人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼[非公開ブログ] 精神のメルトスルー
d0017381_920446.jpg
▼「メルトダウンの精神面への影響」
 「臨床心理学で著名な高橋智氏は述べている。彼は、福島のメルトダウンの精神面への影響は、身体的な直接の影響より大きいだろうと予想している。「地震とは異なり、メルトダウンの被害者たちは不眠、震え、フラッシュバックといったPTSDの症状に見舞われません」と高橋氏は言う。そのかわり、放射線は 「低速で、じわじわと、目に見えない圧力を作り出し」、それが長引く欝を引き起こす可能性があるという。「死にたいと言う人もいます。飲酒量が増える人もいます。多くの人が何もやる気がしないと訴えます。」(ジョナサン・ワッツ「福島の惨事:未だ何も終わってはいない」「ガーディアン」2011年9月9日)

 臨床心理学のことはよく知らないが、文学的にいえば、「メルトダウンの精神面への影響」というレヴェルをとっくに通りこして、いまや精神そのものがメルトスルーしているような気がしてならない。この寄るべない感じをうまく表現できることばが、それ以外みつからない。たしか精神分析学(?)では、人がある対象に強い関心を持つと、仮にその対象が無生物であっても、無意識のなかでその対象に自己を投影し、それと同一化しようとする働きが起きるというので、メルトスルーした原発に自己同一化して、精神がメルトスルーするということがあってもおかしくはない。人の精神というものはそのくらい不条理で奇怪なものだ。もちろん臨床心理学的にいえば、そんなことはありえないのかもしれないが、それがいちばん実感に近い。そう考えれば、調子がわるいのもあたりまえの話だ。問題は、メルトスルーしてしまった精神をすくいあげ、もとにもどす方法で、それはたぶん文学の仕事になるのだろうと思う。

 と書いたのは、去年の秋のこと。あまりに憂鬱で、陰々滅々とした文章なので、公開設定を「非公開」にしていたが、気の滅入りがいくらか安定してきたので、気分転換にアップしてみた(←どんな気分転換だ)。冬本番になると、寒さをしのぐために、睡眠時間がいつもにくらべて長くなるので、秋よりもかえって調子がよい。
by illcommonz | 2012-01-21 09:25
<< ▼暗示と奇跡 ▼アノニマスによる世界全面戦争が勃発 >>