Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「放射能はいらねえ! 仮装!! 変身!! クリスマス・デモンストレーション in くにたち」

「オレみたいに、どっかへいってたヤツが、帰ってこれるように、心をこめて歌います」
(忌野清志郎)

▼「放射能はいらねえ!仮装!! 変身!! クリスマスデモンストレーション in くにたち
~安心してクリスマスケーキを食いてぇ」
[日時] 2011年12月25日(日)
[場所] 東京・国立市 大学通り

[第1部] デモンストレーション
13:00 谷保第一公園(汽車ぽっぽ公園 集合 南武線谷保駅より徒歩3分
13:30 デモ出発
15:00 一橋大学西キャンパス正門付近 到着(流れ解散)
[第2部] デモンストレーション
18:00 一橋大学西キャンパス正門付近 集合 国立駅より徒歩10分
18:30 デモ出発
19:45 東さくら遊園 到着(流れ解散)

d0017381_2361428.jpg
【キヨシロー大募集】
 国立といえば、キヨシロー!放射能、たまらん坂!!初期のオーバーオール、中期の細身スーツ、後期のアクセサリーじゃらじゃら、いろんなキヨシローになりきって国立で原発はいらねぇと叫ぼう!
・サンタのお手伝いしてくれる方、数名募集!以下のメールアドレス、または当日スタッフまでお声をかけてください!(nonukekunitachi gmail.com)

d0017381_2395485.jpg
・実物大くらいの仮装マリア像を台車で運んでくれる方、募集! きっといいことがあるはず!

★仮装・扮装しなくても大歓迎です。お気軽に!
★準備スペースあります!
扮装準備および、お子様のオムツかえなどにご利用できます。
荷物を置かれる場合、主催側では責任が持てません。貴重品はご遠慮ください。
★前日もスペース解放!!
仮装準備、プラカードつくりなど、前日もかけこみ亭を解放いたします。

---------------

 おそらく、このデモが今年、東京で最後のデモになると思う(自分にとっては今年35回目のデモ)。そして12月25日は、玄海原発4号機が定期検査のために停止する日であり、このくににある原発の90%が停止する日。ちなみに国立はこういうところ。

「国立市が「脱東電」 学校などの電力切り替え」
 「国立市は、市役所庁舎や公民館、市立小中学校など20カ所の電力供給元を東京電力から電力小売り事業者「エネット」(本社・港区)に切り替えた。東電福島第一原発事故を受け、市は9月、入札による電力供給業者の選定を決定。温室効果ガスの排出など環境負荷が一定の基準を下回る業者のみを対象とした一般競争入札を10月に実施し、東京ガスなどが出資するエネットが落札した。入札には4社が参加し、エネットの単価が最も安かった。エネットへの切り替えで、20施設の年間の電気料金は約150万円安くなる見込みだという。契約期間は11月から来年10月末まで」(産経新聞 2011年11月3日)

 国立で「愛し合っている」といえば、これもわすれてはいけない。いや、思い出さなくてはいけない。



「赤い疑惑」
 「主人公は大島幸子(山口百恵)17歳。大学の助教授を父に持つ。親戚にデザイナーの叔母さま・大島理恵(岸恵子)がいる。実は、その叔母こそが幸子の本当の母親であり、幸子は大島家の実の娘では無かった。パリに住む叔母が日本に来るという日、大学にいる父を空港に連れて行くために大学にやって来た幸子は、学内の爆発事故に巻き込まれて「放射線療法用コバルト60」からの放射線に大量被曝してしまう。その時、幸子を助けたのが、相良光夫(三浦友和)という医大生だった。しかし幸子は白血病になってしまい闘病生活を送ることになる。」

 見たことがない人も多いと思うので、自宅にあるレコードの音源をアップした。なぜこんなレコードを持っているかといえば、1999年に東海村で臨界事故が起きたときに思い出して、手に入れたからで、昭和40年代生まれの自分が、放射能のおそろしさと、それがもたらす悲劇を知ったのは、まさにこの番組だった。そう、「ただちに健康に影響がない」ことくらい百も承知で、この先に待ち受けている「過酷な運命」がおそろしいのだ。

 そして、クリスマスと放射能といえば、この映画。


▼映画「クリスマスツリー」(1968年)

(あらすじ)「十歳になるパスカルは、夏休みを父ローランとコルシカ島で過ごした。母はいなくても、パスカルには、父の恋人カトリーヌも、仲良しのおじさんベルダンもいたし、寂しいことはなかったが、父と二人のコルシカでのキャンプはまた格別だった。が、或る日、二人が釣りを楽しんでいた時、近くに核爆弾をつんだ飛行機が墜落した。その日から、パスカルは体の不調を訴えるようになった。パスカルは、放射能のため白血病に侵されていたのだった。医師は、ローランにパスカルの命はあと半年と宣告した。ローランは、あと半年をパスカルの思い通りに過ごさせてやろうと決心し、パスカルの欲しがるものはすべてあてがった。オモチャ、トラクター、そして狼までも。ローランと真相を知ったカトリーヌ、ベルダンは協力し、狼を欲しがったパスカルに、動物園から盗みだした狼を、あてがったのだった。夏が過ぎ、枯葉が散って、クリスマス・イブが、やってきた。美しいツリーが部屋にかざられ、プレゼントが山のように積まれた。静かなイブの夜が過ぎていくかに思われた。がパスカルへの最後の贈物を買うため外出したローランとカトリーヌが戻った時、ツリーの下でパスカルは永遠の眠りについていたのだった。」

 これも子どものころにテレビでみた。この映画で、こどもが放射能によわい、ということを知り、その後、何日も鉛のような重たい気持ちが続いた。いま、もう一度、みてみてみたいかといえば、もうみたくない。これから何年後に、こんな悲劇が現実に起きかねないということを考えると、とてもみれない。

「悲劇を悲劇として認識できないことほど悲劇的なことはない」(「脱原発メッセージ集」より)
[PR]
by illcommonz | 2011-12-23 00:02
<< ▼だれも辞任なんて求めてない、... ▼CAMP「現在のアート〈20... >>