Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼新日本憲法草案(附・解説)+挿画
d0017381_18304430.jpg
去る8月31日の夏休み最後の日に、戦後六〇年目の今年の夏休みの
宿題として、「イルコモンズ憲法」という仮のタイトルで作文したものに
「原田企画」の原田さんが挿画を寄せてくれましたので、あらたに
「新日本憲法草案」としてレイアウトデザインをこしらえてみました。#拡大してみる

これからさらに、こまかい字句の調整や文言の推敲を重ねてゆくつもりです、が、
もとより「憲法」というのは誰のものでもない「コモンズ」(=共有物・共有財産)なので、
もしなにか好い思いつきや修正案、新提案などがありましたら、メールかmixi を通じて、
どしどし、ご意見、ご感想、ご希望、ご要望、ご提案、ご反論、ご異論、お寄せ下さい。
ああでもないこうでもない、こうしたらああしたらと、手に手をくわえたうえで、できたものを、
実験として、ある「現代詩」の雑誌の審査と選評のある投稿欄に送りたいと思ってます。

そもそも、民主主義とか云いながら、憲法第96条のさだめるところ、とかによれば、
憲法の改正案を決定し発案し発議できるのは国会の両議院と内閣だけである、
というのは何とも納得できない話で、作文を書くことくらい誰だってできるはずなので、
国会や内閣がヘンてこな改正案をこちらに投げてよこしてくる前に、先にこちらで
もっと好い改正案を準備しておいて、どちらが好いか互いにたたかわせ合おうというのが、
この詩作の趣旨であり、未来の夢の政治・直截民主主義にむけての実験とレッスンです。
もし、この趣旨と実験に賛同し共感し支援してくれる方がいらっしゃいましたら、
年齢・性別・国籍・職業・思想・信条・趣味・宗教はいっさい問いませんので、
ふるってこの共働(原文ママ)制作へのご参加をおねがいします。以上。

-----------------------------------------
[追加1] というわけで、もし憲法を改憲するなら、第9条よりもまず先に第96条を改憲し、
憲法改正案の発案を、国民からの「直截公募制」にして、詩人や作家やこどもたちに、
おそろしく詩的で、かつ文学的で、しかも想像的で、理想と現実と矛盾がせめぎあうような
モノ凄いやつを書いてもらうのはどうかなと、イルコモンズは思うのですが、いかがでしょう?

[追加2] それから、この憲法詩をラップのリリックや、ポエトリーリーディングのテキストとして
無断で使ってもらっても構いません。許可はいりません。字句や文言をいじってもらっても
構いません。ラップだけでなく、ダブでもフォークでもイルビエントでもパンクでもグラインドコアでも音楽のジャンルは一切問いません(J-POPは好きじゃないですが、排除はしません)。
ラジオエデットでも12インチ・エクステンデッドでもメガでもラガでもガバでも何でも好きなように
ミックス・アップ/ダウンしてください。最後に、もういちど書きますが、許可はいりません。
でも、できたら、できた、デモ、音源とかは、聴いてみたいです。
[PR]
by illcommonz | 2005-09-28 19:15
<< ▼日本のポエト8+ ▼野生の近代 >>