Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼ブログサイズの寸劇時代の原宿の天使と昭和のまめおやじ
d0017381_13422823.jpg
その「アジア・アフリカ・ドキュメント映画会議」のあいまをぬって、
原宿の「LOV-LAB」ではじまった友沢ミミヨさんの「まめおやこ展」と、
元・テクノクラートの増田セバスチャンさんのショップ「6%DOKIDOKI 」
いってきました。ただ残念ながら、AA会議で映画を観た後、ポスターを
つくりなおすかわりに、展示パネルを新たに追加してつくることにしたので、
その準備のため、どちらもじっくり見れなかったので、これについては、
もういっぺん見に行けたら、そのときに書くことにしますが、とりあえず、
そこで思ったことは、こういうファンシーな場所に迷いこんだときに、
いつも思うことと同じでした。それは……

 もし、いま、突然、戦争がはじまって、ここで空爆されて死んだとしたら、
 その光景を見たひとは、悲劇と思うだろうか、喜劇と思うだろうか?

という問いで、こういう問いがうかんでくる場所というのは、イルコモンズ的に
好きな場所です。あと原宿という場所柄もあって、原宿駅までの道すがら、
トスカーニが「こけし」に寄せて語った「原宿の天使たち」についての予言を
思い出しました。トスカーニがその予言を語ったのは、7年前の1998年で、
思い出したのは、もう、そんな天使たちは、この国にも、いないという意味で、
思い出したのは、こういう予言です。

d0017381_1744218.jpg
「世界の若者の多くが貧困と戦禍にあえいでいる。いまだに世界の覇者だと
信じている欧米でも、若者は階級差別や失業に悩まされている。そうした
問題にさらされずに生活している世界で唯一の存在が日本の若者だからだ。
日本の現実を無意識に拒絶する彼らは実は悲劇の天使なのではないか。
貧困や暴力にも増して我々が今後直面する悲劇の前触ではないだろうか?」
(オリビエーロ・トスカーニ)

ただ依然として、わからないのは、その天使たちが告げていた悲劇とは、
どれのことだったのか、ということと、そして、それはもうすでに的中して、
予言は終わったのか、それともまだこの先、悲劇がまちぶせているのか、
ということで、そんなことを考えながら、もう一方では、都築響一が世界の
秘宝博物館について書いてたように「文化には進化などというものはなく、
あるのはヴァリーションだけだ」ということをあらためて再確認してきました。
大きな物語と一緒に大きな悲劇も喜劇もなくなり、おわりもはじまりもない
ブログサイズの寸劇時代のいま、原宿の天使たちはどこかに消えたけども、
原宿の文化はいまなおヴァージョンを重ね続けて、ちゃんとそこで生きてる。
若松孝二の映画「腹貸し女」の中の原宿とは全く違う異文化が(以下省略)
と、とめどなく昭和のまめおやじ的な感慨に耽りながら、裏も表もなくなった
ように見える、2005年の原宿からもどってきました。

===========================
[追記1] それはさておき、急いでいて買い損ねた、まめおやじの緑のTシャツ、
今度行く時までに売り切れてしまったどうしようと、現在のドキドキ率0.6割。
[追記2] その後、一晩でつくった展示パネルはこんな感じでした。

d0017381_1572887.jpg
かつてトスカーニとティボール・カルマンが、ベネトンのポスターと
雑誌「COLORS」を使って世界にむけて報道していたのは、
まさしくこういう「世界の辺境(the rest of the world)」から
きこえてきたことだったのだなと思いながら、あまりこらずに、
スリップ・フィルムのスロットホルダー仕立てにつくりました。
[PR]
by illcommonz | 2005-09-25 15:19
<< ▼ロックなのに画報で、しかも標... ▼未来世紀アフリカ >>