人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼怒りの日のために(11) 「はじめに、叫びがあった。」
d0017381_2333135.jpg
  「はじめに、叫びがあった。きみはおぼえているだろうか?きっかけは街路に響くドラムのリズムだった。何千人もの身体がひしめく、あの空間に漂っていたのは、どこかきまりのわるいよそよそしさだった。そこには敵意や不信感こそなかったけど、見知らぬもの同士の冷めた距離があった。でも、ドラムが鳴りはじめた瞬間、たがいを隔てる壁が消えうせた。ドラムの最初の一撃によって、亀裂が走ったのは、互いを隔てるまなざしの壁、パフォーマンスやライヴを受動的に享受するだけのオーディエンスがつくる空間、つまり「見物人たちの空間」だった。その瞬間から、見物人はいなくなり、全員がなにかをする人たちになった。リズムが心臓の鼓動のように群集に伝わるにつれ、ことば、記憶、そして、ノイズが、ゆるやかに結びついていった。直接参加と情動をうみだすというラディカルな美学が実践されていた。その美学がつくりだしたのは、アート的な作品やパフォーマンスなんかではなく、集団的な創造のプロセスのなかから生まれる、ごくふつうの人間たち同士の結びつきの経験だった。僕たちは目の前で、怒りや笑い、歓びやおそれ、という「情動の空間」が生まれるのを目のあたりにした。それは、それまでバラバラにされてきた人たちが再び「共にあること」をとりもどした瞬間だった。そこは様々な結びつきや議論、共同性が現れてくるために欠かすことのできない結合の場になった。新たな関係や相互行為がうまれてくる「民衆の空間」が出現した。きみはまだおぼえているだろうか?はじめに、叫びがあったことを。」(スティーヴン・シュカイティスの文章をリミックスした「デモス+クラトス楽団」の設立趣意書のリミックス)

d0017381_05923100.jpg
 「4.10原発やめろデモ!!!」に「アングリー・マーチング・コレクティヴ」という誰でも参加できる楽器隊のブロックができた。

 ▼SILVER BLOC(楽器隊)
 「アングリー・マーチング・コレクティヴ」
 (※誰でも参加可能。楽器・鳴り物をご持参ください)

 日曜日はこのドラムを持ってこのブロックに参加しよう。

[参考]

こちらは米国のストリート楽団「ハングリー・マーチ・バンド」
by illcommonz | 2011-04-08 23:36
<< ▼怒りの日のために(12) デ... ▼怒りの日のために(10) デ... >>