Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼【訃報】 この国の
d0017381_16151100.jpg「民主主義は死んだ」(日刊ゲンダイ)

のだそうです (えぇー知らなかった!!、
そりゃタイヘン、歴史の一大事だ!!)
もしそうなら、なにはともあれ、まずは、
合掌。。。

そして同じく、
同紙の社説によれば、
「もはや何も言うことなし」だそうです。

もちろんこれは、すっかり大満足で「申し分なし」の意味、ではなく、
すっかり落胆しきって「もう何も言いたくもない」という意味、なの
でしょうが..... 否! なにをそんなに落胆することがあろうか。
それに、今だからこそ言うべきことがあるはず......というわけで、
今日はぜひ言いたいことのあるイルコモンズから、一言ごあいさつを。

「さよなら!議会制民主主義!こんにちは!直截民主主義!」

ふふふ、これでまた一歩、民主主義の原点と、
その未だ到来せざる未来に近づいた気がして、
直截民主々主義者のイルコモンズとしては、
むしろ勝利宣言したいくらいの気分です。

さらに同紙の暗い予言によると、「これから
この国の暗黒の10年が必ず始まる」のだそうです。
これはたぶんその通りなんだろうなぁ、とは思いますが、
でも、僕らが好きなパンクとか前衛詩とか暗黒演劇とか、
そういう、ちょっと気のふれたような、おかしなものは、
そんな暗黒時代のザ・最悪最低のどん底のなかから、
時代の狂気に逆らって生まれ出づる悩ましいものなので、
それを考えると、なんだかちょっとワクワクしたりもします。
小声でこっそりヤッホー!と言ってみたくもなります。

ってことで、今日からまた、毎日が投票日。
さて、今日はなにして、誰に投票しようかな、うふふ。
かくして、日々の投票行動は、つ、づ、く、
_______________________________________
【追記】 後刻、方法詩人の松井茂さんから以下のレスをいただきました。
-----
賛同! 僕は「暗黒の10年」を「薔薇色の10年」として生きて、
後に批判されるように小泉賛美詩とか書くべきなんでしょうね。
後に批判されるかは分からないけれど、いまままで通りのこと
をするのが僕の場合、暗黒の薔薇色なのだと考えています。
-----
松井さんは「縞縞」など傑出した同時代叙事詩の書き手なので、
「のちに」なんて言わずに、書いたその日のうちにただちに
弾劾されるような、威風堂々たる疾風怒濤のコイヅミ武勲詩を
期待してます。よって、最初の一票はまず詩人の松井茂氏に。
[PR]
by illcommonz | 2005-09-12 22:55
<< ▼東京藝術大學の ▼逃亡奴隷たちのラジオ >>