Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼仰げば貧しき①
d0017381_1315598.jpg(9月18日のつづき)
そんなわけで、行ってきました、
上野の「ゆうこときかない祭り」。
この日は朝から秋晴れの好天に
恵まれ、運動会のMC風にいえば、
「今日はよほど日頃の行ないのよい
人たちが集まったのでしょう」という
感じの絶好の野外ライヴ日和でした。


よくデモに行くと、一目見るだけで、だいたい何人くらい人がいるかを
ピタリと当てることができる「数読み」の名人がいたりするのですが、
僕は数にはめっぽう弱いので、何人くらいいたのだかさっぱり分かりません。
たぶん200人以上500人未満というところだと思いますが、はっきりいえるのは、
たったそれだけの人数であれだけのライヴをを見るのはもったいない、
ということで、この日のライヴに行けなかった人は、よほど日頃の行いが
わるいのだと、そう思ってマチガイないと思います。

音楽堂に入ると、開演までのあいだ、このイベントのタイトルのもとになった
ECDの「言うこと聞くよな奴らじゃないぞ」がヴァージョン違いで流れてて、
実はこの曲の歌詞の中に、自分の名前(実名)がそのものズバリでてくるので
なんとも居たたまれず、ほぼ定刻通りに、友部正人がステージに現れて
くれたのでホッとしました。

「誰もぼくの絵を描けないだろう」という歌ではないけども、いわゆる
異色派揃いのURC系フォークの中にあって友部正人というのは、
その誰とも違った独特の作風と肌合いを持ってて、いったいどこにその
尻尾があるのか、つかみどころのむずかしい人ですが、今回はじめて
ステージで歌い演奏する姿にふれ、相変わらずその絵は描けないにしても、
昔、ドゥルーズがディランを評して書いたように、あんな風に自由で伸びやかに、
しかもあんなに口を大きくあけて、まっすぐなことばで講義ができたら、
さぞかし気分が好いだろうなと思いました。

d0017381_1392060.jpg1950年生まれ、とはとうてい思えない、
そのずうずうしいくらいの若々しさは、
かつての小沢健二のそれを思わせる
ところがあり、「何も思いつかないときの歌」
から「ブルースを発車させよう」、そして、
最後の「空が落ちてくる」まで、あっという間の
サニーサイド・ドライブでした。


ちなみに、この日の三曲目は、高田渡の死を歌った「朝の電話」で、しゃがれてるのに、
どこかこどもが話すような不思議なトーンを持ったあの声で、まるで生まれてはじめて
人の死に出会ったときのこどものような視点で語られるその歌にはさすがにグッときて
しまいました(昨年リリースされた「何かを思いつくのを待っている」がココで全トラック
視聴できます)。

「ゆうこときかない」ってことでいえば、友部正人は、「僕は昔より今のほうがずっと
若い」とうたったディランの歌(「マイ・バック・ページズ」)のように、これから先もずっと、
年齢というもののゆうことをきかず、「また見つけたよ、また見つけたよ」と、いつでも、
何度でもこどもの視点から世界を眺めなおすことのできる詩人として、ものを書き、
歌をうたい続けてゆくんだろうなぁと、ちょっとうらやましく思いました。(つづく)
[PR]
by illcommonz | 2005-09-19 01:47
<< ▼パンクの恩② ▼【緊急】お詫びと訂正と廃業に... >>