人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼ラディカルな民主主義者の想像力


 めったに論じられないことだが、ラディカルな民主主義者たちは、いまはもうすでに死んでしまった者たちが、もし、いま目の前にある問題についての意思決定や合意形成に参加できたら、はたしてどうしただろうか?と想像する視点、あるいはまた、いまはまだ生まれてない者たちや、これから生まれてくる者たち、さらには、意思決定や合意形成に参加できない者たちが、もし、意思決定や合意形成に参加できたら、どうしたいだろうか?と想像する視点を持つので、たまたまその意思決定や合意形成に参加できたにすぎない者たちによる多数決や投票は、決してすべてではないし、ただしいとも限らない、と考える。まさに、いま、こういうラディカルな民主主義者の想像力がためされているような気がする。ところで、ホピ族のラディカルな民主主義者たちは、大事なことを決めるときには、七世代先の者たちのことまで考えて決めるというが、自分の場合は もし花森安治が生きていたらどうしただろうとか、岡本太郎や茨木のり子が生きていたらどうしただろうかと考え、それから、これから生まれてくるこどもたちに、「あのとき、あなたは、どうしましたか?」とそう問われたとき、ちゃんと返事ができるようにと、そう考えて決めることにしている。


d0017381_20331296.jpg
 「さて、ぼくらはもう一度、倉庫や物置きや机の引出しの隅から、おしまげられたり、ねじれたりして錆びついている〈民主々義〉を探しだしてきて、錆びをおとし、部品を集め、しっかり組みたてる。民主々義の〈民〉は庶民の民だ。ぼくらの暮しをなによりも第一にするということだ。ぼくらの暮しと企業の利益とがぶつかったら、企業を倒すということだ。ぼくらの暮しと政府の考え方がぶつかったら、政府を倒すということだ。それがほんとうの〈民主々義〉だ。政府が本当であろうとなかろうと、今度またぼくらがうじゃじゃけて見ているだけだったら。また〈幻覚の時代〉になってしまう。そうなったら今度はもうおしまいだ。」

 花森安治「見よぼくら一銭五厘の旗」(1970年)
by illcommonz | 2012-12-02 21:56
<< ▼衆院選公示 ▼文部省 「みんながなかよく、... >>