Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼キースとアンディと指カックン
d0017381_0491519.jpg
【質問】「ギターマガジンの表紙の写真で、キース・リチャーズの左手・人差し指・第1関節が異様に膨らんでいました。元々なのでしょうか?ギターを弾くのに支障はないのでしょうか?」
【回答】「キースなら、問題なく弾くでしょう」(「Yahoo!知恵袋」より)

d0017381_0564645.jpg
「アンディ・パートリッジ、関節炎だって。「あとちょっとで医者に行かなくちゃ。両手と肘の関節炎が悪化中、まだギター弾きたいんだけど」。可哀そう。アンディが関節炎でギターが弾けなくなってキース・リチャードにみたいになったら、僕らファンは困ると言うと、「彼の両手がああなったのはGチューニングで演奏していたのが大きな原因だと思う。あれだと指一本でバレ※やらなくちゃならない。(※バレ:人さし指を真っすぐに伸ばして複数の弦を押さえる)」(「洋楽歌詞和訳」より)

 雨のふる日は関節炎がひどい。理由は、気圧の低下によって(1)副交感神経が優位になり、リンパ球が増えて炎症が起き、リンパ球から放出されるサイトカインが炎症を悪化させる (2)副交感神経が優位になり、痛みを感じやすくなる (3)副交感神経が優位になり、血管が収縮し血行が悪くなる...と諸説あるようだ。アンディ・パートリッジ(XTC)もキース・リチャード(ストーンズ)も、こんな雨の日はさぞかし指が痛むのだろうな...と同情する。自分の両手の関節炎は、ギターではなく、デモでの無理なドラミング(ヘッドのテンションをティンバレスのように高くし、リムショットを多用する)のせいと、管楽器のメンテナンス(この数週間に、テナーサックス、ソプラノサックス、トランペット、ユーフォニウム、メロフォン、ジャズホンを修理・改造・変造した)のせいで、要するに、関節炎の典型的な原因である「指の使いすぎ」である。小指をのぞく、両手の指がほぼ等しく痛い。特に薬指がひどくて、「ばね指=弾撥指」状態がずっと続いている。



d0017381_0502257.gif
 デモでいつも一緒にドラムを叩いているT.D.C.のなかまも、親指が「ばね指」になったそうだ(ほかにもデモのたびにマメやアザをこしらえ、腰痛や腱鞘炎を抱えているなかまもいる)。さいわい「ばね指」は「不治の病い」ではなく、治療法も(1) リハビリ (2)ストロイド注射 (3)腱鞘切開と確立されているようなので、とりあえずいまは、消炎鎮痛剤とテーピングのリハビリ療法でしのいでいる。これから7月29日の国会大包囲デモまで、毎週、首相官邸前デモ、原発やめろデモ、NNMHデモなどが続く。それまでは、いくら注射をしても腱の切開をしても、どのみちまたデモでドラムを叩くのだから、あまり意味がない。カゼ薬を飲みながら水泳をするようなものだ。それにどう考えてみたところで、残りの人生で、プロのピアニストやヴァイオリニスト、外科医やF1ドライバーになることはないだろうから、気に病むほどのことはない。支障はあっても問題はない。仮にもし、アンディ・パートリッジやキース・リチャードみたい「持病」になったとしても、それはいま自分が、自分の信念にもとづいて、後で決して後悔しないようにやったこと=生きたことのあかしだ、とそう思えば、かえって誇らしく思える。しかもこれから雨が降るたびに、それを思い出すことができるのだから。とはいえ、晴れるのは、やはり、うれしい。

--------------------------------------------------------
(おまけ1
d0017381_0504555.jpg
 Google で複合検索をしていたら、「関節炎 楽器別楽譜」というのがひっかかってきた。そんな本があるのか、と思ってみたら、、、、なかった。

(おまけ2)
d0017381_054437.jpg
 いまどきの湿布には、臭いがすくないものや肌がかぶれにくいものなど、いろんなタイプのものがあるが、効き目だけで選ぶと、トクホンがいちばん効く(そして安い)。

(おまけ3)

▼「アンディのギター講座」
[PR]
by illcommonz | 2012-06-26 01:12
<< ▼広瀬隆「ヘリコプターをチャー... ▼野田佳彦「デモは知っています... >>