Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「表現の自由」はあるが「差別の自由」などというものは存在しない。もしそういうものが現れたら、

▼秋山理央「ヘイトデモに抗議して道路に座り込むカウンター・プロテスター達
 - 2013.9.8 新宿・大久保通り」(4分7秒)

 「わたしたちが生きる社会に、「表現の自由」はあるが、「差別の自由」などというものは存在しない。もしそういうものが現れたら、それを見すごしにせず、くいとめることが、わたしたちの義務であり、「表現の自由」はそのためにある。」(イルコモンズ「差別撤廃・東京大行進 賛同人コメント」

 まずはじめに確認しておかないといけないのは、ここで「かえれ!」と云っているのは、警官や機動隊員たちに対してではなく、この交差点の手前にいるレイシスト(人種差別者)たちとそのデモに対してである。大勢の人が車道に身を投げ出しているのは、レイシストたちの卑劣なデモを、どうにかこの場でくいとめ、この先の道を通さないようにするためである。司法も、行政も、立法も、なにもあてにならないとき、生身の人間が非暴力でデモをくいとめるのに、ほかにどんな方法があるだろうか。あるのなら、おしえてほしい。したがって、これは「ダイ・イン」ではなく、明確な意思と決意を持った「シット・イン」である。あるいは、「人間の鎖」ならぬ「人間の壁」である。レイシストたちへのカウンターアクションがこのように、「抗議」のフェイズから「抵抗」のフェイズに変わった(そう、「いつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった」)瞬間の、その場所に、秋山理央はいつものようにちゃんといて、この「市民的不服従」の風景を映像に残していた。
 レイシストたちがまた同じようなデモをやれば、これと同じような風景がまたどこかに現れるはずなので、東京都の公安委員会と警察署は、このことから学んで、レイシストたちが主催するデモに「中止」を通告しつづけるべきだと思う。それともうひとつ。現場に配置された機動隊員たちは、もっと冷静に、かつ、礼節と敬意をもって、座りこんだ人びとに接するべきだと思う。現に、この日の別のシット・インでは、女性には女性の機動隊員があたり、もっと丁寧に接していたのだから、できないはずがない。やればできることだ。車道に座り込んだひとりひとりに声をかけ、顔をみて説得し、そのうえで、その腕なり脚なりを持つことを断ってから、丁寧に外に連れ出すべきである。そこに座りこんだひとりひとりは、社会的にも人道的にもゆるされないことに怒りをおぼえ、自分が「ただしい」と信じていることを、ひとつきりしかない自分の身を投げ出してやろうとしている、ひとりの人間なのだから、その気持ちは、同じようなことを職務とするはずの警官や機動隊員にもわからないはずはないだろう。自分がつかんでいる腕や脚にそういう人間の良心の重みを感じてほしい。人命救助するときと同じくらい丁寧に接してもらいたい。ひとをモノのようにあつかってはならない。

-------------
[追記]
 上の動画で、ぷらぷらする自分の手の動きをみて分かったのだが、われながらみごとな「ぐにゃっ」ぶりである。なにしろ、履いてた靴がぬげてしまったぐらいの「ぐにゃぐにゃっ」である。ということで、昨日はちゃんと長袖のシャツと長ズボンを身につけて、「ぐにゃっ」としてたので、かすりキズひとつしませんでしたから、どうかご心配なく。>両親

[参考] 市民的不服従の理論と技法
 「市民的不服従とは、ある種の法律や、政府ないし支配的権力による要請・命令に従うことを非暴力的手段を通じて積極的に拒否することを指す。市民的不服従を積極的な仕方で表現するときには、ある種の法律にわざと違犯することにもなる(例えば、スクラムやバリケードによって移動を妨害するとか、軍事基地を不法占拠するなど)。抗議者は自分がその行動によって逮捕されることになるだろうし、場合によっては当局から攻撃を受けたり殴打されることになるとも予期しているが、こうした非暴力的な仕方で、市民的不正行為は実行されるのである。逮捕や攻撃をされた時、どう反応すればよいのか、抗議者があらかじめ訓練を積んでおくことも多い。そうすれば、いざという時、取り乱したり思わぬ行動を取ったりして、当局に脅威と思われてしまう恐れがないからである。」(ウィキペディアより)

[追記2]
▼秋山理央@RIO_AKIYAMA
 「昨日の新宿のヘイトデモの警備には警視庁機動隊のエース"DJポリス"が来てたんだから、彼に「怖い顔をしたお巡りさん、皆さんが憎くてヘイトデモの警備をやっているわけではありません。心ではレイシストを憎んでいるんです!」くらいのスピーチしてもらってもよかったんじゃないの。」(2013年9月9日)
[PR]
by illcommonz | 2013-09-09 19:48
<< ▼猪瀬直樹「いやならどうぞ、引... ▼非暴力直接「ぐにゃっ」行動 >>