Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「怒りのドラムデモより官邸前抗議に参加される方へ」改訂版
d0017381_355530.png「デモにおけるドラムの存在は、プロテスターを元気づけ、声がもっと大きくなるように、沿道にいる人たちへのアピールとなるように、ノイズとともに抗議をその相手に叩きつけるように、そして、自分たち自身がプロテストに疲れきってしまわないようにと、たくさんの理由や意義があると思います。
 私たちはこれまでドラムや楽器などを使った抗議行動を企画してきましたが、今週末に予定されている「首都圏反原発連合」主催の「首相官邸前抗議」行動では、「国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域の静穏の保持に関する法律」により、これまで私たちが行ってきたようなドラムなどを使ったかたちでの抗議が行いにくい状況です。
 であればどうするか、そのあたりを考えてみました。たとえば、コールに合わせて拍をとるようにクラップ(手を叩く事)をしてもよいと思います。高い音の出るシンバルなどは、人の声を消してしまいがちですが、タムやバスドラ等の低音を、コールに合わせて叩くということは出来そうな気がします。もちろん声だけでも構わないのです。声を出すことが苦手な方は(私たち自身がそうでしたから)、無理をする必要はないのです。
 何がいいたいのかというと、ドラムを介してこれまでデモを作ってきた私たちは、大勢でいっしょに音をだし、声をあげ、叫ぶ、その時間の中に、有機的なつながりの瞬間がある、ということをを知っていて、それを共有している私たちの関係は、政治家たちがおしつけようとする「絆」よりもずっと確かなものだということです。ですから首相官邸前で いつものような抗議表現が出来ないとしても、私たちの連帯感はそのままに、「大飯原発再稼働反対」「原発はもう要らない」という意思を伝えるために、 まずは集まろう、ということです。
 首相官邸前では、思いきり音を 出して抗議をする事はむずかしいですが、そのフラストレーションや 怒りは、次回の「怒りのドラムデモ」で思う存分、たたきつけてください よろしくおねがいします。

 いまここで、あらためて何がいいたいのかというと、これまでドラムを介してデモを作ってきた私たちは、見知らぬもの同士が、大勢で一緒に音をだし、共に声をあげ、叫ぶ、その時間のなかに、有機的なつながりの瞬間がある、ということを知っていて、それを共有している私たちの関係は、政治家たちがおしつけようとする「絆」よりもずっと確かなものだということです。ですから、首相官邸前でも、私たちの連帯感はそのままに、「大飯原発再稼働反対」「原発はもう要らない」という意思を伝えるために、まずは楽器を持って抗議に集まろう、ということです。
 これまで数回にわたり、首相官邸前の現場で、どの程度、音を使った抗議ができるのか、試行錯誤と実験をおこなってきた結果、どうやら出来そうだということが判ってきました。

[7月6日の官邸前でのドラム抗議の動画]


■12.7.6 首相官邸前抗議 ドラムデモ


■Chants with Drums in front of the prime minister's office Japan:NO NUKES 2012 July 6

 もとより「国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域の静穏の保持に関する法律」では、「楽器の使用」は制限されていませんし、同法の第8条には「この法律の適用に当たつては、国民の権利を不当に侵害しないように留意しなければならない」と明記してあります。「原発はもう要らない」と声をあげることは、まぎれもない「国民の権利」です。

 いろんな事情で、首相官邸前には行けないという方は、野田首相の選挙区でおこなう、脱原発船橋(仮)+怒りのドラムデモ主催の「7.15 大きなデモだね!国民の生活を守るために脱原発デモが必要だ!(仮)」で、大きな怒りの声をもっと大きな音にして、思う存分、叩き付けてください。

d0017381_382189.pngよろしくおねがいします。

(怒りのドラムデモ「怒りのドラムデモより官邸前抗議に参加される方へ」)より
[PR]
by illcommonz | 2012-07-12 03:10
<< ▼「もはや参加しない理由がなく... ▼「7.15 さようなら原発 ... >>