Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼ポスト・ゼロ年代の「キャンプの思想」

d0017381_145219.jpg
【野と共の実存キャンプ】(のときょうのじつぞんきゃんぷ)
「私でもなく、公でもなく、"公益(公共の利益)"と"私益(私利私欲)"のあいだをすりぬけ、領土化されたストリート/ネットの規制の余白にあらわれる、「野」の時間やテントのような空間のなかで、ありふれた「コモン」の体験や感触を、いま・ここでアンプラグドに生き、ロゴス的な"安心・安全"や、永遠の"健康"や"環境"よりも、身近な他者たちと分有可能な充実した「野の生」や「共の生」をもとめるもうひとつの実存主義者たちの、キャンプのような生き方と暮しが、いまここにきて、規制まみれの現実と対抗的に共存しはじめている。主義や絶望に陥ることなく、課題や意味すらもなく、キャンプのように自由に、公園や川原や個室で、そのみえないテントをひろげたりたたんだりしはじめている。壁も床もホームセキュリティもなく、細胞の皮膜のような薄いテントだけで現実のなかに投げ出される実存キャンパーたちの、「野」と「共」をもとめる生活は、それがどんなに不安で危険で不衛生で、しかもまた、うつくしくもなく、まずしく、不自然で、よごれているようにみえても、その生は他のなにものともかえがたいほど、ゆたかで充実し、アフィニティとクラフィティヴィズムと連続性への想いにあふれている。」(出典:なし)

d0017381_1485054.jpg
[参考]
【実存主義】(じつぞんしゅぎ)
「実存主義は、普遍的・必然的な本質存在に相対する、個別的・偶然的な現実存在の優越を主張する思想である 。時間の流れの中で、今ここで現実に活動している現実存在としての「私」は、ロゴス的・必然的な永遠の本質を否定された自由な実存として、予め生の意味を与えられることなく、不条理な現実のうちに投げ出されたまま、いわば「自由の刑に処された」実存として、他者と入れ替わることの出来ない「私」の生を生き、「私」の死を死ぬことを免れることは出来ない。このような生を、絶望に陥ることなく、いかにして充実させていくかが、実存主義にとっての課題ということになる。」 (出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

▼「アフィニティ・グループ」
「この長期の運動では、まず小規模で集まって自分たちのアクション・グループやサポート・サークルをつくり、自分たちのキャラクターやパーソナリティを尊重しなければならない。必要なのは新しい組織のありかただ。コミュニティ、つまり、個人的な支援と行動を中心とするちいさなグループをつくり、人びとが理解してくれる長期的な運動を優先的につくろう。巨大な組織にかかわることはない。グループは小さいときに最も力を発揮する。少人数のグループでないと個人的に知り合えない。グループが大きくなると人びとの顔が見えなくなる。小さなグループは一緒になってネットワークや協力関係をつくり、大きな共同行動もできる。しかし本当の基盤は、個人的に顔見知りでおたがいに価値を認め合う人々のちいさなコミュニティにある。私たちがつくるグループや組織のあり方は、元気がでるものでなくてはならない。私たちが存在を否定された状態で生きたくないのなら、持続性の思想が最優先されるべきだろう。これが私たちみんなのヴィジョンになることを願っている。骨から灰が、灰から痛みが、痛みからふくらみが、ふくらみからはじまりが、はじまりからはたらきが、そして、はたらきから誕生が生まれ、歯車が回転し、流れが変わる。」(スターホーク)

-----------------------------------------------------------
[追記]

▼キューヴィレッジ・リアリティツアー
[PR]
by illcommonz | 2010-03-25 01:09
<< ▼野の楽興 ▼今日もまた、明日もまた、連続... >>