人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼いる、映像の現在を、かたる。
d0017381_1433542.jpg いま、映像は、YouTube で、いくらでも好きなだけ見れる。一生かかけても見きれないくらい、たくさんの映像がある。YouTube 以外にも、いつでも・どこにでも映像がある。ケータイの中にも電車の中にもトイレの中にも映像がある。あらゆる場所に映像のある「映像のユビキタス状況」である。しかも、その数は毎マイクロ秒ごとにどんどん増えてゆく。そして、もう誰もそれをとめることができなくなっている。もしYouTube で見ることのできない、ものすごい映像があったとしても、わざわざ横浜まで電車に乗って見にゆくほどの映像があるとは思えないし、たとえ、それを見のがしたとしても、あんまりくやしくない。なぜなら、映像はいくらでもあるし、ものすごい映像は他にもたくさんあるからだ。映像は自分の家や自分の手の中でみるもので、ぼくらは映像をみるために、わざわざ外へ出かけたりはしなくなりはじめている。ぼくたちは、そんな映像の大量消費時代、映像のインフレ時代をすでに生きている。そういう状況のなかで、いま、「国際映像祭」を開催することに、はたして、どれほどのインパクトがあるのだろうか?

 たぶん、もう、ない。

d0017381_1442229.jpg もはや映像に、かつてのようなスペクタクルの力はなく(それでよい)、ぼくらはだんだん映像にうんざりしはじめてきている(それもよい)。そう思ったので、映像はなるべく少なめにし、映像のコンテクストとなるものを多めにした古典的なアーカイヴ・インスタレーションをこしらえた。その「おまけ」程度に映像のあるインスタレーションを口実に、ぼくらが本当にやろうとしたのは、映像には映らない「クラフターたちのエコノミー」や、まだ・ここにしかない「もうひとつの可能なストリート」の解放感や居心地を展示し、予示することだった。展示するのは展開したいからで、予示するのはそれをいつか現実のものにし、コモンとして共有したいから。


「クラフティヴィスト」たちの持続可能なエコノミーはこれからもつづくが、

「ストリート」は、あ・と・一・週・間・で・消・え・る・・・

世界にひとつの、この場所は、「映像」のように、

いつでも・どこでも、再生できない。

早送りも、巻き戻しも、予約録画も、できない。

たぶん、もう、再生できない。

でも、「とりもどすこと」ならできる。

d0017381_1451499.jpg
by illcommonz | 2009-11-22 01:45
<< ▼[A3展] 「〈ストリートの... ▼生きることをやめる前に見てお... >>