Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「なんとかフェス:サマーパニック2010」
d0017381_237778.jpg
「4泊5日の「なんとかフェスティヴァル2009」からもどってきたら、気のせいか、ものがよくみえ、耳がよくなってた。気のせいでなければ、あたまもすこしよくなった気がする。どうやら感覚がひらいたらしい。じっくりものをみたり、じっと耳をすましたり、しっかりものを考えるようになった。こどものころ、キャンプから帰ると、「なんだか、たくましくなって帰ってきたね」と、よくそう云われたもので、なるほどそれに似たところもあるが、すこしちがう気もする。おそらくそれは、日ごろ、聞きたくもない音楽や見たくもない広告、知りたくもないニュースや食べたくもないメニューであふれた、アシッドな資本主義の世界で、あたまを狂わさずにサヴァイヴしてゆくため、知らず知らずのうちにOFFにしていた感覚がオープンになり、リヴァイヴしたのだと思う。つまり「サヴァイヴ&アライヴ」の「なんとかフェスティヴァル」は、「リヴァイヴ」のフェスでもあったわけだが、それ以上にまずは「アライヴ」のフェスだったと思う。なにを「生きた」かといえば、もちろん「革命後の世界の暮らし」であり、「金もうけ連中の世話や餌食にならなくて済む生活」であり、「エコ=ECO=END CAPITALISM ORGANICALY=有機的に資本主義を終結させる)」な生活である。それは、朝起きてから朝寝るまで、ひっきりなしに誰かがドラムやギターを鳴らしていたり、昼間からなにもせずただぶらぶらしてたり、夜中に酔っぱらって地面で眠りこんでたりしても、まぁ「なんとか」なってゆく暮らしであり、「なんとか」なりそうにない場面になればなるほど、みんなでよってたかって「なんとか」してしまう、たくましい生活である。そんな「なんとか」ライフをアライヴしたのだから、このフェスに参加した100人はさぞかしみんなたくましくなって帰ったのではないかと思う。それはさておき、こないだ、この「なんとかフェス」をドキュメントした映画「なんとかフェス・ざ・ムービー」をみた。その、とにかく、うるさくて、やかましくて、みてると、また感覚がひらいてしまいそうになる映画をみながら思ったのは、「世界がもし100人の村だったら」ではなく、「世界がもしこんな100人の村だったら」ということである。この映画は「革命後の世界」を先につくって生きてしまった「百人一揆」の記録である。「もうひとつの世界」は可能なだけでなく、もうとっくに生きられはじめてる。見よ、呆れよ、そして、おもしろければ、来年、参加したまえ。これが「革命後の世界の暮らし」だ!」(「イルコモンズのなんとか原稿」(2009)をほぼ全文、無断転載)

それから一年。その待ちに待った「なんとかフェス」がふたたび開催される。

▼「なんとかフェス:サマーパニック2010」
[日時] 2010年8月20日(金)~22日(日)
[場所] 長野県長野市安茂里ジローズ・ビッグマウンテン
[アクセス] http://nantokafes.blogspot.com/p/map.html
[公式サイト] http://nantokafes.blogspot.com

d0017381_2393998.jpg▼「なんとかフェス」
モニュメント
「バーニングマン・フェス」をモデルにはじまった、この全員参加型フェスの趣旨とそのおもしろさについては、松本哉の下の文章に詳しい。

 「巷では、相変わらず野外音楽イベントなどの夏フェスブームは続いており、この夏もいたるところでイベントは開催されている。ところが、大きいイベントなどはやたらと商業化しているものばかりで、街で消費するのと何ら変わらないようなイベントが多い。
 街にはびこる金もうけのボッタクリ連中は、低賃金で職場でコキ使い、街でも金を吸い上げる罠ばかり作ってる上に、今度は我々貧乏人の最後の砦である遊びの領域にまで、金もうけが進出してきている。う~ん、こいつはけしからん!!! 
 ていうことで、こうなったら自力で遊んでしまうしかないっていうのが、大バカイベント「なんとかフェス」! 去年は東京や関西、北陸などから100名ほどが参加し、ライブやDJ、映像やトーク、各種出店などもでて、なかなか盛り上がった。ところが、今年は去年の祭り情報を聞きつけた連中が続々と参加を表明するなど、もっと賑わいそうな気配が漂っている! なんだなんだ、どうなってるんだ!?



 夏が近づいてくると、どいつもこいつも「なんとかフェス、なんとかフェス」と騒ぎ出し、やたらとテンションが上がって、準備も急ピッチに進められ始めた! 去年も事前に2回ほど東京や関西から現地入りして草を刈ったりステージを作ったりしたが、今年もすでに4回も現地入りして、今週末にも最後の調整に5回目の現地作戦が計画されている。おかげで、現地の会場整備も相当進み、荒れ果てた山もだいぶきれいになってきた。

d0017381_243543.jpg▼ジローズ・
マウンテン
 去年は第一回目だったので、完全に謎のイベントということだった。山の中なので、キャンプ場ですらなく、不用意に参加者が集まってトラブルがあったらいけないので、「水もないし食料も自炊しなきゃいけないし、宿泊もテント張ってキャンプで。マムシにも注意」のようなことを事前に行って少しハードルを高めにしていた。おかげでみんな必要以上にビビりはじめ「本当に何もないらしい」「野グソしなきゃいけない」「風呂は川で」「クマとの戦いもありうる」「餓死の危険もあり」などと、妙な噂が立ち始め、サバイバル力に自信のない人たちは参加を控えたりしていた。ところが!! それが実際には仮設トイレもあるし、共同で食事も作ったりもするし、最終手段には30分ほど山を下れば国道に店もあったりして、どうも意外に快適だということが判明し、今年は参加希望者が続出。

d0017381_245142.jpg▼「見物なし、
全員参加」
 そしてさらに、今年は「なんだか面白いことになってるらしい」っていうことで、全国各地からも参加表明が続々と相次いでいる!! 東京や関西も噂を聞きつけたいろんな人が「遊びに行くよ~」と言い出していて、去年よりもだいぶ幅広い連中が長野に向かうらしい。広島からは、行友ブラザーズという市内の大マヌケなレコード屋をやってる奴らや、フードジョッキーと称してあらゆる食べ物を作りまくる東琢磨氏(音楽評論家)がやってくる。仙台からもバンドやら謎のスペースづくりをやらかしている大アホ若手勢力も登場! 沖縄からも勝手な物を作ったり勝手な店を開きまくったりっして、生き方全体でパンクを体現する総合パンク集団=チャンネルシックスが駆けつけるとのこと!! さらには、北陸やら四国なんかからも集まってくるし、すごいことになってきている!



 街は窮屈になってくるわ、貧富の差は拡大するわで、やたらとせせこましくなってきているなか、ここ数年で急速に勝手なスペースを作っている連中が急増している。当然、そういう生き方をしている連中からすればそれは、まさに遊んでるだけ(素人の乱もそうだが)!! ところが、この勝手に遊んでいるということ自体が、この窮屈社会への最大の抵抗になってるところがまたいい感じだ。この連載でもたびたび紹介しているが、そんなとんでもない奴らが一挙に集まってくる祭のような感じになってきた。まさに勝手な奴らのフェスティバルだ!! 
 さらには、そんな各地に勃発しまくっている謎のエリアの人々によるトークショーなんかも開催がもくろまれたりもしている。こんな、各地の連中が結託しようもんなら、世の中相当面白いことになってしまうぞ!!
 っていうことで、今年のなんとかフェスは、ちょっと目も離せなくなってきた!」(松本哉「なんとかフェスがまたやってくる!」をほぼ全文、無断転載)
.................................................................................

d0017381_2481472.jpg▼「なんとかフェス2010」
公式ポスター
【タイムテーブル】
(※事情により、スケジュールの一部もしくは、すべてが変更になる可能性もあります)

▼第一日目:2010年8月20日「なんとか前夜祭」

[畳ステージ]
16:00~17:00 オープニング back to back DJs
17:00~17:30 NAGOMI (LIVE)
17:30~18:00 ふじいたるねん (LIVE)
18:00~18:30 男女間の友情 (ペペ長谷川+ひょうろく)(LIVE)
18:30~19:00 ヤバスタ音頭を考える会「ヤバスタ音頭」
19:00~19:15 イルコモンズ「若者がキャンプでひどいめにあう映画集」
19:15~20:15 「なんとかサミット」
20:15~21:00 bancho
+レイトショー 映画「ココデナイドコカ」上映



[タイヤステージ]
・イルコモンズ feat.ちびこもんず (DJ/VJ)
・間宮 (DJ)
・鈴木孝弥 (DJ)
・ira_k (DJ)
・たまご (DJ)

d0017381_2524145.jpg▼なんとかフェス
公式音頭
「ヤバスタ音頭」



▼第二日目:2010年8月21日「なんとか本番」

[畳ステージ]
15:00~15:30 オープニング
15:30~16:00 ひとひとり (LIVE)
16:00~16:30 ビュッフェ&ケンシロウ (LIVE)
16:30~17:15 KORAKORA (LIVE)
17:15~18:45 金鋼(LIVE)→ ヨッシー(DJ)
18:45~19:15 ヤバスタ音頭
19:15~20:00 ジェロニモレーベル (LIVE)
20:00~20:30 パンクロッカー労働組合 (LIVE)
20:30~21:00 ???
21:00~21:45 $tinky Guitar(HADOU HALTA)(LIVE)
21:45~22:30 Bizarre(LIVE)
22:30~23:00 P.K.DICKS(LIVE)
23:00~ 映画「NOT THE END」上映
+レイトショー 映画「GOOD COPY BAD COPY」





[タイヤステージ]
13:30~14:30 イルコモンズ feat.ちびこもんず(DJ)
14:30~16:00 ペペ長谷川×神長恒一×中川トーク
16:00~18:00 MAKOSSA (DJ)
18:00~19:00 シャリバリ (DJ)
19:00~21:00 映画「国道20号線」上映



21:00~22:00 富田克也×相澤虎之助トーク+映画「サウダーヂ」予告編上映
22:00~23:30 BIG BEN(Stillichimiya) (DJ)
23:30~24:30 Mix Noise (DJ)
24:30~26:00 NORAO (DJ)
26:00~27:30 オキ (DJ)
27:30~28:30 MAKOSSA (DJ)

d0017381_255865.jpg▼「なんとかフェス」野外看板
d0017381_2555669.jpg▼「なんとかフェス」野外看板
▼最終日:2010年8月22日 「なんとかファイナル」

[畳ステージ]
14:30~15:00 オープニング
15:00~15:30 BeerWulf (LIVE)
15:30~16:00 ゲロクソ (LIVE)
16:00~16:30 ヤバスタ音頭
16:30~17:00 井上卓 (LIVE)
17:00~17:30 middle finger (Deepthroat X) (LIVE)
17:30~18:00 ジロー岡村&ブルース井口 (カラオケ)
18:00~18:30 Life Beyond Prologue (LIVE)
18:30~19:00 Darklaw (LIVE)
19:00~19:30 DESTINY (LIVE)
19:30~20:00 Holy&Blight (LIVE)
20:00~20:30 Zombie Blasphemy (LIVE)
20:30~21:00 DREAMS COME TRUE (LIVE)
21:00~21:30 鎖国 (LIVE)
21:30~22:00 浦野商店 (LIVE)

[タイヤステージ]
16:00~17:00 毒茸 (DJ)
17:00~18:00 ギロヤン (DJ)
18:00~19:00 ヨシムラさん (DJ)
19:00~      クロージング back to back DJs

d0017381_32211100.jpg▼「なんとかフェス2010」
公式ポスター

[パフォーマンス]
・らん
・ジャマシマン
・山下陽光

[Food]
・フードジョッキーCLASH 東京vs広島 頂上決戦
・メタルバーベキュー

d0017381_2491788.jpg▼「なんとかフェス2009」
公式DVD
【入場料】
このイベントによって儲かる人は誰もいません。入場料は基本的にありませんが、出来るかぎり楽しく心地よい空間をつくる為に、音響機材、照明、ジェネレーター、トイレのレンタルなど、さまざまな費用がかかっています。ぜひカンパの協力をお願いします!!

【持っていくべき物】
テント、懐中電灯、シュラフ(寝袋)、食器、虫除け

【あると便利な物】
水筒、着替え、厚手の長袖の上着、タオル、非常食、銀マット(なければダンボール)、携帯電話の充電池(携行用)、雨がっぱ、軍手、帽子、ゴミ袋、カットバン、傷薬、下痢止め、ティッシュペーパー、洗面具

【水について】
水に関しては20リットル入りのポリタンクを4~5個用意して給水所を作ります。ただ、補給が追いつかない場合もあるかもしれませんので、最低限の飲料水は確保しておいてください。毎日午前中に水の補給に行きますので、手があいている方はぜひお手伝い下さい。

【食事について】
カンパ制の協同炊事(ヴィーガン/非ヴィーガン)が予定されています。すべての食事をまかなうことは難しいかもしれませんが、調理や買い出しの際に協力してくれる人がたくさんいれば、ものすごく豊かな食事になるかもしれません。保存のきく食べ物を少し持っていくと安心です(安茂里駅前に巨大スーパーがあります)。また、料理や飲み物を個人的に提供する予定の参加者もいるようです。

【お酒】
ビールと発泡酒は用意しています。カンパでお分けします。

d0017381_2582747.jpg▼「なんとかフェス」
記念Tシャツ
【ゴミ】
可燃物と缶ゴミに関してはゴミ箱を設置しますが、不燃ゴミに関しては各自持ち帰ってください。放置しないでください。

【トイレ】
簡易設置型のトイレを5つほどレンタルする予定です。ただし、人が多くて溢れてしまうと、穴を掘って…ということになるかもしれません。

【病気や怪我などの緊急事態のとき】
体調がおかしいとおもったり、大きな怪我をしたらできるだけ早くまわりの人に相談してください。バンソウコウや包帯、虫さされの薬、常備薬は各自持参でお願いします。何かあった場合は本部テントへ。

【現地へのアクセス】
http://nantokafes.blogspot.com/p/map.html

d0017381_4171731.jpg
・高速バスや電車で来る人(JR安茂里駅から会場まで徒歩約25~30分)
長野駅から一駅の安茂里(あもり)で下車。駅前の国道19号線を左(松本方面)へ→セブンイレブン(飲料水の確保を忘れずに!)、シェルを通過→小市交差点を直進→KABと落書きされた倉庫を左手に見てまもなく→小さな橋を渡り、板金屋の横から林道に入る(駅からここまで15~20分)→道なりに歩くとフェス用駐車場や第2キャンプ場が現れ、10分足らずで到着。

・自動車で来る人(長野インターチェンジからの会場へのアクセス)
長野自動車道→長野ICを出て県道35号線を長野市方面に向かって直進→そのまま117号線に入る→中御所の交差点を左折→左手にセブンイレブン →シェルを通過→小市の交差点を過ぎると右手に板金屋があるので手前を右折※(ジローズビッグマウンテン入口)→山道を道なりに進むと会場前駐車場(※林道入り口の橋は、たいへん小さくて見落としやすいので注意。もし、松ヶ丘小学校とか小市西交差点まで来てしまったら引き返してください。)

果敢にも自転車で行くつもり、という方は、水分補給はマメに! 東京からだったら3日くらいです。

d0017381_2591916.jpg▼「なんとかフェス」
記念カンバッジ

では、現地で。
[PR]
by illcommonz | 2010-08-19 03:25
<< 【実況】なんとかフェス in ... ▼環境世界 >>