人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼リアル、ストレート、ブラボーにもほどがある、母親大会
d0017381_3384368.jpg
photo by koyoshizu via http://instagr.am/p/JTdiZ/

■kumato_c kumato
アトミックサイト展行ってきた。 初めてガイガーカウンターを使ったが、福島の保育園の土の線量の高さに驚愕。人間的じゃない。 あと、事実は事実として受け入れて呪われた部分にしてしまわないことが必要な気がします。起きちゃったんだから。

■oribesgarden 織部佳積
「アトミックサイト」展を観て来た。現代アートの展示としてもすごかったが、暑い部屋の中で鳥肌が立つ程、原発の怖さを再認識した。東京都下からだと、はるばるこんな遠くまでと言う感じだが、観に行った甲斐があった。20日(土)まで、お勧めである。

■oribesgarden 織部佳積
そして、今回の「アトミックサイト」展でもう1つすごいなと思ったのは、いろんな脱原発デモで見かけたプラカードや、オブジェらしきものが幾つも展示されていた事。そうか、やはりデモで見たのは、外へ出たアートだった訳だ。リアルに社会と結び付いた在り方、これが本来の現代アートだと思う。

d0017381_3393870.jpg
photo by El Topo via http://eltopo.exblog.jp/15266205/

■_NakanoJun_ 中野純(さるすべり)
イルコモンズ監修「アトミックサイト」展、超行くべし。各地の「放射能」も展示してあって、線量計という感覚器官を通して鑑賞する。私が持参した線量計はアラーム鳴りっぱなしだったが、そんな騒音を出してもマナー違反にならないどころか、騒音が瞬時に作品の一部と化す。ブラボーにもほどがある。

d0017381_3434613.jpg
photo by El Topo via http://eltopo.exblog.jp/15266205/

「ホーマー・ジェイ・シンプソンはマット・グレイニングが創作したアメリカのテレビアニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』に登場する人物で主人公。バートが生まれる前は、バートを養うために色々な仕事に就いたりしていた。しかし、それらの職業で失敗をしてクビになってしまい、原子力発電所の面接に行くが失敗してしまい不採用となった。その後、バーンズ社長に直接会い「人権を放棄した社員を雇いたいなら俺を雇え」などのことを言って、原子力発電所で働くことになった。マギーが生まれる前は自分の夢を叶えたいと言うことでバーニーの伯父がオーナーをするボウリング場で勤務を一時期していた。しかし、生まれてくるマギーを養うために再び原子力発電所に戻り、永久に原子力工場に勤めさせられることになった。」

■_NakanoJun_ 中野純(さるすべり)
「アトミックサイト」展は、会期を延長して、20日まで現代美術製作所で開催中。→www15.ocn.ne.jp/~g-caf/ これぞ真の電力館という感じ。惜しまれずに閉鎖された渋谷の電力館も、イルコモンズ監修でこんな感じで再開すればいいのに。そしたらブラボーにもほどがあるのに。

■magiwogg まぎぃ
アトミックサイト展。ストレートですごくわかりやすい。現物があるから、いろんな意味でダイレクト。よくここまで!ここまでストレートだと、わかりやすいを通り越して覚悟を決めざるを得ない。なんとかして生き延びましょうぞ。

d0017381_341878.jpg
photo by koyoshizu via http://instagr.am/p/JTkUZ/

「いま、みなさまがいらっしゃる 建物は、かつて(株)城東製作所の工場だった場所で、そこでは戦後の復興期から平成の初期まで、全国の電力会社および関連電気工事会社むけに、耐電用のゴ ム製品等の製造が行われていました。主な納入先は下記の通りでした。北海道電力、東北電力、北陸電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電 力、九州電力、関電工、東北電気工事ほか」

■shina_emon シナえもん
アトミックサイト展にて黒瀬陽平らしき人を見た。

d0017381_3415516.jpg
photo by koyoshizu via http://instagr.am/p/JTeLY/

■yamamotokou2 山本坑
原発事故以降ちいさな頃に母親大会に連れられて感じた事を反芻する日々です、今ある社会保障って母親達が作ったと思う、行動して。

-----------------------------------------------------

 おじさん、おばさん、ぼっちゃん、じょうちゃん、赤ちゃん、動物のみなさん。レヴェル8へようこそ。アトミックサイトは、反/脱原発PR館です。アトミックサイトは、現代アート展ではありません。こむずかしいことや、ややこしいもの、なぞめかしたものはありません。放射能の前ではみんな同じです。たねやしかけはありますが、だれもが、みて、きいて、さわって、感じて、原発のことを考えたり話したりするための施設です。わからないことがあれば、ガイドさんにきいてください。マンガやおもちゃ、ガイガーカウンターや防護服、いろいろ用意しています。冷房がないかわりに、ヒャッとするもの、ゾッとするもの、いろいろ用意しています。どうか、ご家族、ご友人、同僚、恋人、お誘いあわせのうえ、ご来場ください。(アトミックサイト監修者より)
by illcommonz | 2011-08-13 04:08
<< ▼ユリア・レーザ、映画「レディ... ▼アトミックサイト監修者による... >>