Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「お前の村の踊りを踊れ」

▼「大飯原発再稼働への抗議行動(2)」

 ドラムが鳴りだす1分25秒目から急に場の空気が変わり、人の動きが活き活きとしてくるのがよくわかる(後半に御神体とみこしが登場)。このとき実際に現場にいた人たちが書いたものをよむと、あらためてドラムやリズムの大切さがわかる。

 「どんなに体力や気力の限界を感じて座り込んでしまっても、ほんのしばらくで取り戻す。仲間の太鼓の音と声。力強くリズミカルな太鼓の音と、みんなの声がなければ、とっくに体力も気力も切れていただろうと思う。どんなに元気と勇気をもらったかわからない。」(花水月*「大飯原発前 見てきたことと思うこと」2012年7月2日より抜粋)

 「深夜3時、不安と恐怖とやるせなさで、ここから逃げ出したくてしょうがなくなった僕は踊り始めた。「再稼働反対」と叫びながら踊った。もはや機動隊のことなんてどうでも良かった。どうして抗議行動にリズム隊がかかせないかというと、リズムがあるだけで勇気が出るからだ。楽しくなるからだ。踊って歌いながらの「再稼働反対」はもはや現場で自然と生まれてきた文化だ。」(この道を歩いてる「大飯原発の再稼働について、現場で起きていた本当のこと。」2012年7月1日より抜粋))

 「この集団性のなかで、ドラムとはどんな存在だったのだろうか。スクラムを組んでいる私たちの多くは、背中を機動隊の盾に向けているため、ドラムを叩いている人たちと向かいあう。彼ら・彼女らが衰えることなく、身体全体でドラムを叩き続けている姿を確認するたびに、勇気づけられた。そして、ドラムのリズムとビートが、自らのコールと混じり合って、バイブレーションを生み出す。身体にエネルギーが補充される感覚も何度となく経験した。私だけでなく、他の参加者も同じように語っていた。ドラムや音楽は、「まだまだ続けるぞ!」、「合意してないぞ!」、「再稼働に納得してないぞ!」というコールとして鳴り響いており、「頑張れ!頑張れ!」と呼びかけつづける存在でもあった。また、ドラム隊は、目の前のスクラムと機動隊の攻防を見ながら、強さや速さを自然と変えていたように思う。だから、ドラムや音楽は、表面的な祝祭性を演出する道具ではなかった。フィールドプレーヤーを支えるサポーターではなく、ゲームのサウンドトラックでもない。スクラムの一部であり、非暴力直接行動による不服従の実践のとても重要な一部として加わっている。音楽と実践、ドラムとスクラムに境界はなく、地続きの別の実践、あるいは別の表現として存在していた。」(2012 大飯原発ゲート 占拠・封鎖」「大飯原発ゲート占拠・封鎖を経験して―未完のままの出来事―」2012年7月5日より抜粋)

 ドラムのリズムやビートが生みだす力とエネルギーについて、大飯の現場にいた人たちが、口をそろえて語っていることは、音楽の理論や理屈を超えた、根源的ななにかを示唆しているように思える。これをよんで思い出したのは、オキュパイ・ウォールストリートが続いていたズコッテイ公園のドラムサークルの最後にいつも、ジョンが云ってた、このことばだった。

 「ドラムはこのムーヴメントのパルスだ、パルスが動きをつくりだす。
 パルスのないものは死んでいる」

 そう、だから、リズムとビートをとめてはいけない。この大飯のパルスを、官邸前広場に転送しよう。原発無用!悪厄退散!万民安泰!安産祈願!子孫繁栄!無病息災!五穀豊穣!踊り念仏、アシッド・マザーズ・テンプル!ええじゃないか!で、「お前の村の踊りを踊れ」(ソウル・フラワー・ユニオン)である。拳をふりかざす必要はない。素手は非暴力のあかし、掌を大きくひらいて、頭の上にかかげよう。にぎりしめた手で手拍子は打てないし、肩も腰もゆれない。官邸前で人びとがあげたあの「声」が、本当にただの「大きな音」にしか聞こえなかったというのなら、今度は官邸の壁がふるえるくらいの「本当に大きな音」をきかせてやろう。そして、自分のあの発言が、この国のデモクラシーを再稼動させてしまったということをとっくり思い知らせてやろう。

---------------------------
[追記]
d0017381_22323382.jpg
 もし岡本太郎が、大飯の抗議の現場に御神体とみこしが出てきたのを、あの世から見ていたら、土着的なエネルギーの爆発に「いいね、血が騒ぐね、「いのちが大事」というんだから、いのちがぱあっとひらくのを表現してみせないとね。憤り、己をつらぬき、表現することこそ、最も純粋な人間のあかしだよ」と賛辞を送ったことだろう。

[関連]
▼パルスとリトルネロ
http://illcomm.exblog.jp/16003872/
▼首相官邸前の「大きな音」とデモクラシーの再稼動 
http://illcomm.exblog.jp/16222918/
[PR]
by illcommonz | 2012-07-05 22:38
<< ▼【重要情報】「首相官邸前抗議」関連 ▼「だが、(  )は叫ぶ、「突... >>