Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼3.11以後の社会学講義/危機の時代の人文社会科学
d0017381_22354682.jpg
▼イルコモンズ「社会学特殊講義E」教材

 「『君たちはどう生きるか』は、まさにその題名が示すように、第一義的には人間の生き方を問うた、つまり「人生読本」です。けれども、この一九三〇年代末のこの書物に展開されているのは、人生いかに生きるべきか、という倫理だけでなくて、社会科学的認識とは何か、という問題であり、むしろそうした社会的認識の問題ときりはなせないかたちで、人間のモラルが問われている点に、そのユニークさがあるように思われます。コペル君のごく身近に転がっているありふれた事物の観察とその経験から出発し、「ありふれた」ようにみえることが、いかにありふれた見聞の次元に属さない、複雑な社会関係とその法則の具象化であるか、ということを一段一段と十四歳の少年に得心させていくわけです。そういう目で、あらためてはじめの頁にかえって読みなおしてみますと、じかの観察から出発して、そこからいろいろな物事を関連づけ、その意味を探ってゆくという方法について、この書物では周到に布石が置かれていることに気がつきます。屋上からの大観察自体の中に、著者はいろいろな小観察を精巧な玉細工のようにちりばめます。自動車の流れを右左とかわしながら、懸命に小さな自転車のペダルをふむ少年と、その少年の動きを屋上から目で追っているコペル君は、見られるものと見るもの、との関係にあり、見られるものはそのことを意識しないが、見るものには分かっています。にもかかわらず、眼下の少年にたいしては、一方的にみる立場にあるコペル君自身も、眼前に林立するビルの無数の窓の中から見られていて、そのことが自分には分からないのかもしれないということに気づくという視座の転換の問題。つまりここにすでに、社会科学的な、そうしてすぐれて今日的な対象の分析と、主体・客体関係という認識論的な意味づけが分かちがたく結び合わされて、読者に提示されているわけです。おじさんは、天動説から地動説への転換という、誰でもよく知っているために、あまりにも当然としている事例を持ち出してきます。地動説はけっして一回限りの、過去の出来事として語られていません。それは、自分を中心とした世界像から、世界の中での自分の位置づけという考え方への転換のシンボルとして、したがって、現在でも将来でも、何度も繰り返される、またくりかえされなければならない切実な「ものの見方」の問題として提起されているのです。地動説への転換は、もうすんでしまって当たり前になった事実ではなくて、私たち一人ひとりが、不断にこれから努力していねばならないきわめて困難な課題なのです。そうでなかったら、どうして自分や、自分が同一化している集団や「くに」を中心に世の中がまわっているような認識から、文明国民でさえ、今日も容易に脱却できないでいるのでしょうか。つまり、世界の客観的な認識というのは、どこまでいっても、私たちの「主体」の側のあり方の問題であり、主体の利害、主体の責任と分かちがたく結び合わされている、ということ、その意味でまさしく私たちが「いかに生きるか」が問われているのだということを、著者はコペルニクスの学説に託して説こうとしたわけです。」(丸山真男『君たちはどう生きるか』をめぐる回想」より)

 「ヨーロッパではムッソリーニやヒットラーが政権をとって、ファシズムが諸国民の脅威となり、第二次世界大戦の危険は暗雲のように全世界を覆っていました。『日本少国民文庫』の刊行は、もちろん、このような時勢を考えて計画されたものでした。当時、軍国主義の勃興とともに、すでに言論や出版の自由は著しく制限され、労働運動や社会主義の運動は、凶暴といっていいほどの激しい弾圧を受けていました。そのなかで先生(山本有三)は、少年少女に訴える余地はまだ残っているし、せめてこの人々だけは、時勢の悪い影響から守りたいと思いたたれました。先生の考えでは、今日の少年少女こそ、次の時代を背負うべき大切な人たちである。この人々にこそ、まだ希望はある。だから、この人々には、偏狭な国粋主義や反動的な思想を越えた、自由で豊かな文化のあることを、なんとかして伝えておかなければならないし、人類の進歩についての信念をいまのうちに養っておかねばならない、というものでした。荒れ狂うファシズムのもとで、先生はヒューマニズムの精神をまもらねばならないと考え、その希望を次の時代にかけたのでした。」(吉野源三郎「作品について」より)

 「この作品(ケストナー「飛ぶ教室」)には、吉野源三郎「君たちはどう生きるか」と同じようなものを感じました。時代が破局に向かっていくのを予感しつつ、それでも「少年たちよ」という感じで書かれたものだと思います。読み直してみると、いい話を書こうというだけではなくて、切羽詰ったものがその裏に潜んでいるような気がしました。」(宮崎駿「本へのとびら」より)

 「生きることのきびしさは、お金をかせぐようになるとはじまるものではない。お金をかせぐことではじまって、それがなんとかなれば終わるものでもない。こんなわかりきったことをむきになって言いはるのは、みんなに人生を深刻に考えてほしいと思っているからではない。そんなことはぜったいにない。みんなを不安がらせようと思っているのではないんだ。ちがうんだ、みんなにはできるだけしあわせであったほしい。ちいさなおなかがいたくなるほど、笑ってほしい。ただ。ごまかさないでほしい、ごまかされないでほしいのだ。不運はしっかり目をひらいて見つめることを、学んでほしい。うまくいかないことがあっても、おたおたしないでほしい。しくじっても、しゅんとならないでほしい。へこたれないくれ、くじけない心をもってくれ。ボクシングでいえば、ガードをかたくしなければいけない。そしてパンチは、もちこたえられるものだってことを学ばなければならない。さもないと、人生がくらわす最初の一撃でグロッキーになってしまう。人生ときたら、まったくいやになるほどでっかいグローブをはめているからね。へこたれるな、くじけない心をもて、わかったかい。出だしさえしのげば、もう勝負は半分こっちのものだ。なぜなら、一発おみまいされてもおちついていられれば、あのふたつの性質、つまり、勇気とかしこさを発揮できるからだ。ぼくがこれから言うことをよくよく心にとめておいてほしい。かしこさをともないわない勇気は乱暴でしかないし、勇気をともなわないかしこさは、へのようのものなんだよ。世界の歴史には、賢くない人びとが勇気を持ち、かしこい人びとが臆病だった時代がいくらもあった。これはただしいことではなかった。勇気ある人びとがかしこく、かしこい人びとが勇気を持つようになってはじめて、人類も進歩したなと実感されるのだろう。なにを人類の進歩というか、これまではともにすると、誤解されてきたんだ。」(エーリッヒ・ケストナー「飛ぶ教室 まえがき その2」より)

(参考)
 特定秘密保護法案、集団的自衛権、改憲、「ナチスの手口に学べ」 発言、右傾化、レイシズム、オリンピック、原発事故、ショックドクトリン

(関連)
▼イルコモンズ 「文化人類学解放講座B」
[第一講] 社会学的めまい:コペルニクス的転換
http://illcomm.exblog.jp/19709975/
▼イルコモンズ「社会学特殊講義E」
[第一講] 社会学を/から学ぶこと:コペル社会学「人間分子の関係、網目の法則」
http://illcomm.exblog.jp/19705259/
[PR]
by illcommonz | 2013-09-30 22:48
<< ▼「安倍総理大臣記者会見 全文」 ▼マーチングバンドは、いつのま... >>