Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼自分の人生をお金に「占拠」されないライフ・スタイル


 「バイナッシング・デイは、ものを一切なにも買わずに、じっと我慢したり辛抱したりする日ではない。バイナッシング・デイは、不必要なものや、無駄なものを買わずにすませ、自分にとって本当に必要で、大事なものは何なのかを考える日である。云いかえるとそれは、自分にとって「無くてはこまるものを買う日」である。そう思うので、毎年、バイナッシング・デイには、買物をひとつだけすることにしている。」(「無買日だからこそ買うものもある」

 これを書いたのは今から4年前で、そのときはバイナッシング・デイに刊行された「暮しの手帖」冬号を買った。特集は「ミシン入門」と「テディベア」そして「文化鍋」だった。ちょうどミシンがけをおぼえようとしていた時だったので、とても役にたった。いまでもミシンのそばに置いてある。そんなふうに、今年のバイナッシングデイも、ひとつだけ買物をした。それはバイナッシング・デイにあわせて刊行されたマーク・ボイルの「ぼくはお金を使わずに生きることにした」という本。

d0017381_1442431.jpg マーク・ボイルは2008年のバイナッシング・デイから一年間、お金を使わずに生活する実験を行った。この本はその記録である。本の帯にはこう書いてある。「この実験で証明したいのは、お金がなくても「生き延びられること」ではなく、豊かに暮せること」だ」と。しかい、お金といっても、お金のなかには、地域通貨のようなお金もあるし、寄付や募金ではお金がその額面以上のものとして輝きはじめ(フランク・キャプラの映画「我が家の楽園」と「素晴らしき哉人生」にはそういう魔法のようなシーンがある)、それを贈与することもできるので、自分はマーク・ボイルのような一切お金を使わない生き方をしようとは思わないが、この本に書かれている、自分の人生をお金に「占拠」されないライフ・スタイルにはとても興味があるし、それは「原発のいらない暮し」にもつながると思うので、寒くなるこれからの季節、時間をかけて、じっくり読んでみようと思っている。
[PR]
by illcommonz | 2011-12-01 01:46
<< ▼怒りのドラムデモの記 ▼多摩美「野生の思考の研究:野... >>