Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼飴屋法水「じ め ん」
d0017381_1728990.jpg
「じ め ん」
[日時] 2011年9月16日/17日 19:30-
[場所] 東京・都立夢の島公園内多目的コロシアム
[構成・演出] 飴屋法水
[出演] ロメオ・カステルッチ、飴屋法水、小山田米呂、ブリジッド・コナー、村田麗薫、さくら町子どもガムラン(新川美鈴・関口旬子・小峰星花・村山竜規・徳永和奏・木間衣里)、松村空弥、くるみ

 3.11以後、「いま、この人はなにを考え、これから、なにをするのだろう」と気になっていた同時代の表現者がふたりいる。ひとりはECD、もうひとりが飴屋法水。ふたりにはそれぞれ娘がいて、そのもっとも身近な「未来の血族」のために/とともに、このふたりがなにをするのか気になっていた。第5福竜丸が眠る夢の島の野外劇場の「じ め ん」の上で、演出家の父が娘に託した役柄/役割はなんだろう。それが気になっていたのだが、いつものように公演直前になって招待してくれたので、これからみにゆく。

 「わたくしといふ現象は、假定された有機交流電燈の、ひとつの青い照明です。風景やみんなといっしょに、せはしくせはしく明滅しながら、いかにもたしかにともりつづける、因果交流電燈の、ひとつの青い照明です。
 おそらくこれから二千年もたったころは、それ相當のちがった地質學が流用され、相當した證據もまた次次過去から現出し、みんなは二千年ぐらゐ前には、青ぞらいっぱいの無色な孔雀が居たとおもひ、新進の大學士たちは気圏のいちばんの上層、きらびやかな氷窒素のあたりから、すてきな化石を發堀したり、あるひは白堊紀砂岩の層面に、透明な人類の巨大な足跡を発見するかもしれません。すべてこれらの命題は、心象や時間それ自身の性質として第四次延長のなかで主張されます。」(宮澤賢治)
[PR]
by illcommonz | 2011-09-16 17:29
<< ▼身潰すほどの「ゆめ」敗れて「... ▼デモ婚 >>