人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼イルコモンズ客員講義「社会と表現」(千原航「2012年度「現実」ゼミ)
d0017381_17485877.jpg
 「3.11以後、世界は大きく変わり、「いま、アートに何ができるか?」ということが盛んに問われた。これはアートと社会・政治との失われた関係を問い直すものだったはずである。これまで日本のアートが、社会や政治に対して自ら引いてきた「分断線」のなかで「ひきこもり」や「おたく」になることなく、その分断線を超えて、ストリートに出てゆく決断が求められていたはずである。「アーティヴィズム・ナウ!=いまこそ、アーティヴィズムを!」と題した、この記事が3.11以後の日本のアートのシーンを変えるきっかけになることを私たちは願っていたのだが、その後の日本のアート・シーンはどうだったのだろう?」(イルコモンズ+成田圭祐「アーティヴィズム・ナウ!」より無断転載および改訂)

 「危機に瀕した社会や人びとを前に「アートに何ができるのか?」と問うこと、それは真摯で気高く、尊いことだが、そのうつくしい問いに比べ、その答えは宿命的にまずしい。アートにできることは何かといえば、アートであり、アートでしかない。そのアートに何ができるかといえば、「わからない」というのがその答えだろう。だが、そこが出発点であり、何ができるか「わからない」ことに耐え、何の保障も目算もないまま、それでもなお「何か」を求めて果敢に挑んでいく姿勢こそアートである。権力や政治を相手にたたかうアクティヴィストたちがアートを武器に選びとる理由もそこにある。彼/女たちは、ストリートという戦場で、アートの中に眠るポテンシャルを最大限にひきだし、社会に介入し、世界を変えようとする。アーティヴィズムのなかで見出され、鍛えられ、社会に解き放たれた「野生のアート」は決して無力ではない、ですだよ。」(イルコモンズ「アーティヴィストよ一歩前に、アーティストは後からついてこい」より無断転載および改訂)

d0017381_17492522.jpg
 「社会を方向づけられないアートは、それゆえ社会の核心にある問題を洞察することもできず、結局、資本の問題にインパクトを与えられない。そのようなものはアートではない」(ヨーゼフ・ボイス)

▼千原航「2012年度「現実」ゼミ 第3回ゲスト講義【社会と表現】」
[日時] 2012年11月6日(火)18:00-21:10
[場所] 東京・多摩美術大学造形表現学部デザイン学科B1F CR2(コンピュータールーム2
[講師] 18:00~19:30 加島卓(メディア論、社会学、広告史・デザイン史研究)
19:40~21:10 小田マサノリ(イルコモンズ)

[内容] 「第一回ゲスト講義「個人/小規模印刷出版文化史」では印刷物~ WEBにつながる多種多様な同人コミュニティ文化を勉強しました。第二回ゲスト講義「パーソナル・ファブリケーションの勉強」では これからの広義のものづくり、新しい技術と意識、現代のプレゼン法、スモール/ニッチビジネスの勉強をしました。第三回ゲスト講義「社会と個人」では、個人の意思を表現する際に起こる根源的な部分を考えます。個人の意思を他者に伝達しようとする時に何が起こるのか?何が伝わり、何が伝わらず、どんな工夫をして伝達すればよいのか?伝えたい相手は?その範囲は?過去(昭和)の平和運動、現代(平成)の社会運動にまつわるデザインや視覚伝達の試行錯誤を勉強しながら、社会と個人、意思と表現のバランスを考えます。

 「行動なき表現はアートの廃墟である」(イルコモンズ)
by illcommonz | 2012-11-05 17:52
<< ▼アトミックサイトTV 「11... ▼人間の顔をした仕事 >>