Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼仲良きことは美しき哉
d0017381_15155766.jpg
※画像をクリックすると大きくなります。

アフィニティ・グループ
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「アフィニティ・グループ(英語表記:affinity group)とは、直接行動で共に行動する少数の活動家(通常3人から20人ほど)の小さな集団。アフィニティ・グループは上下関係や序列のない方法で組織され、通常は合意形成を用いて、しばしば信頼関係のある友人同士やその他の気の合う人々で構成されている。これらの方法は敏感で柔軟、脱中心化した組織の仕方を提供する。アフィニティ・グループは共有されたイデオロギー(例:アナキズム)、ある問題への共有された関心(例:反原発)、あるいは共通の活動、役割、スキル(例:streets medic)に基づいて作られる。アフィニティ・グループのメンバーシップは誰にでも開かれている場合と限られている場合の両方があるが、後者の方が一般的である。」

「シアトル以後のアクティヴィズム」の大きな特徴のひとつは、名前のある組織やNPOだけでなく、無数のちいさなアフィニティ・グループとそのネットワークからできているところにある。アフィニティ・グループは、アクティヴィズム以外の趣味や遊びや人生のたのしみ(音楽、食事、映画、読書、工作、手芸、おしゃべり、旅などなど)でつながっているグループなので、直接行動やデモがない時でも、あるいはそれが終わった後でも、持続的なつながりやつきあいが続く。世界はすぐには変わらないのだから、持続的であることは大切で、また、持続するにはたのしみが欠かせない。アクティヴィズム以外の共通の話題や関心があるので、「話し合い」とも呼べない、くだけた会話や、「会議」や「議論」とも呼べない、個人的な相談や話が気楽にできる。知らないことでも遠慮せずにたずねあえる。秘密や厳密さではなく親密さを共有するグループだから仲がよい。仲がよいだけでなく、ちいさなグループだからこそできる直接民主主義的なつきあいを尊重し、自由であること・平等であること・自発的であることを優先する。アフィニティ・グループには登録も手続きもない会費もない。小さなグループなので権力争いもなければ内部分裂もない。そんなことをしても、たのしみやよろこびが減るだけだし、そもそも分裂したり分派するほどの数がいない。アフィニティ・グループは、ケーキを分けあうように、なんでもよく分けあう。人数が少ないので分けるのも簡単である。集まるためにわざわざ場所を借りたりしなくても、人数が少ないので、誰かの家に全員が集まることができる。おもしろいことを思いついたら、手続きや承認を経なくても、すぐその場で実行できるし、飽きたらすぐやめる。そして、よく笑う。ばかげた会話の中から、思わぬアイデアや愉快な思いつきが生まれることもある。趣味を通じた知識や経験をそれぞれすこしづつ持ってるので、それがすこしづつ役に立つし、グループのために役立たせることができるのがうれしい。気をはらずに「ぼくら」や「私たち」とく口にできるのは気分がいいし、それはちょっとたのもしくもある。ちいさなアフィニティ・グループならではのちいさな連帯。なにかしたいけど、なにをしてよいかわからないなら、まずアフィニティ・グループをつくってみるとよいかもしれない。なにをするかはアフィニティ・グループできめればいい。アフィニティ・グループをつくることからはじまるアクティヴィズム。なにもしなくても、それまで存在しなかったアフィニティ・グループをつくったのだから、もうすでになにかしたのだし、ひとりのときとは行動や視点もかわる、世界の見方もかわる。こないだは、いるといらとそのなかまたちでキャンプをした。あしたはみんなで映画をみにゆく。みるのは映画「キャピタリズム」。ひとりでみにいくよりずっとたのしいだろうし、見終わった後はまた、しばらく話がつきないと思う。

[追記] このアフィニティ・グループに、ネットワークやサイトを介したヴァーチャルな地縁だけでなく、いつでも自転車でいったり来たりできるようなローカルな地縁的つながりが加わったら、もっと活動がアクティヴになるような気がする。
[PR]
by illcommonz | 2009-12-22 15:23
<< ▼「僕から奪い取れるものなど何... ▼めざめている者たちとねむりこ... >>