人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼ミスターNO!から、こどもたちへの贈りもの
d0017381_1345645.jpg
「ミスターNO!を名乗る匿名の人物から、施設にランドセル届く」
 「漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」を名乗り、児童相談所などにランドセルや現金を送るケースが年末から全国で相次いでいるが、東京都立川市では、1月9日未明、反抗児童擁護施設「ちびこもんずハウス」に、タイガーマスクに登場する「虎の穴」の覆面レスラー「ミスターNO!」を名乗る人物からランドセル1個が届けられた。ランドセルには、ロンドン・パンクを彷彿させる安全ピンやチェーンのほか、パンクの仕掛け人マルコム・マクラレンの「ダックロック」を連想させる牛の角やカラスの羽根などが装着されていた。さらにランドセルの中には「ミスターNO」のフィギュアや「子どもが体験するべき50の危険なこと」などのほか、巨大なモンキーレンチとガイガーカウンター、こどもたちにあてたと手紙一通がいれられていた。専門家によれば「善意なのか悪意なのか意図は不明だが、おそらくタイガーマスク運動に対抗しようとした」もので、「昨年の原発事故の影響が大きい」とみている」(東京日日新聞 2012年1月9日)

d0017381_13452019.jpg
▼「ランドセルに入れられていた手紙(全文)」
 「おい、クソガキども、遅れてすまないが、めでたくもなんともないクソったれな新年(原文ママ)のプレゼントだ。つべこべいわず、だまってうけとれ。いいか、この世のなかはタイガーマスクみたいな正義の味方ばっかりじゃねぇぞ、世の中にはオレらのようなクソったれな連中がいるってことを忘れるなよ。この世には「正義」も必要かもしれんが、正義をまもるための「反則」や「悪党」が必要なときだってある。バカといわれようが能なしといわれようが、「NO!」と云いつづける「虎の強さ、禿鷲の翼、蛇の狡さ」も必要だ。パンク世代のオレらは、よくこう云われたもんだ。「ボーイズ・ビー・シド・ビシャス=少年たちよ、シド・ビシャスになれ」と。つまり「クソガキ」になれってことだ。おかげでオレらは今日までなんとか生きのびてこられた。このランドセルのおかげだ。こんなランドセルをせおったクソガキを襲うような度胸のある大人はめったにいねぇからな。このランドセルをおまえらにくれてやる。自分の身は自分でまもれ、大人をあてにするな、それがDIYだ。最後にひとついっておく。いいか、よくきけ。「ボーイズ・ビー・アノニマス=クソガキどもよ、アノニマスになれ」。このクソったれな世界をハックしろ、オキュパイしろ、ジャミングしろ、そしておまえらの未来を「NO FUTURE」にする原発に「NO!」といえ。おまえらは大群だ、おまえらはどこにでもいる、3月11日をわすれるな、原発をゆるすな、オレらはおまえたちに期待してる。 虎の穴レスラー・ミスターNO!より」

---------------------------------------
[解説]
【虎の穴】 「虎の穴は「タイガーマスク」に登場する悪役レスラー養成機関。スイスのアルプス山中に本拠を置き、総本部には翼を生やした巨大な虎のモニュメントが建てられている。禿鷲の翼と、蛇の尾を持つ虎の姿は、「虎の強さ、禿鷲の翼、蛇の狡さと執念」を意味する。「虎の穴」本部では、世界中からスカウトされた、気が荒く腕っ節の強い孤児たちを地獄の猛特訓で淘汰し、「10年計画」で強靭な悪役レスラーに作り上げてゆく。「虎の穴」出身のレスラーは常に残虐非道な悪役としてのファイトしか許されない。彼らにとって相手を叩きのめしての「反則負け」は勝利であり、「反則勝ち」は敗北である。これらの掟を破ると裏切り者と見なされ、他の「虎の穴」出身の刺客レスラーからリング上で恐るべき制裁を受ける。たとえその刺客に勝ったとしても、刺客レスラーとの対戦は次から次へと組まれ、ほとんどが重傷を負わされて再起不能になるか、廃人になる。仮に一命を取りとめても、最後にはリング外での事故に見せかけて暗殺される。タイガーマスクも勿論それは知っていたが、彼は愛する子供たちを救うために、組織に上納する予定の金を「ちびっこハウス」の借金返済に使ってしまい、「虎の穴」の刺客から命を狙われることとなった。」

【ミスター・NO】 「ミスター・NOは、タイガーマスク抹殺のため、ミスターXが企画した覆面リーグ戦で来日。異様に長い首に、目や鼻のない頭が乗る「宇宙人みたい」な容姿。実は全身がビニールタイツに包まれ、頭には鉄球が入っているギミック・レスラー。鉄球を使った強烈な頭突きで対戦相手を悶絶させる」

--------------------------
[関連]
「伊達直人」、再び現る=各地でランドセル、現金―専門家「震災の影響も」
 「漫画タイガーマスクの主人公「伊達直人」を名乗り、児童相談所などにランドセルや現金を送るケースが年末から全国で相次いでいる。同様の動きは1年前にもあり、「伊達直人現象」といわれたが、専門家は「今回は東日本大震災の影響も大きい」とみている。 寄付は2010年12月末、群馬県の児童相談所にランドセルが届けられたのが最初で、昨年1月には各地に拡大。現金や商品券が送られたケースもあり、20万円相当の商品券などが届いた児童養護施設「東京都石神井学園」では、子ども向けの本購入などに使われた。再び活発になったのは昨年末。奈良市では12月26日朝、都祁行政センターに現金10万円入りの封筒が郵送され、「岩手県陸前高田市の被災者への支援に充ててほしい」旨の手紙が入っていた。市は全額を陸前高田市に寄付。担当者は「せっかくの厚意なので本人の希望を無にしないようにした」と話す。神奈川県小田原市では12月22日、児童相談所がある合同庁舎の正面玄関前に、新品のランドセル4個が箱に入って置かれていた。相談所には昨年1月にもランドセル6個が届いたが、箱に書かれた文字や包装が似ており、送り主は同一人物とみられるという。今年に入ってからも、愛知県春日井市役所前に3日、ランドセル10個が届いた。」(時事通信 2012年1月7日)


▼アトミックサイト2.0TV 「こどもたちへの冬の贈りもの」

------------------------------------------
[追記]
 専門家によれば、ランドセルの送り主は「後藤熊男」ではないかとの説もあるが、真相は不明。

▼後藤熊男 通称「クマ先生」(「マカロニほうれんそう」)
 「年齢40歳。ごく平凡な高校教師だが、異様にノリがいいという性格が災いし、きんどーさんとひざかたさんに毎度の如く授業を妨害・破壊されてしまう可哀相な存在。激昂や周囲からの冷やかしなどにより、絶叫しながらコスプレやオカマの格好でストリップショーまがいのパフォーマンスをすることが多い。また「苦悩する中年、ミスター・ノォ」「チューリップ熊美」と呼ばれる。」(via http://todocci.exblog.jp/8192391/)
by illcommonz | 2012-01-09 13:51
<< ▼多摩美「M9とレヴェル7のも... ▼るすばん >>