肩を並べるところまできたが、同じ趣向の本に、自分が生きて出会うと思っていなかった。これは謙遜でなく、事実。私はこたえを書く。リジョインダー程度の小文だかが、二十篇をここに置く。二〇〇九年九月 鶴見俊輔」


 これは事実である。つい先日、このこたえがA4判の封筒にはいって郵送されてきた。ほかの評者たちのもとにもおそらく同じものが郵送されているはずだ。鶴見本人から直接送られてきた二十篇の「こたえ」をひとつひとつをよみながら、こう思った。もし自分が今の鶴見の年齢まで生きたとして、はたしてこれと同じことができるだろうか?と。しかし、よく考えてみれば、自分には著書も作品もないので、その心配はないのだ、と気づいた。それはともかくも、これが、鶴見へ評者たちから「おくられた批評」に対するこたえであるのなら、このこたえもまた「おくられた」ものだと思うので、全体の二〇分の一にも満たない抜粋だが、こたえの一部を、ここに置いてみる。

 「こんなに長く自分が生きると思っていなかったのでとまどっている。でも、よいことのひとつは、わかったことの中に、わからなかったことへの手がかりが含まれている場合である。四年間の米国生活の中に、そのときわからなかった米国が含まれていた。イルコモンズの批評は、そこに焦点を置く」(鶴見俊輔「寄稿者への返信⑯イルコモンズ「あなたのきいているのとは別のもうひとつの太鼓をきく」)

 批評を書くときの、よいことのひとつは、そのときわからなかったことや知りたかった別のことへの手がかりが含まれている場合である。たとえば、この言葉がそうである。

「足なみの合わぬ人をとがめるな。かれは、あなたのきいているのとは別のもっと見事な太鼓に足なみをあわせているかもしれないのだ」(ヘンリー・ソロー)

 こういう言葉に出会うことを「批評のわけまえ」だと思っている。つまり、鶴見からこたえをおくられる前に、すでに「わけまえ」をちゃんともらっていたので、これではもらいすぎである。また、もらったものをひとりでしまいこんでおくことは、よくないことだし、こういうのは「いくら分けても減らぬもの」だと思うので、こうして分け合うことにした次第。これは謙譲ではなく、義務。「イルコモンズ」*という名前から発する義務。

二〇〇九年九月 イルコモンズ

*注: イル・コモンズ 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
by illcommonz | 2009-10-02 01:57
<< ▼ヨーゼフ、お前もか ▼イルコモンズの「なんとか原稿」 >>