Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼未来世紀アフリカ
d0017381_8144029.jpgわたしの国には、多くの国から
たくさんのNGOがやってきますが、
むしろ、私たちのほうこそ、
人間性をうばわれた先進国の
若いひとたちのためのNGOをつくって、
送り出したいと、いつもそう思ってます。
先進国を後にするたび、わたしはいつも
泣いてしまうのです。(モリ・トラオレ)
「AAドキュメント映画会議」での発言

「コート・ディ・ヴォワール 希望の大地」
Cote d'Ivoire: Terre D'Esperance
モリ・トラオレ (Mory Toraore) 監督
2005年編集版(未完) 60min
_______________________________________
[映画自体がまだ制作中なのでランダムメモのみ]

「わたしは恐怖や怖れを生み出すことにつながる残酷な現実や暴力を
ドキュメントすることにはまったく興味がないのです。私が映像によって
提示したいのは"ヌーヴェル・ヴィジョン"なのです」

「工業文明の機動力は文字です。文字というのは、つねに排他的で
強制的なものであり、不公平や差別をうみだす機械にほかなりません。
工業文明とはいわばアルファベットの再生産であり、わたしたちは、
この「文字というのりもの」から、おりてみなければなりません」

d0017381_1085220.jpg「書かれた憲法には、
よいものも、わるいものもなく、
書かれた憲法はすべて
邪悪なものなのです」

「人を1、2、3と数えるのは、
バン、バン、バンと人を
ピストルで撃つのと
よく似ています」

「植民地主義はかならずしも
白人のせいではありません。
すべては文字と紙のしわざ
なのです」

「文字を使わないひとたち、
読み書きをしないひとたち」
がいます。

「わたしたちは、マルクス主義の洗礼をうけた世代ですが、富める者と
貧しき者たちという分け方はなんの役にもたたないと思っています。
重要なのは、文字を使わない人たちと文字を使うひとたちの違いで、
そのコミュニカシオンの違いの方がずっと大きいのです」

「わたしたちは実は、コミュニカシオンと呼ばれているものを、
まだまったく理解できてないのではないでしょうか」

「たとえば、わたしは、20以上の名前をもっています」

*以上、フィルムと会議の席でのモリ・トラオレの発言より聞き書き
-----------------------------------------
[イルコモンズ評]
ゴダールの「映画史」、バロウズの「言語ウィルス説」、
デリダの「エクリチュール論」そのほか文字の専制や
ポスト・グローバル・ニューヒューマン・ライフに興味と
関心のある人は必見の(でも、まだ制作中の)実験的
ドキュメント映画。グローバリズムがトップを独走する
現在の地球が次のラウンドにはいったとき、そこでの
地球のライフ・スタイルをリードするのはアフリカでは
ないかと、かなり真剣に思わされる、希望の未来映画。
この未来にむけた希望の映画が、植民地最終戦争の
その最前線である内戦下のコート・ディヴォワールで、
危機の時代のまっただなかで、いま、静かにつくられ
ようとしていることを世界に知らせなければならない。
危機の時代のあとに、いつもやや遅れてやってくる、
前衛の時代は、人類発祥の地・アフリカで、もうすで
に始まっているのだということを。
[PR]
by illcommonz | 2005-09-25 08:07
<< ▼ブログサイズの寸劇時代の原宿... ▼沈黙のかげからきこえてきたこ... >>