人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼安村崇展: ・・・ならば、せめて惑星らしく
▼安村崇展: ・・・ならば、せめて惑星らしく_d0017381_1594236.jpgちょっと前に、このブログに書いた
『リラックス』の「ぼくたちの風景」
特集号でもとりあげられていた
安村崇の写真展を見てきました。

それぞれの写真いちまいちまいも
それぞれにしかけがしかけられていて
それぞれみてもおもしろいのですが、
今回の写真展がおもしろかったのは、
「日常らしさ」と「自然をなぞる」そして
「せめて惑星らしく」という連作を
「並置 juxtapositioning」して展示
することで、残酷なくらいにはっきりと
みえてくる「写真の真実」でした。

その前に、このしかけにみちた展示について、ひとはどんな批評を書くのだろうと思って、
カタログに目をとおしてみたのですが、残念ながら、この作家のそれぞれの連作の
作風や主題についてふれてる文章しかみ、あたりませんでした。もちろんそれでもよくて、
たとえば、この作家が写しとる「自然」について、この展覧会の企画者である北澤ひろみ
さんのテキストでは、この作家の作品に、たちあらはれする自然は、ネイチャーでも
ノモスでもなく、「ピュシス」であると、ギリシャ哲学用語で明快に解説してくれてますが、
ギリシャ哲学の用語で筋道をたててきちんと論理的にただしく説明されると、たちまち
あたまがエポケー(判断停止)になってしまうという根っからのソフィスト(詭弁家)体質
なので、それとは別のルートから、今回の展示をみた観想を書くと、まずこの写真展を
みて、まっさきにあたまにうかんだのは、ある不世出の作家のある小説の中の一文で、
それはこういうものです。

 「文章を書くという作業は、とりもなおさず、自分と自分をとりまく事物との
  距離を確認することである。必要なものは感性ではなく、ものさしだ」
   D・ハートフィールド(1909-1938) 「気分がよくて何が悪い」(1936年)より

日常サイズの風景をとらえた「日常らしさ」にしても、天文学的サイズの風景をとらえた
「せめて惑星らしく」にしても、そこでは写真というものさしをつかって、事物との距離が
正確無比に測定されていると同時にその被写体深度がおそろしく狂わせられてもいて、
そのおかしな距離感からくるめまいのようなものが、この作家の風景写真のおもしろさ
なんだろうなと思いました。わかりやすくいうと、タンスの上のキンチョールとその背後の
壁とのあいだのふくよかな距離も、銀河系とアンドロメダ星雲のあいだの何億万光年分
もの気の遠くなるような距離も、写真の皮膜の上ではまったく等距離になってしまうという、
すさまじしいまでの距離感の消失がそれです。この作家がとる写真は、あらゆる距離の
しるしというものをすべてのみこんで、数ミクロンのプリント皮膜の上に定着させてしまう
ブラックホールのようなところがあって、その暴力的なまでの圧縮は、このギャラリーで
かつて開かれた「スーパーフラット」のそれをはるかに凌駕する凄まじいもので、それを
メリーポピンズの哲学用語を使って表現するなら「スーパーカリフラジェリスティックエク
スペリオドージャスなスケールのフラット感」ということになるかと思います。そしてこれが
最初にいった「写真の真実」であって、まさに「写真には表面しかない」というあたりまえの
真実をあらためて確認させてくれる展示でした。いいかえればそれは、どんなに身近な
ものであれ宇宙的なものであれ、写真に定着されたその事物がいかにリアルに見えよ
うとも、それを見る僕らは、その事物のそのとき限りの実在にふれ、それと交わることは
決してできないという、これまたとりかえしのつかないくらい確かな真実の開示でもあって、
それをみながらムーンライダースのうたの断片を思い出しました。「ぼくらは、スペース
エイジ、孤独を知ってる」。そんなスペースヴァチェラー(宇宙の独身者)な気分にさせて
くれる展示でした。あと、すごく気になったのが、「せめて惑星らしく」というタイトルで、
日本語の慣用として、「せめて」の前には、たいてい「・・・ならば」がくるのですが、さて、
では、「・・・ならば、せめて惑星らしく」の、「・・・」の黙示的な部分には何がくるのでしょうか。
無論これにはいろんな解答の可能性があると思うのですが、さしあたりイルコモンズが
まっさきに考えたのは「グローバリズムの時代」あるいは「グローバリズムの世紀」でした。
それともうひとつ、素朴な感想をつけくわえておくと、「せめて惑星らしく」の写真をみたときの
感じは、「コヤニスカッティ」の前半のシークエンスをみたときの惑いの感覚とよく似てます
ので、「文化人類学解放講座」の受講生はぜひ見ておいてください。ただし、両者には
ひとつだけちがいがあります。さて、それはなんでしょう?ヒントはあらゆるものがフラット
にみえる風景の中に、ちいさくちいさく写りこんでいるものたちがもってるものです。それは
砂漠のなかにころがった活版の一文字分くらいの立体感ですが、そのギリギリの立体感を
キープしているものが何なのかは実際に写真の前にたって自分の目でみて確認してみて
ください。ただし、そのなかにはひとつだけダミーがまじってるので、だまされないように
注意すること。

[追記]
実はこの文章の中にもひとつだけ、実在しないダミーの存在のことばがまじってますが、
どれだか、わかりますか?
by illcommonz | 2005-10-05 02:20
<< ▼RE-STRIKE EVER... ▼文字ひろい >>